信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

塔ノ岳を下る

2020年02月07日 | 丹沢山系
お早うございます、信です。 季節は2月 如月は立春の初候、第一候 東風解凍(はるかぜ こおりをとく)です。 昨日、東京では初氷が観測されたそうです。 横浜では停留中の客船から、新たに10名の陽性患者が発見されたとの報道がありました。 私の周りでは平和な一日が過ぎています。 1月30日の塔ノ岳です。下山します。 金冷シの分岐です 1 痩せ尾根が続きます 2 . . . 本文を読む
コメント (2)

塔ノ岳を登る ~5.摩天楼~

2020年02月06日 | 丹沢山系
お早うございます、信です。 昨日は北風が強く、寒い一日でした。久しぶりに冬将軍がちょっとだけ南下してきました。 いろいろ考えましたが、北海道遠征は見合わせることにしました。 横浜に停泊中のダイアモンド・プリンセスの状況を見て、これはアカンと・・ 考え過ぎかも知れませんが、万が一があった場合、家族にも、会社にも大きな迷惑を掛けることになります。 とりあえず大人しく 久しぶりの信州にでも出 . . . 本文を読む
コメント (2)

塔ノ岳を登る ~4.山頂より~

2020年02月05日 | 丹沢山系
お早うございます、信です。 昨日は日が差さず寒い一日でした。 どうやら私の中ではスイッチが入ったようです。鼻水・くしゃみが止まらなくなりました。 また憂鬱な日々がしばらく続きそうです。 1月30日の塔ノ岳登山も、ずるずると4回目になりました。 今日は山頂に上がります。 金冷しに続く尾根道です 1 一旦下ります 2 目の前に塔ノ岳本体 3 AM . . . 本文を読む
コメント (2)

塔ノ岳を登る ~3.山頂直下~

2020年02月04日 | 丹沢山系
お早うございます、信です。 暦は周回し、いよいよ立春を迎えました。 2月 如月は立春の初候、第一候 東風解凍(はるかぜ こおりをとく)になりました。 尤も今年はその氷が無い、暖冬の陽気です。 それでも今朝は北風が強い、冷たい朝を迎えました。 1月30日の塔ノ岳登山です。 AM12:10 ようやく花立山荘まで上がりました。 富士山は雲が湧いてしまいました 1 30分 . . . 本文を読む
コメント (2)

塔ノ岳を登る ~2.花立山荘~

2020年02月03日 | 丹沢山系
お早うございます、信です。 昨日は久しぶりに東京の街を歩いてきました。 虎ノ門から渋谷、世田谷と歩いてきましたが、電車の中で堰の声を聴くと、皆さんマスクの上から鋭い視線が飛びます。 いつも聞く大きな中国語の声は、小さな声で喋られているようでした。 関東屈指の人気のお山、この週末は相当混んだことでしょう。 平日の晴れの日に行けて、静かに登ることが出来ました。 1月30日の丹沢山系 塔ノ . . . 本文を読む
コメント (2)

塔ノ岳を登る ~1.大倉尾根~

2020年02月02日 | 丹沢山系
お早うございます、信です。 今日から1月30日にお休みを頂いて登った、4年半ぶりの丹沢山系 塔ノ岳です。 ヤマレコでも高尾山に次いで、人気№2のお山です。前に登ったのは2015年11月でした。 実は職場の同僚で山好きの人がいて「どこか登らないの?」と聞いたら、週末にこの塔ノ岳を登ると聞いて あの富士山の秀麗な景色を思い出して、急遽休みをもらって来てみました。 朝 6:00に家を出て . . . 本文を読む
コメント (2)

相州 松田山を往く

2018年11月09日 | 丹沢山系
お早うございます、信です。 季節は11月 霜月は立冬の初候、第五十五候 山茶始開(つばき はじめてひらく)です。 鬼無里奥裾花の紅葉シリーズを終わりにして、今日は先日(11月2日)歩いた南足柄の里山です。 大宮から埼京線で新宿へ。新宿から小田急快速急行で新松田駅まで移動です。 電車を降りて松田の街中で  いきなりパラグライダーが目に飛び込んできました。 1 良い天気で、本当に . . . 本文を読む
コメント (2)

2016/11 丹沢ユーシン渓谷を往く(その4)

2016年11月20日 | 丹沢山系
こんにちは、信です。 季節は立冬の末候、第五十七候 金盞香(きんせんか さく)です。 長々と綴ってきたユーシン渓谷も今回で終わります。 ここは下のガイドマップでいうと小沢、モチノキ沢あたり。 ただしこれは神奈川県のハイキングマップとは、真逆で書いてありますからご注意を。 ダイモンジソウのような綺麗な花が咲いてました。 「ダイモンジソウ」で合っているようです。今頃咲いているんですね。 . . . 本文を読む
コメント (4)

2016/11 丹沢ユーシン渓谷を往く(その3)

2016年11月19日 | 丹沢山系
こんにちは、信です。 先日の丹沢秘境、ユーシン渓谷ウォーキングを綴っています。 左手に橋が見えたところで、前に案内が出てきました。 この道を真直ぐ行くと塔ノ岳に出ます。 左に降りていくとユーシンロッジ、そのまま大石山経由で檜洞丸まで登れます。 何となく不思議な空間でした。 杉の林の中に、大きな石がゴロゴロしています。 トチノキでしょうか。 出てきました . . . 本文を読む
コメント

2016/11 丹沢ユーシン渓谷を往く(その2)

2016年11月18日 | 丹沢山系
こんにちは、信です。 季節は進んで立冬の末候、第五十七候 金盞香(きんせんか さく)になりました。 丹沢の秘境、ユーシン渓谷一人旅その2です。 ユーシンとはまたいったい何故そんな名前がついたのか? その名の由来については諸説あるが、大正時代森林管理小屋の番人であった小宮兵太郎が「谷深くして、水勢勇まし」と いう意味より湧津と名付けたという説がある。 5万分の1地形図(旧版)ではユウシンと記載さ . . . 本文を読む
コメント

2016/11 丹沢ユーシン渓谷を往く(その1)

2016年11月17日 | 丹沢山系
こんにちは、信です。 昨日はお休みをもらって、この時期、平日しか行けない西丹沢のユーシン渓谷を歩いてきました。 天気予報は晴れ。 家を出て始発に乗り込もうと、西の空にまだスーパームーンが見えて快晴の兆し。 新宿で小田急に乗換え、山旅の起点、新松田駅はこの混雑。 満員ギュウギュウ詰めのバスに乗り込みました。 ちなみに絵にあるレトロバスではありません。普通のバスでした。 結局乗り . . . 本文を読む
コメント (2)

2015/11 晩秋の丹沢 塔ノ岳を往く(往還)

2015年11月22日 | 丹沢山系
こんにちは、再び信です。 関東人気の山、丹沢の塔ヶ岳頂上から。 初めて登りましたが、ここからの富士山は絶景です。 ちょっと雲が出てきました。 丹沢主脈の山々。 丹沢山から中央は主峰 蛭ヶ岳です。 こちら中央は檜洞丸。 そして富士山。 その左は箱根山へと連なっています。 それにしても山頂、凄い人だかり。 皆さん思い思いにお弁当を広げてます。 . . . 本文を読む
コメント

2015/11 晩秋の丹沢 塔ノ岳を往く

2015年11月22日 | 丹沢山系
こんにちは、信です。 季節は立冬、第57候の金盞香(きんせんか さく)です。 72候もあと残り僅かになってきました。 この三連休、初日が天気が良さそうなので関東人気の山、丹沢山系の塔ノ岳に登ってみることに。 大倉から上がって、そのまま鍋割山で鍋焼きうどんを賞味する計画でしたが・・ 朝、5:30雲も無く星も見えています。 車両が前過ぎて、新南口から南口に戻りました。 小田急ロマンスカー . . . 本文を読む
コメント