無会派 大竹功一の独り言

福島第一原発から約80キロの白河市在住。市議会議員5期目。
9年間、政務活動費を使っていません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

毎日新聞からの取材

2017-07-13 20:46:23 | ボランティア
昨日は、93人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

本日午前中、NPO法人関係の取材を毎日新聞の方から法人の事務局長として受けました。
先日も事務所の方で理事長が取材を受けていましたが、補足の取材を申し込まれましたが、都合がつかず私が代わりに受けることになりました。
私はまず、取材の意図を確認し、どのような方向で記事を書こうとしているのか確認させていただきました。
なぜなら、最初の取材から1か月も経過しているのに、記事になる気配が感じられなかったためです。
確認の結果、動物の殺処分問題をテーマにし、それに取り組んでいる当団体への取材を通じて、広く世間の方に訴えたいとのことであり、当団体の趣旨にも通じるものがあると判断し、引き続き取材を受けることとし、本日も追加質問等に回答させていただきました。
約2時間でしたが、記事を通じ世間の方々に現状を知らせ、少しでも良くなることを願いたいと思います。

午後は、先日に引き続き書類の整理をおこないました。
ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福祉施設の依頼に対応。 | トップ | 地元の夏祭りと議会の議長選 »
最近の画像もっと見る

ボランティア」カテゴリの最新記事