ポチの女房

専業主婦のつぶやき

エビチリに挑戦

2017-11-30 20:58:44 | 食事
これは、火が十分に通っていない段階の写真。
このあと、しっかり炒めました。
というか、調味料を入れる前に、しっかり炒めておかないといけませんでした。反省。


これを使いました。
簡単でおいしかったです。
コメント

わろてんか 第52回

2017-11-30 20:47:26 | わろてんか
てんも、歌子も、文句ばかり言ってますが、本音は、寂しいのですよね。
それにしても、てんが、仕事でてんてこ舞いに見えないのが、気になります。
今週は、堪忍袋に向かって、藤吉の悪口言ってるシーンしか、印象に残っていません。
だいたい、当時、旦那さんに、かまってほしいとか、育児を手伝って欲しいとか、妻が言える立場ではないように思うのですが。
てんのように、強い女性もいたのでしょうか。

「ええ小屋が、手に入りそうや。」と言って、芸人たちのお給金をもっていってしまう藤吉。
なんてこと!
何も考えてないですよね、藤吉。
桃李君にアホボンは、似合いません。アホにはなりきれていないと言った方がいいかもしれません。

☆本日のええとこ
伊能から、「これを少し足しにしてくれ。」と言われ。
てんが、伊能に、「伊能さんに、お金のことで、甘えてしもうたら、これから、ええお付き合い、できんようになります。」
いいこと言います。

てんと藤吉が、夫婦げんか。
犬も食わないというものですね。

◇次回への期待度○○○○○○(6点)
コメント

わろてんか 第51回(11/29)

2017-11-30 20:39:53 | わろてんか
リリコは、風鳥亭に出るために大阪へ帰ってきたわけではなく、娘義太夫をやめてしまったそうです。
これから、どうするのでしょう?
藤吉が、隼也の子守を頼むことに。これが、てんの怒りをかうのは、当然です。

☆本日のええとこ
藤吉が、キースとあさりに、「二人で剣劇、やったらどうや。」と提案したところ。
これって、もしかして、漫才に発展するのではないでしょうか。

風太こと濱田岳さんが、金太郎の人形を買ってきたところは、auのCMにかけてのギャグですよね。

風太は、寺ぎんの元で働く様子。
風太の将来に関わってくるのでしょう。
寺ぎん、顔は怖いけど、悪い人ではなさそうです。

てんは、堪忍袋の緒が切れそうです。

◇次回への期待度○○○○○(5点)
コメント

徳島祖谷旅 雑感

2017-11-30 08:02:43 | 旅行
もう2週間以上前ですが、久しぶりの旅を振り返りたいと思います。
1日目の夜は、徳島市にてある会に参加。
実質、1泊2日の旅です。

12日(日)
朝7時半に宿を出発
インターチェンジで朝食
観光タクシーで、回りました。

そば打ち体験
まず、そばをひくところから。
初めてで、不器用な私は、明らかに、出遅れ。
でも、楽しかったです。
自分でうったそばの味は、格別でした。

奥祖谷二重かずら橋
昔は、なかったような。
二つのかずら橋がありました。

かかしの里
全然知らなかったのですが、地元では有名らしいです。
村人より多いかかしたち。癒やされます。

13日(月)
昔からあるかずら橋へ。
40年前にやってきましたが、怖かったことしか覚えていません。
今回は、渡る勇気がなく。

大歩危小歩危遊覧船に乗りました。
船からの景色が、素晴らしかったです。

足の衰えをしみじみ感じた旅でした。
数年前に左膝を痛めて、ウォーキングもやめています。
復活したいのですけど、また足が痛くなるのは嫌だし、悪循環。
日頃から、少しでも歩く習慣をつけないといけませんね。

フォトチャンネルに写真をのせています。
よかったら見てください。
コメント

きょうのお弁当 11/29(17)

2017-11-29 22:58:34 | お弁当
ごはん 炭火焼き豚ごぼう飯
おかず 鶏の唐揚げ かにかま ゆで卵 切り干し大根 ミニトマト みかん

炭火焼き豚ごぼう飯の素を使ってつくりました。
意外とおいしかったです。
コメント

大阪みやげ 月化粧

2017-11-29 22:55:28 | お土産&いただき物

素敵な包装です。名前もいいですね。

6個入り

名前のように、月のよう。

白あんです。

上品な味でした。
コメント

また迷惑メッセージ

2017-11-28 22:35:50 | 日記
AMAZONの名前で

有料動画の未納料金が発生しています。本日中にご連絡なき場合、法的手続きに移行します。アマゾン(株)受付センター
電話番号が記載。

前回と内容は同じ。
違うのは、電話番号が、06から始まっていたのが、03始まりに変わったことです。

不快でしょうがないです。
皆様、お気をつけてください。
コメント (2)

わろてんか 第50回

2017-11-28 22:23:57 | わろてんか
風太は、訳ありでやってきたようで。
推測するに、藤岡屋をやめてきたのではないかと、てんのために。

新しい寄席探しで、酔っ払って帰る藤吉。
はずみで、てんのつくったものを、バラバラに。
予想通り、兜を買うことを忘れる藤吉。
「新しい寄席、買う前に、ちゃんと兜こうてこい。」と風太。その通り。

☆本日のええとこ
風太が出て行き、藤吉は、「疲れたから寝るわ。」で、てんのつくったものは、手をつけられないまま。
初めて、ヒロインに感情移入できました。
せっかくつくったものを、食べてもらえないつらさ、私も経験したことがあり、てんの気持ちに寄り添うことができました。

風鳥亭にやってくるリリコ。

◇次回への期待度○○○○○○○(7点)
コメント

わろてんか 第49回(11/27)

2017-11-28 22:09:58 | わろてんか
新しい週の始まりです。
主題歌前が、長い長い、なんと3分少々。長過ぎでしょ。

働くお母さんは大変ですとナレが言ってますが、全然大変そうにみえないてん。
一日の流れみたいなのをやってくれたら、大変さがわかると思いますが。
1歳になるまで、隼也は、何のトラブルもなく育ったのでしょうか?

藤吉の方も、てんと隼也のためといいつつ、頑張っている姿が、描かれません。
初節句の兜を買ってくると約束した藤吉ですが、おそらく、忘れるのでしょう。
伊能にアイデアの提供を依頼する藤吉。どこまで、人だよりなんだか。
伊能のアイデアで、もう1軒、寄席を増やすことにします。

用事をしている間に、インクで汚れた机。
まず、子供のことを考えるのが、母親だと思いますけど。

☆本日のええとこ
風太が、隼也を抱えて、「なにしてんのや、目をはなしたら、あかんで。」
ナイスです。
風太の方が、藤吉より、ずっと父親らしいです。なさけない藤吉は、もうみたくないのですが。

◇次回への期待度○○○○○(5点)
このドラマのどこが面白いのか、誰か教えて欲しいと思うこの頃です。
コメント

水ぎょうざに挑戦

2017-11-28 22:07:26 | 食事
といっても、だしがついて、ぎょうざもできているのを使ってつくりました。
ぎょうざも、こんな感じもいいなあと思いました。
特に寒いとき。
コメント

ホッとしました

2017-11-26 23:00:21 | スポーツ
サンフレッチェ広島、対FC東京に、2-1で勝利、
J1残留が決まりました。
にわかファンではありますが、嬉しかったです。
今シーズンは、低迷が続き、残留するかどうかまで追い込まれました。
なにせ、サッカーは、チームをかわるのが、当たり前の世界。
サンフレッチェも、メンバーが大幅にかわりましたね。
辛いときこそ、応援したいとは思っていましたが、なにせ、カープばかりに、気持ちがいってました。
広島のプロスポーツとして、今後、サンフレッチェ広島の活躍を応援します。
コメント

ふるさと納税 ほたて貝柱

2017-11-26 20:08:35 | 日記
北海道網走市のお礼の品。
ほたて貝柱500g。


一つは、刺身で、ほかは、ほたて貝柱のフライにしました。
刺身でも、フライでも、おいしくいただきました。
コメント

三次みやげ 三次ワイン

2017-11-26 20:07:26 | お土産&いただき物
三次ワインの意味で、344。
辛口のおいしいワインです。
コメント

わろてんか 第48回(11/25)

2017-11-26 13:58:58 | わろてんか
風鳥亭、1年で軌道にのせたなんて、すごいです。
ただ、なぜ軌道にのったのか、イマイチわかりません。
1周年記念興行も、同じようなネタで。
お客さん、飽きないのかなあ?

再び鈴木対決。
啄子が、人がかわったように、てん上げ。
てんのおかげでとしきりといってます。

てんと藤吉が、結婚。
北村笑店、誕生。
啄子、アメリカへ。大人の事情ってことでしょうか。
大正3年(1914)隼也誕生。

◇次週への期待度○○○○○○(6点)
結婚後祝儀で6点をつけましたが、全然期待できないです。
コメント

わろてんか 第47回(11/24)

2017-11-26 13:49:34 | わろてんか
「夕べいっぱい笑うたさかい、大丈夫え。」とてん。
立ち直り早いです。

風鳥亭を会社にしようという藤吉。
「そろそろ結婚してくれまへんか。」と言う啄子。
木戸銭を半値にしたらという提案をするてん。斬新といえば、斬新ですけど。

人を雇わなと言っていたら、都合よく、トキがやってきます。
棚ぼたが多いのが、このドラマです。

☆本日のええとこ
トキの、「座布団を小さく作り直す」と、「客席で売るものを塩辛いものにする」という提案。
こういうのが、名案というような気がするのですけど。

風鳥亭の売り上げが目標に届き、寺ぎんとの取り分を、七分三分から六分四分に。

明治45年(1912)春。
久しぶりに出ました年代。
最近、時間の流れが全くわかりませんでしたから。
風鳥亭開業1周年。
藤岡家への借金500円も返済。

◇次回への期待度○○○○○(5点)
コメント