信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

秋の北アルプス裏銀座縦走 ~6.鷲羽岳~

2021年09月28日 | 北アルプス(南部)




お早うございます、信です。
季節は進み9月長月は秋分の次候、第四十七候 蟄虫培戸(むしかくれて とを ふさぐ)になりました。

久しぶりに今朝は朝焼けになりました。
今ごろ白馬では三山が朱色に燃えて、輝いていることでしょう。


さて秋の北アルプス徘徊紀行は、ようやく快晴の9月21日の朝を迎えました。
夜半から寒い夜で、AM 3時頃に放射冷却で底冷えで目が覚め、今回念のために用意したシェラフカバーが役に立ちました。

シェラフだけでは震えが止まらなかったのが、シェラフカバーですっぽり蓑虫のように覆って、ようやく再び浅い眠りにつくことが出来ました。
改めて目を覚ましたのはAM 5:00です。

大天井のシルエットに黎明の光


1









雲一つない快晴の朝を迎えました


2









こうしちゃいられないと 大急ぎでお湯を沸かしてコーヒーを淹れ、パンと一緒に流し込み
アタックザックに、ポカリとレンズを放り込みます


3









いざ男前 鷲羽岳へ


4









槍もお目覚めだ


5









AM 6:00 三俣山荘で顔を洗って登山開始


6









朝露で濡れた木々


7









一番美しい朝の始まりです


8









湯俣温泉晴嵐荘へと続く 伝説の伊藤新道


9

ただし道の状況は、三俣山荘に確認してから。とのこと。
なにしろ現在は登山道としては地図から抹消されています。






何度も振り返り その位置を確認する槍ヶ岳


10









三俣蓮華のモルゲン
小屋にも朝日が当たり始めました。


11









黒部源流は いまだ暗いまま


12









少し上がって 黒部源流の斜面


13









同じく祖父岳の斜面


14


後でここを歩くのが楽しみです。






槍と穂高が見え始めました


15









硫黄岳の猛烈な水蒸気


16









黒部五郎が その姿を露わに


17









なんて佳き日だろう


18









白山も見えてきた


19









美しい我が故郷の霊山


20









誰かがカメラを向けている


21









乗鞍、御嶽、笠ヶ岳も見えてきた


22









この方はここで ご来光を粘り腰で撮られていたようです


23









きっと素晴らしい ご来光が撮れたことでしょう


24









錫杖さんリベンジ達成でした。鷲羽池です


25









テッペンまではもう少し


26









左手には薬師岳。その奥は能登半島だろうか


27









なんと美しい山景だろう


28









その奥の頂も見えてきた


29









夢に見た 鷲羽池越しの槍・穂高


30









もう片付け始めたカメラマン


31









焼岳・乗鞍・御嶽山の黄金ライン


32









黒部五郎・白山のシルバーライン


33









昨日、超えるのを諦めた大きな祖父岳


34









もうすぐだ


35









頂上まであと僅か


36









もう一度 夢を再び


37









表銀座も素晴らしい朝を迎えたことだろう


38









更に北へ


39









先日歩いた白馬が見える


40









今日は奥の奥まで見えそうだ


41









     AM 7:10 鷲羽岳登頂

     
     42



     素晴らしい朝は 始まったばかりだ。


     北へ北へと歩みを進めよう。


     撮影日: 9月21日
     撮影場所:鷲羽岳



     それでは皆様、ご機嫌よう。









コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 秋の北アルプス裏銀座縦走 ... | トップ | 秋の北アルプス裏銀座縦走 ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (錫杖)
2021-09-28 12:31:27
鷲羽池越しの槍ヶ岳の景

わたしが選ぶアルプスの絶景トップ10選に入っています。 わたしは漆黒の暗闇の中、三俣山荘を出発し雲海の槍ヶ岳を狙いました。
 三脚添えて1写入魂されてるカメラマンの高まる気持ちが伝わって来ました。

ここからワリモの巨体を超えていくルートで雷鳥の親子に会いました。
 常に槍ヶ岳に見守られながらの水晶岳
裏銀座最奥の水晶岳 その頂に立った時の喜びは素晴らしかったでしょうね

 わたしはさらに赤牛への読売新道を下山。ものすごく長い長い下りで膝がやれました。
 次のアップが楽しみです。(^^
鷲羽池 ()
2021-09-28 15:07:58
錫杖師匠>

こんにちは。
私が前回、鷲羽岳に登ったのは2016年の夏。
登り始めが10時頃で、既に雲がわんさかと湧きどんどんガスに巻かれてしまいました。
周りの景色どころか、すぐ下の鷲羽池すら見えない状況でした。
今回は快晴の朝、夜明けとともに登ってきました。

今回の山旅で雷鳥に会ったのは、雨の下山の花見平でした。
濡れそぼった雷鳥の雄が、それでも我が縄張りを侵す怪しからんジジイを蹴散らすが如く
敢然と目の前に現れ、しばらく追っかけっこしました。
雨でカメラは首からブラ下げていましたが、コンビニ袋でカバーしたままでした。

水晶山頂から望む赤牛岳
あの長い稜線を歩こうとは・・私には到底困難に思えました。
しばらく水晶岳展望台、続きます。
コメント有難うございます。

コメントを投稿