小鳥日和

シジュウカラF(F夫)の探鳥備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

9/26(土)三番瀬(千葉県支部探鳥会)

2009-09-30 | 野鳥 千葉探鳥地

再び三番瀬へ!

20090926__1_6

ミヤコドリ

20090926__2_4

ミヤコドリの幼鳥の識別は背や翼の黒色部に薄い羽縁と褐色味があり、虹彩も成鳥より暗い(赤黒い)

20090926__2_5

ミヤコドリとユリカモメ

20090926__3_3

ここ三番瀬では10~12羽が夏を越したそうです。この日のミヤコドリは45羽を確認。これから徐々数が増えてくると思います。ユリカモメも三番瀬で今年初認だったそうです。 

20090926__1_2 

オオソリハシシギ

20090926__2_2 

やはり大きいシギなので、目立ちますね。

20090926__2_3

オバシギ(手前4羽)

20090926__1_4

オバシギ

20090926__3_2

ダイゼン(成鳥 オス かなり夏羽が残っているタイプ)

20090926__1_2

ダイゼン(成鳥 メス 夏羽→冬羽移行中)

20090926__4_2

ダイゼン(幼鳥) or ムナグロ確認中 

20090926__1_5

トウネン

20090926__1_7

ミユビシギの群れ (ハマシギ混在) 幼鳥は肩羽に黒い軸班が出るが、成鳥は均一に白っぽく灰白色に見えます。いかがですか、判別できましたか?

「Sanderling.wmv」をダウンロード   ← ミユビシギの動画

20090926__2

メダイチドリ(手前が成鳥、奥は幼鳥)

20090926__1

メダイチドリ(幼鳥)

20090926__2_2

イカルチドリ(?) 嘴が少し長く、脚も長いように思います。

20090926__4

イカルチドリ ここ三番瀬では珍しいと思われます。

千葉県支部の皆さま、そして、ヒメハマ・ニシトウネンなど鑑定いただきました大阪支部/シギチ博士のHさんありがとうございました。

[確認した鳥]

カワウ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、ハジロカイツブリ、オオセグロカモメ(幼鳥)、セグロカモメ(幼鳥)、ウミネコ、ユリカモメ、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、オグロシギ、オバシギ、ハマシギ、シロチドリ、トウネン、ミユビシギ、キリアイ、ダイゼン、ヨーロッパトウネン(ニシトウネン)、メダイチドリ、コチドリ、イカルチドリ、ミサゴ、ハクセキレイなど

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9/19(土)三番瀬散策

2009-09-27 | 野鳥 千葉探鳥地

先日、久しぶりにシギチを見て以来、もう一度シギチが見てみたくなり干潟へ!少し朝早く行ってみることにしました。今期はシギチ飛来数が少ないとの話も耳にしていましたが・・・

20090923__1_5

オオソロハシシギ/L39cm やはり一番、目立ちます! (右奥はオグロシギ)

20090923__2_3

オグロシギ(幼鳥)/L38cm

20090923__2_4

オバシギ/L27cm

20090923__2

メダイチドリ/L19cm

20090923__1

ダイゼン/L29cm

20090923__1_2

トウネン/L15cm

20090923__2_2

ミユビシギ/L19cm
画像は見にくいですが、全て幼鳥だと思われます。幼鳥は肩羽に黒い軸班が出るが、成鳥は均一に白っぽく灰白色に見える。

20090923__1_3

ミユビシギ/L19cm(幼鳥)

20090923__1_4

キリアイ/L16cm(幼鳥?)

20090923__1_7

ハマシギ/L21cm(成鳥 冬羽) 嘴の長さ、形状に特徴あり。

20090923__1_8

20090923__2_5

ヒメハマシギ/L15cm 大きさ、色、行動ともにトウネンと似ていて見分けがつきにくい。嘴の長さやシルエットが違う。

20090923__2_7

20090923__3

20090923__4

ヨーロッパトウネン
トウネンと比べ脚が長い、初列が尾羽より長い。またのどが白い。周囲のトウネンと比べ、色合いや行動が(単独行動をしていていました)違い目立っていました。

その他、私は確認できませんでしたがキョウジョシギもまだいたそうです。また、「キアシシギ」が今秋は少ないのではないでしょうか。今回も1羽も見つけることが出来ませんでした。越冬地や繁殖地で何かあったのでしょうか。

[確認した鳥]

カワウ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、ハジロカイツブリ、セグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメ、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、オグロシギ、オバシギ、コオバシギ、ハマシギ、シロチドリ、トウネン、ミユビシギ、キリアイ、ダイゼン、ヒメハマシギ、ヨーロッパトウネン(ニシトウネン)、メダイチドリ、コチドリ、ソリハシシギ、ハヤブサ、ハクセキレイなど

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9/5(日)コムクドリ再び

2009-09-13 | 野鳥 神奈川探鳥地

再度、コムクドリの群れを見に行きました。その前に田んぼを散策。

20090905__1

オグロシギ

20090905__1_2

アマサギ

20090905__1_3

アオアシシギ

20090905__2

(手前2羽)エリマキシギ (奥)コアオアシシギ (右)オグロシギ

20090905__1_4

20090905__2

(左)アオアシシギ (右)コアオアシシギ

20090905__2_2

(左)コアオアシシギ (右)エリマキシギ

20090905_

タシギ

その他、コサギ、アオサギ、ダイサギ、トウネン、コチドリ、イソシギ、タカブシギがいました。

20090905__6

コムクドリ

コムクドリは本来サハリンなど北部で繁殖する鳥で一部、信州や新潟などでも繁殖しています。繁殖期を終え、その一部がここに集まってきているものと考えられていますが、まだ性格なところは分かっていません。 7月末から9月までの3ヶ月間この辺りで過ごし、南に帰って行きます。計算では繁殖地より長く滞在していることになり、繁殖後の養成地と言えるのかもしれません。

20090905__5

コムクドリの水浴び

また不思議なことにここに集結しているコムクドリのほとんどが幼鳥であること。ほとんど成鳥は見られないとのことでした。神奈川支部(こまたん)メンバーの方々が只今、調査されていて、今後、色々と解明されることも出てくるものと思われます。

090911b

911c

コムクドリ(こまたんのAさんからいただいた画像です。さすが一眼レフ!)

Mure0909082

1時間ほど水浴びや羽繕いを行い、近くの塒(ねぐら)へ飛んで行く様子。Max1800羽!90%以上はコムクドリです。(ムクドリはまた別の群れで行動しています)

コムクドリの行動、幼鳥の特徴など教えていただき、こまたんの方々にはまたまたお世話になりました。ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8/30(日)神奈川・大磯、平塚

2009-09-02 | 野鳥 神奈川探鳥地

今月も「アオバト観察会」へ参加させていただきました。

20090830_1

アオバト

20090830_2

アオバト

20090830_0

チュウシャクシギも照ヶ崎で羽を休めていました

20090830_2_2 

チュウシャクシギ

20090830_1_2

イソヒヨドリ

20090830_1_3

夕刻、平塚へ移動して塒(ねぐら)へ帰るコムクドリの群を観察。6月末から9月までいて、その数最大1000羽近い群になるそうです。この日は300~400羽見ることができました。

20090830_2_3

  コムクドリ♂

20090830_3

コメント
この記事をはてなブックマークに追加