錫 杖 流

full充電完了。

立山下山・北海道の旅プロローグ

2019-06-13 | 立山・劔

5/25(土)いよいよ立山を去ります。

雷鳥平のテント場には数張りのテントがありました。

立山影が山に吸収していく様を見ながら雷鳥平からの最後の急登を詰めて雷鳥荘・みくりが池温泉通過

バスターミナルには7時30分に到着 8時の始発バスに乗れました。

 下山してから大辻山に登る予定をしていたのですが、2日間滞在で日焼けした疲労が結構あり大辻山は諦めてもう一度軽みでとんがり山に登りました。

 

室生からの風景で立山紀行を終わります。

 次は6月中旬に北アルプスに入山します。

 

雷鳥坂の最上部に立つ御前小舎

 

 

 

 

 

 

 

Aさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aさん  ここの稜線歩きもさぞ素晴らしかった事でしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aさん 

 

 

残雪期の立山三山 

特に朝焼けの劔の姿が

最高でした。

 

登山日:5/24〜25  

 

 

昨日は、北海道の旅から帰りいつもの山で汗をかきました。

5月の後半に登ってから2週間ぶり

森は新緑から深緑に季節を進めていました。

山肌に浮かぶヤマボウシの白い花は羊の様にも見えました。

しばらく山に通って汗かいてアルプスに備えたいと思っています。

 

 

 

 

北海道の旅 プロローグ

利尻岳 海抜ゼロメートルから見ることができる天の川

 


雷鳥坂からの絶景

2019-06-12 | 立山・劔

昨夜北海道から無事戻りました。

今日はいつもの山に登って軸を戻して写真の編集スタートします。

 

 

5月の残雪期に小屋を営業することを決めた劔御前小舎の新オーナーに感謝します。

私が泊まった日は合計8名の宿泊者 多くは語り合うことが出来ませんでしたが

みなさん山の事をよくご存知の岳人ばかりだった。

 この小舎のポテンシャルの高さはアルプスでも屈指と言っても過言ではありません。

剱岳を目指す方にはアルプスの交差点という位置付けでしょうが

私のような撮影がメインの登山者には最高の展望小舎です。

また次は剱岳の山肌が紅葉する時期に泊まりにきます。

 

朝6時 小舎を後にしてガチガチの雷鳥坂を下降開始

同室のAさんは奥大日を目指し室堂乗越に向かわれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雷鳥に見守られながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aさん

 

 

 

絵になるAさん

 

 

 

つがい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから登られる岳人

 

 この登りが終われば劔が見えますよ〜

 

 

明日は、ラスト 去りがたし室堂編です。

 


モルゲンロート大日岳

2019-06-11 | 立山・劔

おはようございます。

今朝は予定ではフェリーの朝風呂に入りながら日本海を南に進めている事と思います。

 

昨日に続き 劔岳のモルゲンロートから標高を下げ 大日岳 鍬崎山にも朝陽が届いていく様を追って見ました。

 ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見ると 奥大日岳(右上)の山頂にテントが張ってありますね

 ここからの夕陽 星空もさぞ素晴らしかった事でしょう。

同じ思考の岳人

会ってお話したい。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍬崎山の彼方に白山

 

 

何度見ても素晴らしい 薬師如来のお姿

 

 私にとって大いなる先生は「山」ですね

 

みなさま 良き一日をお過ごしください。

  

  

 

 


モルゲンロート剱岳

2019-06-10 | 立山・劔

後立山連邦の向こうから今日と言う新しい光が黒部の山間に差し込むようにして剱岳を染めて行きました。

アルプスの朝の光は嘘が無い。

混じりっけの無い光 本当の光が届く

 いつもアルプスで迎えるご来光で思うのは同じ。

空気が澄み切ってるから混じりっけの無い光線が届く

 本当の光だからこそ自然と共鳴して美しく辺りを染めていくのだと・・

 人生にもたくさんの光が届く  いろんな光と言ってもいいだろう

時には、晴れない雨の日も どんより空の日もある

 

人生では混じりっけの無い本当に温かい光なんてそう滅多に無いもんだ。

 山で迎える朝陽を眺めていつも思う事です。

 

 

 

 

 

キレットの奥に雨飾山

 

 

 

白馬岳

 

 

 

 

白馬三山

 

 

 

 

 

 

 

 

薬師様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山に出会えて本当に良かったです。

 

 

 本日の北海道紀行予定

積丹半島・ニセコ周辺の初夏を眺め苫小牧発の深夜フェリーに乗船します。

 


夜明けのシグナル

2019-06-09 | 立山・劔

劔御前小舎の夜は、山風の音が鎮まって行くのを体感しました。

雪の重みで立て付けの悪くなったガラス戸が

別山乗越を越える山風に伴いガタガタと鳴りました。

夜10時 11時 12時ウトウト

 深夜 1時 2時頃収まってきた。

地上の大気と上空の大気のパワーバランスが均等になった証

 3時 ガラス戸の音が止まった。

 

4時 同室のAさんからの 「赤くなってる」 の声で覚醒。

昨夜星を撮った丘までAさんと向かいました。

夜明けのシグナルは 残雪が青くなる。 私にとって撮影の醍醐味の一つでもある。

 

 

新しい太陽は、五竜の肩から上がってきそうです。

 

 

キレットの奥の院には雨飾山

 

 

薬師如来様も目覚めそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

劔沢上部の斜面に赤いプリズム光線が届き始めました。

 

母の背中を見て育った私

高校までほんと反抗期もなく従順に生きてきた。

学生時代にアルプスを知って今までずっと反抗期にあります。

 

山をやっててほんまに良かったと思います。

 

 

 

    北海道紀行   

今日は美瑛から小樽に移動です。  

 

 

 


星めぐり

2019-06-08 | 立山・劔

劔御前小舎の消灯は午後8時ちょうどだった。

山時間はこれでいい。

同室のAさんと小舎の裏山に上がって劔・立山・大日の星空を約1時間楽しみました。

 比較的風は弱かったが稜線を超える風は時折きつくなり、長時間露光は何度も失敗しました。

一人の撮影ではなくAさんが横にいてくれるので心強かったです。

 

月明かりの立山も撮って見たかったですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     夕陽に続き 素晴らしい思い出ができました。

 

 今日の北海道紀行予定

今日も大雪・美瑛・富良野界隈で朝から夜まで粘って撮影します。

撮影枚数は10,000枚超すのではないでしょうか。

  

 

 


残照

2019-06-07 | 立山・劔

夕陽が沈み足早に小へ戻る途中、残雪の山肌が素晴らしく残照に浮かび上がりました。

 山岳写真の「髄」は日が昇る直前と残照の刻にあると思っています。

 

特に大日連山の優美な山容が素晴らしかったです。

重たい三脚を背負って来て成せる山岳写真ですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬師如来様

 

 

室堂山荘・ホテル立山にも灯りがつきました。

 

 

今日の北海道紀行予定

美瑛・大雪の丘を撮影します。

 


剱岳 火の鳥の如し

2019-06-06 | 立山・劔

別山乗越に立つ劔御前小舎は、日本一の撮影ができる絶景ポイントにあります。

 小舎から5分ほどで劔御前尾根のピークに到達。数年前にここからの劔は撮りましたが、そのピークからさらに劔本峰に進んだ所に劔御前2777mの三角点があります。

今では危険なため廃道になっていますが昔はこの尾根ルートが劔へのアプローチルートとして利用されていました。

 そのピークからの夕焼けの剱岳を撮るのが目的です。

小舎でお知り合いになったAさんと向かいました。

 日の入り時刻は6時47分 

私一人なら途中で心根が折れていた事でしょう。

Aさんの「行きましょう」の一言に勇気ずけられました。

 刻々と茜色の斜光が後立山連邦・薬師岳を照らし、剱岳を染めて行きました。

1枚目の写真はファーウェイの携帯で撮ったものです。 

ここまで質の高い画像と色の再現があるのならば、重たい一丸を背負って来たのは何なんだと思わんばかりでした。

 

 

 

 

 

白馬岳方面

 

 

大日に富山平野

 

 

五竜の王

 

 

 

薬師如来

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍬崎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弥陀ヶ原

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿島鑓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aさんとの撮影会 その1

永遠の一時でしたね

感謝。

 

その2(残照)に続く

 

 

5/24 

 

 

北海道紀行 今日の予定

 

ちょうど今頃、利尻島にて朝焼けの利尻岳を狙っていると思います。

 今日は移動日 稚内に戻り道央に戻りながら行き当たりばったりの風景撮影会とします。

 

 

 

 

 

 

 

 


別山からの風景

2019-06-05 | 立山・劔

別山は立山曼荼羅にも別格の天として描かれている存在感のある山

その頂に立って見て初めてその意味が分かる名山なのです。

その意味とは針の山「剱岳」の大展望台と言う事です。

 

今回の山旅の目的は、この山の頂から星空・朝焼けを撮影することでした。

詳しくは、劔御前峰か別山北峰のどちらかで撮影しようと思っていました。

この後、ロケーションチェックをして

ここでの撮影はまたの機会にしました。

 

残雪の剱岳

映画「点の記」にあった長次郎谷。

雪を背負って登り

雪を背負って下る

俯瞰することができますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エベレスト登頂を果たした主人を待つ劔沢小屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

劔沢はアルピニストの聖地

この深い谷を見られただけでも

この地に来た甲斐がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

撮り飽きる事なく

右に劔

左に立山

何度も立ち止まり

レンズを変えて撮影しました。

御前小舎には3時頃到着

何度も通過してはいつか泊まって見たいと思っていた山小屋です。

 

少し横になってから夕暮れの撮影に準備しました。

 

 

 

 

 

 

今日の北海道旅の予定です。

利尻島2日目

朝焼けに輝く利尻富士を狙います。

 

 

 

 

 

 

 


立山稜線の風景

2019-06-04 | 立山・劔

5月 残雪期の立山稜線は風が強く朝方は雪面がクラストしていたりします。

 雪庇が発達してるのでガスっている時は歩くには適していません。

この時期の立山は危険が潜んでいます。

室堂ビジターセンターのガイドさんがしきりに登山者の装備チェックをされていました。

 雄山からの稜線歩きをする登山者はぐっと減ります。

伴い、一気に寂しくなります。私が歩いた日も雄山から別山間で出会った岳人は10名もいなかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大日連山

この山が焼けることを連想しなが歩いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別山最後の登りから

 

 

 

豊富なハイマツ帯

 

 

 

 

 

 

 

別山到着

ここからの剱岳が絶景なんですよねえ

それは明日アップ 

 

-------------------------------------------------------------- 

今日の旅の予定

礼文島にてお花畑の撮影をしてから

昼のフェリーで利尻島に渡ります。

夕焼け・星空を期待しています。

 

利尻では連泊します。

 


室堂から雄山まで

2019-06-03 | 立山・劔

5/24(金)。朝7時40分発のケーブルカーに乗車

平日ともあって立山駅の混雑はなく、スムーズに室堂に到着した。

今日の宿泊地は劔御前小舎。雷鳥坂を登ればお昼までに小舎に辿り着くが時間もたっぷりあるので

立山縦走することにしました。駅の待合室で日焼け対策をしっかりし9時30分に室堂を出立。

一ノ越まではトレースがまっすぐに伸びていて単調な登行となってきつく感じられた。

峠に出たらパノラマが得られ山頂までは一気でした。

 

スキーヤー・スノボーダーは登ってしまったら後は滑るだけ いいなあと思いながら雄山山頂の風の当たらないところで一服。

 今日は室堂から雄山まで標高差600mの世界をお届けします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笠ヶ岳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左に鹿島槍 右に爺ヶ岳

 

 

 

左に五竜も見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

雄山山頂から剱岳への道

 

 

 

 

今から向かう先に岳人あり

今回、御前小舎でご一緒したAさん

 

 

 

 

 

雄山を振り返る。

 

 

 

今日はここまでとします。

 

本日(6/3:朝5時)の予定では、昨夜苫小牧港到着し

夜通し車を走らせて稚内市に到着していると思います。

 

もちろん

花の楽園 礼文島に向かいます。