梅香のつれづれ日記

今井町から保存活動の情報をお知らせします
今井町にあなたのお知恵を貸して下さい
時には梅香の独り言も書いていきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

奈良まほろばソムリエ体験学習が近づいてきました

2018-09-13 12:25:48 | 町歩き研修会

今年も奈良まほろばソムリエを目指す人たちの体験学習の時期がやってきました
奈良商工会議所奈良検定事務センター主催の「大和今井を歩く」を開催します


このプログラムは奈良ソムリエ検定(奈良通2級)合格者限定の講座ですが「大和今井を歩く」は同伴者を認めておられますので、これから検定を受験しようとされている方も参加できます
申し込み締め切りは9月12日までですが、40名定員にまだ空席がありますので、今からでもお申込みしてください

概要は以下の通りです

お申し込み・お問い合わせは
奈良商工会議所奈良検定事務センター
〒630-8586 奈良市登大路町36-2
電話0742-23-1610
http://www.nara-cci.or.jp/narakentei/
奈良まほろばソムリエ検定
体験学習プログラム21ページ

「大和今井を歩く」
~Nara観光コンシェルジュと巡るⅡ~大和今井町

(重要伝統的建造物群保存条例地区)の歴史とおもてなし

プログラム内容

  実 施 日  平成30年9月29日(土)
  申込み締切日 平成30年9月12日(水)
  集合場所   今井まちなみ交流センター 華甍
  定   員  40名
  参加会費   4,000円(大和今井の茶粥・呈茶・見学料・資料代等を含む

スケジュール
10時 ~歓迎(華甍)…町並み散歩(今井町町並み保存会がガイド)


     昼食(大和今井の茶粥…重文民家・旧米谷家のかまどで炊きます)




   
 ~呈茶と展示(高木家)

~町並み散歩(今西家・稱念寺など)

15時  順明寺解散

     今年は旧米谷家のかまどを使って「大和今井の茶粥」を焚きます
     お抹茶をいただく高木家も国の重要文化財です 高木家のお座敷では、かつて皇太子殿下もご休憩されました
     ここで、家の由来などを聞きながらお茶を召し上がったり、勉強をしていただきます

  着物体験もできます(2部式着物で歩きたい人は前もってお申し込みの際に申し出ていただき、当日は30分ほど前にはおいでください)

コメント

第11回 今井灯火会を開催します

2018-07-29 11:58:07 | 今井灯火会

第11回 今井灯火会を開催します

今年も重要伝統的建造物群保存条例地区の今井町が灯火で輝きます

町並み保存の原点の町今井町の夜をみんなで盛り上げ、楽しんでください
※着火作業を手伝っていただける方は大歓迎! ご協力よろしくお願いします

   千葉大学生が中心になって各地からボランテイアの人たちが集まって、設営から後片付けまで手伝ってくれています
   

第11回今井灯火会実施 
①目 的 「灯りが町を明るくします」灯火会活動を通じてまちに一人ひとりが灯をともし、町の安全と繁栄を願い、更に町民の親睦と、団結を深めることを目的とします。                      
実施日時  平成30
年8月4日(土)         
      午後7時 ~ 午後10時(消灯)
      ※午後7時までに町内各地で点火終了し、点灯式へおこしください。
      ※消灯時間は、厳守してください。
実施場所                                 
 寺    稱念寺 ・ 順明寺 ・ 西光寺(
門前のみ) ・ 蓮妙寺 
 
                 
 神 社  春日神社・八幡神社
       

公共施設  ◎ 今井地区公民館・華甍周辺     
      ◎ 南町生活広場       
      ◎ 北環濠小公園
          
町 内   共栄町・材木町
・柴小路町(主にLED)・中蘇武町・本町・中町
      新町・北口町・南御堂町・蘇武橋町
       ※その他の町内でも開催いたしたく、ご協力町内は申し出て下さい
 
各会場イベント  
 華 甍     点灯式 午後7時から
 春日神社境内  七夕飾り
          ①保育園、幼稚園、小学校児童による飾り付けを作成して当日用意した笹に飾ってもらう。
          ②なごみ会・ふれあいサロン七夕飾り
              (午後1時から春日神社集会所にて製作)
 灯籠流し   ・夜市

  児童公園前      ・春日神社復元堀  灯籠流し(午後7時30分から

 まちや館  19:00~ ・箏Rive    勝美会  
 今井まちづくりセンター19:30~・おはなしの夕べ(昔話語り聞かせ)~雨天実施

 接 待  
 ◎春日神社 19:00~  天川ゴロゴロ水を使ったひやし飴水
                   500杯予定(先着順、無料)雨天実施
          
 ◎稱念寺  19:30~  冷やし甘酒100杯予定(先着順,無料)雨天実施
        
 ◎華甍北側(あずまや)19:00~呈茶席100杯予定 先着順(有料)雨天実施


本 部   今井町地区公民館  ℡ 0744-25-3102
     協力金の納入は下記へお願い致します 
        大 村 事務局長  ℡ 22-2248 
※ 写真の大半は澤 戢三氏に撮影していただいたものを使用させていただきました 

コメント

畝火山口神社春の大祭で呈茶席を設えます お気軽に!

2018-04-06 19:57:37 | 梅香語録

畝傍山の畝火山口神社をご存知ですか



大和三山の一つ畝傍山のことはかなり知られていますが、畝傍山自身の由来はあまり知られていません



畝火山口神社はご祭神に神功皇后を祀りしています


三韓征伐の折、のちの応神天皇になられた御子を身籠り出征された話や、300年生きた武内宿祢の子孫がお山を守っているとか、住吉大社とのかかわりなど、たくさんの伝記がある神社だが、橿原神宮のご造営や敗戦後の加速度的な衰退で、訪れる人も少なく、語り伝えも途切れそうになってきています

そこで、7年前から春の大祭に畝傍山の埴土で焼いた器などを使って、お茶会を開き、畝傍山のお話を聞いていただきながらお呈茶を差し上げています




今年も4月16日の春の大祭に茶席を設けさせていただき、神社に伝わるお話などを語らせていただきます
自分のお茶の技量の未熟さが恥ずかしいのでお知り合いにしか声掛けしていませんでしたが、近年は恥を承知でお話を聞きたい方にもお誘いしています
まず、10時から神社で神事があり、終わり次第関係者にお茶を振舞います
2席目からは早い順に1席20人ほどで3席60人の用意をさせていただきます
お茶がなくなっても、時間があればお山や神社の話はさせていただきます

お茶は無料です 

3時からの御供撒きまでお話しさせていただきますので興味のある方は是非お立ち寄りください

コメント

東京 まほろば館で今井町の講演と写真展開催!

2018-03-30 23:34:32 | 梅香語録

本決まりになりました

お江戸へ平成の宗久さんが出かけます!

そして奈良まほろば館で今井町を熱く語ります 4月28・29日の2回に分けて!

講座案内
 

1日目の内容

今井町の歴史と町づくりnew

平成30年4月28日(土)14:00~15:30 

 全国町並み保存連盟発祥の地、重要伝統的建造物群保存地区発祥の地である今井町は東西600メートル南北310メートルの中に中世から江戸期までの資産をたっぷりと残して現在の生活を持続している幻のような町。

 この町はなぜ残ったのでしょうか?どうして残してきたのでしょうか?残ってきた町並みをどんな手法で古い町並みを宝の町に衣替えさせたのか。

 「この根底にあるのは!」 自治都市の商人魂をDNAにもつ住民ならではの発想と活動事例を織り交ぜて紹介します。

1.日 時 : 平成30年4月28日(土) 14:00~15:30

2.講 師 : 今井町町並み保存会 会長 若林 稔 氏

3.テーマ : 今井町の歴史と町づくり

4.会 場 : 奈良まほろば館2階

5.資料代等: 500円(※当日会場にて申し受けます。)

6.定 員 : 70名(先着順)

7.申込方法:
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

この講座に申込む(申込フォームへ)

 そして2日目は

Nara観光コンシェルジュが案内する今井町new

平成30年4月29日(日)11:00~12:30 

 

 奈良県内でまだ7名しかいない「Nara観光コンシェルジュ」の称号を持つ今井町町並み保存会会長の若林稔氏は、独特の若林節で語る「故郷今井町の保存への思い」がこもったガイドを実践されています。

 後半生をかけて世に問い続けてきた町並み再生の意識から生まれた独特の語りで、ガイドする今井物語には今井町を知ってもらいたいという熱く深い思いが感じられます。

 そんな若林節をまほろば館でご披露いただきます。

※「Nara観光コンシェルジュ」とは、奈良を訪れる観光客に対して、ガイドの高度な技量とおもてなしの精神を表現することのできる奈良商工会議所が選出・認定した者をいいます。 

1.日 時 : 平成30年4月29日(日) 11:00~12:30

2.講 師 : 今井町町並み保存会 会長 若林 稔 氏

3.テーマ : Nara観光コンシェルジュが案内する今井町

4.会 場 : 奈良まほろば館2階

5.資料代等: 500円(※当日会場にて申し受けます。)

6.定 員 : 70名(先着順)

7.申込方法:
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

この講座に申込む(申込フォームへ)

なお、4月26日から5月1日まで、同館で「レンズを通して中世を写す」と題して今井町を被写体にした写真展も開催しています  

 

コメント

今井町衆市での出店者を募っています!

2018-03-22 23:36:57 | 今井町並み散歩

今井町並み散歩は今年も5月12日~20日まで開催します

前回は堺から日本最古の官道「竹内街道・横大路」を堺から2日間歩いて今井町並み散歩に参加をこのブログで呼びかけさせていただきました

今日は19日・20日に開催する「町衆市」と 20日に開催する「六斎市」の概要を説明して、出店者を呼びかけさせてもらいたい

まず、六斎市、こちらは今井町並み散歩の第2回目から続いてきた代表的な顔の一つでもう22年も継続しています

「商人のまち今井町」で室町~江戸時代に毎月6回定期的に開かれていた市(六斎市)での在りし日のにぎわいを感じようと、現代版、出店者と心の触れ合うコミュニテイーの場をつくってきました

南御堂筋を端から端まで露天商が100軒前後が連ねてにぎわいを見せます 

六斎市は出店希望者を公募していますので、出店希望者は今井町町並み保存会事務所(電話 0744-22-1128)までお問い合わせください

もう一つの市は町衆市、こちらは順明寺の境内で昔からお逮夜市があってそれの復元を目指している

六斎市との違いは19・20日の2日間開催で、六斎市がかなりフリーな種目や出店者が参加するが、こちらは一つの理想像を持っていて、かつての商都今井町は県下の産物、県外の産物の集散地として栄えた商社の町であったので、その復元をしたく、奈良県中山間部や堺、そして地元の商人たちにお願いして出店をしていただいている

こちらの歴史は新しくまだ数年しかたっておらず、知名度も低いため、売り上げを犠牲にしても頑張る我々を応援してあげようという方たちの出展が多い

例えば刃物の研ぎ師「とんぺいさん」、出展3年目まではお客さんはほとんどいないので、家で預かっているお客さんの刃物を今井まで持ってきて砥いでいたそうだ

1昨年あたりからようやく何とか日銭が稼げるようになったらしい そんな方ばかりが根気つよく続けてくださる 

今回はブログで内輪話を暴露して町づくりに共感を覚えて頂ける方への出店を期待して町衆市への出店と来町の声掛けをしてみました

町衆市では各市町村のPR活動にも場所を提供できることも考えていますので、各地域の特産のPRのお問い合わせも出来ます

町衆市のお問い合わせはこのブログか連携のFBで若林が受けます

 

 

 

 

コメント

堺から橿原市今井町まで竹内街道・横大路を歩こう

2018-03-21 00:06:45 | 今井町並み散歩

第23回 今井町並み散歩が今年も5月12日~20日まで開催します

この行事の一環として11年前から毎年堺の建築設計に携わる人たちが中心になって「竹内街道・横大路」を歩いて今井町並み散歩に参加してくれています

全行程47キロ、2日間に分けて2日目の朝、今井町並み散歩の開会式に間に合わせて到着、堺市コンベンション協会からのメッセージを届けてくれます

 

彼らが辿ってくる「竹内街道・横大路」は今年「日本遺産に認定」された日本最古の官道で、沿線には名所旧跡が点在して、ハードなハイキングだけど、楽しい道程です

11年間、すべてを歩き通しているベテラン2人がガイドし、万が一のために伴走車を同行させているので、ぜひこの機会に日本最古の官道「竹内街道・横大路」を歩いて今井町並み散歩においでください

お申し込みは記載の申し込み用紙を使用して記載に沿ってお申し込みください

 

 

コメント

東京 まほろば館で今井町の講演と写真展開催!

2018-03-14 10:00:54 | 梅香語録
昨年の9月8日「奈良楽講座 レンズを通じて中世を写す撮影講座」と題し、今井町で歴史を学びながらの撮影会を実施した。
重要文化財古民家の竈に火を入れ、
 
ご飯を炊き食事を頂き、
中世から残る今井町の魅力の説明を受けながら、撮影指導,撮影マナー
 
も含む撮影会を行った。
作品の展示は「今井町並み散歩」の中で平成30年5月12日(土)から5月20日(日)まで実施するが今回、今井町のPRを兼ねて奈良まほろば館で写真展と講演会を実施する事も決定した
現在細部を詰め併せているが、ほぼ概要が見えたので、皆さんにお知らせします
私が前回代官山で茶行列をデモンストレーションして以来の東京でのPR、当時からの進取の気持ちは全然萎えていないが、今回は観光コンシェルジュの名を辱めないようにしなければと思う ゴールデンウィーク真っただ中、予定がある方が多いでしょうけれど拙話聞きに来てください
写真展覗いて下さい!
 
今井町写真展【レンズを通じて中世を写す】について(案)
1.実施趣旨(イベント紹介文)
 一般財団法人奈良県ビジターズビューローで、平成29年9月8日「奈良楽講座 レンズを通じて中世を写す撮影講座」と題し、重要伝統的建造物群保存地区今井町で歴史を学びながらの撮影会を実施した。
 モデルは町の住民たち、重要文化財古民家の竈に火を入れご飯を炊き食事を頂き、中世から残る今井町の魅力を保存会から詳細な説明を受けながら、撮影指導にプラスして撮影マナーも含めての撮影会であったので撮影側も十分満足するものとなった。
撮影作品の展示は「今井町並み散歩」の中で平成30年5月12日(土)から5月20日(日)まで実施するが
今回、今井町のPRを兼ねて奈良まほろば館で写真展と講演会を実施する事が決定した
2.イベントタイトル    今井町写真展【レンズを通じて中世を写す】
3.日程                         平成30年4月26日(木)~平成30年5月1日(火) 時間:10時30分~19時00分
4.場所                         奈良まほろば館(東京都中央区日本橋室町1-6-2)
5.実施概要                
(1)パネル等展示  À3貼りパネ30点を展示   
(2)立体物展示  茶行列衣装など
(3)モニター   茶行列のDVD
(4)物販     今井町町並み保存会発行書物
(5)講座               開講日:4月28日⁽土⁾4月29日⁽日⁾
                     講 師:今井町町並み保存会 会長 若林 稔
                                        28日 14時~15時30分  「今井町の歴史と町づくり」
                 29日 11時~12時時30分 「Nara観光コンシェルジュが案内する今井町」
                    
 
コメント

ルールとマナー その2

2018-02-24 17:37:57 | 梅香語録

ルールとマナー その2

「町案内で今井町にはマナーで通じる町づくりをしたい、ルールは出来るだけ入れたくないと言い続けてきているが、我々の日常にもその通り」とうなずける事例が多すぎる

折に触れてそんな事例を挙げていきたい」

今日は2回目、

いつものように町案内をして感じるルールとマナー

八木西口から都市計画道路の広い道を絶えず気にしながら交通ルールを守って華甍まで、「リーダーは車に気を付けて下さい―!」と叫びっぱなし

しっかりとルールを守っておいでだ 

しかし、神経はピリピリ!!

集合した皆さんを今井町の町なかへご案内!

皆さん道いっぱいに広がって、活き活きしての散策!

 

後ろから近付いてきた自動車が気付くまで徐行してくれている

気づいた皆さん急いでサッと道を開けて、「すみませーん!」とご挨拶

運転手さん手を振って通り過ぎ―!

中には「こっちこそ!」と逆にお詫びしてくれている方も!

方やルールを守ってイライラ!

方やルール違反だけどマナーを守って御互いに笑顔!

こんなマナーは両刃の剣で少しタイミングがずれると諍いになるから教育では育てられない

つい片側通行しか教えられないのだ!

しかし 教養では育てられると思っている これは町が育てるものだとも思っている

最近学校でも忘れられていた道徳の授業が始まった これはいい!

こんなマナー、今すぐ出来たものではない

この町にもルールを持ち込もうとした時期が何度もあった

狭いから一方通行にしたい!

進入禁止の標識を!etc

これらの要望から今井町民のマナー優先の考え方を育てたのだと思う

道いっぱいにガイドして、歩いていただいて、安全を体感していただいて!

作り上げてきたマナー優先の町歩きをルールで拘束されないように!

 

 

 

 

 

コメント

ルールとマナー その1

2018-02-24 15:40:29 | 梅香語録

年末からパソコンのOutlook2016の不都合で振り回され続けた

パソコンの操作がやっとこの私が頼るのはエキスパートサポート

まことに素晴らしい!

しかし!しかしだ!

自分のスケジュール表をicloudで

管理して、パソコンからも携帯からも情報を共有できるようにしてきた

それが年末からおかしくなり、打ち込みの不備が出始めた

連動せずに打ち込んだがわだけにしか反応しないのだ

解決のために依頼したのがパソコン側からマイクロソフトのエキスパートサポーター

と、appleがわのエキスパートサポーター、

いずれも素晴らしい技術者なのだが、自分の領域の対応だけでもう一方の側のサポートには入ってくれないので、一旦連絡を止めてもう1方に問い合わせ、  

その都度1から説明から入らないといけない

1回の問い合わせが半日仕事! 5日間以上の日を無駄にしてしまった

両者の間に企業ライバル意識でもあるのか、プロ同士で問い合わせたりしての解決はしてくれない

大きな川、素人には非常にわたりにくい川だった

渡れればすぐになじめる世界なのに立ち入り禁止の壁を見た!

各社間の硬いルールがなければかなりのロスがなくせたのに!

 

 

 

 

 

コメント

今井町の新しい歴史本が発行!

2018-01-30 10:17:51 | 今井町町並み保存会

「今井町の歴史と文化財」発刊についてのお知らせ

 

この度、今井町内にある一般社団法人「今井町大和観光局」から標記の書籍を出版され、今井町町並み保存会でも販売委託をすることになりました。

2月1日発売予定です!

今回の発行について一般社団法人「今井町大和観光局}代表理事の仲西 知氏は

ご高承の通り、奈良県橿原市今井町は、中世の町割りが残る貴重な町として平成5年(1993年)に文化庁により重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

以来、今井町はインフラの整備から家屋の修復、修景が順調に進み、見違えるばかりの美しい町並が復活しています。一方、今井町に関する調査は度々実施され、都度報告書等は発刊されていますが、今井町の歴史や文化財について総合的にまとめた出版物はありませんでした。

「今井町史」が出版されたのは、昭和32年(1957年)で、本書は日本の市町村史の先駆けとなる書籍として人口に膾炙されていますが、60有余年以前の書籍です

(今井町史は今も今井町町並み保存会で販売しています 5,250円)

 

この60年間には今井町に関する古文書・古記録など新史料の新たな発見が相次ぎました。これらの新史料に基づいて今井町出身・在住の郷土史家 森本 育寛氏に「今井町の歴史と文化財」と題する著作を依頼し、今回上梓する運びとなりました。

今井町研究の文献として是非ご活用いただきたく、ご案内させていただきます

と、発行に至る経緯を述べておられます 

著者は今井町で生まれ育ち、今井の歴史を生涯勉強してこられ、多数の今井に関する著書を出版しておられる森本育寛氏である

基本的には60年前の昭和32年に発行された今井町史を簡略にまとめると同時に、現在再建中の称念寺に関わる記事がかなり濃くなっているのが大きな特徴になっている

 

著書名    「今井町の歴史と文化財」

著 者     森本 育寛出版者     

一般社団法人 今井町大和観光局

仕 様     A5版 168頁(口絵8頁)

並製本(カバー付)

価 格     1,000円(税込)送料別

発売場所    今井町町並み保存会  〒634-0812 橿原市今井町3丁目8-8

         TEL・fax 0744-22-1128       

                      今井まちや館・華甍でも販売しています

 

コメント (2)