信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

高崎 少林山達磨寺

2020年11月28日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 今日は先日、はりさんの勝尾寺の記事で触発されて行った、高崎の達磨寺です。 はりさんの勝尾寺の記事は11月20日でした→ 勝尾寺の紅葉を見に行きました(前) 高崎まで新幹線で移動しましたが、下調べが悪く信越線の乗り換えは1時間待ち ぼちぼち歩けば、また別の拾い物もあるだろうと 群馬八幡まで歩くことにしました。 やはり歩いて見るもので、和田橋から駅方面 右手の . . . 本文を読む
コメント (4)

白山信仰自然智の森 那谷寺

2020年11月26日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 昨日は久しぶりの雨の関東でした。 その前の雨がいつだったか、忘れるほどの久しぶりの雨でした。 夏場はほとんど雨だったのが嘘のように、このところ快晴が続いていました。 さて11月15日のうちのクマさんとの石川漫遊記ですが 永平寺から出て、小松でこのお寺に寄りました 1 小松市の古刹 白山信仰の那谷寺(なたでら)です。 自然智(じねんち)とは中 . . . 本文を読む
コメント (6)

永平寺 寂光苑の彩り

2020年11月25日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 昨日は久しぶりに健康診断の結果が出たというので、会社へ出ました。 思ったより出勤者は多く、ほとんどが営業さんでした。 前の見えない、リーマンショックの時より厳しい状況。 こういう時のマネージメントは何を示すべきか、何を語るべきか ちょっと戸惑いながらの、久しぶりの職場でした。 永平寺の七堂伽藍徘徊を終り、吉祥閣から出ました 1      蓮 . . . 本文を読む
コメント (6)

永平寺 七堂伽藍を巡る

2020年11月24日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 今年最後の三連休が終わりました。 コロナ禍の中でも、紅葉や旅行を楽しみたい人の波は絶えず この三連休の人の流れが、どんな結果をもたらすのか 怖いような、楽しみでもあるような いずれにしても、それで年末年始の動きは決まってくるのではないでしょうか。 11月15日に徘徊した曹洞宗大本山 永平寺です。 順路に従って最上部の承陽殿から、法堂(はっとう)でお参りし . . . 本文を読む
コメント (2)

秋の永平寺

2020年11月23日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 季節は進み11月 霜月は小雪の初候、第五十八候 虹蔵不見(にじ かくれて みえず)になりました。 さて雅な世界の金沢を出て、曹洞宗大本山 永平寺に着きました。 永平寺に来るのは2年ぶり、今回はうちのクマさんのリクエストです。 2018年も同じ11月でしたが、もっと寒かったような気がします。 今回は暖かく廻れました。 龍門は紅葉で彩られて、迎えてくれました . . . 本文を読む
コメント (4)

高山不動尊より

2020年05月30日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 昨日はこれまでのジメジメ感を吹っ飛ばす、実に天晴な快晴になりました。 当然、家でじっとしてられず、4月4日以来の越境をして群馬のお山に行ってきました。 山の上から360°のパノラマを楽しんできました。 もう躑躅は終わっているかと思ったら、まだまだこれからのようで 山ツツジや、ミツバツツジを楽しんできました。 まだ現像作業が終わっていないので、現像後、またご . . . 本文を読む
コメント (4)

大天白神社から羽生城跡

2020年05月07日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 今朝はまさしく五月晴れ、あっぱれピーカンな山日和です。 羽生の大天白神社です 創建は羽生城主木戸伊豆守忠朝の夫人が安産祈願のために勧請したものです 1      この場所の名前を聞いてググってみると            2 創建が弘治三年(1557年) あの斎藤道三が討死した翌年と知りました 3 それで . . . 本文を読む
コメント

清水寺の桜

2020年04月10日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 季節は進み卯月 4月は清明の次候、第十四候 鴻鴈北(こうがん かえる)になりました。 昨日は夕方から天気が一変して、北風が強くなり横殴りの冷たい雨が降る、荒れた天気になりました。 今朝は雨は上がっていますが、厚い雲がかかっています。 さて清水寺(せいすいじ)の桜の続きです。 庫裡の前の桜です。思い切り逆光になりました 1 寺の前に廻って . . . 本文を読む
コメント

花の寺 清水寺

2020年04月09日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 昨日の夕方、散歩に出ようと思ったら、まん丸のとても綺麗な夕日でした。 a 慌ててカメラを持って走りましたが・・間に合いませんでした。 国破れて山河あり 巷は感染症の災禍で大変なことになっていますが、山や川は美しくそのまま我々を待っています。 まだ4月4日の晃石山(てるいしさん)の中腹、清水寺です。 電線が邪魔でしたが美しい里山でした 1 . . . 本文を読む
コメント (4)

立春の虎ノ門愛宕山

2020年02月23日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 昨日は春一番が吹き荒れました。横浜で南西の風、瞬間風速20.3mとのこと。 久しぶりに鴻巣人形町でひな人形を見てきましたが、昨日の夜から鼻水で大変なことになっています。 いよいよ花粉も春一番になってきました。 さて長い信州紀行が終わって、今日は東京の寺社徘徊です。 些か古いネタで恐縮ですが、2月2日に歩いた東京虎ノ門です。 地下鉄虎ノ門駅を出てすぐに目に . . . 本文を読む
コメント (2)

小江戸川越 七福神を巡る(その3)

2020年01月23日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 昨日は寒い朝でしたが、晴れることはありませんでした。 通常なら菜種梅雨は3月末に現れる前線ですが、ここ数日、西日本から関東の南岸まで同じような前線が停滞しています。 大寒に菜種梅雨とは・・ 今年の異常気象を物語る天気図です。 さて1月12日の小江戸川越 七福神巡りウォーキング(その3)完結です。 連雀町 連馨寺を出て蔵の街・菓子屋横丁を通り抜けて新河岸川 . . . 本文を読む
コメント (2)

小江戸川越 七福神を巡る(その2)

2020年01月22日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 今朝はキーンと冷えた朝になりました。良いお天気になりそうです。 1月12日の小江戸川越 七福神巡りウォーキングの続きです。 川越小仙波町の中院から出て、小仙波東照宮をスルーしてきました。 喜多院の中庭に入りました 1 慈眼堂は慈眼大師 天海上人を祀る御堂です 2 正保2年(1645)に徳川家光公の命によりこの御堂が建てられ、厨 . . . 本文を読む
コメント

小江戸川越 七福神を巡る(その1)

2020年01月21日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 暖かい大寒の初日でした。 このまま春になってしまうのかと思うほど、暖かな小春日和の一日でした。 今日から3回に分けて、1月12日に歩いた小江戸川越 七福神巡りです。 うちのクマさんの提案で二つ返事で出掛けました。 駅を出て東口から歩いて5分 第一番、毘沙門天 妙善寺です。外観は近代的でした 1 すぐ左手に水琴窟 2 まず . . . 本文を読む
コメント (2)

九段の大銀杏

2019年12月21日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 今朝は寝坊しました。 年賀状の印刷が終わり、少しホッとしています。 デザイン面もそうですが、宛名も当方、不調法につき全てパソコンとプリンタにお任せです。 ただ一言、いつも手書きで添えるのですが、これが難関です。 相手の面影を想い出しながら、何を書き添えれば良いか考えます。 そう云えば先日、プリンタを新調しました。 殆ど使うことはないのですが、山へ行く時のバス . . . 本文を読む
コメント (2)

みちのく温泉旅 4.山寺五大堂

2019年11月10日 | 寺社徘徊
お早うございます、信です。 昨日は群馬の山を撮りに行きましたが、伊香保ICでは凄い渋滞で、関越から降りるのに30分もかかりました。 やはりNAVIに行先を任せてはいけません。良い勉強になりました。 11月4日の山寺登山を綴っています。 まったく参拝と云うよりは登山というのがしっくりきます。 弥陀洞(みだほら)です 1 ながい歳月の雨風が直立した岩をけずり、阿弥陀如来の姿をつくり出 . . . 本文を読む
コメント (6)