錫 杖 龍

旅に出てます。

残雪期の焼岳

2019-05-31 | 山日記

乗鞍岳を高原バス利用で上がろうかとアンチョコな思考がありましたが

この日の空の青さを見ていたら、汗かいて汗かいて穂高の絶景を見てやろうという気持ちが起ってきました。

 朝8時 登山口に立つ 先行者は5名程

オオカメノキの花やコシアブラの新芽から山の季節感がわかった。

視界の開ける台地に出ると残雪歩きが始まった。

長い雪渓を詰めると上高地を眼下に穂高連峰の大伽藍が広がったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梓川と上高地

帝国ホテルに河童橋確認できますか

なかなか見られない風景ですね 

 

笠ヶ岳から槍ヶ岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夏目指す裏銀座

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂で声をかけてくれた単独の山ガールさん

彼女曰く「山に通ってないと山が逃げてく気がするんです。」

 私も同感だった。

山は、こんな素敵な一期一会があるのだと得した気分で山を後にしました。

 

 陽は高い。

もう一山登ろうと富山県に向かいました。

 

 


牛留ノ池と御池

2019-05-30 | 乗鞍高原

乗鞍高原は火山活動が形成した台地で、無数の池が点在しています。

高原側は飛騨山脈の東面に位置し朝陽が日の出と共に当たります。

無風の天気のいい朝は、絶好の撮影日和。

それでもこんな好条件の天候は1週間に1度あるかないか

 この高原に住んでいた学生時代の3年間 この素晴らしい景色が当たり前になっていてカメラを向ける気も起こらなかったんです。

 

まずは 休暇村の近くにある牛留ノ池

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗鞍高原を去る前に 御池に立ち寄りました。

ミツガシワ咲く 御池

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山肌を駆け上がる新緑の様は、まさに山が笑っている様に見えました。

 


乗鞍高原 一ノ瀬園地

2019-05-29 | 乗鞍高原

朝焼けの撮影を終え、白樺峠から一ノ瀬園地に降りてきました。

風の強い乗鞍高原ですが、この日は風は収まっていて冷たい大気が一の瀬園地に留まっているかの様でした。

今思えば北海道に記録的な猛暑をもたらした稀有な大気の塊がまさにこの地を通過していたのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時刻は朝5時30分 冷んやりした高原の空気がとても心地よい朝のひと時でした。 

こんな日に高原の良さを感んじとるとはまってしまうんですよね

 


乗鞍高原の朝

2019-05-28 | 乗鞍高原

乗鞍高原の朝は、静かな夜明けだった。

24時間利用できる露天風呂につかり身体を芯からあっためながら撮影ポイントを頭の中で巡って見た。

森の中からはカッコーの鳴き声が響いてきました。

白樺峠に車を進め撮影準備開始

 

月夜の為、空は明るく月光で照らされた乗鞍岳の山肌がくっきり見えた。

風呂上がりの為か冷たい缶コーヒーがとても美味しかった。

 

 乗鞍岳の山頂が赤くなり始めると一気に高原の朝となりました。

高原に届く光は赤から茜、黄、青と変わっていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ 星空です。

 

 

 


旅の始まり 初夏の乗鞍高原にて

2019-05-27 | 乗鞍高原

5/22 私の山旅は乗鞍高原にて始まりました。

 高原に到着したのは夕方5時前 高原のどの位置で撮影しようか全く予定はなし

目に飛び込んでくる高原の風景を身体いっぱいに感じながら夢中にシャッターを切ったのでした。

あの青い空のように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心のふるさとは、温かく迎えてくれたのでした。

 


剱岳 モルゲンロート

2019-05-26 | 剱岳周辺

山旅から帰ってきました。

5/22から昨日5/24までの4日間。

大げさな事を書くかもしれませんでしたが、私の山人生でもっと晴れた山旅になりました。

たくさん大好きなアルプスの山々と対峙して夢中になってシャッターを切りました。

 朝焼け・澄み切った青空・刻々と迫るくる夕刻のシルエット・満天の天の川・夜明けのシグナル・茜色に染まる残雪の山肌

強い日差しから日焼けも半端なく、昨日は帰って気絶するかの様に眠ってしまいました。

 撮影枚数は3,000枚オーバー 2週間くらいかけて編集アップしていこうと思います。

やっぱり私は山が大好きです。 

 

撮影日 2019 5/25 am5:00 劔御前小屋上部の丘より


立山讃歌

2019-05-25 | 山日記

おはようございます。

 

予約投稿です。

 

予定では今朝は標高2700mに位置するアルプスの山小屋にて朝を迎えていることと思います。

 

この地で残雪期に 夕焼け・星空・朝焼けの撮影をすることが長年の目標でした。

予約投稿ですのでそれが実現できたかどうか分かりません。

 

人生は一度きり

今日も目一杯楽しもうと思います。

 

よき一日になりますように   画像は2014 11月のものです。


シグマ12-24mm 錫杖ケ岳 5/21

2019-05-24 | 日記

おはようございます。

 

予約投稿です。

 

予定では、今日はアルプスに入山してると思います。

天気は良さそうです。

 毎日 天の川を見ながら大自然に抱かれて眠っています。

キャンカーを購入し日本全国 無期限で旅に出て見たいものです。

 

今日の画像はシグマ12-24mmにて撮影した風景です。

5/21 大雨の去った後の錫杖ケ岳の景色です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新緑シャワーを浴びて山頂に立つと360度の大パノラマ

山はいいですね

 

良い一日になりますように

朝は寒いくらいですが日中は汗ばむアルプスです。

 

 

 


季節は進む

2019-05-23 | 日記

おはようございます。

予定投稿です。

 

イメージでは、乗鞍高原で満天の天の川 カッコーの鳴き声で目覚め 高原に光差し込む朝陽に輝く新緑の撮影をしてることでしょう。

画像は、いつもの山にて 嵐の去った5/21 夕暮れ時 新しくしたファーウェイの携帯にて(16mm) 確かに情報量の多い画像です。

 

 

 

 

明日も予約投稿になります。      乗鞍高原 牛留の池にて (ニコンD800E  2018年 5月後半)

今日もよき一日になりますように


2019 桜旅

2019-05-22 | 2019 桜旅

予定では今日から信州へ向かっております。

順調に行けば 夕焼け・星空を乗鞍高原にて撮影の予定です。

そうそう無料の24時間温泉 「せせらぎの湯」にゆっくりつかってみようと思っています。

 今年の桜は、3月後半 対馬にて見た山桜が見始めでした。

近所の桜並木は愛でるだけ ちゃんと撮影しに行ったのは宇陀の又兵衞桜からでした。

 

 

 

 

フジ S5PROの撮影デビュー日でもありました。 この桜にはこれからも毎年通うつもりです。

 

 

 

 

 

 

4月半ば 兼ねてからの夢でもあった東北1本桜の旅に出かけました。

 芭蕉さんの詩 「月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人なり。」を意識しての長旅となりました。

 

三春の滝桜 あっぱれでした。

 

 

 

 

夜桜滝桜

 

 

 

福田寺の糸桜

 

 

 

 

合戦場のしだれ桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弘前城の桜

15日間 6,000km  運転は大変でしたが一生物の思い出ができました。

 

 

 

 

よき出会いの旅になりました。

 

 

季節は新緑から深緑へ

アルプスの雄大な風景が見たくなりました。

 

全く自由人な私です。

 

 

 


フジS5PRO 小川村の桜

2019-05-21 | さわやか信州の旅

長く綴ってきました東北からの桜旅。今日で終焉です。

終焉といっても桜です。今後の私の心旅は新緑から山の上に向かいます。

 

今夜出発して たくさん新鮮な山の空気を吸ってこようと思います。

水鏡の棚田に映るアルプス

カエルの大合唱の里山

山笑うブナの新緑 満点の星空

清流 山菜 そば おやき

 

 

 

 

フジS5PROで撮った画像は想像以上に印象的に描写されます。

 焦点距離は、シグマの50mmを付けてますので75mm単焦点ですので結構引きながら撮影しています。

 

 

 

 

鹿島槍が見え隠れしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では行ってきます。

 


小川村の桜

2019-05-20 | さわやか信州の旅

私の桜旅は、ここ小川村の1本桜で終了となります。

信州では、今日明日の雨がさればまた鮮やかな新緑と残雪の共演が見られることでしょう。

また明日の晩から一人旅に出発します。

今回は信州。アイゼンを持参してアルプスにも登ってこようと思っています。

 

 小川村の1本桜は、山の上に「立屋の桜」「番屋の桜」という有名な2つの桜があります。

訪問した5/1 はすでに村の桜は散っていましたが、標高の高い山手の桜は見頃のままで迎えてくれました。

 

桜見の丘には駐車場・東屋が整備されています。 小雨が降り始めていましたのでちょうど雨よけの東屋での昼食に最適でした。

 今日はニコンD800Eで撮影分をアップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小川村には何度も訪問していますが、桜の季節はいつも曇りです。

今週も小川村に行こうかと思ってますが棚田がメインです。

 

明日は、フジS5PRO撮影分です。

 

  追記  ツルースリーパーを購入しました。

 


高山村の1本桜

2019-05-19 | さわやか信州の旅
令和元年5月1日は、信州高山村の1本桜の撮影で始まりました。
昨年takayanさんご夫妻と旅した信州路、昨年は花期には少し早かったが今年は東北で長居をしたため、桜は散り始めかなと訪問しました。
 高山村は小布施町から少し標高を上げた山の麓に位置しています。
1番始めに訪問したのは町の中心地にある和美の桜でした。残念ながら葉桜。
それならばもう少し標高を上げてみようと 順に黒部のヒガンザクラ・水中のしだれ桜・赤和の観音しだれ桜と3つ巡りました。
北信五岳に見守られながらの一人撮影旅

やっぱり桜には残雪の山肌が似合うなあと思いました。
























明日は小川村に移動します。





小国町の山桜 と 新携帯電話

2019-05-18 | 東北桜
小国町の山桜を撮ってから早くも3週間経ちました。 もう雪国の小国も田に水が張られ始めた頃でしょうか 白馬の青鬼棚田も今がまさに見頃でしょう。 水鏡に浮かび上がる白馬連邦  朝一番、夜明け前からカメラを構えるあの至福のひと時 そろそろ信州の旅に出てみようかと思っています。  山菜のシーズンだし、温泉につかって山菜そば  何度通っても飽きない信州の里山風景です。  今日は、小国町の山桜 その2をお届けします。 おまけ 昨日は、壊した携帯に変わる新携帯の手続きでした。   コンセプトはカメラの機能性重視  アンドロイドHUAWEI Mate 20 Proにしました。 レンズがライカ  広角域で16mm(4000万画素) 私が探していたそのものに出会えました。 また旅の友が出来て楽しみが増えましたこと、報告しておきます。

小国町の山桜 

2019-05-17 | 東北桜

今日の桜は飯豊山の登山口 小国町の山桜です。
訪問したのは4/25〜6。雨上がりの朝でした。
飯豊山は、豪雪地帯にあって山肌にはたっぷりの残雪がありました。
山の全容は見られませんでしたが雨上がりの山肌には鮮明な色を出した山桜が素晴らしかったです。






























追伸
昨日、私の不注意からスマートフォンを再起不能にしてしまいました。
 データ(10年来の画像など)の回復はまず無理だと思えるくらい損傷が激しいのです。

メールや携帯電話のアドレスも戻らない可能性が大です。

皆様にこちらから連絡することも当然できません。

残念です。

2〜3日以内には新スマフォを購入します。


明日も小国町の山桜をお届けします。