小鳥日和

シジュウカラF(F夫)の探鳥備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

6/1(日)静岡・富士山

2014-06-14 | 野鳥 山梨・静岡・東海探鳥地

NPO法人鳥類調査の手伝いで富士山へ

草原環境、農耕地、亜高山、植林環境、樹海、火山灰砂礫地・・・とそれぞれの環境による鳥類分布をスポットセンサスで調査しました。

Dscn6170

AM4:00調査スタート。周囲360°から色々な鳥のさえずりが聞こえてきます。

朝日に染まり、さえずるノビタキ

Dscn6162

ホオアカ

Dscn6158

ホオアカ以外にもアオジ、ノビタキ、ホオジロ、カッコウ、キジ、コヨシキリが周辺でさえずり、一番鳥の密度の高さを感じました。

遠くではオオジシギも・・・

Dscn6145_2

紅富士

紅富士とはこの時期(冬場から春にかけて)、朝日夕日に残雪が紅色に染まることが語源とされているようです。つまり雪があれば紅富士ということらしいです。

一方、赤富士とは主に晩夏から初秋にかけて、山の地肌が朱色に染まる現象とのこと。葛飾北斎の絵は山肌が染まっているので赤富士ですね。

Dscn6184

青木ヶ原の樹海(風穴)

キビタキ、オオルリ、ヒガラ、キクイタダキ、コルリがさえずり、ミソサザイやコサメビタキが目前で巣作りをしている様子をジックリと見ることができました。

Dscn6185

風穴の中は気温差が5℃以上違うのが肌で体感できます。

Dscn6188

本栖湖と南アルプス

Dscn6191_2

手前に広がるのが樹海です。

Dscn6175 

渡りをするチョウといえば、このアサギマダラです。

暖かくなり北へ渡っていくのでしょうね。秋に日本本土から南西諸島・台湾まで渡ることもあるそうです。

Dscn6198

アカモズ

Dscn6193

Dscn6192

Dscn6201

火山灰砂礫地

Dscn6203

遠くからメボソムシクイ、ビンズイ、ルリビタキのさえずりが聞こえてきます。

Dscn6135

ビンズイ

 

天気にも鳥にも恵まれた一日でした!

 

[確認した鳥]

カワウ、キジ、アオサギ、キジバト、オオタカ、ノスリ、トビ、カッコウ、ホトトギス、ツツドリ、オオジシギ、コゲラ、アオゲラ、アカゲラ、ウグイス、センダイムシクイ、メボソムシクイ、コヨシキリ、オオヨシキリ、セッカ、キクイタダキ、キセキレイ、ハクセキレイ、ヒバリ、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、コガラ、ゴジュウカラ、キバシリ、ミソサザイ、オオルリ、コルリ、キビタキ、コサメビタキ、ノビタキ、ルリビタキ、アオジ、ホオアカ、ビンズイ、ノジコ、ホオジロ、クロツグミ、モズ、コムクドリ、ムクドリ、ツバメ、イワツバメ、アマツバメ、イカル、カワラヒワ、メジロ、ガビチョウ、ソウシチョウ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加