信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

折立から新穂高へ

2020年09月22日 | 北アルプス(南部)
こんばんは、信です。 富山折立から新穂高踏破しました。足のまめがパンパンで大変なことになっています。 今日、さいたまに帰る予定でしたが、松本行き最終バスにまったく間に合わず、新穂高中尾高原の湯宿に避難しました。 ゲンゴロウさんも泊まった民宿「たきざわ」さんです。 急な宿泊にもかかわらず、夕食がすごく豪華で腹パンパンになりました。 詳しくは帰ってからご報告します。 9月21日 三俣山荘への . . . 本文を読む
コメント (8)

また涸沢で会いましょう

2020年09月18日 | 北アルプス(南部)
こんにちは、信です。 今日は早めにテレワークを切り上げました。 明日からの山行に備え、荷物を纏めます。所謂パッキングというヤツですね。 これをやってる時の気分が一番好きです。 あれも、これもと詰め込んで・・明日、登る坂で相当後悔することでしょう。 先日の立山室堂キャンプの時も、雨で撤退の時に、隣の45泊だかのオヤジに 酒とツマミと食料は、全部貰ってもらいました。 涸沢でもよくあること . . . 本文を読む
コメント (2)

穂高に包まれる紅葉

2020年09月17日 | 北アルプス(南部)
こんばんは、信です。 ようやく山に行ける日が近づいてきました。 朝晩めっきり涼しくなり、暑くて何もかけずに寝ていた頃が懐かしくなるほど。 今朝もぐっすり快眠をむさぼり、サマータイムの早起きは出来ませんでした。 それでもブログを見ていると、山の師匠、錫杖さんのブログが絶好調で、息をのむ山の絶景が綴られています。 負けじと私も拙いアルバムから、引っ張り出してきました。 2017年の10 . . . 本文を読む
コメント (2)

下山の朝

2020年09月13日 | 北アルプス(南部)
お早うございます、信です。 予想に反して山日和の秋晴れになりました。 でも山は荒れそうなので、今日は自重します。 昨日は埼玉で唯一あるイケアに行ってきました。 家具のショールームと云うより、大きな倉庫の中にリビングを数十個作って、そのままそれが展示されて 生活のスタイルを、そのまま提案しているという感じです。 それぞれの売り場には、まったくキャッシャーが無く、最後に高さ数十mの倉庫を . . . 本文を読む
コメント (2)

2017/10 どんより信州 in Autumn №2 ~11.エピローグ~

2017年10月14日 | 北アルプス(南部)
お早うございます、信です。 長い間、涸沢、奥穂高を綴ってきましたが、今日で完結です。 この週末は秋の長雨になりそうです。 さて涸沢のナナカマドともお別れです。 1 あの屏風岩を目指して降りて行きます 2 まだ東天井が見えています 3 未練がましく 涸沢槍もこれが見納め 4 今度来る時は、どんな山物語を紡げるんだろう 5 この日は月曜日でしたが . . . 本文を読む
コメント (8)

2017/10 どんより信州 in Autumn №2 ~10.雨の涸沢、再び~

2017年10月13日 | 北アルプス(南部)
お早うございます、信です。 季節は進み神無月は寒露の次候、第五十候 菊花開(きくのはな ひらく)になりました。 あちこちで菊人形や、菊の花展が開かれる季節です。 今日から寒気が入って、寒くなるようです。風邪には十分ご注意下さい。 まだ涸沢ネタで繋ごうと涙ぐましい努力をしています。 明日でこの山行シリーズは完結になります。 もう少しお付き合い下さい。 前穂もずいぶん雲に巻かれました。 . . . 本文を読む
コメント (6)

2017/10 どんより信州 in Autumn №2 ~9.ザイテンを下る~

2017年10月12日 | 北アルプス(南部)
お早うございます、信です。 季節は神無月、寒露の初候 第四十九候 鴻雁来(こうがん きたる)です。 明日からは次候に入ります。 まだ先週(10/2)の山行を綴っています。 憧れの奥穂高岳に登り、期せずしてジャンダルムを拝むことが出来ました。 AM 7:50 今日はWeekDayなので、ゆっくりマイペースで降りていきます。 1 だんだん雲が出て来ました。 2 予報では昼から . . . 本文を読む
コメント (4)

2017/10 どんより信州 in Autumn №2 ~8.ジャンダルム~

2017年10月11日 | 北アルプス(南部)
お早うございます、信です。 巷が総選挙ムードで騒がしい毎日になってきました。 錫杖さんは既に昨日で岳沢パノラマを仕舞われました。相変わらず外連味のない綴り方です。 前の記事にコメントしてやろうと思ってましたが、脆くもその目論見は外されました。 意外とよく出来たブログシステムです。 私はマイペースで、まだ先週月曜日(10/2)の穂高岳山行を綴っています。 予報通り天気は崩れ、ガスガスの奥穂高 . . . 本文を読む
コメント (2)

2017/10 どんより信州 in Autumn №2 ~7.奥穂高岳~

2017年10月10日 | 北アルプス(南部)
お早うございます、信です。 また新しい週に入ります。 季節は神無月、寒露の初候 第四十九候 鴻雁来(こうがん きたる)です。 今朝からは「さわやか信州」と云えなくなってしまったので、タイトルを変えました。 世の中、総選挙モードですが私は相変わらずノーテンキです。 takayan師匠も云っておられますが、昔は今日が「体育の日」でしたね。運動会シーズン真っ盛りの休日でした。 また秋晴れが約束される . . . 本文を読む
コメント (6)

2017/10 さわやか信州DC in Autumn №2 ~6.ザイテングラート~

2017年10月09日 | 北アルプス(南部)
お早うございます、信です。 この3連休は雨で始まりました。でも日曜日は晴れの予報でしたが、高気圧の勢力が弱く曇りがちの一日に なりました。 秋の夜長、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。 さてまだ先週日曜(10/1)の穂高岳を綴っています。 私にとっては涸沢から上は、初めての登山道。陽が陰って、少し暗くなりました。 右手の北穂の稜線 1 真上に涸沢槍 2 なかなか辿り . . . 本文を読む
コメント (6)

2017/10 さわやか信州DC in Autumn №2 ~5.涸沢小屋~

2017年10月08日 | 北アルプス(南部)
お早うございます、信です。 季節は巡り今日から寒露に入ります。寒露の初候、第四十九候 鴻雁来(こうがん きたる)になりました。 まだ先週の涸沢を綴っています。 少し天気図を振り返ってみます 左は10/1 AM 6:00の天気図 右(下)は同日のPM15:00です。     高気圧の速度が速く、急速に東の太平洋へ抜けていきました。 代わりに気圧の谷が近づいてきます。 左は10/2 AM . . . 本文を読む
コメント (6)

2017/10 さわやか信州DC in Autumn №2 ~4.The KARASAWA~

2017年10月07日 | 北アルプス(南部)
お早うございます、信です。 季節は神無月、秋分の末候 第四十八候 水始涸(みず はじめて かる)です。 でも秋分も今日まで、明日からは寒露に入ります。 深まりゆく秋、皆様どのようにお過ごしでしょうか。 まだ先週(10/1)の穂高山行を綴っています。 そう云えば信州ディストネーションキャペーンは終了したんですね。タイトルも考え直さないと・・ お待たせ致しました。涸沢カールに到着です。 苦しい . . . 本文を読む
コメント (8)

2017/10 さわやか信州DC in Autumn №2 ~3.本谷カールと涸沢道~

2017年10月06日 | 北アルプス(南部)
お早うございます、信です。 涸沢黄金ロード続けます。 先週10/1(日)の本谷橋から涸沢への登山道です。 本谷橋を渡ると急坂が続きます。これは急坂を登り切ったところ。 1 Sガレに入ります。 ここは昨年6月の夕方、大崩落が起きた場所です。 2 【原文のまま】 2016年6月18日午後、北アルプス、横尾と涸沢を結ぶ登山道に屏風岩の斜面が崩落した。 涸沢ヒュッテ従業員の話では、時 . . . 本文を読む
コメント (6)

2017/10 さわやか信州DC in Autumn №2 ~2.徳澤から本谷へ~

2017年10月05日 | 北アルプス(南部)
お早うございます、信です。 季節は進み神無月、秋分の末候 第四十八候 水始涸(みず はじめて かる)です。 トップの絵、何とかこの人消えてくれないですかね・・向こうもそう思ってたろうな。 変なジジイ早くいなくなれ・・なんて。 昨日は十五夜でした。               The Super Moon さて私が徳澤あたりでモタモタしているうちに 錫杖さんは一気に岳沢小屋(2, . . . 本文を読む
コメント (8)

2017/08 さわやか信州DC in Summer №8 ~一ノ俣~

2017年08月15日 | 北アルプス(南部)
お早うございます、信です。 今日からまた信州へ旅に出ます。ただし今度は家族と一緒。 少しでも天気に恵まれれば嬉しいですが、どうでしょう。 明日からは予約で投稿です。 さて今回は美しい苔編です。 槍澤ロッジで波田のスイカを頼んだら「無いよ」と云われガックリ。 私が勝手にあるもんだと決めつけていたようで、わさび小屋か、燕岳の合戦小屋と勘違いしていたようです。 そうと分かれば長居は無用。 . . . 本文を読む
コメント (4)