Sabotenboy's *sigh*
今年こそ本業を変えたいなぁ...^^;




訳あって某ドスパラのゲームPCのほぼ最下位機種 Galleria DHを導入することになり、スペックが中途半端だったので改造予定で掲題のパーツを購入 SSDは、Crucial P1 1TB 3D NAND NVMe PCIe M.2 SSD (CT1000P1SSD8JP)価格は税別JPY 11.8Kと一頃より若干お高め(と言ってもJPY 1K+程度)某ショップのポイントやらもあって実質JPY . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先月はすっかりツイッターのみでBlogはさぼってしまいました...ねたは色々あったのですが...そんな中なら年末ぎりぎりにやったふるさと納税の件 今年(2020年)控除を受けるには2019年中に各自治体へ寄付を行い、またワンストップ制度(確定申告していないサラリーマンがわざわざ確定申告しないで済む手続き)の対象となるには2020/1/10必着で申込用紙と必要な証明(コピー)を各自治体へ送らねばな . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




数十円差なのでS●●zoneで買わずにほかの買い物とまとめて秋月で入手したLongan Nano、既にSipeedのデバイスは幾つもあるのに懲りずに入手流石にLチカだけはしておかないとと思ったら嵌ってしまったのでご参考まで (1) 参考にしたページ - Longan nanoでBad Apple!!をさくっと再生する  コンパイル済みのバイナリをDFUモードから専用ツールで書き込む手順が説明され . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




もともとはCP/M上のBASCOMでコンパイルして実行するコードだったが、エミュでCP/MするよりもFREEBASIC(コンパイラ)に移植すればクロスプラットフォーム(!)で動かせそう 大昔に初めてレイトレーシングした時のコード、PC88で何日もかけてレンダリングした映画のTRON(初代)が出た後で、CGといえばTRONバイクがよくプリミティブ合成の例題に使われていた時代当初CRTがデジタルRG . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




COSMAC MBC基板 Rev 0.1の組み立てを進めますRAM/ROM/クリスタルはAliへ発注したので月末頃でないと完成はしなさそうです^^; その代りではないですが、秋月に発注していた部材が台風前ギリで届きました(BOMはこのページの一番下に) 組み立てを始めますが、秋月で売ってなかった22KΩの抵抗アレイを作ります(前もダイオードアレイを作りました) 治具が(^^;)必 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




かんぱぱさんから頂いた基板が着きましたm(__)m早速手持ちのパーツを漁ったところソケットが1個足りなかったり色々...週末は台風19号も来てるので秋月に発注しました クリスタル、EEPROM、RAMがAliexpressで最速10/20頃からの受け取りなので、最終的に完成するのは月末〜でしょうか...その間はEMMA 02で色々試しておこうかとこのボードの元になったCDP18S020EvalK . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今build完了して起動できたので忘れないうちに個人的備忘録、gccは8.3.0 (Busterのデフォ)Warningとかはいっぱい出ますが、criticalなものでbuildが止まらない限り大丈夫みたい(そもそもバイナリが用意されているWinやらMacOSやらx86Linuxならこんなことはしなくていいのですが、Ray tracingでRaspi4を使っているのでついでに) 1. ここを読む . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Ch8は金属光沢的な話 material クラスを定義(反射時の拡散光線の生成と光線の減衰を規定)hit_record 構造体にmaterial オブジェクトへのポインタを追加sphere クラスの中にmaterial オブジェクトへのポインタを追加sphere クラスのhit() 関数中、あたったらhit_record にmaterial も記録material クラスのscatte . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Twitterでもつぶやきましたが勤務先のe-lernnig利用促進コンペがあり、2位になったら賞品が「VR goggle」とのこと...ダンボールじゃないよね^^;Oculus Questなら最高、Goでもラッキー...で商品の到着待ちの今日この頃 あとフランス人の学生さんたちが作ってるRelativもレンズが見当たらず組み立て進まず、eBayで買ったやつどこへいった? 一方、Ray tra . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Ch7はマットなマテリル(拡散反射、理想的ランバート反射) カメラから見て球と光線との交点(一番手前のやつ)を2次関数の解の公式から求め、今度は拡散反射するのを交点に接する半径1の球体の中の点をランダムに選び(random_double() 関数 = 中身は rand())、交点からそのランダムな点へ光線を飛ばし(再帰)、何かにあたる度に50%の明るさが吸収されてしまう様コーディング取り敢えず1 . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




ch6 はAnti-aliasing、ざっくりは一杯光線飛ばして平均化するようなイメージ、スムージング、計算量爆増^^; まずはdouble の乱数、rand() を使った簡単なのと、#include<random> してごちゃっとしたのと2つ例示されている一応rand() の方(random_double())で進めるがもう一方も別名関数(radom_double_alt())にし . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




続き〜、ch3はray, camera, and backgroud- 座標(0, 0, 0)を原点にスクリーンは(-2, -1, -1)が左上、(2, -1, -1)が右下の領域- rayは直線だから時間(t)の一次関数で、p(t) = A + t * B 但しA, Bは定数、rayクラスを追加- スクリーン左下(lower_left_corner)を起点にオフセット(horizontal, v . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久し振りに秋葉へ行く機会があったのでバオーSanDisk Ultraの128GBを買ってみました(税込1550円也)32GBあたり余裕で500円割れ...32GB以上はあまり使ったことが無かったのですがRaspberry Pi4用にお試し 帰宅後まずSDカードformatterで...と思ったら1.8MBとか認識され...!使っていたのはElecomの磁石付きカードリーダー、microSDXCい . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2016頃、Amazon.comに出て当時それなりに話題だったような記憶が...要はKindle本で小さいレイトレーサーをイチから書いてみましょうみたいなその後、日本語訳も2017に(一冊目だけ?) どうもPDF版は「donationしてくれたら半分はどっかに寄付するよ」的な感じで無償化、Kindle本は販売継続(こっちがいいという人もいるでしょうから)そのうちweb版も出てアクセスしやすくなる . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




MagPiの#85にPICO-8のSprite云々の記事、以前も見かけたVirtual Console (本家はFantasy Concoleと呼んでいる^^;)でゲーム開発/実行環境all-in-oneみたいな、対応プラットフォームもWin/MacOS/Linux/Raspberry Pi (作成したゲームはJSにexport出来るのでそういうことなんでしょう)、あとPocketChipにはデフ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ