小鳥日和

シジュウカラF(F夫)の探鳥備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

5/19(日)栃木・奥日光(その3)

2013-05-21 | 野鳥 北関東探鳥地

(続き)

20130519_1

ノビタキ♀

こちらは♂タイプと違い、優しい顔つきに見えますね(^^ゞ

20130519_2

上面が黄褐色で下面は淡い澄黄色、腹部はやや白みがかっています。

20130519_4

腰は淡い澄色で、♀にも翼に白斑があります。

20130519_6

20130519_7

本州では、ノビタキの生息環境が限られており、個体数も少ないため貴重です。

20130519_5_2

湿原の木道沿いでは、ノビタキ、ビンズイそして・・・

20130519_1_2

ホオアカ

数は少ないですが、この時期はノビタキ同様に枝先で囀っています。

20130519_5

日本では夏季に主に北海道、本州北部の高地や平地で繁殖するとされています。

冬季は本州西部、四国、九州で越冬します(留鳥)。

関西在住時、冬季に淀川河川敷でも数回見たことがあります。

20130519_11_2

風もなく穏やかな小鳥日和。

天気にも鳥にも恵まれた一日でした!

[確認した鳥]

アオサギ、キジバト、フクロウ、トビ、カッコウ、ホトトギス、ツツドリ、オオジシギ、マガモ、カルガモ、コゲラ、アカゲラ、ウグイス、センダイムシクイ、キクイタダキ、キセキレイ、ハクセキレイ、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、コガラ、ゴジュウカラ、キバシリ、ミソサザイ、オオルリ、コルリ、キビタキ、ノビタキ、アオジ、ホオアカ、ビンズイ、アカハラ、コムクドリ、ムクドリ、ツバメ、イワツバメ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス

コメント

5/19(日)栃木・奥日光(その2)

2013-05-20 | 野鳥 北関東探鳥地

(続き)

湿原(草原)を代表する小鳥と言えば・・・

20130519_8_2

「ノビタキ」ですね。

日本では夏鳥として、本州中部以北に渡来し繁殖します。

黒い頭に黒い羽根そしてオレンジ色の胸部とほんとうにキレイな鳥です。

20130519_6_2

また、枝先に留まってくれるため見つけ易く、ジックリ観察できます。

20130519_5

喉のオレンジ色の斑の色合いと大きさにはかなり個体差があるようですね。

20130519_2_3

</object>
YouTube: 栃木/ノビタキ(2013.05.19)

20130519_4

</object>
YouTube: 栃木/ノビタキ2(2013.05.19)

20130519_1_5

翼(背中)に白斑があるのも特徴です。

秋のコスモス畑のノビタキも好きですが、

新緑が芽吹き始めたこの季節の黒い帽子、オレンジの前掛け、タマゴの様な・・・

毎年、この季節には必ず見たくなる野鳥です。

コメント

5/19(日)栃木・奥日光

2013-05-20 | 野鳥 北関東探鳥地

到着と同時に夜明けをむかえました。

20130519_2

夜明け前からオオジシギ、アオジの声が聞こえ、

20130519_6

辺りが明るくなるとカッコウ、ホトトギス、アカハラ、カラ類の囀りが聞こえてきます。

この日はキビタキ、オオルリの囀りも数ヶ所から聞こえてきます。

(後で判明したのですが、ノビタキの囀りだったのかも知れません。まだまだ知識不足ですね

20130519_2_2

その中でもひときわ目立った鳴き声が・・・

枯れ木の梢に留まり、“じゅ~ぃじゅ~ぃ じゅぃ じゅぅじゅぅ” と鳴いています。

</object>
YouTube: 栃木/オオジシギ(2013.05.19)

20130519_3

オオジシギと言えば、飛翔した後に尾羽を広げて羽音を立てながら急降下、という行為を繰り返す「空中ディスプレイ」が有名ですが、普段は下草の中で隠れて鳴いていることが多いのですが、この日は木に留まり、ジッとしてくれていました。

20130519_1

オオジシギ

夏季に日本(本州中部以北、主に北海道)やロシアで繁殖し、冬季になるとオーストラリアへ南下し越冬します。

20130519_3_2

また、遠方に大きな鳥の影が!?

20130519_1_2

湿地上を低空でフワフワ・・・

正体はフクロウでした。(遠かったので証拠写真だけ)

20130519_1_3

林との境界部では、コムクドリ、ニュウナイスズメ、アカゲラなど

20130519_

アオジもあちらこちらで囀っていました。

20130519_1_4

カラマツなど針葉樹の林では、ゴジュウカラ、キバシリ、コガラ、ヒガラなど観察できます。

20130519_7

『クマ出没注意』

この辺りにはツキノワグマがよく姿を現すらしいです。

20130519_12

森林部(沢沿い)では、キビタキやミソサザイ、コルリなども観察できます。

しかし今日は湿原をメインに散策しました。

 

コメント

5/5(日)千葉・谷津干潟

2013-05-11 | 野鳥 千葉探鳥地

三番瀬の後に寄り道。

Dscn3030

オオソリハシシギ

この日は谷津干潟の方がシギチは多くいました。

Dscn3100

Dscn3067

綺麗な夏羽ですね。

Dscn3081

ハマシギ

Dscn3077

キアシシギ

Dscn3062

キョウジョシギ

_1

セイタカシギ

 

この日はトウネン、オオメダイチドリ、後日にはサルハマシギも居たそうです。

また、谷津干潟は近い距離でシギチを観察することができるためお子さんや初心者の方にはおすすめです。

 

[確認した鳥]

カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、メダイチドリ、トウネン、ハマシギ、キョウジョシギ、ダイゼン、キアシシギ、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、セイタカシギ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、スズガモ、ハシビロガモ、コアジサシ、ハクセキレイ、ユリカモメ、ムクドリ、ヒヨドリ、スズメ、ハシブトガラス

コメント (1)

5/5(土)千葉・三番瀬

2013-05-11 | 野鳥 千葉探鳥地

今期初めての干潟でした。

Dscn3003_2

到着時には既に潮がひいており、観察には遅かった感がありましたが・・・

Dscn2920

最初に確認できたのは、シロチドリ

Dscn2976

メダイチドリでした。

Dscn2973

遠浅の干潟の先には・・・

ダイゼン(左)、オオソリハシシギ(右)

Dscn2951   

沖合にはコアジサシやアジサシの飛翔が見えます。

いつもなら数百のシギチが居るはずなのですが、この日は10~20羽の小群がちらほらという結果でした。

Dscn2943_2

オバシギ

Dscn2986

背景の岩と同化しているシギ分かりますか?

Dscn2947_2

Dscn3005

チュウシャクシギ

Dscn3012

トウネン

 

この日は種類は普段通りではありましたが、個体数が少ない干潟でした。

 

[確認した鳥]

カワウ、アオサギ、ダイサギ、シロチドリ、メダイチドリ、ハマシギ、キョウジョシギ、ミユビシギ、ダイゼン、オバシギ、キアシシギ、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、トウネン、ミヤコドリ、カルガモ、スズガモ、ヒドリガモ、コアジサシ、アジサシ、ハクセキレイ、ユリカモメ、ウミネコ、ムクドリ、ヒヨドリ、スズメ、ハシブトガラス

コメント