84才男の明日を生きる挑戦記

84才直後、片手に余る持病の中の除癌は目下経過監視中。
4年後は米寿で五輪。酉年を期に臆せず気張らずの余生で在りたい。

2月尽く

2015年02月28日 | Weblog

  ひと月を四角に収め2月尽く

今年の2月は月曜に始まり土曜日今日に終わり、暦は4行に収まった。一昔前のニッパチの故事に倣ったのか、世知辛い景気と残虐な犯罪が多かった。梅祭りの梅も4部咲きだった。

コメント

冬尽く

2015年02月27日 | Weblog

   冬尽きて誰彼忘る上着かな

寒戻りを告げる天気予報にマスクに重ね着をして行ったGGゴルフ。でも、32ラウンドを回り終えると大方は上着を脱いでいる。後始末の幹事は上着の忘れ物に気使うのである。

コメント

曇天の黄梅

2015年02月26日 | Weblog

 黄梅の日差し無き日の日脚かな

朝から傘マークの並ぶ天気図だったが降り出したのは正午近く。こんな日は塀沿いの群れ咲く黄梅が鬱気を晴らしてくれる。日差しが無いのに自分が灯す光が日脚を作るかに華やぐ。

コメント

三椏の花

2015年02月25日 | Weblog

三椏(みつまた)の新三役の家にかな

居住地域の仲間で作る各種同好会の総会準備が始まった。大方のクラブは2年交代で三役が交代になり新鮮さを保つ。選出時期は何故か中空に映える三椏の花の咲く今頃である。

コメント

チュ-リップの脱皮

2015年02月24日 | Weblog

 チューリップ挙りて発てる脱皮音

鉢埋めチューリップ根が次々と脱皮しだした。例年通り期待をこめて選んだ球根を20個ほどのプランターで育て、彩や育ち具合を見て土に下す。聞こえぬ脱皮音が聞こえる最近である。

コメント

春隣り

2015年02月23日 | Weblog

  春隣り上向き多き登校児

3月半ばを告げる天気予報のままの今日。昨日のうつむき加減での登校児の表情が一変。碧空を向きハミングすら聞こえた。明日は寒いとの予報。”二寒五温”の時期なりや? 

コメント

江戸彼岸桜

2015年02月22日 | Weblog

  江戸彼岸桜が灯す鬱の空

当地の花期のトップバッターは、近くの「深谷・熊野大神社」の〈江戸彼岸桜〉である。2月末の緑の王国の梅まつりの先を往く。往時をしのぶ翁と恋猫が見上げていた。

コメント

浅春の長瀞峡

2015年02月21日 | Weblog

   蝋梅の香り詰め込む川下り

長瀞峡に春が来た。宝登山頂に沿う蝋梅林は今が盛り。頂上の「平和の鐘」迄のウォーキングに疲れたらケーブルカーで下さん山する。未だ川幅狭き長瀞だが川下りの客で満杯だ。

 

 

コメント

春寒し

2015年02月20日 | Weblog

   春寒し控え重たき申告書

春陽気だったので散歩がてら近くの公民館で確定申告をした来た。収入は減り税金は増えるばかりの八十路ゆく年金生活老齢者には”そよ風”とは言えぬ帰途だった。

コメント

朝霞

2015年02月19日 | Weblog

  朝霞踏ん付けつ行く登校路児

大袈裟に言うなら”近年まれなる霞”の今朝だった。朝刊を取り込みながら登校児の様子を観察する。声掛け合ひつ足元から湧き上がる霞を踏ん付けながらの児らだった。

コメント