信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2022夏_みちのく一人旅 7.湯殿山へ

2022年08月07日 | みちのく名山
お早うございます、信です。 季節は進み8月葉月は立秋の初候、第三十七候 涼風至(すずかぜ いたる)になりました。 早いもので暦はもう秋です。 巷では夏祭りの盛りで、昨日は仙台の七夕祭りを歩いてきました。 帰りの新幹線で、渡良瀬川河川敷での古河の花火が見れました。 先日行った、山形でも花笠まつりが始まっています。三日三晩の花笠音頭踊りが繰り広げられます。 私も「祭りは参加してこそ」の口 . . . 本文を読む

2022夏_みちのく一人旅 5.生まれ変わって

2022年08月05日 | みちのく名山
お早うございます、信です。 今朝も涼しい朝です。手元の温度計では28.8℃、湿度58%。快適でぐっすり眠りました。 大暑の末候、大雨時行(たいう ときどきに ふる)のとおり、今年も大きな被害になりました。 先日、山形を旅したばかりで、あの滔々とした母なる最上川が荒れ狂って米坂線の鉄橋を流し 大江町で大規模な氾濫を起こしました。 我が石川でも梯川が氾濫し、しばらく白山には行けそうにありま . . . 本文を読む

2022夏_みちのく一人旅 4.月山神社

2022年08月04日 | みちのく名山
お早うございます、信です。 先ほどまでの雷鳴の轟音と、スコールのようなどしゃ降りの雨の音で目が覚めました。 昨日までの猛暑とは空気が完全に入れ替わって、涼しい朝を迎えました。 今は雨も上がって、ホッとしたように雀の声がしています。 また嵐の前の静けさなのかも知れません。 間もなく暦は立秋を迎えます。 今年は夏山の歓声が聞けないまま、立秋を迎えそうです。 さて山形・出羽の国 月山 . . . 本文を読む

2022夏_みちのく一人旅 3.姥ヶ岳から金姥出会い

2022年08月03日 | みちのく名山
お早うございます、信です。 暑中お見舞い申し上げます。連日の炎天下が続いています。 昨日もAM 8:30に炎天下に出てウォーキングを開始しましたが、猛烈な日差しですぐに萎えて近くのシャトル駅で中断。 そのまま大宮から新都心に出て、MOVIXさいたまで「ジェラシック・ワールド/新たなる支配者」を観てきました。 前知識なしで見に行ったのですが、これはジェラシックパーク・シリーズの最終作で、 . . . 本文を読む

2022夏_みちのく一人旅 2.月山ペアリフトから

2022年08月02日 | みちのく名山
お早うございます、信です。 季節は進み8月葉月は大暑の末候、第三十六候 大雨時行(たいう ときどき ふる)になりました。 南関東はそろそろ適度な大雨が欲しいところです。 それで北関東の水がめを調べてみたら、今年は今々の状況で水瓶保水率100%です。例年比で123%です。 昨夜もかなり降ったようなので、しばらく心配は不要のようです。 一度、一番奥の奥利根八木沢ダムに行ってみたいと思います . . . 本文を読む

2022大暑 みちのく一人旅

2022年07月30日 | みちのく名山
こんにちは、信です。 一昨日から旅に出て、出羽国の山を巡ってきました。 もう帰りの新幹線からこの記事を書いています。 昨年秋のリベンジでした。 鳥海山はまた持ち越しになりました。     詳細はまた別途、ご報告します。 それでは皆様、ご機嫌よう。 . . . 本文を読む

出羽の紅葉山旅紀行 ~8.鉾立展望台~ 

2021年10月20日 | みちのく名山
お早うございます、信です。 今朝は美しい朝焼けがあって、空には一片の雲もありません。素晴らしい秋晴れの一日を迎えそうです。 これが週末ならザックを背負って、秩父の里山に心が飛ぶ山日和な朝です。 出羽の国の紅葉狩り山旅を綴っていますが、ようやく鳥海山も今日で終わります。 ガスに巻かれ、登れなかったフラストを晴らすように、登山口の紅葉を追っていました。 間もなく鉾立の登山口です 1 . . . 本文を読む

出羽の紅葉山旅紀行 ~7.鳥海山の紅葉~ 

2021年10月19日 | みちのく名山
お早うございます、信です。 季節は進み10月神無月は寒露の末候、第五十一候 蟋蟀在戸(きりぎりす とに あり)になりました。 週末には霜降に入ります。 昨日はまさしく秋晴れの、雲一つない青空が広がりましたが、今朝はそれが嘘のように、どんより雲一面の暗い空になりました。 変りやすい秋の空を象徴しているようです。 出羽国紅葉狩り山旅紀行も7回目になりました。 鳥海山の山神にはフラれてし . . . 本文を読む

出羽の紅葉山旅紀行 ~6.鳥海湖から笙ヶ岳~ 

2021年10月18日 | みちのく名山
お早うございます、信です。 昨日、一日で季節がガラリと変わりました。 北海道の中山峠で積雪となり、北アルプスも多くの小屋で雪になりました。 上高地はガスで見えませんが、立山はもう真っ白で、冬のベールを被せたように美しい朝焼けになっています。 もう一度見てみたら、穂高が金色に輝いていました a 立山室堂も美しい快晴です b 山は長い冬山の季節にに入りました。これ . . . 本文を読む

出羽の紅葉山旅紀行 ~5.御浜から鍋森へ~ 

2021年10月17日 | みちのく名山
お早うございます、信です。 一昨日、ようやくNIKONから、愛機D810が修理完了で戻って来たので早速、秋の森林公園の様子を撮って来ました。 勿論、紅葉はまだまだですが、赤ソバ、ケイトウ、コリウス、ダリア等、季節の花をたくさん撮ってきたので 出羽の紅葉山旅の後、見て頂きたいと思います。 さて出羽国の紅葉狩り山旅紀行を綴っていますが、舞台は鳥海山の賽の河原から御浜小屋への愛宕坂です。 . . . 本文を読む

出羽の紅葉山旅紀行 ~4.鉾立展望台~ 

2021年10月16日 | みちのく名山
お早うございます、信です。 昨日、ヒマに任せてサブ機のWindows11へのUpgradeをやってみました。 前もってWindows11のUSB媒体は作ってあったのですが、すんなり1時間足らずで再インストールが出来てしまいました。 心配したTPM2.0、SecureBootも何事もなくクリアしていました。 特にSecureBootはインストール前の自己チェックでNGだったので、ダメかな . . . 本文を読む

出羽の紅葉山旅紀行 ~3.姥ヶ岳から牛首へ~ 

2021年10月14日 | みちのく名山
お早うございます、信です。 昨日は丸一日冷たい雨となり、今朝も分厚い雲が残る寒い朝になりました。でも今日はこれから晴れるようです。 北アルプスの小屋締めの便りも届き、新潟・瓢湖の白鳥など、冬の風物詩となる主人公も姿を見せているようです。 生臭い話では出来たばかりの記念すべき第百代 岸田内閣が総辞職をし、その任期を数日残して衆議院解散が今日、行われる予定です。 さて出羽国の紅葉狩り山旅 . . . 本文を読む

出羽の紅葉山旅紀行 ~2.姥ヶ岳~ 

2021年10月13日 | みちのく名山
お早うございます、信です。 季節は進み10月神無月は寒露の次候、第五十候 菊花開(きくのはな ひらく)になりました。 もう少しすると菊花展があちこちで始まる頃です。 去年はどこも中止ばかりでしたが、今年はどこかで見れるでしょうか。 やや手前味噌な話で恐縮ですが、メインで使用しているのはDELLのS2721Qなのですが、ブラウザはFireFoxを使っています。 隣にサブ機でIIyamaの . . . 本文を読む

出羽の紅葉山旅紀行 ~1.山形から月山湖へ~ 

2021年10月12日 | みちのく名山
お早うございます、信です。 昨日ニュースで知りましたが、首都圏では一昨日、JRの蕨変電所で火災があり、首都圏の在来線は丸一日マヒましたようです。 それが収まっての帰宅でしたから、私には何の影響もありませんでしたが、一日早く帰っていたら途中で帰宅遭難するところでした。 今朝は昨日とうって変わって、前線が日本列島の上に重なって、今にも雨が降りそうな雲の乗し掛かる朝になりました。 さて今日 . . . 本文を読む

みちのく紅葉フィナーレ ~葛根田渓谷~

2020年10月27日 | みちのく名山
お早うございます、信です。 季節は10月神無月 霜降の初候、第五十二候 霜始降(しも はじめてふる)です。 日一日と寒さは増しているような気がします。 どうぞ風邪を召さぬよう、お気をつけ下さい。 今日は少し長くなりますが、みちのく紅葉紀行のラストとして相応しい葛根田(かっこんだ)渓谷でフィナーレとしたいと思います。 この日の道程です map 一番奥の東北電力の地熱発 . . . 本文を読む