小鳥日和

シジュウカラF(F夫)の探鳥備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

4/26(土)東京湾干潟探鳥(その3)

2014-04-29 | 野鳥 千葉探鳥地

最後に葛西臨海公園を訪問しました。

20140426_155119_2

東なぎさでカモメ類、シギチ類、コアジサジなど確認。

Dscn5572

スズガモ(冬鳥)

クロツラヘラサギですがこの日は見ることができませんでした。東なぎさ・西なぎさ確認後、鳥類園へ。

Dscn5582_2

池にはキンクロハジロ、ホシハジロ、コガモがまだ居残っていました。

昨日はオカヨシガモ、オシドリが確認されています。

Dscn5599

コチドリ

鳥類園には淡水池と汽水池があり、淡水を好む鳥を見ることができます。

Dscn5600_2

アオアシシギ

Dscn5612_2

キアシシギ(前)、アオアシシギ(中・後)

Dscn5614_2

Dscn5615_2

チュウシャクシギ

Dscn5617

この公園では目隠しがあり比較的近い距離で鳥を見ることができるためお勧めです。

日本野鳥の会/大阪支部のKさんお疲れさまでした。

一日歩き通しでお疲れだったと思いますがあっという間の一日で楽しかったですね。

ぜひまた、ご一緒できる日を楽しみにしております。

 

■最後に

2020年東京オリンピックのカヌースラローム競技施設が、ここ葛西臨海公園に計画されています。この素晴らしい自然環境を犠牲にしないオリンピックの開催を願っております。

2012082404_02_1b

※詳細は日本野鳥の会HPにも掲載されています。

http://tokyo-birders.way-nifty.com/blog/

 

  

[確認した鳥]

カワウ、アオサギ、コサギ、ダイサギ、カイツブリ、コチドリ、シロチドリ、メダイチドリ、ミヤコドリ、ダイゼン、ハマシギ、キョウジョシギ、ミユビシギ、オバシギ、キアシシギ、アオアシシギ、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、サルハマシギ、イソシギ、タシギ、セイタカシギ、オオバン、カルガモ、スズガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、ヒドリガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、コガモ、コアジサシ、アジサシ、ユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメ、トビ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒバリ、ツグミ、オオヨシキリ、モズ、ホオジロ、カワラヒワ、メジロ、コゲラ、シジュウカラ、ウグイス、ムクドリ、ヒヨドリ、スズメ、キジバト、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

コメント

4/26(土)東京湾干潟探鳥(その2)

2014-04-28 | 野鳥 千葉探鳥地

谷津干潟の続きです。

Dscn5486

サルハマシギ

サルハマシギは嘴・頸・足が長く全体的にとてもスマートな印象を受けます。

Dscn5490_1

図鑑に載っているサルハマシギは夏羽ですが、今回の個体は冬羽のタイプです。

とても識別が難しいです。

ハマシギとの決定的な差異は、飛翔時の腰が白いのもサルハマシギの特徴ですが、現地で教えられたのは、5月のこの時期では「ハマシギの冬羽」(お腹は黒くない)を探せと言われました。 「なるほど!」確かにそうですね(^^)

この日は見ることはできませんでしたが昨日はオオメダイチドリ、ホウロクシギ、トウネンが確認されていたそうです。

Dscn5565

淡水池を見てみましょう。

Dscn5570_1_2

Dscn5570

セイタカシギ

Dscn5568

冬鳥のカモ類がまだ少数ですが残っています。

Dscn5563

ハシビロガモ

Dscn5560_2

土下座するハシビロガモ (命名:大和田常務) 

カモの世界では、今ごろ流行っているのでしょうか・・・倍返しか!?

Dscn5579

冬鳥のツグミも見納めでしょうね。

コメント

4/26(土)東京湾干潟探鳥

2014-04-27 | 野鳥 千葉探鳥地

大阪の友人が仕事で上京したので、休みを利用して東京湾の干潟へバードウォッチングにいってきました。まず初めに三番瀬を訪れました。

Dscn5434

現地へ到着した時には既に潮がひいて少し距離はありましたが相当な数のシギチを見ることができました。

Dscn5454

メダイチドリ

すっかり夏羽になったオオソリハシシギやダイゼン、キョウジョシギなどで春の干潟は色鮮やかかになります。

その後、潮干狩りで人も大勢押し寄せ、賑やかになったため次の場所へ移動することにしました。

Dscn5503

次に訪れたのは「谷津干潟」です。

Dscn5502

干潟に集まるシギチ 達

Dscn5552

オオソリハシシギ♂

Dscn5479

キョウジョシギ♂

Dscn5522

キョウジョシギ♀

Dscn5531

ダイゼン

Dscn5495

メダイチドリ♂

Dscn5536

メダイチドリ♀

Dscn5515_2

この日、日本野鳥の会/神奈川支部のSさんにお会いしました。

また探鳥へご一緒させてくださいね。

 

「チュウシャクシギのねぐら入り」

 
 
この谷津干潟では、夕方になると数十羽のチュウシャクシギが休息に集まってきます。
例年、5月のピークには、最大約300羽が見られたそうです。

詳細は谷津干潟観察センターのHPを確認ください。

http://www.yatsuhigata.jp/index.html

 

 

コメント

4/20(日)神奈川・宮ヶ瀬

2014-04-23 | 野鳥 神奈川探鳥地

夏鳥の状況が気になり宮ヶ瀬へ

Dscn5334

天候は曇り、気温6℃と肌寒い日でしたが・・・

Dscn5338

ホオジロ

Dscn5331

到着を待たず、オオルリの囀りを聞くことができました。

</object>
YouTube: 神奈川・丹沢/オオルリ(2014.04.20)

Dscn5369

ミソサザイ

Dscn5372

沢のあちらこちらでミソサザイが囀っていました。

Dscn5377

センダイムシクイ

</object>
YouTube: 神奈川・丹沢/センダイムシクイ(2014.04.20)

今回一番多く確認できたのはヤブサメかセンダイムシクイでした。

[確認した鳥]

カワウ、キジバト、トビ、カワガラス、コゲラ、アオゲラ、ウグイス、センダイムシクイ、ヤブサメ、キセキレイ、ハクセキレイ、エナガ、メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、オオルリ、ミソサザイ、カワラヒワ、アカハラ、イカル、ホオジロ、キジ、ガビチョウ、ヒヨドリ、カケス、ツバメ、イワツバメ、ハシブトガラス

コメント

4/6(日)横浜・都市公園

2014-04-22 | 野鳥 神奈川探鳥地

4月の初旬

Dsc_1314

桜が満開のこの季節

Dscn5416

Dscn5428

今年もこの公園にツミが戻ってきました。

Dscn5398

ツミ♀

Dscn5400

Dscn5399

ツミの雌は都市近郊で普通に見られるハトと同等の大きさです。

Dscn5410

雌の周辺を飛ぶ ツミ♂

ツミの雄は雌よりも小さく、ヒヨドリと同じくらいの大きさです。

日本で繁殖する最小の猛禽類です。

かつてその小ささから雀鷹(すずめだか)と呼ばれたこともあったそうです。

Dsc_1298

スイセン

Dsc_1324

自生しているクリスマスローズ

Dsc_1335

タチツボスミレ

 

体は小さいが気性は激しく、カラスなどにも果敢に攻撃し、巣に近づけけないよう追い払います。

また、ツミがカラスから営巣地周辺を徹底的に防衛することで、オナガがツミの巣の周辺で幾つかのつがいの巣を作り、共生して繁殖する事例が多くあるとのこと。

そう言えば・・・

去年はこの公園でオナガも営巣(共存)していました。

 

 

いつまでも、この都市公園でツミが見られるたらいいですね。

コメント