信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2018/05 名栗湖へ

2018年05月23日 | 奥秩父名峰
お早うございます。信です。 季節は皐月 小満の初候、第二十二候 蚕起食桑(かいこおきて くわをはむ)です。 巷の麦の穂が黄金色に輝く季節になってきました。 さて5月11日の棒ノ嶺山行トレーニングです。 里山に時間をかけ過ぎました。 1 そうは云っても、私には初めてのルート 見どころ、遊びどころ満載の沢歩きです 2 天狗ノ滝を過ぎて 3 4 新緑美しい沢筋 . . . 本文を読む
コメント (4)

2018/05 白孔雀ノ滝から天狗ノ滝ヘ

2018年05月22日 | 奥秩父名峰
お早うございます、信です。 鼻風邪なのか鼻水が止まりません。 夏風邪をひくのはナントカと云いますが、マスクを着用してまったく鬱陶しい今日この頃です。 まだ5月11日の棒ノ嶺山行を綴っています。 いよいよこの山行で一番の見せ場が訪れました。 1 段差が出て来ます 2 その先は見えません 3 これが白孔雀ノ滝のようです。 4 5 いきなりの . . . 本文を読む
コメント (4)

2018/05 白谷沢を下る

2018年05月21日 | 奥秩父名峰
お早うございます、信です。 季節は進み、皐月は立夏から小満に進みます。 今日からは小満の初候、第二十二候 蚕起食桑(かいこおきて くわをはむ)になりました。 昔の農家ならば田植えが終わって、ホッとするのも束の間、お蚕様のお世話が始まる季ですね。 昨日は袈裟丸山にシロヤシオを追う予定でしたが、前日の梟見学で体を冷やしたのか 風邪気味で体調不良で休日のお休みにしました。 5月11日の奥武蔵 . . . 本文を読む
コメント (6)

2018/05 棒ノ嶺の頂から ~私も休日は山にいます~

2018年05月20日 | 奥秩父名峰
お早うございます、信です。 この週末はサッと前線が南下して、春の爽やかさが戻りました。 昨日は栃木の野木神社にフクロウを見に行きました。 神社の森に棲み着いた、フクロウ一家を見ることが出来ました。 後ほど掲載します、お楽しみに。 さて5月11日の奥武蔵 棒ノ嶺です。 杉林を抜けていくと 1 一気に視界が広がります こちらは東南の新宿方面 2 正面は川越市街 3 . . . 本文を読む
コメント (8)

2018/05 棒ノ嶺を往く ~滝ノ平尾根~

2018年05月19日 | 奥秩父名峰
お早うございます、信です。 GWが明けて職場復帰し4日間出勤したら、またぞろ山の虫が鳴き始めました。 翌日はバッチリの好天、奥武蔵の山を歩くには絶好の空模様。 と云う訳でまたお休みを頂いて、飯能駅からバスで40分。 降り立ったのは川又名栗湖入口BS、既に10時を過ぎてます。 久しぶりの山へ入る感じを楽しみながら グングン上がっていきます 今日は枚数が多いので、ナンバリング . . . 本文を読む
コメント (4)

2018/05 武甲展望台

2018年05月18日 | 奥秩父名峰
お早うございます、信です。 季節は皐月 立夏の末候、第二十一候 竹笋生(たけのこ しょうず)です。 昨日は会社の連中と、久しぶりに一杯やりましたが、すぐに眠くなって弱くなったもんだと実感しました。 5月4日の秩父ミューズパークです。 一人置いて行かれそうなので、しゃくなげ園から皆の元へ戻ります。 1 園内の新緑が美しい一日でした。 2 野外ステージです。 隣には音楽堂も . . . 本文を読む
コメント (6)

2017/12 快晴の秩父丸山へ

2017年12月27日 | 奥秩父名峰
お早うございます、信です。 昨日も書きましたが、いよいよ冬至の次候 第六十五候 麋角解(さわしかの つのおつる)です。 今週末には冬至の末候となり、大晦日を迎えます。 麋とは、大型のシカの一種で、一般にヘラジカ、またはオオジカのことといわれます。 雄の特徴のひとつに、枝分かれした巨大な角があります。角は春に生え始め、冬のこの時期に脱落します。 ところでこのヘラジカ、北米ではムース、エルクなど . . . 本文を読む
コメント (6)

2017/11 快晴の宝登山を登る

2017年11月20日 | 奥秩父名峰
こんにちは、信です。 季節は霜月 立冬の末候、第五十七候 金盞香(きんせんか さく)です。 先程、伊勢路から神戸・阪神の旅から戻ってきました。 この旅は私にとっては、忘れられない金字塔の旅になりそうです。 現像・編集作業が終わり次第、この秩父路に続いて綴っていきたいと思います。 まずはこの場を借りて、お世話になった皆さんに御礼を申し上げたいと思います。 貴重な休日を私のために与えて下さった、 . . . 本文を読む
コメント (4)

2017/06 霧と天空のポピー

2017年06月03日 | 奥秩父名峰
お早うございます、信です。 今朝のスタートは東秩父、道の駅「和紙の里」から。 1 これは5月も終わり27日の土曜日。 どんよりとした天気でした。 2 でも園内の青モミジとノムラモミジは綺麗でした。 3 青モミジの先のお二人が気になりました。 4 これは昔、細川紙の紙漉きをしていた民家。 5 原料を叩いて紙の原型を造ったんでしょうね . . . 本文を読む
コメント (4)

2017/04 金比羅尾根を下る(アカヤシオロード)

2017年04月24日 | 奥秩父名峰
お早うございます、信です。 季節は卯月の穀雨、第十六候 葭始生(あし はじめて しょうず)です。 先週日曜日(4/16)の奥武蔵蕨山ハインキングを綴ってます。 この週末で色んなところに顔を出して、もう随分昔のような気もしますが 一応、忘備録を兼ねて完結しておきましょう。 AM11:36 食事が終わって歩き出しますが、有馬山への尾根を振り返って どうも眺望は期待出来そうにないので、そのまま . . . 本文を読む
コメント (4)

2017/04 奥武蔵 蕨山(その2)

2017年04月23日 | 奥秩父名峰
お早うございます、信です。 先週日曜日(4/16)の奥武蔵蕨山を綴っています。 前回貼り忘れたので載せておきます。 奥武蔵のゴルフ場の奥で埼玉の西の端、武甲山のちと南です。 1 今回のコースです。 本当は有馬山まで行きたかったのですが、やめました。 理由は後で書きます。 2 眼の前にアカヤシオが出てきました。 3 でも足元はこんなです。 深追いは出来ません。 4 . . . 本文を読む
コメント (2)

2017/04 奥武蔵 蕨山(その1)

2017年04月22日 | 奥秩父名峰
お早うございます、信です。 季節は卯月の穀雨、第十六候 葭始生(あし はじめて しょうず)です。 今日から先日の日曜(4/16)の奥武蔵は蕨山の山紀行です。 始まりは飯能駅からバスで1時間の名郷バス停から。 1 ちょうどAM 8:00発のバスに乗れたので、名郷はAM 9:02発。 バス停横の道から入っていきます。その名も「蕨入橋」 2 始めはしばらく車道を上がっていきます . . . 本文を読む
コメント (4)

2017/03 春の埼玉県民の森へ行く

2017年03月15日 | 奥秩父名峰
お早うございます、信です。 季節は弥生啓蟄の末候、菜虫化蝶(なむし ちょうとなる)になりました。 これから菜の花畑に蝶々が舞う季節になります。 ところが 関東はこの頃よくある寒のもどり。 今朝は雪が予報されていましたが、降ってはいないようです。 さて先週の土曜日、熊谷からレンタカーを駆って埼玉県民の森に行ってみました。 場所はココです。 お目当てはいろいろありますが 駐車場から丸 . . . 本文を読む
コメント (6)

2017/01 快晴の宝登山を登る ~満開の蠟梅~

2017年02月02日 | 奥秩父名峰
お早うございます、信です。 2月に入りました。今週末には立春を迎えます。 先週末の秩父長瀞、宝登山を綴っています。 西側の斜面から見えた浅間山。噴煙がまっすぐ上がっています。 こちらは両神山。 秩父らしい良い景色です。 三宝山、甲武信ヶ岳から 武甲山までの稜線。 四方を山に囲まれた秩父の街。 長瀞はその左手前、美の山を挟んだ秩父盆地 . . . 本文を読む
コメント (2)

2017/01 快晴の宝登山を登る

2017年02月01日 | 奥秩父名峰
お早うございます、信です。 季節は大寒の末候、 第七十二候 雞始乳(にわとり はじめて とやにつく)です。 暦もようやく一回りして、今週末はいよいよ立春です。 宝登山の頂上直下まで来ました。 ロープウェイ駅展望台からの眺めです。 独特のギザギザが迫る秩父百名山、両神山。 ちょっと腰が引けて、まだ未踏峰。 三宝山から甲武信ヶ岳、和名倉山まで お正月に登った雲取山 . . . 本文を読む
コメント (2)