さきち・のひとり旅

旅行記、旅のフォト、つれづれなるままのらくがきなどを掲載します。 古今東西どこへでも、さきち・の気ままなぶらり旅。

板橋の夜を彷徨う

2018年12月12日 | 



この夜は板橋を放浪。この町には、俺好みのおやじ酒場がいくつもあるのだ。
「ニュー加賀屋」の「ニュー」って、古さを感じさせるネーミングだよね?
そういえば「おニュー」って言葉、あったなあ~。え、わからない?



場末の飲み屋は大好きだが、ホルモンはあまり趣味ではないのだ。肉より魚?いやもう
サトイモだとか、キュウリでいいんですぅ~。



本日の店はこちら。雰囲気のある外観で、中はさてどうやら。



こんなふうにカットした画像だと、まるでゴ〇屋敷みたいだね^^;
コの字カウンターだが、そのコの中を店員が移動できるはずなのに、こちらのほうには
来られない状況になってだいぶ経ったことでしょう。

女将さんがひとりと、常連さんが左側にひとり座っていました。アットホームな会話が
続いていたら、太った老人が入ってきて、空いているのに俺の横にぴったりと座った(!?)。

少ししたら、女将さんが「ごめんなさいね~。この人、いつも角の丸椅子に座るんですよ」と
説明。そおか、定位置が決まっているわけだ。というわけで、ひとつ左に移動。

そのヲズィ~サン、「(郊外の)温泉施設に行ってきたよ。そして品評会だ!」
「???」
女将さんが「何の品評会だったの?」と聞くと、「みんな裸で並んで座っているだろう?」
下を指さして「これの品評会だよ!」

俺に向かって「ごめんなさいね~。この人、いつも下ネタばっかりなのよー」ときたもんだ。
こういうのを「場末」というんでしょうね。(^益^;



明星ではひたすら飲んで話すばかりだったので、少し腹が減ったので「北海」に。
この名前なら、魚が充実しているだろう。ナイスなおばちゃんがきりもりしており、
タコが美味しかったです^^

コメント

キャバレー花園に入ってみたゾ

2018年12月11日 | 関西シリーズ



若干どきどき。キャバレーですよ。「花園」ですよ。

「おひとり様ですか?」と聞かれ、中に通される。それなりに暗い。驚いたことに、
広い内部はテーブルがぎっしりで、ほぼ満員!もちろんどのテーブルにも嬢たちがいる
ので、スタッフだけでも何十人だ。ちょうどハロウィンのイベントをやっていて、
みんなコスプレだ。半分くらいはメイド服?

テーブルは4人席だが、椅子が小さい。そのひとるに座ると、すぐにキャバレー嬢が
やってきた。狭いので向こうに座るかと思いきや、きつきつに横に座る。そおか、ここは
キャバレー。密着するのねー。俺についた〇×ちゃんは、魔女のコスプレで黒いマント。
「マントの下、背中触ってみて♪」と言うので背中に手を回すと、両肩から背中がぱっくり
V字になっていて、ヒモでつながっている。下のどこまで?と手が下がると、御師利の
とこまで切れていました。「ワオ!」「暑いからマント脱げば?って言われたけど、
これじゃ脱げないのよ♪」と笑っていました。

飲み物はいくつか選べて、坂田銀時のコスプレスタッフがビールを持ってきたが、既に
ビールは飲んできたのでメニューを見ると、ジョニ赤があるのでそれを頼む。飲み放題
だそうだ。

周りを見るとおっさんばかり(当たり前)。労働者風も多く、庶民的な店なことがわかる。
ここは銀座のクラブではないのだ。〇×ちゃんと楽しい会話がはずむ。わりとすぐに
「延長なさいますか?」と聞かれる。当然そうなるでしょう。最初のちょっとだけなら
だいぶ安いのか?

「ダンス・タイム」が始まった。ズンチャカ音楽がアップテンポになり、みんな立ち上がる。
ちと照れるが、みんなテキトーにダンスどころではない。ま、向かい合わせに仲良くやる
わけだ。まわりを見ると、ただ抱きついているだけのやつも多い。「密着サービス」?

ものの3~5分くらいでダンスは終わり、〇×ちゃんは他の席に呼ばれていった。すると
次は巨大なメイドがやってきた。やせた二人でも狭い椅子だぞ。。。あちらおそらくは
支離が半分くらい外に飛び出していたことだろう。その人はものの2~3分で呼ばれて
去っていった。例の「▽◇さ~ん、何番テーブルご指名で~す!」ってやつだ。

次に来たのも雪だるまだった(ちなみにほぼ半数はそれ系である)。これがとても明るい子
で、キャッキャ楽しく話す。そうこうするうちに、またダンス・タイムだ。コスプレという
よりは着ぐるみとダンス^^;両手を組み合わせて振り回すだけの、これって何だ?
あるとき料理が出てきた。「イベントのときだけのサービスなのよ。取ってくる!」と
雪だるまちゃんは居酒屋のスピードメニューのようなものをいくつか持ってきた。他の
嬢たちも殺到して取っている。みんなお腹空いているのね。。。

まもなく雪だるまちゃんも去り(落ち着かねーよ)、なかなかの美人でスタイルのいい
女性がやってきた。中国人だそうである。少しは話を振ってみたが、愛想が全くない(笑)。
喧噪の中で気まずい沈黙となるが、またもや3回目、救いのダンス・タイムとなった。
「もういいけど^^;」と立つのを断ると、彼女は椅子の上に立ち上がって手足をフリフリ。
そおか、さっきもそうやって踊っている女性がいたが、二人で座っていると逆に目立つので、
客が立たないと嬢だけが立つ決まりになっているんだ。

やっとのことで、愛想のない中国人は去ってゆき、最初の魔女の〇×ちゃんが戻ってきた。
「ああ、よかった♪」というと、「さっきの人、すごい美人でしょ」と言うのだが、いくら
美人でもこんな店で愛想がなくちゃあなあ~。どうやら最初についた女性が、最後には
ご挨拶で?必ず戻ってくるらしい。

まもなく味噌汁が出てきた。「実のない味噌汁は・・・」と何やら説明をしてくれたが、
ウィスキーを飲み続けなので最後はすっかり酔っ払い、意味は忘れた。これでおしまいという
ことなのである。酔っ払って長居して、思わず料金が高くなってしまうトラブルを避ける
ため、1時間くらいでみんなおしまいなのである。4200円でした。きっちり明朗会計。



いやあ、いい体験になりましたー。

コメント

キャバレー花園へ行こうか

2018年12月09日 | 関西シリーズ



大甚本店で飲んだあと、ホテルを通過して次に向かうのは、キャバレーだっ!



「キャバレー」。それはすでに死語ではないか?しかしこの名古屋にはあるのだ。
10年ほど前に名古屋を訪れたときに通過し、そのネーミング「花園」に憧れ、これは
いつか来るぞ、来ないでかっ、来なければならぬ!と固い決意をしたのである。

キャバレーといえば、以前に疑似体験をしたことはある。それは下町に住んでいたとき
のことである。終電でJR最寄り駅の鶯谷で降りたとき、〆のラーメン屋に入った。
空いているので4人掛けテーブル席につくと、あとからサラリーマンのおっさんふたりが
入ってきて、「すまんが移動してくれ」と言われて隣の席へ。まもなくグループ客が
入ってきたので、しかたなくさっきの4人掛けに相席で戻る羽目に。

おっさんふたりは「すまないねー。ちょっとこのにいさんに餃子1人前!」と気を遣って
くれたのでした。ひとりはでっぷりで「社長」と呼ばれており(ほんとか?)、もう
ひとりは痩せた太鼓持ち。ビールを次々に注文し、俺にも「飲め飲め」と
注ぎ続ける。

しばらくすると、隣のキャパレーのお姉さんたちが閉店になったのか、派手な衣装のまま
入ってきて「見~つけたっ!」と勝手に椅子を持ってきて乱入してきた。昔のアイドル
歌手が着るようなミニのドレスなのだが、中身は華正樓の肉まんと雪見大福だ。

「あたしジャージャー麺!」「あたしは五目ラーメン!」と頼んでいるが、もちろん
御馳走になる気なのだろう。社長はかなり酔っ払っているので、全員にどんどんビールを
追加注文し、大笑いしながら面白くもくだらない話が止まらない。太鼓持ちは「社長は
ほんとに大物だ!」と機嫌を取り続けている。

そのうちにキャバレー嬢のふたりが俺の存在にいまさら気づいたのか、「この人は・・・?」
と社長に質問。「ああ、俺の息子で、迎えに来たんだよ!」とテキトーなことを言う。
「えええ、うっそー!!!」と驚くので、「いつも父がお世話になっております」と
調子を合わせておじぎをする。これには驚いて、「へー!こんないい息子いたのー!」と
感心しきり。

開けたビール瓶はかるく10本を超え、「もっと食え!」と社長はつまみの料理を次々に
注文し続ける。大騒ぎの宴会となったとき、店員がやってきて俺の耳元に「どんどん
食っちゃえ」と囁く。悪い奴よのう。。。

キャバレー嬢たちは話がうまく、盛り上がるのなんのって。しまいにゃ社長は泥酔状態に
なってきて、「おまえらのおっぱいなんぞはたれまくっててデレ~んデレ~ん!」と手を
振り回す。嬢たちはそれでも不愉快な顔をひとつもせず、明るく対応(というか世話)を
し続けており、これが接客のプロってものなのかー、と感心したのでした。

いつしか俺が息子なんてのは冗談だとわかり、お先に失礼する段になると、「自分が注文
したラーメン代は払わないと」といっても社長は「いいんだ!」の一点張りで、嬢たちも
「気にしないでいいのよ」と言ってくれて、思わず無料でキャバレー体験を出来たという
話なのでした。(^益^;

おうおう、思い出話が長くなってしまいました。キャバレー花園突入記はまた次回に。



さて行くどー!

コメント

名古屋で飲むなら大甚本店だ

2018年12月08日 | 関西シリーズ



伊良湖岬からまたバスに乗って三河田原駅に戻る。見渡す限りの畑なり。



渥美線に乗ると、また一番前に座れてしまった^^ 運転手と車両の前後に行ったり
来たりの車掌さんの視線にも負けずに写真を撮る。毎日乗っている人からすれば「何が
面白いのだろう」と思うでしょうが~。俺だって渋谷や浅草で写真を撮っている人を
見ればそう思うんだよ。許してくれたまへ。



こんな大きな木の横を通過すれば、「おおっ!」と思うでしょ(^益^)b



線路に草がはえているのもいい。よね?



お~、電車がすれ違わないから、ホームが片側だけ。こっちから行くと左側が開いて、
あっちから来ると反対側のドアが開く~♪



豊橋からは値段の異様に高い新幹線は論外ですが、高いJRよりも安い近鉄線に乗って
名古屋に到着ですー。



あ~何度も通過したところだなー。毎回宿泊するところが違うしなー。



ホテルから歩いてすぐの大甚本店へ。つか、ここに近いホテルにしたのだ。酒を飲んで
地下鉄に乗りたくないし。あと2軒目にも近いんだよ^^

伊良湖岬なんて行っていたもんだから出遅れて、店に着いたのはもう5時過ぎ。まだまだ
明るいのだが、この店は4時から開いているもんだからもうぎっしり満員!みなさん
なかなかに酔ってらっしゃって店内は喧噪状態。もちろんどこも相席なのだが、大きな
テーブルのなかでひとつだけ席が空いており、そこの狭い隙間に入り込むことができました。
こういうときにひとりは便利だ。目の前のサラリーマンの席には、すでにビール瓶が何本も
並んでいる。



店の真ん中には小皿料理の並んだテーブルがあり、みなさん選んで取ってゆく。カウンター
にもずらりと並んでいて、いくつも取る場合にはお盆を貸してくれるのです。

上はうなぎの山椒焼き。下はサトイモですなあ^^



この焼き牡蠣はちょっと特別料理で、お店の人に頼んで持ってきてもらいました。
食べて空になった皿を返そうとしたら、また目の前に戻された。お会計のときに、空いた
皿やら空瓶、お銚子の数で計算するのです。なので数名で飲み食いをした日には、
テーブルの上がすごいことになる。



名古屋は八丁味噌だがね。どて煮を食べると、ようやくここに来た気分。



このお銚子と盃、買えるものなら買って帰りたいのだが。。。

コメント

渥美半島先端 伊良湖岬

2018年12月07日 | 関西シリーズ



バスで伊良湖岬の港、道の駅に到着。ここからは歩いて岬の先端に向かいます。



灯台へ向かう遊歩道には、粕谷磯丸という人の像がある。こちらはここの出身で、江戸時代の
漁夫歌人だそうです。貧しい漁師の家に育ち、30を過ぎるまで読み書きができなかったとか。
父を亡くし、母も病気だったので、その全快を祈って伊良湖神社に日参していたが、そこで
参詣する人たちの和歌に魅せられて歌の道に進んだそうです。磯丸は旅が好きで、85歳の
人生を終えるまであちこち旅行したそうです。貧乏だったのにすごい!



波が高い場所なので、サーフィンをやる人たちが集まるところらしい。



写真を撮ってアップにしてみると、けっこう年配の人たちが多い。そういうものなのかー。



波の音と風の音がすごいぞ。



ダイナミックな景色。



おお、ついに灯台までやってきた。もう毎度ですが、尖がってないよー。地図で見ると
刃物の切っ先か鳥のくちばしみたいな場所なんだけどね^^;



対岸は三重県の鳥羽か?



灯台を超えてぐるりと半島の先を回るコースもあったけれど、ここからは山を越えて
戻ることにしました。



海が青いなー。



思ったより早く戻ってきました。そして道の駅でソフトクリームを食べたのでした。

コメント