雕刻時光 movie cafe

たかにゃんの気になる
アジアの映画&芸能
あれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チョウ・ユンファ 舞台挨拶

2009-03-12 08:33:34 | 周潤發新聞

舞台挨拶はジャパンプレミアよりずっと時間があって
映画の話もプレミアよりは聞けました。司会は襟川クロさん。

ユンファのコメントは相変わらずジョーダンばかりでした。

まず初めに

ユンファ:(客席に)「太りましたか、痩せたましたか?」
(客席からは「痩せたぁ」)
ユンファ:「妻が小遣いをくれないからです」

Qこの作品に出演した理由は?

ユンファ:「ちょうどオファーがきたときに、妻が東急ハンズで
      高価なバッグをみつけてそれをほしいといわれたから」
 (バンコクの記者会見では高価なブランドバッグでした(苦笑))

ユンファ:「そのバッグはとっても大きくて自分がはいるくらいなん
      です。僕が入って妻が持って一緒に移動できます。
      『子連れ狼』みたいに。ボクが子供のほうです」

Q映画のみどころは?
ユンファ:「いいシーンは出来上がったらぜ~んぶカットされて
      しまいました」
 (をいをい)

最後にポスターが出てきて出演者がサインをすることに。
(てっきり会場にプレゼントかとドキドキしたら違いました。

(日本版ポスターは悟空しか出ていないので)
ユンファ:「彼だけサインすればいいんじゃない?

クロさん:「いえいえ、この悟空の後ろにユンファさんたちが
      いるんですよね?

すると「裏に?」と後ろにわざわざ見に行くおちゃめなユンファ。

あと舞台挨拶中に一般客にカメラ撮影禁止のコメントがでると

ユンファ:「撮っても大丈夫だよ。
(クロさんがあせって「いえ・・・」)

ユンファ:「大丈夫。お金を払ってくれれば。後ろに妻がいるから
      帰りに彼女のバッグにお金をいれていってね」

あいかわらずでございました。

ところで昨日の先行上映ですが
吹き替え版でなかった。よかった、よかった。
そもそもなんでジャパンプレミアが吹き替え版だった
のかのほうが疑問。


ストーリーは
自分はなんか違うな?と周囲とうまく馴染めない
高校生が自分の運命に気づき、成長していく姿」を
描くハリウッド映画でよくあるお話。
帰りにパンフレットを買ってきましたが、
もともと悟空は高校生じゃないのね?
幸か不幸か『ドラゴンボール』を全く知らないので
「全然違うじゃん!」という怒りがないだけまし?
(それっていいことなのか?)

『セカチュー』やら最近では『K-20 怪人二十面
相・伝』やら、原作とあまりの違いにぶっとんだものです。
まっ面白ければ文句はないのです、面白ければ、
面白ければ・・・ね。

ユンファ迷的には、『パイレーツ・オブ・カリビアン』より
ちゃんと出てるじゃんとか、こんなコミカルな表情は久しぶり
じゃんとか、こりゃメキシコでの撮影は大変だっただろうとか、
それなりに楽しめました。ただせっかく本人が「ハリウッド
映画では初めてのコミカルなキャラに挑戦」というなら、
もっとスケベな亀仙人まで振り切っちゃえばよかったのになぁ。

ストーリー的には流れは映画そのものは
”そこの坊主、まるで弾丸”の『バレットモンク』。
うる覚えですが、両作品とも。
(『ドラゴンボール』は見たばかりですけど、エンドロールが
延々と続くのです)

コメント (2)

チョウ・ユンファ  舞台挨拶!!!!!!!!

2009-03-06 12:57:46 | 周潤發新聞


油断してましたぁ。

もにかるさんのブログで知りました。


「DRAGONBALL EVOLUTION」 公開記念
日劇にて舞台挨拶実施決定!

TOHOシネマズ日劇

3月11日(水)の先行上映にて、
主要キャストによる舞台挨拶が緊急決定いたしました!


実施劇場 TOHOシネマズ 日劇
実施日程

3月11日(水)

実施時間 18:15~の上映回 (上映前に舞台挨拶)

ジャスティン・チャットウィン、エミー・ロッサム、
チョウ・ユンファ、田村英里子
 【予定】


 

●PC・携帯 : 3月6日(金) 24:00~ (=3月7日(土)0:00~)

●劇場窓口(9階インフォメーションカウンター) :
          3月7日(土) 9:00~

 ※レディースデイにつき、女性の方は1,000円
     ご鑑賞いただけます。

 ※チケットのご購入は、お一人様4枚までとなります。

 

★10日の武道館でのジャパンプレミアだと
大きなユンファでも豆ツブですからね。
なんとしても行かねば。

 


コメント (2)

チョウ・ユンファ 孔子を演じる

2009-02-24 02:28:45 | 周潤發新聞


チョウ・ユンファ(周潤發)は来月公開となる
 『ドラゴンボール・エボリューション』のPRで
共演者と台湾、韓国、タイとプロモーションツ
アーを行っている。
先週は韓国KBSテレビの《演藝家中繼》に出演
し、自らの整形手術の経験を告白した。
 「年をとってくるとまぶたが落ちてくるんだ。
『ゴッドギャンブラー』を撮影時からはじめたんだ」。

さらに男性司会者に「もし香港で整形するならいい
医者を紹介するよ。彼は安くいい仕事をしてくれるから」。

ほかにインタビューでは「世の中で一番怖いのは
妻なんだ」「普段、街に出るときはボディガードはつけない。
街で会うファンは写真かサインを求めるフレンドリーな人た
ちで悪意はないから、必要ないんだ」などと語った。

そのほか、發哥は来月北京で胡玫監督の映画 《孔子》の
撮影に参加すると昨日、中国のマスコミが伝えた。
同監督のテレビドラマ 《雍正王朝》は国内外の評価は高い。
發哥は孔子を演じる。今回出演を決めたのは
脚本が彼にとって魅力的だったというほかに、陳道明と濮存が
出演することが決めテとなった。バジェットは約2億人民幣。
發哥は本作品の役作りのためすでに髭を伸ばし始めており
先日、台湾のプロモーションで”時代劇出演のためだ”と
話していた。

昨日、記者の電話取材ではまだ正式決定していないため
「しばらくは何も話せない」。また整形手術の告白について
「ただ場を盛り上げるためだった。冗談だよ!」
                      (2009-02-23 蘋果日報)

★孔子か・・・うーむ。
 

コメント

チョウ・ユンファ@ソウル

2009-02-19 08:27:38 | 周潤發新聞


チョウ・ユンファは『フル・ブラッド』のプロモーション以来、
15年ぶりに韓国を公式訪問した。昨日の記者会見では
韓国-香港の合作映画に出演したいという意思を明らか
にした。

15年ぶりに韓国の地を踏んだチョウ・ユンファは 18日午
後、ソウルの羅ホテル迎賓館トパーズホールで開かれた
映画『ドラゴンボール・エボリューション』来韓記者会見に
出席した。
ユンファは「はじめて韓国に来た81年は金浦空港から入
国し、済州島まで行った。昨日は仁川空港に到着したが
あまりにも眩しく現代的に発展していたのにはとても驚い
た。でもキムチの味は全然変わっていなかったよ」と韓
国に対する印象を語った。

チョウ・ユンファは1980年代の『男たちの挽歌』シリーズなど、
未だ香港ノワールの印象が強い。「あのような作品にもう出
演しないのか」という質問にユンファは「香港映画の製作シ
ステムが以前より立ち後れているし、僕のところにくるシナ
リオは 1980年代に引き受けたら似合うだろうという役ばか
りなんだ。しかし中国本土または韓国、日本と共同製作が
できれば、また香港ノワール映画に挑戦する気持ちはある」
と韓国-香港合作映画に出演する意思があることを仄めか
した。

またこの日、同席したアイドルグループ godの元メンバー、
パク・ジュンヒョンは ユンファについて「偉大な俳優なのに、
とても謙遜ですばらしい。撮影中もいつも私を助けてくれた。
演技で迷っているとやってきて、いろいろと質問しながら、
ボクが問題点をみつけ解決できるように導いてくれた。
とても尊敬している」と感謝を述べた。 この間、パク・ジュ
ンヒョンの話が長くなると、ユンファは「時間がなくなるよ。
早く早く!」と韓国語でけしかけて会場を沸かせる場面も。
また本作品の出演理由について「亀仙人にはあまり興味
はなかったけど、妻から”高価なブランドのバッグがほし
い”とねだられて仕方なく」出演したとコメントするなど、
一貫して国際スターらしい余裕とユーモア感覚に満ちて
いた。

『ドラゴンボール・エボリューション』は
3月12日、韓国・日本同時、全世界最速公開となる。  

         (2009-02-18 マイデイリーより )

★ご一行は本日タイで会見です。
コメント

『ドラゴンボール・エボリューション』PR@台湾

2009-02-18 08:03:46 | 周潤發新聞



昨日台湾・西華飯店でチョウ・ユンファ(周潤發)が
亀仙人を演じた『ドラゴンボール・エボリューション』
の記者会見が行われ Jジャスティン・チャットウィン
エミー・ロッサム、韓国の“g.o.d”の元メンバー(06年
脱退)パク・ジュンヒョンらが出席した。

会見での話題はチョウ・ユンファが集まった。
「カレは全然威張ったところがない(パク・ジュンヒョン)」
「發哥はスタッフ全員の名前を覚え周囲の人に気を
配っていた。いつも機材を運んだりスタッフのひとりとして
働いていた(エミー・ロッサム)」と絶賛。
これに發哥は「出演料は家内が持っていってしまうので
こんなことして小遣いを稼いでいるんだよ」
 發哥は原作を読んだことはなかったが「監督はアニメの
印象は忘れるようにと話した。私と亀仙人は全然似ていな
いが唯一共通しているのは”女性が好き”ということだ」
監督のジョームズ・ウォンは「鳥山明さんの『ドラゴンボール』を
実写版を撮るなんてとってもエキサイティングなことで同時に
非常にむずかしい任務でもあった。原作とは異なることも多
いが、原作の精神を残すように心がけてきた。ぜひ新しい角
度からこの作品を見てほしい」と語った。


一昨日、台湾に到着した發哥は夫人ら一行と鼎泰豐で小籠包
を堪能した。髭を指摘された發哥は 「北京で撮影する新作は
時代劇なんだ。なので、旧正月明けから伸ばし始めた。
契約がこれからなので、詳しいことはまだ言えない」
しかし中国作品であることを示唆した。
發哥は昨日午後、次のPR地、ソウルに向かった。
           (2009-02-18  蘋果日報より抜粋意訳)

他紙では

最近話題となっているブリジット・リン(林青霞)復帰について
發哥はもし本当ならいいことだとし「若い世代はスー・チー(
淇)
、グイ・ルンメイ(桂綸美)のほかは演技と容姿がそろった
女優は多くない。ブリジットは出演するべきなんだ」
ほかにデビュー35年の發哥は舞台劇にも再挑戦したいという
希望を語った。以前特別出演した《花心大丈夫》に特別出演した
ときにとても楽しかったといい、観客の感覚とじかに触れ合いた
いからだという。(中國時報、自由時報)

★あいかわらずの会見です(苦笑)。
 来月のジャパンプレミアでも変わらないんでしょう。
 それにしても次は古装ものって、
 ジョニー・トーの新作はどうなったんだろう?

コメント (1)

チョウ・ユンファ『ドラゴンボール』プロモ開始

2009-02-16 16:17:59 | 周潤發新聞

チョウ・ユンファ(周潤發)は3月12日韓国公開となる
『ドラゴンボール エボリューション』のプロモーション
のため、17日からジェームズ・ウォン(黃毅瑜)監督とと
もに韓国を訪問する。滞在は3日間。
今回は發哥にとって15年ぶり2度目の訪韓となる。
              (東方日報より2009-02-14)

コメント

『チルドレン オブ ホァンシー《戰火逃城》』が2月DVDリリース

2008-12-17 05:19:17 | 周潤發新聞

チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道

《黄石的孩子》改め《戰火逃城》が2月27日にDVDリリース!

公開を楽しみにしていたのにDVDスルーとは・・・・。

ジョナサン・リス=マイヤーズ、ラダ・ミッチェル、
チョウ・ユンファ、ミシェル・ヨー豪華競演!

なのですよ。

ふぅ。
で、邦題は『チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道』

↓予告編です。
http://maxam.channel.yahoo.co.jp/index.php?itemid=45


●キャスト
ジョナサン・リス=マイヤーズ『ベルベット・ゴールドマイン』『奇跡のシンフォニー』
ラダ・ミッチェル『サイレントヒル』『ネバーランド』『マイ・ボディガード』
チョウ・ユンファ(周潤發)『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』『王妃の紋章』
ミシェル・ヨー(楊紫瓊)『SAYURI』『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』
デヴィッド・ウェンハム『300〈スリーハンドレッド〉』『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ
シェーン・ブライアント『チャタレイ夫人の恋人』『マッキントッシュの男』
リー・グアンユー(李光宇)

●スタッフ
監督:ロジャー・スポティスウッド『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』『シックス・デイ』
脚本:ジェームズ・マクマナス、ジェーン・ホークスレイ
撮影:チャオ・シャオティン(趙小丁)『HERO』『LOVERS』『王妃の紋章』
編集:ジェフリー・ラム『ファイナル・プロジェクト』『ストリートファイター』
美術:ホァン・シンミン(黄新明)『上海ルージュ』『胡同のひまわり』
音楽:デヴィッド・ハーシュフェルダー『エリザベス』『シャイン』

発売日:2009/2/27
体裁:カラー/16:9シネスコ/片面2層/本編125分/
音声:1.オリジナル英語・中国語・日本語〈ドルビー・デジタル・5.1chサラウンド〉
/2.日本語吹替〈ドルビー・デジタル・ステレオ〉/日本語字幕/
映像特典:インタビュー、オリジナル予告編

コメント

チョウ・ユンファ 《上海》クランクイン

2008-06-11 09:38:54 | 周潤發新聞
 
チョウ・ユンファ(周潤發)、コン・リー(鞏俐)、 ハリウッドスター
ジョン・キューザックが共演、第二次世界大戦を舞台にした
 《上海》 ( Shanghai )の撮影が秘密裏にロンドンでスタートし
た。發哥は一昨日撮影現場での写真が公開された。『ドラゴン
ボール』を撮り終えたばかりの影響か少々疲れた表情だった
が中国服を着た彼は記者に向かって親しげに手を振ってくれ
たという。

《上海》は『1408』でジョン・キューザックとタッグを組んだスェー
デン出身のミカエル・<WBR>ハフストロームが監督。
太平洋戦争直前の中国・上海。友人を殺された主人公のアメリ
カ人が、事件を調査しているうちに米国政府の陰謀に気づくス
トーリー。アジアからはチョウ・ユンファ、コン・リーのほか『SAY
URI』の日本の俳優、渡辺謙が出演する。また香港の2Rが特
別出演し發哥の愛人を演じると一部報道されている。
                 (蘋果日報より抜粋 2008-06-10)

写真、見つけました →こちら

★役柄は?ジョン・キューザックが恋に落ちる人妻が
 コン・リー、その旦那(黒社会のドン)がチョウ・ユンファ、 
 渡辺謙もまた事件の謎を暴こうとする日本軍将校。
 發哥、今回はコワいキャラですね。
コメント

ユンファ 《文雀》で監督代行?! 

2008-05-20 08:38:32 | 周潤發新聞

 

 

 

 

 


ジョニー・トー(杜峯)監督《文雀》は6月19日香港公開が
決定している。本作品は撮影に約3年を費やした。
その間、チョウ・ユンファ(周潤發)が撮影現場を頻繁に訪
ね、さらにカメラアングルの測定やサイモン・ヤム(任達華)
のリハーサルの相手など監督の代わりをすることがあった
という。
ユンファは「香港映画はハリウッド映画より楽しんだ。
 その場でのアイデアをすぐ取り入れて撮影ができるから。
ハリウッドではできない。彼らは全てにおいてスケジュールが
必要だからね」            (文匯報 2008-05-20)


コメント

ユンファ 科学者に

2008-05-18 15:08:21 | 周潤發新聞


コン・リー(鞏俐)と共演する 映画《上海》の撮影のため今月末には
ロンドンへと向かうユンファ(周潤發)。8月には香港に戻り、ジョニー・
トー(杜)監督《紅圈( Red Circle )》の撮影が決まっているが
その後、年末には映画 《蠶 絲 》 ( Thread of the Silkworm )に
出演することになったようだ。本作品は中国系アメリカ人女流作家
アイリス・チャン(張純如)の同名著書の映画化。物語は著名な科
学者銭學森がアメリカで研究中に、米国政府からスパイ容疑をか
けられ5年間監禁、その後中国に戻ったという実話に基づいたもの。

 プロデューサーのルオ・イエン(羅燕)によると既に脚本の修正中で
あり 「チョウ・ユンファは”このストーリーは挑戦のしがいがあり、
出演に興味がある”と言ってくれている。發哥の外見は錢學森とは
似ていないが、演技で補えるだろう。さらにもうひとりの主要キャスト、
錢學森の友人である教授に映画会社はダスティン・ホフマンを希望
している。主演女優についてはいま監督と探してる最中だ」と語った。

これに対し發哥の妻、ジャスミンは電話で「まだ話せる段階では
ありません。しばらくは何も回答することはありません」とだけ返答した。


                (蘋果日報2008-05-14)

★銭學森は中国に帰国したから中国製ミサイル”シルクワーム
 (Silkworm)”の開発を手がけている。当初の2型がカイコのよ
 うなずんぐり形だったことから米国が名付けられた。

 この記事によると《紅圏》の撮影は6月から8月に変更。


コメント (1)