信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2018/01 快晴の城ヶ島(その3)

2018年01月16日 | ハイキング
お早うございます、信です。 昨日は南風が入って、少し寒さが緩んだ関東でした。 故人を偲んで三浦半島の南端、城ヶ島公園を歩いています。 似たような絵が続きますが、ご容赦下さい。 1 漁船と大島 2 3 富士山も明瞭ではなくなってきました 4 対岸の千葉浜金谷 5 6 階段を降りて灯台の方に行ってみます 7 【安房埼(あわさき . . . 本文を読む
コメント (4)

2018/01 快晴の城ヶ島(その2)

2018年01月15日 | ハイキング
お早うございます、信です。 季節は睦月 小寒の末候、第六十九候 雉始雊(きじ はじめて なく)になりました。 まもなくいよいよ大寒です。 昨日から13日に歩いた相州三浦半島の城ヶ島を綴っています。 実は会社の同期の人が亡くなって、その葬儀に出席のため、上大岡まで行きました。 ガンだったようです。 間もなく還暦を迎えようという、まだまだこれからという時に 同期の中でもやんちゃな人で、一番長 . . . 本文を読む
コメント (4)

2018/01 快晴の城ヶ島

2018年01月14日 | ハイキング
お早うございます、信です。 昨日は横浜上大岡に用事があって出掛けました。 その用が終わった後、ある人を偲んで訪れたのが城ヶ島です。 京浜急行の終点、三崎口駅からバスに乗って三崎港まで。 昼食は三崎まぐろを頂いて、歩いて城ヶ島大橋へ。 1 城ヶ島大橋を渡ります 2 暫くは防護網で見られませんでしたが、途中から防護網が無くなって 左手は千葉の房総半島 3 4 . . . 本文を読む
コメント (6)

2018/01 高指山から物見山

2018年01月03日 | ハイキング
お早うございます、信です。 箱根駅伝は1区で抜擢された、1年生の西山君が会心の走りで、そのままゴールまで逃げ切り東洋大学が往路を制しました。 青山学院も5区の山登りで挽回し35秒差でのゴール、復路の展開が楽しみです。 今朝の一枚はこの鳥から 1 見沼の公園に来た小斑鳩(コイカル)です。 2 これは寒い曇天の大晦日に撮ったもの。 このところ見沼芝川には500mmを担いで通 . . . 本文を読む
コメント (2)

2018/01 元旦は山の上で

2018年01月02日 | ハイキング
お早うございます、信です。 季節は師走、冬至の末候 第六十六候 雪下出麦(ゆきわたりて むぎいずる)です。 昨日は初日の出を山で迎えようと、家から一番近い山へ行きましたが交通手段が電車しかない私、電車の中で 初日の出を迎えました。 降り立ったのは高麗川の里 放射冷却で里には霜が降りてます。 1 初詣客の多い高麗神社、聖天院と通り過ぎて 2 槿の奥の畑は霜で真っ白 . . . 本文を読む
コメント (2)

2017/10 秋の日光霧降の滝

2017年10月15日 | ハイキング
お早うございます、信です。 季節は神無月、寒露の次候 第五十候 菊花開(きくのはな ひらく)です。 昨日は一日、どんより雲で出掛けず仕舞いとなりました。 信州の青空を見たい方はどうぞこちらに→ 一鉄草魂さん 信州の青空と小海線と、黄金色の稲穂と案山子が逸品です。 先週末、散歩がてら日光へ。 栃木駅で両毛線から東武日光線に乗り換え、これは登りの特急。我々は鈍行で行きました。 1 . . . 本文を読む
コメント (6)

2017/03 金谷 鋸山探訪(その2)

2017年03月09日 | ハイキング
お早うございます、信です。 先週土曜日の浜金谷、鋸山ハイキングを綴っています。お付き合い下さい。 ここが前半のハイライト。地獄のぞき。 前回見られた方は、またかって感じでしょうが 眼下の石切り場、百尺観音があった場所です。 こちらは対岸の崖。 もう十分なので、次の人に場を譲ります。 充分にクラクラしました。 降りていくと 沢山の羅漢像。 . . . 本文を読む
コメント

2017/03 金谷 鋸山探訪

2017年03月08日 | ハイキング
お早うございます、信です。 季節は弥生啓蟄、第七候 蟄虫啓戸(すごもりむし とをひらく)です。 先週末の東京湾横断から、浜金谷の鋸山 日本寺ウォーキングを綴っています。 ¥600の入場料を払って中に入りました。 まず左側に出てきた階段を上がります。 常緑樹の木々の間を登って行きます。 一番上の展望台、十州一覧台です。 北坂戸黒山に関八州見晴らし台がありましたが これ . . . 本文を読む
コメント (2)

2016/09 日和田山から日高駅へ

2016年09月21日 | ハイキング
こんにちは、信です。 九州・中四国・近畿に大雨を降らせた台風は温帯低気圧になりました。 皆さん、ご無事だったでしょうか。 大陸性高気圧が4つも南下してきてます。 しばらく晴れが続きそうなのではと期待しますが・・ さてまた先週の日高市に時空を戻して 日和田山の眺望。 天気はイマイチでしたが、登るプロセスで大満足、面白い山でした。 金毘羅神社に改めて参拝。 景 . . . 本文を読む
コメント

2016/09 日和田山に登る

2016年09月20日 | ハイキング
こんにちは、信です。 季節は白露の末候、第四十五候 玄鳥去(つばめ さる)です。 間もなく秋分を迎えます。既に初秋から仲秋を迎え、そしてあっと云う間に晩秋を迎えます。 月日の経つのは早いもので、うっかりしてるとアルプスは雪になってしまいます。 今年はあと何度、行けるんだろう。 さて日高市の巾着田を出て、日高街道を横断して日和田山の登山口に来ました。 AM11:30 取り付きます。 . . . 本文を読む
コメント (2)

2016/05 高山不動から吾野駅へ降る ~幻想のシャガロード~

2016年05月11日 | ハイキング
こんにちは、信です。 GWが終わって、また張りの無い日々を過ごすようになりました。 無為な日々が過ぎていく・・そんな感じがしてなりません。 まぁ気を取り直して、まだ関八州見晴台にいます。 山ツツジにきた黒い蝶。 ここでもヘビイチゴ。 緑が綺麗でした。 この木は何の木でしょう? これは分かります、どんぐりの木。 PM13:30 さてそろそろ行動を起こしまし . . . 本文を読む
コメント (2)

2016/05 快晴の黒山三滝から関八州見晴台へ

2016年05月10日 | ハイキング
こんにちは、信です。 GWが終わって、何とか社会復帰しようと現実に戻って、また通勤の日々が始まりました。 そうこうするうちに 季節は立夏の次候、第二十候 蚯蚓出(みみず いずる)になりました。 こうやって72候を書き綴ってみると、本当に昔の人の知恵に驚かされます。 今の旬はアスパラガスですね。長野在任の頃、飯山の郊外を歩いて一面の菜の花と、畑からニュキニョキ出たアスパラガスを 思い出します。 . . . 本文を読む
コメント

2016/05 肌寒い上高地 ~波立つ明神池~

2016年05月09日 | ハイキング
こんにちは、信です。 季節は立夏の初候、 第十九候 蛙始鳴(かわず はじめてなく)です。 巷はGWが終わり、民族大移動の喧噪がようやく終息しようとしています。 さてまだ明神池が残っていました。 やはり晴れてこないと、その美しさは半減しますね。 雲は穂高から明神岳へ。 つまり北西から南東へと吹いているようです。 この風では回復しそうにありません。 明 . . . 本文を読む
コメント

2016/05 高山から上高地へ

2016年05月08日 | ハイキング
こんにちは、信です。 季節は立夏、 第十九候 蛙始鳴(かわず はじめてなく)です。 まだ高山にいます。 高山の宿では一晩中、蛙が鳴いていました。 息子の次女がポツリと 「ダイヤモンドが、そこらじゅうにあるようだ」とつぶやきました。 私はバタンキューで知りませんが、昨夜は満天の星空だったそうです。 残念・・ また見逃してしまった。。 そんな美しい夜が明け 少しガスがかかってま . . . 本文を読む
コメント

2016/05 新穂高で雪遊び 

2016年05月07日 | ハイキング
こんにちは、信です。 休む間もなく、ブログを書いてます。 何故こんなに発信することに、気持ちが入るのでしょう・・? やっぱり仕事がヒマだからかな、半分引退した寂しさの反動でしょうか。 さて笠ヶ岳を眺めた後は、千石園地へ。 云わずと知れた西穂高山荘への登山道です。 久しぶりの雪に嬉しそうな長男坊。    オオシラビソの緑が綺麗でした。 子供たちは雪の多さに驚 . . . 本文を読む
コメント