錫 杖 龍

旅に出てます。

涸沢岳へ

2019-08-31 | 槍〜穂高連峰縦走

穂高岳山荘では、山荘内にある食堂でラーメンを頂きました。

標高3,000mにこんなに開放的でまったりできる施設が整備されていることは

ほんとに登山者にとってありがたい事です。

登山者の安全の為に重太郎新道を開拓し、70〜80kgの歩荷を何千回も繰り返し

小屋を建設された今田重太郎氏

そしてその意思を継いだ小屋関係者の皆様に感謝し止まない


しょうゆラーメンをスープまで完食し

エネルギー充填




まずは奥穂へ

奥穂高へ向かう名物ハシゴですね








後で向かう涸沢岳と北穂高岳



ジャンダルムも大人気のピークになりました。




前穂の北尾根

紅葉時に訪ねた五六のコル

青春時代が蘇る




六峰の頂にも行ってみたい




コルをズーム




奥穂の山頂はガスに巻かれ写真無し

速攻で奥穂高岳山荘に戻って涸沢岳に向かいます。


























返り見すればガス晴れて奥穂高とジャンダルム

 



涸沢岳のピークからジャンダルム












目指すは、北穂高岳

気が抜けない岩稜帯

鎖場の連続が始まりました。



つづく


 








 


白出のコル 穂高岳山荘

2019-08-30 | 槍〜穂高連峰縦走

延々と続く白出沢のガレ場

この地で落石が原因で逝った山の先輩を思い出す。

この日は風は全く無かったのですが

強風があの見える稜線を吹き抜ける時は

どこからともなく降ってくる落石に細心の注意を払わなければならない

白出沢の登行は新穂高口から標高差1900m

一度も下降することもなく

ひたすら登行していく

ストイックなルートなのです。























ジャンダルムが競り上がる。

まさに奥穂の王を守る衛兵の如しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山荘の建つ白出コルに到着















奥穂テラス

厳しい登りから一気に和む








常念岳




蝶ヶ岳




涸沢サマービレッジ




ザックをデポし




奥穂に参りましょう




穂高の稜線にも雲がかかり出した。

急がねば








ここからは

稜線ハイ状態

大好きな岩稜帯

どんだけ歩いても

疲れ知らず状態になるんですよね


つづく











白出沢 入山

2019-08-29 | 槍〜穂高連峰縦走

山に入れば 

一瞬一瞬が全て意味を持って来ます。

だから街で何となく過ごす一日より

はるかに生きているという実感が沸くのです。



この詩は、白出沢の重太郎橋付近にある遭難碑に刻まれたものです。

今回の山旅は穂高連峰の縦走です。

地図を見て穂高・槍の登山道で自分の歩いていないルートが2つあります。

その一つが「白出沢」

もう一つが「西鎌尾根」

今回はこのルートを踏破することにしました。

日曜日とあって新穂高の無料駐車場は満車

鍋平の駐車場からのスタート(am3:30)でした。

白出沢には5:30着

ここから一気に穂高岳山荘まで牛歩で標高を稼いで行きます。

カメラはニコンD800E

レンズは28-300mm・12-24mm・50mmマクロ・三脚・予備電池6個

総重量15kg(これ以上担ぐとスピードが出ません。)



重太郎橋手前で単独の山ガールに疾風の如く追い抜かれました。

この女性とは翌日の途中までご一緒するこになりましたが

「早かった」の一言に尽きます。


初めて見る白出沢の景色に

高揚感は高く 

あっという間に標高を上げて行きました。






この前傾姿勢がスピードの基本



白出沢は穂高の西面に位置し

太陽光線がなかなか届きません。

つまり、とても涼しくて快適な登行が出来ます。



奥穂の傭兵が仁王立ちしています。



振り返れば、

大木場ノ辻(2232m)と錫杖岳(2168m)

名前だけですが愛着がわいてきます。



笠ヶ岳も競り上がってきました。



目指すは、あのコルへ

それにしてもガレガレがすごい







12mmに交換





まだまだ先は長い

されど初めて見る穂高の一面

新鮮でした。



つづく






穂高連邦縦走 速報

2019-08-28 | 槍〜穂高連峰縦走

8/25〜27の3日間

穂高連峰を縦走して来ました。

昨日無事帰宅し今日は心地よい疲労感が残っています。

心地よいと言うと変な感じかもしれませんが

山屋の皆さんならこの価値観はお分かりいただけるかと思います。

今日はまず1枚

北穂高岳小屋にて

モルゲンロートです。

ゆっくり編集してしばらくこの夏最後の山旅を綴って行きたいと思います。


人は老いるという普遍性を常に感じつつ

危険と分かりながらも一歩一歩頂を目指し

何がなんでも無事に家まで帰ると

今自分にできうる努力を惜しむ事なく

最大限まで出すことのできる場所


基本 自分の中に限界は置かない

漆黒のアルプスを闊歩する快楽(言い過ぎかな)

自分にできるだけのことをやったらそれで

結果はついてくる


それでいいじゃない


山は人道の先生です。


黒部源流の秘峰を巡る ファイナル 黒四ダム湖畔の水平道 

2019-08-22 | 北アルプス

平乃小屋から黒四ダムトロリーバスターミナルまでは約4時間 標高1,500m付近に付けられた水平道を10km程歩きます。

しかしアップダウンが多く、読売新道を下山して来た登山者には結構ハード 私も膝に来ました。

新穂高から入山し、双六・三俣蓮華・鷲羽・水晶と大きなピークを4つ踏み

アルプスで最も奥深い黒部源流の山域を堪能

鷲羽で迎えた雲海上の槍ヶ岳は最高だった。

道中知り合った登山者の方との語らいもこれからずっと記憶に残る素晴らしき思い出です。

ダム湖畔の長い道のりは初めて歩くトレイルだったので長いようであっという間でした。

ダム湖は神秘的な色合いをしています。
















先程、平乃渡しの船頭さんも休憩時間でしょうか

次の渡し時間まで釣り三昧の様ですね



見上げればブナ林が美しい













こういった風景に300mmは役立ちますね。









花を見ると体が軽くなります。





階段を見ると体が重くなります。




根っこトンネルもあり




水鏡には青い空




日陰に入ると快適なトレイル




流木も面白い




はりさんは、このあたりでもドロップしはったのでしょうか







到着







ダム湖からは昨日山頂に立った赤牛岳が見送ってくれました。







扇沢駅でビールと行きたいところですが

牛乳一気飲み

美味かった。



信濃大町駅の待ち時間に駅前のラーメン屋さんで

冷麺

美味かった。



久しぶりに大糸線に乗って松本駅へ




車窓からは、安曇野の風景(見えるは常念岳)

松本駅から新島々駅まで上高地電鉄に乗車

新島々駅からは、夏限定の臨時便が新穂高まで出ていました。

これは想定外でラッキーでした。



17時には新穂高に到着

黒部源流の深山を歩く

長い間、ご拝見ありがとうございました。




 




 

 

 

 

 




 


黒部源流の秘峰を巡る その13 読売新道〜平乃小屋

2019-08-21 | 北アルプス

読売新道からの黒部湖とアルプスの峰々

山では、進む縦走路が長いと分かっていれば時間はそう長く感じられないものなんですが

この新道はやはり長いなあとの印象が残りました。

特に森林限界から黒部フュッテまでの間

風も無く、標高を下げる度に汗が増してくる

水の確保場は無し、脚への疲労度も重なってきて

いつヒュッテに着くのかと何度も思いました。

振り返ると 野口五郎岳が見送ってくれます。

水晶・槍は 赤牛岳の巨体に隠れました。



読売新道には、何箇所かイルカが生息しています。

林間に入ると登山道がぬかるんで来て足が取られるようになったの

カメラもザックにしまっての下降でした。


きつかったけど念願の赤牛岳のピークを踏んで

山はいいなあとつくづく思うのでした。





沢音が少しづつ大きくなって来たら

黒部ヒュッテに到着です。

赤牛岳から4時間

14時過ぎに到着

冷たい沢水で顔を洗って生き返りました。


 


この日は黒部ヒュッテに泊まりました。

部屋に入るとすぐ夕立になりました。

歩いてる中、雨に合わなくて良かった。

何よりお湯(湯船は使用できない)で体が洗えます。

赤牛岳の稜線で知り合ったYさんと同部屋でした。

夕食までの間、山談義に華が咲きました。

Yさんから頂いたウィスキーです。

これが体に染みました。

夕食の席には超美人山ガール3名と同席。

たくさん山のお話をしましたら酔いが回りました。


部屋に入ってYさんに

「お休みなさい 明日は3時起きで」と声をかけて

5秒で爆睡

一度も目が醒めることなく7時間半

ぐっすり眠れました。


翌朝6日 3時30分 

黒部ヒュッテをYさんと共に出立

2時間平ノ渡まで

真っ暗の中

会話をしながら歩きました。


実際はもっと暗いです。

豪雪のため

このハシゴは毎年、取り替えるそうです。(すごい労力ですね)








黒部に朝日が灯ります。




針ノ木谷に向かうYAさんと厚い握手をして見送りました。

楽しかったです。

船窪小屋はいかがでしたか❓



6時20分発の船がやって来ました。

何故か船頭さんは3人もいらっしゃいました。



昔は、橋が掛かっていたのですが

雪崩で流された結果、この定期船にシフトしたそうです。

この船で彼と知り合いました。

1週間、奥黒部の山々をテント縦走するとのこと

船は10分少々で対岸の平乃小屋直下の船着場に到着

ここで水が無くなったので平乃小屋で休憩しました。



小屋のアイドル「モモちゃん7歳女の子」

2日前に毒ガエルと戦って負けたそうで

動きが鈍いです。

女将さん曰く いつも猛犬中の猛犬だそうです。


















女将さんに無理を言ってカレーを出していただ来ました。(800円)

この塩気が最高にうまくて

生き返りました。



グレゴリーの100Lザックを担ぐ彼に

私の持つ行動食(私は下山のみなので)をプレゼントしました。




イワナ釣りの宿としても有名な平乃小屋

高名な主人にお会いしたかったですが不在でした。


旅の達人「はりさん」が私の後に

イワナ釣りの為に平乃小屋に宿泊されました。

分かっていれば日を合わせて奇跡の再会も

良かったですね



本来ならここで

山旅ブログは終了なのですが

黒部湖畔の景色がとても素晴らしかったので

明日を最後に

締めくくります。








黒部源流の秘峰を巡る その12 赤牛岳

2019-08-20 | 北アルプス

ずっと登って見たい山200名山「赤牛岳」

水晶岳から歩くこと約2時間少々

想像していたより長い道のりでした。

何より太陽が高くなるにつれ猛烈な紫外線と温度上昇に体力消耗が著しかった。

水晶岳から始まる読売新道の遥かなる稜線風景をご覧ください。





温泉沢の頭(2904m)より

赤い山肌が目指す赤牛岳

短そうに見えますが結構なアップダウン



振り返ると水晶岳





読売新道は長い



名山風格あり




見送ってくれた槍ヶ岳



一旦降ってまた登り




振り返る




黒部湖が少しずつ視界に入ってきます。




巻くようで巻かない登山道



















お花畑もありましたよ




野口五郎岳方面も静かな山域



鳳凰の如し 薬師岳




 

グレートトラバースではないですが

296座目登頂。

これで本州の300名山完登

残るは4座

全て北の大地(ヒグマの聖地「日高山脈」)


実は8月21日から北海道の山旅に出る予定でしたが

天気予報がずっと良くないのでキャンセルしました。

この雨で川の水量が増えますからしばらくは渡渉が難しくなります。


この秋(9月)

どなたか一緒に登ってくれる方を募集します。

 連絡はメールから

お待ちしております。


山頂からは立山

赤牛岳から奥黒部ヒュッテまで

地図上ではまだ6時間あります。

牛歩で一歩一歩下降開始。






黒部源流の秘峰を巡る その11 水晶岳山頂に立つ

2019-08-19 | 北アルプス

北アルプスでも最も奥深き山域に位置する百名山「水晶岳」に8/5 朝8時に到着

27年ぶりの山頂に立ちました。

あれから山を離れずずっと歩いて来ました。

山頂からは登ってきた1山1山懐かしい思い出が走馬灯の様に蘇ってきます。

富士山は眺める山と例えられますが

水晶岳はアルプスの絶景を山頂から懐かしむ山だなと感じました。

何度も来れる山では無いので

ここからの景観を目に焼き付けておこうと

少し時間を多めに取ってシャッターを切りました。


水晶の小屋はすごい位置に立ってますね。



槍穂高連邦が存在感ナンバー1




鷲羽・笠が太刀持ちで乗鞍・御嶽



これから延々と続く読売新道方面




目指すは、赤牛岳。その向こうに立山と劔岳



大天井と常念岳の大三角形










水晶岳を後にして

読売新道に入山

 

水晶岳からは登山者皆無と言っていいくらい静かな山旅でした。



黒部五郎さんが友達




雲の平山荘




高天原山荘

温泉があるんですよ




薬師岳がどんどん大きくなってきました。


奥黒部フュッテに何時にたどり着くのか

長丁場に足が持つのか少し不安を抱えながらでしたが

未だ見たことのないアルプスの稜線歩き

楽しくて楽しくて

テンションは上がりっぱなしでした。



おまけ

昨日、お盆のお参りで山陰から戻りました。

兵庫浜坂で加藤文太郎さん所縁の地も訪ねてきました。





黒部源流の秘峰を巡る その10 雷鳥とアットホームな水晶小屋

2019-08-18 | 北アルプス

黒部源流の山旅もやっと水晶小屋に到着です。


今日は昨日から山陰地方に旅に出ています。

加藤文太郎さんの所縁の地も巡ってこようと思っています。


水晶小屋までの最後の登り前にある原っぱで雷鳥の親子に出会いました。

3羽の雛をお母さんがしっかり見守っていますね



















イワオウギの大群落

この山域に降った雨が黒部のダムに流れるのですよ




こちらに降った雨は信濃川へ














楽しませてもらった槍ヶ岳も遠くなって来ました。



水晶小屋に到着(朝7時30分)

水を1リットル購入

小屋ではドローンの撮影会が始まろうとしてました。



水晶のテラスで愛を叫びます。

青春目一杯に楽しんで!


このチーフに声をかける

今から読売新道を下り

赤牛岳に登りたいと言うと

赤牛岳の山頂まで2時間30分で辿り着けなかったら水晶小屋に戻って来てください。と

赤牛岳から黒部は

「ほんま 長いですよ〜 水は全くなし」

とアドバイスいただく


戻る気は無い。


気合い入れて

まずは水晶岳を超えて行きましょう。









黒部源流の秘峰を巡る その9 アルプス一万尺

2019-08-17 | 北アルプス

鷲羽岳から水晶小屋までは所要時間2時間

今回の山旅で最もシャッターを切りました。

鷲羽岳の雲海・三俣蓮華・双六に流れる滝雲

足元には朝露を浴びた高山植物

水晶小屋を朝一に出立されたパーティさんとワリモのお花畑で談笑

水晶小屋からの朝日も素晴らしかったとのことです。

水晶の小屋で泊まって夕焼け・星空・朝焼けも撮って見たいものです。

 

水晶岳の巨体が近づいて来ます。













山肌にはコバイケイソウの群落がいたるところに











朝出発した三俣山荘は左下

この景色もアルプスの雄大さを感じずにはいられません。









植物達には朝の露が生命力に繋がることが伝わって来ますね




お友達になった大津の単独行者










グッドモーニング

この時点で朝7時前です。





おっ!(^0^)/

朝の散歩に出て来たね


しばし

ザックを置いて一服としましょう。




黒部源流の秘峰を巡る その8 雲上の稜線を行く

2019-08-16 | 北アルプス

ご来光を浴び、鷲羽岳から水晶岳に向かいます。

その稜線の途中には岩の山「ワリモ岳」があります。

この稜線はお花畑ロードでもありました。


タカネシオガマ

チシマキキョウ

イワオウギ

これらの花の植生がとても勢いがありました。






























ワリモの登りから振り返ると

鷲羽岳が大きな翼を広げていました。

ここで滋賀県大津市高島から訪問の男性と友達になりました。



黒部五郎も大きい



雲の平山荘




薬師様









この稜線では、時間を気にせずにしっかり撮影に没頭しました。


もう少しこの地での風景を続けます。





黒部源流の秘峰を巡る その7 鷲羽岳山頂からご来光

2019-08-15 | 北アルプス

8/5 朝5時過ぎ鷲羽岳山頂に立つ

27年前の夏に来た時はガスの中でしたので

ここからの景色は実に新鮮でした。

ちょうど山頂には高校の山岳部らしきグループが見えました。

学生さん達は口々に

こんな素晴らしい景色が見られるなんて

先生に感謝です。と

引率の先生は学生さん以上に興奮していて

ものすごく嬉しそうで大きな声を出していました。


生徒達にこの景色を見せてあげたいと言う師

それ以上に師自身が一番楽しんでる

エンターテイメントの基本を見た気がしました。


先生と学生さん

この山行で素晴らしい絆が生まれましたね

ご来光の風景も良かったが学生さん達の感動が伝わって来たのも

活きた教育実践

何だかジーンと来ました。


どんな絶景であったか

ノーキャプションで一気にどうぞ!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陽は昇った。

そして稜線にはたっぷりの朝露が草花に降りました。

キラキラ輝く高山植物撮りながら

水晶岳の頂を目指します。




明日に続く

 

 


黒部源流の秘峰を巡る その6 雲海 鷲羽岳

2019-08-14 | 北アルプス

8/5 朝3時30分 三俣山荘を出発した。

日の出時刻は5時頃

山頂に着く頃にご来光が拝める様にこの日の行程を立てました。

アルプスで暗いうちに出発するのは私にとっては鉄則

太陽は必ず上がってくる

希望の光を迎えに行く感じがしますね

鷲羽岳まで標高差400m少々

星が見えたり、ガスったりの繰り返し

いつの間にか雲の上の人になった。


右手には薄っすら槍が高く見えていました。

間違いなく雲海になる

振り返ると三俣蓮華岳・双六岳

ご覧の様に三俣山荘の建つ位置は稜線の最鞍部

雲の流れがもっとも出来る場所でもありますね

何万年もの間、雨風に削られて出来上がったアルプスの大地が観察できる

地理学の実践をしてる様です。



山頂はもう一息ですが

私には、もう一つ目的がありました。


鷲羽池です。



少し降って池越しの槍を撮りたかったのですが

標高を下げると雲海の中に入ってしまい

登り返します。










鷲羽池は火口湖

12万年ほど前に噴火した跡だそうです。


















 夜が明けました。






明日は、鷲羽岳山頂からご来光のひと時をお届けします。



明日につづく




 


 


黒部源流の秘峰を巡る その5 三俣山荘

2019-08-13 | 北アルプス

三俣山荘に到着

時刻は11時30分

今日中に水晶小屋まで十分に行ける時間帯でした。

ここでしっかり大気の状態を観察

北鎌尾根越しに夏雲が立ち上がってきています。

う〜〜ん これはもう昼からガスってくるサイン

今回の山旅のメインは赤牛岳

次に鷲羽池越しの槍ヶ岳

この課題を鑑みるに

三俣山荘に泊まるしかない。

かなり早いが宿にチェックインしました。

1枚目の風景は三俣山荘のテラスからの絶景です。

この山荘は水が潤沢

三俣蓮華岳の雪渓からの清水がこの山荘に流れてきています。

この地に小屋を建てた伊藤正一氏

建設当時、最も考慮したのは水の確保だったそうです。

三俣蓮華の下り



山荘まではもうすぐ









山荘入り口にある水道の蛇口をひねると冷たい清水が勢いよく出ます。

アルプスのオアシスそのもの様な山荘です。



そしてこの絶景

北鎌尾根見るなら三俣山荘




硫黄だけの特異な赤も印象的



朝2時から行動してる為か、部屋で2時間お昼寝しました。

少し陽が傾き始めた頃

山荘の付近を散策








明日登る鷲羽岳









山荘の孫娘が可愛かった。(2階テラス)




黒部の山賊と呼ばれた 伊藤正一氏の孫娘さんが

私の友達と紹介してくれました。

「小トトロって言うだよ」



山小屋は本当に楽しいものだ。

同感です。



小屋に飾ってありました思い出スナップ

伊藤新道開拓の歴史でしょうか





荷揚げヘリ待ちをしていた山荘の主人(正一氏の息子さん)圭さんと

少しお話をさせていただきました。


山小屋を頑張って守って行ってくださいね。


 

夕飯は主人推奨のジビエシチュー

何杯でもご飯が進みました。



明日も暗いうちからスタートです。

おやすみなさい。


真横の方のイビキが強烈でしたが

気にせず眠れました。

結構図太い神経をしてます。


つづく





 









黒部源流の秘峰を巡る その4 三俣蓮華岳

2019-08-12 | 北アルプス

双六岳から三俣蓮華岳までは少しアップダウンがあるものの

お花畑の稜線を進めるのでとても快適だった。

何よりも素敵な家族に出会った事が思い出に残る。

三俣蓮華岳の登りで抜かせて頂いた時に私の方から声をかけた男の子の兄弟

花の名前を覚えるはずもないが、私なりに一つ一つ教えてあげた。

なんだか微笑ましく ファミリー登山いいもんだなと思いました。

 山を好きになってほしいなという思いがそうさせたのかもしれませんね

100名山 目指して全国の山々を楽しんでくださいね


目指す三俣蓮華岳



















水晶に鷲羽



今日は水晶小屋まで行こうか




薬師岳もデカイ



お花ロード















振り返ると笠ヶ岳




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマダイモンジソウ










岩がゴロゴロあるからゴーロから転じ

黒部五郎岳


友達になってくれてありがとね




サングラスをプレゼントしましょう。







時刻は午前10時を回ったくらい

水晶小屋までは十分行ける

でも入道曇が出てきてる

三俣小屋まで行って考えることにしましょう。



明日に続きます。