雕刻時光 movie cafe

たかにゃんの気になる
アジアの映画&芸能
あれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ドラゴンボール・エボリューション』PR@台湾

2009-02-18 08:03:46 | 周潤發新聞



昨日台湾・西華飯店でチョウ・ユンファ(周潤發)が
亀仙人を演じた『ドラゴンボール・エボリューション』
の記者会見が行われ Jジャスティン・チャットウィン
エミー・ロッサム、韓国の“g.o.d”の元メンバー(06年
脱退)パク・ジュンヒョンらが出席した。

会見での話題はチョウ・ユンファが集まった。
「カレは全然威張ったところがない(パク・ジュンヒョン)」
「發哥はスタッフ全員の名前を覚え周囲の人に気を
配っていた。いつも機材を運んだりスタッフのひとりとして
働いていた(エミー・ロッサム)」と絶賛。
これに發哥は「出演料は家内が持っていってしまうので
こんなことして小遣いを稼いでいるんだよ」
 發哥は原作を読んだことはなかったが「監督はアニメの
印象は忘れるようにと話した。私と亀仙人は全然似ていな
いが唯一共通しているのは”女性が好き”ということだ」
監督のジョームズ・ウォンは「鳥山明さんの『ドラゴンボール』を
実写版を撮るなんてとってもエキサイティングなことで同時に
非常にむずかしい任務でもあった。原作とは異なることも多
いが、原作の精神を残すように心がけてきた。ぜひ新しい角
度からこの作品を見てほしい」と語った。


一昨日、台湾に到着した發哥は夫人ら一行と鼎泰豐で小籠包
を堪能した。髭を指摘された發哥は 「北京で撮影する新作は
時代劇なんだ。なので、旧正月明けから伸ばし始めた。
契約がこれからなので、詳しいことはまだ言えない」
しかし中国作品であることを示唆した。
發哥は昨日午後、次のPR地、ソウルに向かった。
           (2009-02-18  蘋果日報より抜粋意訳)

他紙では

最近話題となっているブリジット・リン(林青霞)復帰について
發哥はもし本当ならいいことだとし「若い世代はスー・チー(
淇)
、グイ・ルンメイ(桂綸美)のほかは演技と容姿がそろった
女優は多くない。ブリジットは出演するべきなんだ」
ほかにデビュー35年の發哥は舞台劇にも再挑戦したいという
希望を語った。以前特別出演した《花心大丈夫》に特別出演した
ときにとても楽しかったといい、観客の感覚とじかに触れ合いた
いからだという。(中國時報、自由時報)

★あいかわらずの会見です(苦笑)。
 来月のジャパンプレミアでも変わらないんでしょう。
 それにしても次は古装ものって、
 ジョニー・トーの新作はどうなったんだろう?


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« チョウ・ユンファ『ドラゴン... | トップ | 珍しい写真 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱり (センファー)
2009-02-18 15:04:58
とにかく、原作者の言った通りドラゴンボールを知らない連中が造った観る価値のない駄作なんだろう

コメントを投稿

周潤發新聞」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事