金融そして時々山

山好き金融マン(OB)のブログ
最近アマゾンKindleから「インフレ時代の人生設計術」という本を出版しました。

米中貿易摩擦を日米貿易摩擦に重ねてみると

2018年12月15日 | 投資

昨日(12月14日)の米国株式市場はまた大きく売り込まれた。ダウは497ポイント2%強下落した。ダウ・S&P・ナスダックとも直近の高値から10%以上下落し、コレクション領域に入った。昨日の株式市場では医薬・日用品メーカーのジョンソンアンドジョンソンが、ベビーパウダーに微量のアスベストスが含まれていることを知りながら隠蔽していたとロイターが報じたことで同社株が10%下落したことも重しになった(ちなみに同社はロイターの報道に対し事実ではないと反論している)。

だが全体的なセンチメントは米中貿易戦争が長引くことを懸念し、週末にポジションを整理しておこうという動きが売りをよんだのだろう。

さて市場参加者や経済界が頭を悩ませている米中貿易戦争について、30年前の日米貿易摩戦争を重ねながら米中貿易戦争の影響を予測する記事がWSJに掲載されていた。

タイトルはThe old U.S. trade war with Japan looms over today's dispute with China by Peter Landers.

著者は1980年中頃レーガン大統領時代の日米関係とトランプ政権下の現在の米中関係の共通性に着目しながら筆を進める。解説を加えながらポイントを紹介しよう。

  • 対日本巨額の貿易赤字に悩むアメリカは1985年9月の5カ国蔵相会議でドル高是正の合意を得た(プラザ合意)。
  • プラザ合意以前は1ドル240円だった米ドルは約1年で154円まで下落した。米国は日本に輸入拡大を促進するために金融緩和を迫り、日銀は政策金利を引き下げた。この結果米国の貿易赤字は幾分改善されたが、米国の圧力は続いた。米国の全貿易赤字に占める日本の割合は1991年がピークで実に65%に達していた。米国企業による日本企業に対する著作権侵害訴訟などが続いた。
  • 日本製のOSトロンも制裁対象となった。米国は日本製のOSトロンが世界標準になることを恐れ「日本メーカーがトロンを搭載したパソコンを作ると不公正貿易障壁に該当するので相応の制裁を取る」と脅しをかけてきた。
  • 金融緩和で日本では資産バブルが発生。バブルが崩壊した後日本はその後始末に難渋し、長い停滞期に入ってしまった。

筆者は木内元日銀政策委員会審議員の「米中貿易摩擦が中国を別の方向に向かわせるリスクを人々は見落としているかもしれない」という言葉を引用しながら、中国がバブル崩壊後の日本と同じ軌跡をたどる可能性があることを論じている。

  • 中国経済は80年台の日本のそれとは異なる。平均的な中国人は当時に日本に較べてはるかに貧困である。一方金融システムのリスク把握力が脆弱である点など構造的欠陥については幾つかの共通性がある。不動産価格が平均的な市民の予算をはるかに越えている点も同じだ。また少子化政策の結果労働層人口の減少が始まり、人口統計学上の時限爆弾を抱えているのも共通点だ。
  • 中国では国営企業の市場型への移行が停滞し、むしろ公共投資など短期的な景気浮揚政策が取られる可能性がある。プラザ合意の後日本が採用しそして失敗したように。
  • 中国経済が停滞し軍事予算が削減され、政治に不満を持つ中間層の政治的自由を求める声が高まるとすれば米国は安堵の胸をなでおろすことができるだろう。
  • しかし世界経済の1/6を占める中国経済が停滞し、政治的不安定が顕在化すると日独の産業機械の輸出が減り、その影響はやがて米国にも及んでくる。

つまりメイドインチャイナ2025政策を掲げ、ハイテク分野で自力調達を目指す中国の経済政策は、トロンを掲げた日本と同様この分野で世界的覇権を維持したい米国にとっては叩いておかねばならないものだが、叩きすぎるとその影響は自国に跳ね返ってくるだろうというのが筆者の結論である。

世界経済とサプライチェーンは日米貿易摩擦の頃とは比べものにならないほど複雑に相互依存しているので、米中貿易摩擦が与える影響もはるかに予想が難しいということができるだろう。

 

コメント

4kチューナーは急いで買う必要はない

2018年12月12日 | デジタル・インターネット

12月1日から始まった4kテレビ番組。「まだ見ていない」という人が圧倒的に多いと思う。

たまたま私の場合は今年の夏に10年以上使っていたテレビが壊れ、4K放送対応のテレビに買い換えていたので4k放送を観ることができた次第だ。もう少し正確にいうと近所のパナピット店で新しいテレビを買った時に「12月から4kテレビ放送が始まるからその前に4k放送用のチューナーをお届けします(当然有料)」と言われていて、それに従い4万円弱のチューナーが届き4k放送を観ることできたのだ。

確かに海の中を撮影した番組などを観ると4k放送は美しいと思う。

しかし問題は4k番組の少なさだ。例えば今日のBS-TBSの4k番組表を見ると日中はほとんど4K番組はなく、夜は6時30分から9時前までは4k番組。その後11時から30分間4kという状況だ。

一方テレビに4kチューナーを着けたことで予期しない不具合が発生することが起きるようになった。リモコンスイッチをオンにしてもテレビが立ち上がらないのである。

これについてはパナピット店を呼び対応してもらったが、その後も不具合が続いた。パナピット店の人は「実は我が家もチューナーの不具合で困っています。これ以上不具合が続くようでしたらチューナーを交換します」と言っていた。

パナソニックのチューナーには初期不良のようなものがあるのかもしれない。

ということで「これは観たい!」と思う4k番組は少ないのにチューナーの不具合でストレスを感じることがあるというのが私の4k時代の幕開けだ。

ということで新しいもの大好き!という人以外は急いで4kチューナーを買うほどのことはないというのが私の体験に基づくアドバイス。

これは余談になるけれど、私はメンテナンスフリーと思われる家電製品は大型量販店で買い、設置やメンテナンスが発生する家電製品については近所のパナピット店で購入することにしている。後者の代表格はエアコンである。

テレビについてはこれまでは前者と考え大型量販店で安いものを探して買っていたが、今回は虫の知らせ?でパナピット店で購入した。

そしてこのことは今回のチューナーの不具合で正しい判断だった、と感じた。もちろんメーカーに電話をかけ、電話にかじりついて復旧させることはできたかもしれないが、大変な手間だったことは間違いない。

テレビも手数のかかる家電に昇格?したようである。

 

コメント

竹橋・大手町夜景

2018年12月10日 | 写真

顧問先が竹橋に移転して一週間。最初は荷物の開封・パソコンや複合機のセットアップでゴタゴタしていました。また移転祝い?の飲み会もあったのですが、今週は少し落ち着きました。

今夜は寒いけれど天気が良かったのでカメラを持って竹橋から大手町の夜景撮影と洒落込みました。

竹橋からお堀を時計回りに大手町に向かって歩きました。竹橋・大手町界隈のビルの夜景は絵になりますね。

パレスホテルの前で一枚

大手町の仲通り

機材はオリンパスペンFと14-42mm F3.5-5.6ズームレンズを使用。三脚は使わず(通勤時間帯に車内持ち込みは不可能でしょうね)、「手持ち夜景モード」で撮影。このモードは一回のシャッターで8枚の写真を撮りカメラ内で自動合成しています。

詳しい仕組みはわかりませんが、そこそこきれいな夜景を撮ることができました。

コメント

12月の下落相場は例外的だが・・

2018年12月10日 | 投資

12月に入って米国株は下落が続いている。

歴史的にみると1950年以降で12月に株価が下落した割合は1/4。平均的にいうと4年の内3年は株価が上昇していることになる。

今年の相場は、実質的に最終局面に入っている(クリスマス休暇で20日ごろからは取引が細る)。

常識的にはこれからのリカバリーは困難だろう。

困難と判断する理由は「押し目買い」が入らず、相場が上昇した局面は「利食い」のチャンスと投資家が売りに出るからだ。

昨年まではbuy the dip押し目買いが相場もマントラだったが、現在では影を潜めている。

投資家が弱気になっている理由は米中貿易交渉が先行き不透明で世界的に景気後退感が強くなっていることだ。

加えてフランス・ドイツ・イギリスなど欧州各国の政治情勢の不安定さなど「株に手を出したくない」状況が続いていることがある。

だがそう悲観するほどことでもない。

歴史的に見て12月は一年で一番株価が上昇している月だが、4年に一度は株価が下落している。今年はその年なのだろう。

短期的に利益を確定するならsell rallies(弱気相場の中で上昇局面をとらえて売る)戦略もあるが、ゆっくり資産を形成するならのんびり構えて年を越すのも悪くないと思う。

コメント

フォーサーズの弱点をカバーするズイコー大口径F2.8レンズ

2018年12月09日 | ライフプランニングファイル

ボーナスシーズンとあって高級カメラの宣伝を目にすることが増えてきました。

今年の目玉はキャノンやニコンが力を入れているフルサイズの一眼カメラでしょう。これらのメーカーは従来「一眼レフ」に力を入れてきましたが、ここにきて小型で質の高い写真を撮ることができる「ミラーレス一眼」に戦略をシフトしてきたと思われます。

ミラーレス一眼ではオリンパスが先行しているのですが、オリンパスの一眼はセンサーが小さいフォーサーズ。

そこにキャノンやニコンは画質の良さを売り物にするフルサイズ一眼で攻め込んできた訳です。

画質が良いとはどういうことか?ということは写真の専門家でない私には詳しいことはわかりませんが、一つのメルクマールは「ボケ味」だと考えています。スマートフォンのカメラ機能が向上しているので、スマートフォンでかなり良い写真を撮ることができますが、スマートフォンの弱点は「ボケ味」がでないということです。

つまり高級カメラvsスマートフォンの戦いのポイントは「ボケ味」がでるかでないか?であり、フルサイズカメラvsフォーサーズの戦いのポイントは「ボケ味」がどれほど鮮やかにでるか?という点だと私は考えています。

ボケ味は被写界深度で決まり、被写界深度は絞り値の大きさで決まります。絞り値が小さいほど、カメラの絞り羽が開き、被写界深度が浅くなります。つまり絞り値が小さい、つまり明るいレンズほどボケ味のある写真を撮ることができます。

被写界深度はもう一つレンズの焦点距離でも決まり、この点では焦点距離が短いフォーサーズカメラはフルサイズに対し、ボケ味ではハンディキャップを負っています。

このハンディを克服するにはどこまで明るいレンズを使うことができるか?ということにかかってきます。

その一つの答えがオリンパスのズイコーF2.8 12-40mmズームレンズです。

下の写真は庭のミニシクラメンを絞り値2.8で撮影したものです。

下の写真は同じく絞り値22で撮影したものです。

明らかに上の写真の方がボケ味のある写真です。

私はフルサイズカメラを持っていませんのでフルサイズ機での写真を載せることはできませんが、更にボケ味のある写真を撮ることができると思います。

ただしフルサイズ機に明るいレンズを着けるとなると、かなり重たくなり手ブレの問題がでます(上の写真はすべて手持ちで撮影したもの)。これは三脚を据えれば解決する問題ですが、機動性は低下します。

山で高山植物の写真を撮るなどということを考えるとフォーサーズ機に軍配が上がる場合もあると思います。

また「フルサイズ機+それなりのレンズ」は、「フォーサーズ機+それなりのレンズ」に較べて相当高いものです。

私は長年のフォーサーズ愛好者ですが、全面的にフォーサーズ機に軍配をあげるつもりはありません。要は写真を撮る人の目的や撮影方法、予算などで何を選択するか?が決まってくる話だと思っています。

そういう観点に立つと、スマートフォンカメラもフォーサーズもフルサイズも共存可能なのです。

その中で少しでも質の高いレンズを使うことでカメラの力を最大に引き出すことが必要なのでしょう。

コメント