信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

秋の北アルプス裏銀座縦走 ~7.ワリモ岳~

2021年09月29日 | 北アルプス(南部)




お早うございます、信です。
徐々に迫りくる台風16号とは裏腹に、今朝も爽やかで穏やかな、秋晴れの朝を迎えました。

これが所謂、嵐の前の静けさとでも云うのでしょうか。


9月21日に歩いた北アルプス黒部源流域の縦走紀行を綴っています。
快晴の鷲羽岳に登り、まだその余韻を楽しんでいます。

鷲羽岳頂上(2,924m)から西側 黒部五郎岳と霊峰 白山


1









その北に母なる薬師岳


2









そして北には今回の山旅の天辺 水晶岳


3









長居をせず北に移動します


4









ワリモ岳の独特な岩稜が目の前です


5









裏銀座の稜線と 後立山の綺羅星たち


6









若い岳人が抜いていきます


7

この人もテン泊装備ですが、軽そうに仕上げてます。







鷲羽で知り合った、神奈川の岳人(青い帽子)が鞍部を颯爽と往きます


8









振り向けば、紺碧の空に鷲羽の三角錐


9









北側も紺碧の空に ワリモの岩峰


10









真横に黒部五郎と 奥ノ廊下の深い谷


11









祖父岳を前に、斜面で遊びます


12


もう 気分はルンルン。







鷲羽の雄姿 再び


13









その左手には表銀座 大天井から常念岳の稜線


14









鷲羽の右には 奥に乗鞍・御嶽山、笠の頭、そしてどっしりと三俣蓮華岳


15









足元には名残のイワツメクサ


16


過酷なザレた岩場で、健気にも咲いていました。






歩みを進めて 鷲羽の左肩に再び槍


17









ワリモの岩峰も目の前だ


18









ワリモの前衛から三俣蓮華を振り返る


19









なんと美しい山景か


20









ここがピークの岩場越え


21









AM 7:50 ワリモ岳(2,888m)通過です


22









ここが割物(ワリモ)の所以


23









砕けたチャート岩のような石が堆積しています


24









そして現れる女王 薬師様の大伽藍


25









過ぎてきたワリモの岩峰


26









いよいよ今日の目的地 黒き大岩峰は目の前です


27









それに連なる裏銀座 大きな野口五郎岳


28









再び母なる大薬師


29









祖父岳の稜線の向こうに雲ノ平


30









そしてこなたには黒部五郎と白山


31









美しいハイマツと 紅葉したクロマメノキ


32












33









右手に表銀座 燕岳の長い稜線が延びています


34









これを越えればワリモ北分岐


35









まだ空は抜けるほど蒼い


36









あの頂を目指して


37



明日は水晶小屋です。

天気が良すぎて、あちこち撮りまくり一向に前に進みません。


 撮影日: 9月21日
 撮影場所:鷲羽岳からワリモ岳


それでは皆様、ご機嫌よう。










コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 秋の北アルプス裏銀座縦走 ... | トップ | 秋の北アルプス裏銀座縦走 ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿