さきち・のひとり旅

旅行記、旅のフォト、つれづれなるままのらくがきなどを掲載します。 古今東西どこへでも、さきち・の気ままなぶらり旅。

昔の絵描き歌 まんまるちゃん

2018年12月15日 | らくがき



この絵、わかりますか?「まんまるちゃん」の
絵描き歌です。ひょんなことから思い出しました。
まるい顔の女性を見ていたときに口から出てきたのです。

♪まんまるちゃん まんまるちゃん
 まんま~~るちゃ~~ん

 まんまるちゃん まんまるちゃん
   まんま~~るちゃ~~ん

 土人の船にさらわれ~て~
 とうちゃん、かあちゃん、さよお~なら~

という歌詞に合わせて絵をかくのです。

「どじん」ってなあに?と聞かれました。
差別用語として抹殺されて久しく、いまの若者は
知らないのでしょう。「未開地域の原始的な生活を
している住民を侮蔑していった語」だそうです。

そういえばやたらに「差別だ!」とヒステリックに
喚いて言葉狩りに執念を燃やす人たち、すっかり
いなくなりましたよね?

私はむかし、ビジネスマンって言うな!マンは
男中心の差別用語だ。ビジネスパーソン、ポリス
パーソンと言え!と怒られて、それだと
ウルトラパーソンタロウとか、あれはなんだ?
スーパーパーソンだ!って
言わなきゃいけないん
ですか?
と返したら、みるみる般若の顔をされた
ことがあります。

話を戻しますが、その丸い顔の女性に「土人」の
説明をしたあと、土人をさらったんだから、逆じゃん。
奴隷船とかさ・・・と言われました。ごもっとも。
まあインディアンを1万人殺したら、白人だって
2~3人は殺されただろうし、土人を10万人さらったら
白人も2人ぐらいはさらわれたこともあるだろうよ。

さて「まんまるちゃん」のメロディー、元は何だった
のかわからなかったのですが、突然口に出たのが

♪森へ~ゆき~ましょおお、娘さん~~♪

でした。なんでだ?と歌い続けていると、合唱の
部分になり、

♪らんららら、らんららら、らんら~ら、ら~~ん♪

ここまできて気がついたぜ。こいつのメロディーだ!
これで「まんまるちゃん」を歌ってみてくれ!
どうやらポーランド民謡のようですな。

そこで気がついた。

やたらにえっちな歌詞ぢゃね~か~(*´Д`)…

だって娘さんを森に誘うんだよ?
森って、えっちするとこなんだよ?
愛の宿泊施設(英語に訳せ)で「休憩しよう」つーことなの!
 決して休憩はしないだろうけど!

そんなん、子供の合唱で歌わせるの?
歌わせてた(歌わせてる)よね?!

そういう意味じゃない。連想が下品だと言われました。

いやそうだ!そのハズだ!という人、私に清く正しい一票を。

コメント

ロシアに

2018年08月23日 | らくがき

ロシアに行ってまいります。

イルクーツクというモンゴルの北、ロシアの中央部に飛行機で
行き、そこからリストヴャンカというバイカル湖のほとりに
行きます。むかし秘境で、いまリゾート地?

イルクーツクに戻ってから、シベリア鉄道で2泊3日、
ハバロフスクという町へ。ここはヨーロッパに行くとき、
何度も飛行機で上空を通過しましたね^^ ついに降りる!
居酒屋でいつも名前だけ聞いているお嬢さんと、初めて
お話する
ような気分だよ。この街を通るアムール川の水は
冬に凍って釧路にまで流氷となっていくのです。この3月
見られなかったけど!


そしてふたたびシベリア鉄道でウラジオストクへ。以前に
小樽の港で、「ロシアのウラジオストクはすぐ近くじゃねえか」
と思ったのがきっかけだったか。



酒はウォッカか?いろいろ調べると、「夜道はひとりで歩くな」
とか書いてある。強盗が多く、警察官(偽物も多数らしい)も
危ないらしい。今まで凍えるアイスランドの冬でも、夜でも湿度が
高すぎて歩くのもしんどい真夏の上海でも、ジプシーや
ひったくりの多いイタリアやスペインでも、イギリスの田舎町の
暗い夜道を歩き通しても、俺は酒を飲み歩いてきたのだが。
ロシアはなんか怖いじゃねーかっ。田舎町で地元の常連しかいない
酒場ののれんをくぐると、一斉にみんな黙って俺に視線が
集まるなんてのは慣れっこなんだが、今回ほどアウェー感
マックスのなかで酒を飲むのは初めてだろう。そういえば
ロシア旅行記をネットでいくつか見てみたが、夜の街で飲み
歩いている日本人はあまりいないようだ。こりゃパイオニ~ア!

ロシア人は、普段笑わずに怖い顔をして話をするらしい。
でも中身は親切らしいぞ。ロシア語で何か怒られたら、きっと
親切なんだと思って「スパシーバ!」=「ありがとう」と
言えばいいんだな?



ロシア語のつづり、アルファベットじゃねーもんだから、
エジプトの古代遺跡に書いてある文字みたいだよ。もう
「ごめんなさい」「ありがとう」「あなたは美しいです」の
3つだけでいくよ。英語を話すと嫌がられるらしいから、
もう勢いだけで勝負するよ。一般的に笑顔を見せない文化
らしいから、「郷に入っては郷に従え」で、こちらも何を
言われようが
怒った顔で日本語を話せば仲良くなれるさ。


ハラショー!

コメント

夜空はロマンチックな気分になるねえ

2018年08月16日 | らくがき



アンヌ、ぼくは…ぼくはね、人間じゃないんだ。
M78星雲から来た、ウルトラセブンなんだ!

(ここでシューマンのピアノ協奏曲スタート)

西の空に明けの明星が耀く頃、ひとつの光が宇宙へ飛んで行く。
それが僕なんだよ。
さよなら、アンヌ!

M78星雲って、イスカンダルより遠いの?

それは話が違うんだよ、アンヌ。

実家に戻ったら、ご兄弟がたくさんいるんですってね。

ウルトラ7人兄弟と呼ばれているよ。

お父さん、だいぶお盛んなのね♪ところで下の弟さん「帰ってきたウルトラマン」って、すぐ上のお兄さんとは別人なんでしょ?「帰ってきた」って、まぎらわしいわね。

だから弟は「ジャック」と呼ばれてもいるよ。

あら、外人さんみたいだわね。

いやだから外国どころか、よその星から来たんですってば。

だって一番下の「タロウ」さんって、日本人じゃないの?

・・・

コメント

モテるのかモテないのか 風俗大王永井荷風 3

2018年08月14日 | らくがき

 『断腸亭日乗』には、荷風の愛人一覧表がある。一夜限りの風俗で遊んだのは別にして、芸者など金で買った愛人のリストである。その数や16人。彼は金で女と遊んで、その女とつきあう、もしくは身請けや同棲に至るというコース専門なのだ。口八丁手八丁で素人女を騙したり口説くことはせず、商売女と経済的合意の上で関係に至るわけであるから、人道的と言えようか。しかし私の女友達で、「東南アジアで買春をするようなヤツは最低だ!でも口説いて落としたなら、でかした!だよ」と言った人がいる。それも一理あるような気がするがなぁ・・・。
 
                                        

 上述したが、荷風は八重次という芸者と一度は正式に結婚している。おそらくは若気の至りなのであろう。親に勧められた見合い結婚がすぐに破綻し、その前からつきあっていた芸者ならばよかろうと思ったのだろうが、これまたすぐに破綻。ふられたのである。その芸者の別れの言葉がキツイ。

 あなた様にはまるで私を二束三文にふみくだし、どこのかぼちゃ娘か
 大根女郎でも拾ってきたように、御飯さえたべさせておけばよいとは、
 勝手だ。見下されて長居はかえってお邪魔。

 荷風がつきあう女性を次々に変えていったとも言えるのであろうが、彼の金や名声にひかれて関係を持った女たちからも、その自分勝手な態度にあいそをつかされていたこともしばしばあったのではないか、と想像できるのである。
 次々に異性が近づいてくるが、つきあいが続かないという、何か問題がありそうな人はいますよね。そういう人がもてるのかもてないのか、それは微妙な問題であります。

コメント

モテるのかモテないのか 風俗大王永井荷風 2

2018年08月10日 | らくがき

 さて筋金が入っているんだか、軟弱なんだか微妙な荷風さん、スケベのほうではかなり有名である。体に愛人の名前「こう命」なんてタトゥーを入れたりするくせに、気の変るのは滅法早い。

 卯年に当たるものは浮気にて飽き易き性なりといへり。さるが故にや半年と
 長つヾきした女はなし。大抵は三月目位にて、庭の花にはあらねど時候の
 変目が色のかはり目と
はなるなりけり。
 (生まれた年のせいにするってのがセコイね)

 
というわけで、惚れやすく飽きやすい荷風は、季節の変わり目と同じように、次々と女を変えていったわけである。「彼女いない歴」どころではない、次から次へと間をおかずに、いや重なったりしながら女遍歴は続くのであった。
 当時めずらしかった洋行帰りのお金持ちで、人気作家ともなればモテるのも当然か。

しかしぢゃ(゚益゚)



 やつは風俗大王である。近寄る女は、すべてその道の女なのである。有名な日記には、風俗レポートが詳細に描かれている。(ここから上品な方は読むのを考えてください。もちろん18禁)

 
京橋河岸通のとある露地にバラツクのカッフヱーあり。女給外に
 出て通行の人をとらへ寄り
添ひて私語する様甚いぶかしければ、
 入りて見るに(客引きがいぶかしくて、入るかよw)
女四五人
 あり。参円にて淫を売るといふ。五円出せば二階の一室に案内
 して女二三人裸体に
なり客の望むがまゝにいかなることもする
 云ふ。(二三人望むがまま・・・(=゚益゚):;*.:;ハナヂ
 
祝儀四五円与る時は女給テーブルの下にもくり込み、男の物を
 口に入れて気をやらせる由・・・
 (゚益゚)

 こういうところの専門家は、いくら女性関係が多くても「もてる」とは言わない気もする・・・。しかし次のくだりにはブッ飛んだ。「僕は若い時から一種の潔癖があつて、人の前で酔払はない事。処女を犯さない事。素人の女に関係しない事。此の三箇条を規則にしてゐる。」素人の女には関係しないというのが「潔癖」というのもたいしたタマゲタ。たしかにそういう意味でうぶな女を泣かせることはなかったのかも。

コメント