信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

秋の北アルプス裏銀座縦走 ~2.小池新道~

2021年09月24日 | 北アルプス(南部)




お早うございます、信です。
さて昨日から始まりました、秋の北アルプス徘徊シリーズ。今日は山を登ります。

でも昨日、帰って来てから改めて19日夕方の、槍・穂高での地震・落石発生状況をYouTubeで見たら・・
少なくともゲンゴロウさんのように、間近で自分の目で見てしまったら、私も「即撤退」だったでしょう。

ところが私は19日のその時間は、双六山荘で夕飯前でビールの酔いもあって、うとうとしかけた時でした。
そこへゴゴゴッという不気味な超低音とともに、山荘を押し潰すかのような縦揺れの後、柱も折れよと猛烈な横揺れ。

ビックリしてはね起きましたが、同室の皆さんはいたって冷静。
階下へ降りてスタッフに聞いても情報は無し。NHKでも特にニュースは無し(早すぎたのだと思います)

まあそれは、これから始まる新穂高・小池新道の登りでは、まだ未来の話なので「なんでまたこんな時期に」と云わずに
広い心で見て頂ければ幸いです。


今回の長い物語の始まりは、9月19日 AM 6:00の新穂高登山指導センター前から


1

相変わらず、中崎山荘の湯気の勢いが凄い。






昨日の雨でも、蒲田川の流れは清いままでした


2








雲棚引く中崎山


3











4









左俣林道手前から見える幽玄な錫杖岳


5









お馴染みの左俣林道ゲートを通過です


6

これから「山に入る」厳粛なスイッチが体の中で入ります。








なんて佳き日なんだ!


7









大木場ノ辻からは、もうもうと上がる水蒸気


8









笠新道入り口でひと塊。
「行くの?行かない?」 恐れと迷い、そして冷やかし


9


「分かるなぁ・・」4年前の夏、私は真正面から挑みました。






雨にそぼ濡れたサラシナショウマ


10








AM 7:30 わさび平小屋通過


11









オオカメノキか


12









美しいブナ林を抜けて行きます


13









ブナ林を抜けると 抜けるような青空


14









路傍のゴマナに励まされます


15









目指す山の稜線が見えてきました


16



AM 8:05 懐かしい小池新道の入り口です 





これから真ん中の山の稜線を超えていきます


17



奥丸山橋は帰りに見たら通行止めになっていました。
帰りで詳しく書きますが、奥丸山林道がかなり崩壊しているのが見えました。





すぐに下抜戸沢の崩落部分です。
落石に注意しながら、早めに通過します


18









この辺りの七竈(ナナカマド)は、まだ緑弾ける色合いでした


19









いよいよ登りにかかります


20


4年前より石の堆積が多くなっていました。






朝日に輝くアキノキリンソウ


21









さてここからが小池新道の素晴らしさ


22









明らかに階段状に整備された登山道


23


この道の整備・維持は、もの凄い苦労だと思いますが感謝です。
年寄りにも優しい段差になっています。このために最後まで歩けます。





Vividなマユミ


24









稜線は少しづつ でも確実に近づいてきます


25








振り向けば西穂高、天を衝くジャンダルム。
もうロープウェイも営業し始めたことでしょう


26









右手にはゴツゴツした槍の山塊


27









AM 9:05 秩父沢です


28









ここで冷水を浴びて 一気にクールダウン


29









気分を一新して歩けます


30









少しづつ色合いが増す登山道


31









やや 後方から雲が湧いてきた


32









でも鏡平までは まだまだです


33



明日は鏡平で絶景を堪能。

それから苦しい抜戸乗越を越えて行きます。


 撮影日: 9月19日
 撮影場所:新穂高・左俣林道・小池新道


それでは皆様、ご機嫌よう。







コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 秋の北アルプス裏銀座縦走 ... | トップ | 秋の北アルプス裏銀座縦走 ... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無事に帰還 (ゲンゴロウ)
2021-09-24 07:32:36
おはようございます!
山旅は無事に帰宅できてこそ楽しいもの。
同じ19日に山に入ってたんですね。
私も申し分ない晴天にワクワクして登りましたが、まさか恐怖の一夜を過ごすことになるとは思いもしませんでした。
信さんも無事に帰還されたことが何よりです。
無事下山 ()
2021-09-24 08:41:59
ゲンゴロウさん>

お早うございます。
早速のコメント有難うございます。
あの現場を目の前で展開されたら・・
どんなにか恐怖でしょう。
翌日、何も知らずに双六から槍を望見し、そのまま三俣蓮華まで縦走しました。
知っていたら・・
スマホがまったく入らず、帰ってきたらうちのクマさんに大目玉でした。
確かに登山は、無事の帰宅までが自己責任ですから
今回のことも今後の山行の戒めとして、長く記憶に留めたいと思います。
コメント有難うございます。
Unknown (はりさん)
2021-09-24 16:17:48
こんにちは。
いよいよ山旅の始まりですね。
左俣林道ゲートに小池新道、どれも懐かしい風景です。
秋晴れと最高のロケーションにウキウキ感が伝わってきます。
ところで、今回は小屋泊まりだったんですね。
てっきりテン泊かと思っていました。
テント ()
2021-09-25 07:27:41
はりさん>

お早うございます。
お馴染みの絵ばかりになりました。
今回は双六山荘を1泊目にしましたが、コロナ禍でテン場も予約制になっており
19日は既に満席で予約が取れなかったのです。
でもキャンセルがあったのか、たまたま小屋泊まりの予約が取れたのです。
その後、小屋の方も満員になっていました。
20、21日はテント泊でした。
コメント有難うございます。

コメントを投稿