小鳥日和

シジュウカラF(F夫)の探鳥備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

5/17(土)栃木・奥日光(その2)

2014-05-25 | 野鳥 北関東探鳥地

(続き)

Dscn6063

ノビタキ♀

Dscn6086

Dscn6087

腰は淡い澄色で、♀にも翼に白斑があります。

Dscn6080

上面が黄褐色で下面は淡い澄黄色、腹部はやや白みがかっています。

Dscn6035

本州では、ノビタキの生息環境が限られており、個体数も少ないため貴重です。

その他、草原部ではビンズイ、ホオアカが観察できます。

 

Dsc_2448

キバシリ

Dsc_2449

樹幹を螺旋状に下から上へ移動していくのが特長です。

Dscn6052

アカゲラ

カラマツなど針葉樹の林では、ゴジュウカラ、キバシリ、コガラ、ヒガラ、ニュウナイスズメ、キビタキなど観察。

Dscn6116_1

キセキレイ♂

Dscn6119_1

キセキレイ♀

セキレイは『日本書紀』にも「嫁ぎ教え鳥」として出てきます。

セグロセキレイかキセキレイでしょうか・・・

20世紀後半に日本中に繁殖域を広げたハクセキレイでないことは確かですね。

Dsc_2644

ハクセキレイ

望遠鏡に興味をしめしたのかな・・・ハクセキレイは都市公園などでもよく見かけるお馴染みの鳥です。

 

去年は「小鳥日和」の陽気でしたが、この日はほど遠い冬に逆戻りしたような一日でした!

防寒具をお忘れ無く!

 

 

[確認した鳥]

アオサギ、キジバト、トビ、カッコウ、ホトトギス、ツツドリ、オオジシギ、マガモ、カルガモ、コゲラ、アカゲラ、ウグイス、センダイムシクイ、キクイタダキ、キセキレイ、ハクセキレイ、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、コガラ、ゴジュウカラ、キバシリ、ミソサザイ、オオルリ、キビタキ、ノビタキ、アオジ、ビンズイ、アカハラ、ニュウナイスズメ、コサメビタキ、ルリビタキ、ツバメ、イワツバメ、アマツバメ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス

 

コメント

5/17(土)栃木・奥日光(その1)

2014-05-25 | 野鳥 北関東探鳥地

予報と異なり朝から霧雨も混じる天候で、その上気温5℃以下と冷え込んだ朝でした。

Dscn6067

湿原からの見た男体山(2486mm)

遠くでは、アカハラ、アオジそしてオオジシギのさえずりが聞こえてきます。

Dscn6098_1

強風のせいかオオジシギも地面で鳴いていました。

Dscn6103

、“じゅ~ぃじゅ~ぃ じゅぃ じゅぅじゅぅ” と独特の声が湿原のあちらこちらで

聞こえてきます。

 

Dscn6044_2

標高1400mmの高層湿原

Dsc_2602

この湿原(草原)を代表する鳥

Dsc_2590

ディスプレイ (近くの雌に求愛中)

Dsc_2557

(左上)ノビタキ♀ (右下)ノビタキ♂ カップル成立するでしょか(^^)

Dscn6057_1

ノビタキ♂

この鳥を見たくてここに来ています。

Dscn6076

Dscn6078

黒い帽子、オレンジの前掛け、タマゴの様な形状・・・

毎年、この季節には必ず見たくなる野鳥です。

Dsc_2527

Dsc_2534

平野部での予想最高気温は27℃とのことですが・・・

 

この日のこの場所では風も吹き、体感温度は1~2℃でした。

しっかりと防寒具が必要です。

 

コメント

5/5(祝・月)山梨・中西部(その4)

2014-05-18 | 野鳥 山梨・静岡・東海探鳥地

一部の地域では越冬していますが、

Dscn5979

夏鳥のアカハラ

Dsc_2074_2

「キョロン・キョロン・ジィリリ」と高らかに梢でさえずり、高原に響き渡ります。

高地でよく耳にするアカハラのさえずりですが、この鳥も日本と樺太の一部でしかさえずりを聞くことができない、世界的に見れば地域限定の鳥であることをご存知でしたか。

夏鳥以外にも色々な鳥が・・・

Dscn5814

ゴジュウカラ

Dsc_1768

この鳥も身体の大きさに似合わず”フィーフィーフィー”と大音量でさえずります。

Dscn5732

ソウシチョウ

Dsc_1991

Dscn5826

Dscn5821

ソウシチョウ

キレイな鳥ではありますが、ご存じのように外来種です。

本格的に日本に入ってきたのは1980年以降でありペットショップで売られていたものが野生化したとされています。その生息域は拡大する一方で、生態系に与える影響が心配されており、特に営巣場所が競合するウグイス、オオルリが駆逐される危険性があると言われています。

過去事例では・・・

1920年代ハワイでもソウシチョウが入り込み、在来鳥類減少(一因)があったようですが、日本ではどうなのでしょうか。

[確認した鳥]

キジバト、アオバト、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、ウグイス、センダイムシクイ、ヤブサメ、キクイタダキ、キセキレイ、ハクセキレイ、ヒガラ、コガラ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、オオルリ、ミソサザイ、コマドリ、コルリ、キビタキ、クロツグミ、アカハラ、クロジ、アオジ、ホオジロ、イカル、ソウシチョウ、ヒヨドリ、カケス

コメント

5/5(祝・月)山梨・中西部(その3)

2014-05-09 | 野鳥 山梨・静岡・東海探鳥地

さえずりをじっくり観察したい鳥と言えば・・・

Dsc_2049

コマドリです。

Dscn5956

オレンジ色が印象的。

Dscn5877

地上近くの低い場所(ササ藪)を好むため姿を確認するのはとても困難です。

この時期、求愛(縄張り宣言)のため早朝、枝先でさえずりを見ることができます。

Dscn5881

ヒンカラララ とか ピルルルルル・・・と遠くからも聞こえる声量でさえずります。

Dscn5859

この鳥も日本列島とその周辺(樺太、千島列島)でのみ繁殖、

英名も「Japanese Robin」と代表的な日本の夏鳥です。

コメント

5/5(祝・月)山梨・中西部(その2)

2014-05-08 | 野鳥 山梨・静岡・東海探鳥地

繊細な色合いが日本的な情緒を感じさせて愛着がわきます。

Dscn5903

墨色のグラデーションがキレイですね。

Dscn5935

クロジ♂

周辺ではアオジのさえずりも聞こえていました。

Dscn5926

この雄のクロジ

墨色の完全な成鳥羽になるのは3年半も掛かります。(生後3年目の秋の換羽後)

Dscn5992

カムチャッカ南部から日本までの限られた地域で繁殖する

世界的に見ると限定された地域(日本列島と周辺のみ)で観察される鳥で、

英名は「Japanese Grey Bunting」といいます。

コメント