信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

高山不動へ

2020年05月29日 | 里山徘徊
お早うございます、信です。 このところジメジメとした毎日を送っていましたが、今朝は快晴で明けました。 もう我慢が出来ず、少しだけ遠出をしてみようと思っています。 まだ信州には行けないので、その手前のお山へ まだ花が咲いてくれていれば良いのですが・・ あちこちで第二波の兆候が表れているようです。 緊急事態宣言解除があったのが14日、その時の反動が顕著に出ているのでしょうか 「新しい生活様式 . . . 本文を読む
コメント (4)

関八州展望台へ

2020年05月28日 | 里山徘徊
お早うございます、信です。 少しづつ元の日常に戻りつつありますが、我が社のWith CORONAの基本方針が出ました。 基本的にはテレワークによる業務を主体として、出社人数を各部門で25%までとするよう部門長が調整すること。 社会インフラを支えるシステムも膨大ですから、現場の苦労は想像を絶しています。 医療の現場を支える病院システムのお守りも、若い技術屋たちの苦労が偲ばれます。 勿論、 . . . 本文を読む
コメント (2)

傘杉峠を往く

2020年05月27日 | 里山徘徊
お早うございます、信です。 昨日午後から雨になって、今朝までシトシトと続いています。 涼しい朝になりました。 5月24日の里山徘徊を続けますが、これを書いたものか迷いましたが 私の愚かな行動の反省と、今後の戒めのために書いておきます。     再び男滝・女滝から          1     手前は夫婦橋です。 実は傘杉峠への道は「通行止め」だったのですが 2 . . . 本文を読む
コメント (2)

黒山三滝

2020年05月26日 | 里山徘徊
お早うございます、信です。 季節は進み皐月 5月は小満の次候、第二十三候 紅花栄(べにはな さく)になりました。 昨日、ついに全国一斉に緊急事態宣言が解除されました。 一週間ぶりに出勤しましたが、大宮の街は人が多く、電車も6割方乗っていたように思われます。 怖いな、と感じたのはマスクをしていない人がかなりいたこと。 昨日は蒸し暑かったので、余計にだと思いますが、すれ違う時に若干恐怖を感 . . . 本文を読む
コメント (2)

宝登山神社

2020年02月01日 | 里山徘徊
お早うございます、信です。 早いもので今日から暦は2月 如月に入ります。 二十四節は大寒の末候、第七十二候 雞始乳(にわとり はじめて とやにつく)です。 立春を迎えれば、七十二候は振出しに戻ります。 1月25日の秩父長瀞 宝登山からです。 西ロウバイ園から東側の斜面に下りて来ました。 紅梅と秩父の街です 1 賑やかな声が聞こえました ヤマガラです 2 . . . 本文を読む
コメント (2)

宝登山の蠟梅

2020年01月31日 | 里山徘徊
お早うございます、信です。 早いもので年が明けて、もう1月の終わりです。明日からは2月 如月です。 はりさんも錫杖さんも南国へ行かれていましたので、私は北国へ行きたいと思っていますが この木菟なしが暖冬とは云え、冬の津軽海峡を越えられるかどうか・・ 尤も越えるのは飛行機で、私は乗っていれば良いのですが さて1月25日 愛機 D810の修理が終わって試し撮りの秩父長瀞 宝登山です 西ロ . . . 本文を読む
コメント (2)

新春の宝登山

2020年01月30日 | 里山徘徊
お早うございます、信です。 季節は進み1月 睦月は大寒の末候、第七十二候 雞始乳(にわとり はじめて とやにつく)になりました。 暖かい朝を迎えました。 今日は天気が良さそうなので、お休みを頂きました。 またお山へ行ってきます。 D810の修理が上がって、試し撮りの舞台に選んだのは再びの秩父です。 週末を迎えた1月25日の朝、熊谷から秩父線で長瀞駅へ 毎年この時期に訪れる参道で . . . 本文を読む
コメント (2)

長瀞不動寺 通り抜けの桜

2019年04月29日 | 里山徘徊
お早うございます、信です。 昨夕、信州から戻りました。 今回も山ではなく、花を追っかける花旅になりました。 現像作業を一生懸命やっていますが、いつものことですが被写体はあんなに素晴らしいのに 手元に残った画像の拙さに、がっかりしています。 がさつな性格で絞りや、ISO値をその場に合わせてセッティングすることが出来ておらず、また落胆の花旅になりました。 さてまた4月21日の長瀞不動寺に戻り . . . 本文を読む
コメント (4)

鳥居観音

2019年04月25日 | 里山徘徊
お早うございます、信です。 昨日は一日、恵みの雨でした。 季節は進み卯月 4月は穀雨の次候、第十七候 霜止出苗(しも やんで なえいずる)になりました。 この頃になると、霜も降りなくなり、苗代(なわしろ)では稲がすくすくと育ち、薄緑色のじゅうたんのように見えます。 農家では、まもなく始まる田植えの準備で忙しくも活気にあふれている、そんな様子をイメージさせる言葉です。(くらしの暦より) . . . 本文を読む
コメント (2)

金毘羅尾根

2019年04月24日 | 里山徘徊
お早うございます、信です。 季節は卯月の穀雨ですが、このところ雨がありません。 穀雨 こくう 地上の穀物に実りをもたらす雨が降り注ぐ、という意味です。 必ずしもこの時期に雨が多いということはありませんが、しっとりとした春の雨がやや長引けば、菜種梅雨などと呼ばれることもあります。 でも今朝は雨になりそうな、どんよりとした空です。 奥武蔵の里山歩きで4日も引っ張りました。もう一日お付き合い . . . 本文を読む
コメント (4)

蕨山の妖精たち

2019年04月23日 | 里山徘徊
お早うございます、信です。 錫杖さんは東北で桜を追っかけていますが 今年のGWは、例年の中房から燕岳にしようか それとも室堂滞在で立山徘徊か 悩み多き60代です いずれにしても4月に入っての雪が多く、足元が大変なようです。 花の山 奥武蔵は蕨山に戻ります。 ハッとする鮮やかさのミツバツツジ 1 疲れが癒されます 2 3 4 画像圧縮さ . . . 本文を読む
コメント (4)

尾根でお花見

2019年04月22日 | 里山徘徊
お早うございます、信です。 季節は卯月 4月は穀雨の初候、第十六候 葭始生(あし はじめて しょうず)です。 昨日は午後から曇りの予報でしたが、久しぶりに秩父を歩きネタ探しの20,800歩でした。 さて4月20日の奥武蔵の花山です。 蕨山の尾根に上がりました 正面は川苔山の手前、長尾ノ丸あたりか 1 こちらは沢山の人が向かった棒ノ嶺だと思います 2 金毘羅尾 . . . 本文を読む
コメント (4)

奥武蔵花の山 蕨山

2019年04月21日 | 里山徘徊
お早うございます、信です。 昨日は晴天が約束され、快晴の朝を迎えました。 久しぶりに奥武蔵の山を徘徊してきました。 我が家から奥武蔵の山へはアクセスが面倒で 1.大宮で埼京線に乗り換え 2.武蔵浦和で武蔵野線に乗り換え 3.新秋津で西武池袋線に乗り換え 4.終点の飯能でバスに乗り換え 1時間揺られて名郷BSへ 名郷バス停前のスナップ 1 昨日は良いお天気で山日和 名郷行きのバス . . . 本文を読む
コメント (4)

みかも山公園 東口へ

2019年04月01日 | 里山徘徊
お早うございます、信です。 暦は卯月四月になりました。快晴の朝を迎えています。 今日、新しい元号が発表されるようですが「平成」の小渕官房長官の時、私は車で川口のユーザーに向かう途中でした。 今回は菅官房長官が発表されるようですが、新しい時代の幕開け、これも楽しみです。 takayan師匠から「復活」宣言を頂きました。 間もなくApple最強 Retina 5K i9-5GHz モデルでユ . . . 本文を読む
コメント (2)

かたくりの園

2019年03月31日 | 里山徘徊
お早うございます、信です。 季節は進み弥生三月は立春の末候、第十二候 雷乃発声(かみなり すなわちこえを はっす)になりました。 今日で弥生三月も終わり、明日から卯月に入ります。 今朝は完全に寝坊です。久しぶりに8時間寝ました。 お陰で頭スッキリです。 昨日は宵の口から雨になりました。 大宮公園はほぼ染井吉野が満開でしたが、生憎の天気で残念だった人も多かったでしょう。 さて3月24日 . . . 本文を読む
コメント (4)