のぶたと南の島生活inさいたま

関東圏へ2年限定の武者修行中

水炊き長野(博多水たき)

2007-02-28 | 福岡食べ歩き
さてさて、まず家に戻ると日本代表が3-0で完勝したらしく嬉しい限りです。試合内容は全く知りませんので他の人のブログでもじっくり読みたいと思います。
その他では、
高原が2得点の活躍でカップ戦を勝ち抜いたこと
リベリーを欲しがっているレアルが、今度はCロナウドを欲しがっていると言うこと
トッティが代表に意欲がない旨再度表明したこと
などなど生地に目が惹かれましたが、取り敢えず、社内の送別会で博多区は対馬小路にある水炊きの有名店「長野」に行ってきましたので、それについて述べます。
まず、博多と言えばもつ鍋よりも水炊きが実際は有名です。
水炊きも色々ありますが、博多のメインは鶏でございまして、長野も鶏をメインにしたお店でございます。長野が有名なのは、
水炊きのわりに安い
安いわりに美味しい
という点に尽きると思いますが、2度目の訪問で、自分なりに長野に対する評価が固まりました。
まず、安さについてですが、確かに安いではあります。途方もない金額を取るお店が多い中で、仲居さんが丁寧に準備をしてくれた上で、これほど廉価なお店は余りないと思います。
店内の雰囲気、接客も申し分ありません。
ただ、大きな問題があります。それは味が「普通なのです」(笑)
それを言っちゃあお終いでしょって言われそうですが、味が普通なのだから普通なのです。とても美味しいわけでもなく、拙いわけでもありません。値段に相応していると言ったらいいのでしょうか(苦笑)

一番の魅力は、日中、2時だろうが、3時だろうがオープンしているという接客体制に応じた経営時間に尽きると思われます。
コメント (2)

本日から送別会ラッシュが始まります

2007-02-28 | 日常の戯言
今晩日本五輪代表の試合がスタートするんですね。以前だったら、この試合を第一に考えて行動予定を立てていたものですが、なかなかJAPANの応援モードに入れません。取り敢えず反町に頑張って指揮してもらうという事で、帰宅後に良い結果が聞けれ良いと思います。

さて、福岡最後の晩餐まで残り1箇月を切り、先週から宴会がスタートしましたが、本日から本格的に送別会ラッシュに入ります。もともとブログの副題が「福岡の町を飲み食べ歩く」というものですから、最後の最後の晩餐までひたすら庶民的で美味しいものを食べるために胃袋がおかしくなるまで頑張りたいと思います。

ちなみに今晩は、「水炊き長野」です。
コメント

ニュースを見て思ったこと

2007-02-27 | 日常の戯言
君が代伴奏命令は合憲、教諭の上告棄却…最高裁初判断(読売新聞) - goo ニュース

僕のブログを読まれている方は判ると思いますが、僕は保守でも革新でもありません。当然、右翼でも極左でもなく、選挙は選挙権を得てから一度も投票したことがないというのが変な自慢です。その様な、なんら思想のない人間が思うのは、この種の裁判をやっている教師は「愚か者以外に何者でもない」と言うことです。
こう限定すれば、お前のような何も考えない人間が何を言うか!!!!!とお怒りの方々が多いのでしょうが、「君が代」を弾かないのが、若しくは歌わないのが、あるいは起立しないのが美徳と思っているように思えて、この程度があんたらの考えている思想の自由か?って感じで、いつもニュースを見聞きしているわけです。
有り難いことに最高裁の判事も良識を持っているらしく、まともな判例を呈示していただき、今後の地裁レベルでも右にならえの判例が横行することでしょう。
この最高裁判決に文句を述べている原告の方は、コメントを残すものの顔を写さないという逃げる意識丸出しというのも不快感を持ちましたが、たぶん、顔を出せば右翼の方々の総攻撃を受けるのでしょうね。
でも、右翼もこの程度のことでどうこうするという低レベルであれば、結局、右翼も極左も似たり寄ったりと言うことで、やはり、世の中なるようになると思っている僕みたいな人種とは思考回路に大いなる隔たりがあるのでしょう。

オイラの結論→日本代表が君が代を聴きながら歌わないのはモチベーションが低いからだ!!他の国(列強国)は、歌っているやつが多いよ。もし、W杯やオリンピックが1位になった日本人選手が君が代が流れるのを嫌がって、若しくは日の丸を掲揚されるのを嫌がって、表彰式をキャンセルしたらどう思うの?
不快に思う人が絶対に多いはずだから、そんなモンなんだよって事で(笑)
コメント

日本代表の力試しは・・・

2007-02-27 | スポーツ
今年9月にユーロを開催する両国(オーストリア・スイス)が計画していた4カ国トーナメントに日本がチリと一緒に出場することが決まりました。
個人的にはとても嬉しいニュースです。
日本のマスコミさんは、たかがスイス・オーストラリア・チリと適当に日本贔屓のコメントを残すと思いますが、両国は完全にユーロを成功させるために最低でもベスト8を目指すべく本当に本当に強化中(笑)。チリは基本的に日本が苦手とする中南米諸国で、こちらも有り難いことに南米選手権に向け強化中(笑)。そんな相手とホームではなく、海外で試合が出来ること、そして欧州なので主力と思われる選手を招集しやすいこと等が挙げられます。
とにかく、オシムJAPANとしてアジアカップレベルよりも高い試合を出来るのは嬉しい限りです。
なかなか日本代表モードになることが出来ないオイラですが、この4カ国トーナメントは今年の楽しみの1つになりそうです(笑)
コメント

俊輔骨折??

2007-02-27 | スポーツ
本当かどうか判りませんが、スポーツ紙に大きく出ているのをテレビの映像で見ました。
もし本当であれば、セルティックにとっても本人にとっても残念な結果ですね。
コメント

寿司めいじん(ダイヤモンドシティ・ルクル)

2007-02-26 | 福岡食べ歩き
ダイヤモンドシティ・ルクルで昼も夜も行列が出来ている食べ物屋さんがあります。
それが回転寿司の
  寿司めいじん
なのですが、僕ら家族も子供がお寿司を食べたいと言ったら、そこに連れて行くことにしています。
僕的には、回転寿司屋さんというのはお客が多いとネタの回転が速く、より美味しく感じることが出来るのではないかと考えています。
ですから、この回転寿司屋さんも客が多いと言うことは、回転寿司の中でも美味い方じゃないかという気分になれるのです。たぶん、ここの「なれ」は「慣れ」という言葉が相応しいのかも知れません(苦笑)

さて、先週の土曜日ですが、その2日前に長女のマラソン大会が幼稚園であり、15位になったことのお祝いで昼食を寿司めいじんで食べることになりました。昨年は41位でしたから26番も早くなったと言うことでご褒美です。
長女の大好きな鰻(ワラビ抜き)を4皿注文してからスタート、長男は玉子、玉子と叫んで玉子だけで4皿を平らげて満足していました。
家族全員で28皿2,800円に消費税は手頃(笑)。
更に、ダイヤモンドシティカードのルーレットでその日、4枚の100円割引券をゲットしていたので、2,500円余りで「ご褒美」を終了。
とても満足行く週末のスタートとなったわけです。


そうそう、この日の夕食。知り合いの居酒屋で、生牡蠣のムニエルを食べました。これが週末食べた料理の中で一番美味しかったです。
コメント (2)

My OKONOMIYAKI(nobutaのお好み焼き)

2007-02-26 | 日常の戯言
沖縄に住んでいた頃、妻は「広島風のお好み焼きなんて美味しくない!!!!!」と言い張っていたのですが、福岡に住むようになってどういう訳か広島風お好み焼きが栄養満点、子供もよく食べる、美味しいと言うことに気付いたらしく、月に2回くらいは、僕が自宅でお好み焼きを作るようになりました。
と言うわけで、金曜日夜に作ったお好み焼きを・・・・

準備するのは5人前で・・
① 市販のお好み焼きの素(関西風で問題なし)200g+水250g+玉子2個(これが生地になります)
② キャベツの千切り 沢山
③ タマネギ、人参、もやし 適量(キャベツの千切りの7分の1程度)
④ カツオブシ、天かす 一袋
⑤ スライスチーズ 5枚
⑥ 豚肉スライス300g
⑦ ちゃんぽん麺 5玉
⑦ 玉子 5個
だけです。


まず、ホットプレートを熱々に温めて油を満遍なく塗り、真ん丸の生地を敷きます。
そこにカツオブシと天かすを適量まぶして、更にスライスチーズを大胆に1枚載せます。その上に間髪入れずにキャベツを二握り。更にタマネギ、人参、もやしを一握り。
そして豚肉スライスを満遍なく載せて、生地を少し掛けて粘着を良くしてひっくり返します。

ひっくり返すと暫くほっておきます。段々、水分の蒸発によりペシャンコになっていくので、その間にガスコンロでチャンポン麺を茹でます。広島に住んでいた頃は中華麺だったのですが、チャンポン麺の方が美味しいことに気付き、チャンポン麺を使うようになりました。
僕がホットプレートからお好み焼きを篦で持ち上げている間に、妻が茹で上がったチャンポン麺をホットプレートに円状に置き、その上にお好み焼きを載せます。
更に焼き目が付くくらいチャンポン麺を底に敷いたまま焼き、少しカリカリになったところで篦で持ち上げて、妻が今度は玉子を円状に置きます。
その上にお好み焼きを載せて玉子が焼け上がったのを確認して、全てを纏めてひっくり返し出来上がりです。

自分で言うのも何ですが、とても美味しいですよ(笑)
コメント

東芝VSトヨタ等々

2007-02-26 | スポーツ
ここ数日更新をサボりました。だって眠たくて疲れていて・・・って感じでパソコン自体を立ち上げる状態じゃなかったって感じです。
色々、遊び回ったり、引越の準備などを進めたりで・・・で取り敢えず昨日観たスポーツからちょっとだけ

【PRIDEは大荒れ】
まさか!という試合が多く、アメリカを舞台に王者の活躍を期待していた主催者側や観ていたファンはショッキングでしたね。ヴァンダレイについては長らく試合していなかったのが影響したんでしょうけど、五味などの敗戦は言い訳無用でかなりガッカリしました。

【やはりプレースキッカーでしょ】
という訳で、気分を直すためにHDDに録画していたラグビー日本選手権決勝を・・応援するのはトヨタだったわけですが、プレースキッカーがしっかりしていれば勝てたでしょうねっていう試合でした。
東芝の守備は完璧で、なかなか簡単にトライが出来ないだろうな~って感じでしたので、キックを選択するのは悪くないと思うのですが、あれだけ外すと辛いですね。また、後半のモールで押し込んでトライした場面で認めて貰えなかったのも試合の流れを切ってしまった原因だったと思います。

【HSVVSフランクフルト】
フランクフルトは前半戦から露呈している守備の崩壊が未だ治ることの病のようで、手負いのHSVにも3点を失い降格圏へ突入(苦笑)。高原は頑張っているのですが・・この守備では厳しいですね
コメント   トラックバック (1)

ますます盛り上がるUEFAカップ

2007-02-24 | スポーツ
CLに隠れていますが近年のカップ戦はCL以上に好カードが続出しています。それでも観ることの出来るのは決勝戦のみ・・・それだけでも十分有り難いことなのですが、これだけソフトが普及しているのでCL同様に放送して欲しいと思っているのは贅沢なことなのでしょうか。
そのカップ戦の2回戦のカードが決まりましたが、結構涎が出るくらい面白そうなカードが並びました。
特に
ニューカッスルVSAZ
レンジャーズVSオサナス
セビージャVSシャフタール・ドネツク
PSGVSベンフィカ
セルタvsブレーメン
なんて心躍りそうなんですけど・・・・・・・・
コメント   トラックバック (3)

結局・・・・

2007-02-23 | スポーツ
ラーション本人がレンタル延長はあり得ないと述べたようです。これで3月12日にはマンUのピッチから去ってしまい、再び僕らの目にはお目にかかれない貴重な存在になってしまいますね。残念(涙)

コメント

レッズVSバルサ

2007-02-22 | スポーツ
リーグ戦が既に絶望で、チーム状態も芳しくない中で取り敢えず昨年度のNo1クラブと対戦するんだけど、オイラのレッズは逆境に強いんだよ(苦笑)と思いながら、カンプノウで奇跡を起こしてくれることを祈っているよ。頑張れレッズ!!
どんなに不利な状態でもファンとして応援するからね(苦笑)
そのオイラのレッズのスタメンは、
GKレイナ
DFフィナン、キャラガー、アッガ、アルベロア
MFリーセ、シソコ、ジェラード、シャビ・アロンソ、ベラミー
FW カイト
というベラミーを中盤左に置いて(たぶんスタメン表の上だけだと思うが)一応守備的な布陣。木偶の坊君をワントップで持ってくるんじゃないかと思っていましたが、ベンチに置いてくれてありがとうベニテス(笑)。
対するホームのバルサは
GKバルデス
DFベレッチ、マルケス、プジョール、ザンブロッタ
MFシャビ、モッタ、デコ
FWメッシ、サビオラ、ロナウジーニョ
という布陣。いつ見ても豪華(苦笑)。サブにオルゲル、ジュリ、グジョンセン、イニエスタ、ファン・ブロンクホルストというエトーが居なくても涎が出るくらいの豪華さ。
取り敢えず、シャビ、ジュリ、メッシ、デコ、サビオラ、イニエスタ・・一応個人的には好きな選手なのでレッズの邪魔にならないように頑張って欲しい。

と言うわけで、アジア系の男性が写真撮りまくりの映像が映る中で間もなく試合開始。たぶん、俺もカンプノウに居たら写真取りまくりだよ(苦笑)

試合開始。落ち着いた立ち上がり。ホームのバルサに押し込まれることなく、高い位置から守備を徹底しカウンター一辺倒という雰囲気もなく、リーセの動きも軽快。
スタンドにいるエトーが白い服を着ているのもレッズにとっては験が良いかも(笑)
5分経過。結局スタメン表は形だけで綺麗な4-4-2・・・カイトとベラミーが並列でツートップを組んでいる。そりゃーそうだよね。
10分経過。攻撃に転じたときにボールが足に付かず簡単に失っているのが気になるところだが、バルサを自由にさせていないだけでも安心して観ることの出来る立ち上がりになった。運良く1点取ることが出来れば、2点奪われて負けても大丈夫。だから、取り敢えず1点取ってファンの気分を楽にしてくれれば良い。
12分。ロナウジーニョが走り込んでGA内で転ける。ファンがファールの大ブーイング。これがアウェー戦って事で選手が同様しないように・・・そこから2分間押し込まれ続け、ザンブロッタのクロスにデコがヘディングで決める・・・あ~あ
さっきまでバランス良く守っていたのにザンブロッタに簡単にかわされたのが全て(苦笑)。前半15分で試合のプランが崩れた。
20分経過。せっかく10分までは高い位置で(バルサが様子見だっただけといえばそれまで)守備をすることが出来ていたのですが、失点する前のロナウジーニョの切り込みから永遠とバランスを失って押し込まれ続け。今現在も全体のバランスが崩れたまま・・・よく失点しないよ(苦笑)って感じで耐えている状況です。
CKに対するレイナの守備も余り感じが良くなく、飛び出すべきか張り付くべきかで悩んでいるような動きを見せて不安を煽ります。
簡単にリーセがベレッチに抜かれ、守備がボロボロ、クリアボールを味方に当てて、まさにバラバラになっているのがよく判ります。
1点取られて目が覚めてしっかり建て直しを図るというレベルじゃないんだよな~
ミドルレンジからでもジェラード、リーセ当たりが1本シュートを打つことで落ち着かせる事が出来ると思うんだけど、ここまで防戦一方になると気持ち的に落ち着けないだろうな。
ルイガルが居たら・・・まだそこまで悲観的になるのは早いかな(苦笑)
右サイドのフィナンが完全に競り負ける状態で右から(バルサから観れば左)完全に崩されるシーンが続く。もともとリーセサイドが守備力的には弱いから右サイドはより守備的に能力の高い選手を置くべきなんだよ・・・駒が居ない
カイトもCLに出たいためにフェイエを捨ててやって来たわりには浮き足だって良さが見えない。
30分過ぎても、少しもレッズの良さが見えないから段々愚痴っぽくなってきた。
早い段階で1点失って、バルサに余裕を持たれてしまい、これはきつい。
38分。初めてまともな距離でFKを獲得。ジェラードのFKに外で構えていたベラミーの頭がドンピシャ。しかし枠を捉えませんでした。しっかり地面に叩き付けたのは良いのですが、寄せが少し早かったですね。
これで流れが少しでも寄せられれば良いのですが(お願い)

そのお願いが通じます!””””””””””””””
やった!!!!!!!!!!!!!!!!
カンプノウで前半に1点取り替えした!!!!!!!!!!
やはりセットプレー
まさか前半点が取れるとは思えなかった!!!!!!!
この1点は大きい。もう1点失っても良いくらいのでかい得点。
いや~リスタートが早くて右サイドでフリーになれたのが大きかった。
ベラミー、さっきのヘディングは練習だったのね。今度のは完璧だった。バルデスが滑ってくれて更にありがとう(笑)。
もう、ここで試合が終わっても良いよ。

って喜んでいる間に前半が終わりました。ちょっと悪い流れだったので小躍りしちゃいますね。
それでは、ちょっと気を引き締めて、後半45分間について・・・
まず守備はボロボロです。そのためカウンターになったときに駒を割く事が出来ず、苦しい展開が続いていました。結果的にFKなどで活路を見いだすしかないという状況で、その中で数少ないFK2本のうち、1本をモノに出来たことは幸運としか言いようがありません。それくらいバルサにやられていました。
元々、今年のレッズは、ブレーメンよりもバランスが落ちるチームですから、そのブレーメンですらカンプノウでは完敗。レッズファンとしては奇跡を起こして欲しいと祈る状況だった訳で、1点取ったのは願ったり叶ったりです。
この1点を大切にするには、これ以上の失点は駄目。悪くても1失点というところ。
ところが後半2点奪われる可能性もかなりの確率であるわけで、そこが不安に感じるところなんですよね。とにかく右サイドが脆すぎる。
もともとセンターバック陣が弱いという状態がここ数年続いていたけど、今日はまずまず。左サイドはリーセをMFの位置において守備的負担を軽減してくれたのも許せる。
問題はフィナンの右。ここを完全に崩されるシーンが続いたので、なんとか補強をしたいが、交替する駒が居ない。ヒーピア、ゼンデンなどを適材適所に後半途中から配してバランスを替えるという方法で右の負担を軽減できるだろうか?出来ないだろうな(苦笑)
やはり、フィナンにしっかりしてもらうしかない。
それと前半10分までのように高い位置から全体として守備をする。それでフィナンの負担を減らしてやるという方法が理想・・・あくまでも理想だね。

さて後半開始。
いきなり良い位置でFKを獲得。これを決めれば笑い転げるだろうけど・・・バルデスの正面・・(苦笑)
9分。モッタOutでイニエスタin
10分経過。とても良い感じ。前半の10分よりもより攻撃的で、しっかり守備をして、また、心なしかバルサの守備体系が間延びしている感じでスペースが結構ある。なにかおたおたしている様子なのでチャンスは前半よりも多くなる気がする。たぶん、そこら辺もあってモッタじゃなくイニエスタを入れて、全員に攻撃!という意図を鮮明にさせたんだろう。それくらいバルサがもたついているので、レッズに取ってはこの時間帯をもう暫く続けたい。
12分。デコ上手だよな~問題ないところで華麗なプレイをしてくれている限り
15分。デコが上手に倒れてFKを獲得。シソコは良い守備をしているけど、悉くファールを取られてるな~。しかもイエロー付
この距離ならレイナは大丈夫。でもロナウジーニョのFKは大きく外れる(笑)
今のところ、ロナウジーニョにドリブルをさせないという守備は徹底。この持った瞬間に圧力を掛けるというのが上手く機能している。
また、90分間機能することが出来ないメッシの存在も大きい。やはりキーはデコを如何に自由にさせないか。ジュリが投入されるまでシャビとイニエスタもケアしないといけない。
20分。そのジュリがin。シャビがOut。ジュリ良い選手だよな~
そして珍しいバックパスを拾ったバルデスの凡ミスでレッズにチャンスが訪れる。
最初はバルデスがナイスなセーブ。そのこぼれ球をカイトが外す・・・・・・・・あ~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
外すなよ!!!!!!!!!!!!!
ビックチャンスだったのに。。(あ~と嘆いた瞬間に長女が目を覚ます)

しかし、バルデスは見事はセーブでしたね。あれは見事。自分のミスを帳消しにしました。
さてさて、ビックチャンスを逃して、後々後悔しないように、この後半の理想的な戦いを継続して欲しいです。
26分。サビオラが決定的・・・レイナが弾く、そのこぼれ球をメッシ・・これも何とか防ぐ・・・怖ろしい(ドキドキ)点が入らなくて良かった
28分。
やった。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!凄い完璧最高!!!!!!!!!!!!!!
完璧、最初カイトのトラップが流れたときに諦めそうになったけど、リーセ見事!ベラミー見事!最初にフィナンが右サイドでボールを持ったとき、リーセががら空きだったのにカイトを選んだのが、最後までリーセをフリーにした要因。こんな感じで点が入るとは・・・この2点目は大きい。4点の価値がある。
残り15分。1失点しても良いという精神的な余裕は大きい。
ベラミーからリーセ。本当にゴルフクラブで暴行した仲なのか(笑)
34分。ベラミーOutペナントin。
これで完全に守備重視。カイトをワントップにおいて全員で守るという形になった。
36分。シソコがロナウジーニョからファールを受けて試合が長らく中断。その間にサビオラOut、グジョンセンin。
先ほど決定機を外したサビオラ。今日もまずまず良い動きだったけど点を取れなかったことで評価を落とすのかな~
38分。シソコが駄目でゼンデンin。シソコはとても効いていたので、怪我が大きくないことを祈る。
40分経過。バルサが攻めているが、それよりもベレッチの状態の方が気になる。ベレッチサイドから面白いように攻撃が可能なんじゃないか。
って下らない事を考えていると、見事なデコのFKが・・・・ポスト(ほっ)
やはり、下らないことを考えると駄目だね。
ロスタイムは4分。これはシソコの件があるから妥当な数字。この雰囲気、内容で4分で1失点するとは思えない。バルサのファンも帰り始めているしね。

後半の戦い方は完璧だった。というか後半10分で感じたとおり、バルサの体型が間延びしていたのが大きかった。全て前半終了間際の同点ゴールがすべだった。あれがなければ、後半も辛い展開だったはず。本当にカンプノウでレッズの日を過ごせるなんて最高だ。
気分良く会社に行ける。さてさて仕事の準備をしなくては・・・小躍りしてウキウキだ。

そうそう、各地の経過結果だけ・・
リヨンはアウェーでスコアレス。バレンシアは2点を取ってインテルと同点。チェルシーもアウェーで1点取ってドロー。いやいや、応援しているチームが全てアウェーで結果を残すという最高の日になった。久々に良い1日になりそうだ。
コメント (4)   トラックバック (10)

ミランVSセルティック

2007-02-21 | スポーツ
ミランが飛車格落ちでの遠征でも胸を借りるのは格下のセルティックであるのは間違いないと日本のマスコミが理解してくれれば良いのですが、昨夜妻がスポーツニュースを見た結果を深夜教えてくれましたが、相当俊輔所属のセルティックに勝機があるように煽っていたようです(笑)
取り敢えずセルティックを応援はしますが、冬の市場でマロニーなど若手有望株の攻撃陣が移籍してしまい、補強らしい補強が出来なかったのでかなり苦しい状況に拍車が掛かっただけです。DFラインの補強も上手くいかなかったし、実は良い面は全くないというのがセルティックの状況ですね。対する格上のミランも似たり寄ったりですが、取り敢えず地の利でセルティックが奇跡的にミランを無失点に抑えて、1,2点をもぎ取ってアウェーマッチに臨むという形式になることを祈ります。
では、そのセルティックのスタメンですが、
GKボルツ
DFウィルソン、マクマナス、オデー、ネイラー
MF俊輔、スノー、レノン、マクギーディー
FWヘッセリンク、ミラー
という布陣。グラベセンをベンチに置いてスノーをスタメンに起用した以外は予想通り。オデーの出来とマクギーディーの上がりの具合がキーポイント、それとミラーがマロニーのように広い範囲を衛星として動けるかでFKが獲得できる度合いも上がってくるでしょうね。GA付近でFKを獲得できる頻度が高ければ俊輔に期待を掛けることが出来るが、そこまでミラン相手に押し込めるとは思えず(苦笑)。
対するミランのスタメンは、
GKカラチ
DFオッド、カラーゼ、マルディーニ、ヤンクロフスキ
MFグルクフ、ガットゥーゾ、カカ、ピルロ、アンブロジーニ
FWジラルディーノ
という格落ちの布陣。カラチはが厳しい。セードルフは間に合わず、病み明けのジラルディーノを健康体のはずのオリベイラを外して強行起用している点に少しだけ疑問符。たぶんミラニスタだったらその理由が分かるのでしょうけど、流し目でしかミランの試合を観ない僕には理解できず(苦笑)。取り敢えず大好きなヤンクロフスキとピルロには頑張って欲しいと思います。ミドルレンジからのFKでピルロが見事なゴールを決めるところが観たいという気持ちがあるって言うのも事実なんですよね。

とにかくグラスコーの試合を楽しむとしましょう。いきなりスカパー!のオープニングが変わったのに気付く。かなりセンスがない(苦笑)。
グラスコーのオープニング、ファンの声援は素晴らしい。これをバックに戦えるセルティックは幸せ者だ。

試合開始
1分経過。ミランが押し込む。スノーがサイドに引き出され、そのスペースの中央ががら空きなのが気になる。
5分経過。当然のようにミランが押し込み続ける。セルティックは攻撃の形を作れず。俊輔は今のところ存在していない。
6分。カカがファーストシュートをミドルレンジから打つが弱い。
7分。俊輔がスルーを出すが、見当外れの方向に流れる。解説はヘッセリンクが悪いと言っている(苦笑)
8分。ミラーがミドルレンジでファールを受ける。俊輔のFKは完璧な場所に落ちるがヘッセリンクが触ることが出来ず・・・触れば間違いなく1点だった(勿体ない)
9分。今度はミドルレンジでピルロがFK。ゴール正面で面白いところだが、壁に当たる。
12分経過。マクギーディーが外に押し込まれるように走る姿が辛い。マロニーだったら内に向かってドリブルを仕掛けると思うのだが・・・
13分。カカがドリブルで仕掛けて無理なフィニッシュを蹴る。あっさり抜かれるボランチ陣に不安がよぎる
14分。ミラーがスルーパスを受けてファーストシュートを打つ。GK正面。
16分。ピルロが綺麗なフワリとしたボールをフルクフへ。ボルツと1対1だったがヘディングが弱い。先ほどヘッセリンクが決められず、お互い様という感じ。
20分経過。全体的に拮抗しているが、カカを自由にさせすぎ、それに引き面れて空いたスペースを有効に使われる可能性がある。今のところ、ミランのミスで有効に使われていないだけだが修正されれば厳しい。攻撃についてはヘッセリンクのところでボールが収まらないのが辛い。基本的に左サイドを多用しているので俊輔は画面から消えている。
25分。オフサイドトラップミスからジラルディーノが決定的なチャンス。ボルツが奇跡的に足に当てて左に外れる。FWがジラルディーノで良かった(笑)
30分経過。俊輔が初めて中盤でフリーになる場面があり、チャンスの起点になる。ミラーがトラップミスでチャンスを潰す。
34分。ジラルディーノに再びチャンスもトラップミス。セルティックにとっては本当に有り難い。
35分。俊輔が下らないファールでイエローをもらう。
40分。俊輔に最初の見せ場がやって来る。良い位置でのFK。先日のリーグ戦で決めた位置とさほど変わらない。ここで決めれば株が鰻登りだろうが・・・・FKは本人の思い描いていたよりもカラチがセーブしやすい位置へ(残念)。少し鋭さもなかった。


前半終了。
はっきり言えるのはインザーギが居ないこと。オリベイラを起用していないこと。そしてFWがジラルディーノだったことに感謝、感謝の前半だった。セルティックはシュートで攻撃を終えることが出来ない状態が後半も続くようだったらミランの攻撃に失点するのは時間の問題って感じだ。ミランは攻撃でミスが多く調子の悪さを露呈しているが前後半この状態が続くとは思えない。セルティックにとって有り難いのは、間違いなくミランがマンUよりも弱い事だ。マンU戦でも後半立て直す事が出来たのだから、この程度のパフォーマンスのミラン相手なら勝ち点3の可能性は高い。マロニーが居なくなったのはつくづく痛いが、後半はグラベセン、ヤロシクを入れてリスク覚悟で中盤の底を開けることになるかもしれない。

後半開始
メンバー交代はありません。
2分。マクギーディーが思い切りよくシュートを蹴りました。良い傾向です。
3分。攻撃から守りに入る瞬間に、前半同様に中盤の底ががら空きになるという悪循環。そこを突かれてピンチに陥りそうでしたがマクマナスが戻りながらフォローし事なきを得ず。
4分。ウィルソンが左サイドから持ち込みミラーが開いて空いたスペースめがけて、無謀なミドルシュート。当然枠を捉えず宇宙へ。
取り敢えず、シュートで攻撃を終えるという決まり事は守るようになったようです。それとも打たないと点が入らないと言うことに気付いたのでしょうか(苦笑)
6分。綺麗な流れからカカがボールを溜めて走り込んだガットゥーゾにラストパス。ガットゥーゾが滑らかなシュートを蹴りますが左サイドギリギリで枠を外しました。
カカに引き連れられてボランチが偏り、中央ががら空きになる悪い状態は修正されておらず。
8分。左サイドからチャンスを作り、ネイラーがミドル。これはまともな良い攻撃からのシュートでしたね。
10分経過しました。セルティックは攻めるという意志を明確に示して攻撃的になってくれたお陰で、試合全体が面白くなり始めました。そしてスタジアムも盛り上がってきています。当然、リスクを相当負っており、ミランもシュートミスさえなければ、いつ点が入ってもおかしくない状態です。せっかくだから打ち合ってもらいましょう(笑)
13分。俊輔に再びFKのビックチャンス。かなり良い位置ですがマクギーディーの方が蹴りやすい位置。どっちが蹴るでしょうか・・・俊輔・・・・珍しくミスキック・・・ガッカリですね。
17分。ミラーがOutでヤロシクがin。これは予想通り。
対するミランはカラーゼがOutでボネーラがin。
18分。GA内で俊輔が突っかけますが簡単に倒れます。ただし、勝負をしようという感じが見受けられるのでとても良い感じです。
19分。ミドルレンジで再び俊輔が自ら突っかけます。普段はあまりこんな感じ(積極的な姿勢)は見せませんので、気合いが入っているのが判って良好ですね。これが点に結びつけば良いのですが・・・
24分。ジラルディーノが見事なシュミレーション(笑)
27分。ジラルディーノが胸トラップからシュート。枠を外す・・・簡単にジラルディーノにボールが入ること自体が問題か(苦笑)
28分。ジラルディーノがドフリーを外す(笑)
30分経過。セルティックは20分までのやる気が嘘のように廃れ、完全にここ10分はミランの時間帯。ところがさすがにジラルディーノが外しまくり(笑)。セルティックはマロニーのように期待の出来る駒が居ないのが致命的(苦笑)。
31分、スノーが振られるだけ振られてたまらずファール。とても良い位置でミランがFKを獲得。ここでジラルディーノがOutでオリベイラin。これでミランは点が入る可能性が幾分増えたかも(笑)
32分。カカが蹴ると思ったのですがヤンクロフスキがFK。壁に当たりました。
さてさて、スノーが限界に近付いていますね。グラベセンを投入できないと言うことは、やはり本調子ではないんでしょうね。
35分経過。衛星中継が途絶える。嘘だろ(苦笑)
衛星が戻る。レノンがOutでグラベセンin。レノンよりもスノーじゃないかと思うのだが・・・
40分。グラベセンがゴール正面でこぼれ球をシュート。マルディーニの姿で右に寄れました・・
41分。俊輔が決定的なパス(少し長すぎた)を・・・ところがヘッセリンクが追いつけません。
44分経過。このまま終わればミランにとっては御の字。セルティックはかなりダメージを負った状態でのセカンドレグです。
ここ4,5分は、最後の足掻きのように攻め立てるセルティックを観ることが出来ていますが、なかなか最後まで行かず、途中でカットされてはカウンターを受けるという展開。ロスタイムに入って時間が掲示されません。2分のようですね。

試合終了。良くも悪くもなく、見応えがあるわけでもなく、スタジアムに居たファンの方々同様に釈然としない感じで試合を見終えました。
言えることはミランの調子はかなり悪いと言うこと。セルティックは、それでもまともなチャンスがなかったと言うこと。とにかく試合の流れを変えることの出来る選手がサブにいないという現実。セルティックは厳しいアウェー戦が待っていますね。

さて、他の結果(経過)ですが、
PSVがホームでアーセナルに1-0
レアルがホームでバイエルンに3-2
リールがホームでマンUに0-1
という状況のようです。バイエルンは負けはしましたが貴重な2点目を取っていますね

と言うわけで、仕事の準備をして出社します
コメント (4)   トラックバック (11)

バイエルン戦後にカペッロ辞任??

2007-02-20 | スポーツ
という怪しいニュースが流れていますね。マドリーのニュースに関しては80%がデマですが、このニュースはどっちでしょうか(笑)
と言うわけで、明日の早朝からCLが再開になります。ここ2箇月で怪我人多発のチーム、好調の波の中にあるチーム、移籍市場で有望選手を獲得するのはおろか有望選手を放出してしまったチーム等々色々な諸事情が絡んでどんなチーム構成で試合に臨むのか楽しみですね。
個人的には、レッズ、リヨン、バレンシアが生き残ってくれれば御の字なので、シビアな対戦相手と戦うレッズ(対バルサ)、バレンシア(対インテル)の試合は見逃すことが出来ませんね。それと主力選手として大舞台に立つ日本人選手の試合も楽しみにしております。予定通りインザーギらが遠征メンバーから外れていますから可能性は0じゃないですね。

その他気になった海外サッカー記事を遅ればせながら少しだけピックアップ

【シニョーリが現役復帰計画】
があるそうです。なんでもオーストラリアのクラブチームで復帰をするとかしないとか・・39歳ですよ・・・FWとしては十分すぎる年ですし、しかも現役を引退していますからね~いくら何でも無理じゃないでしょうか

【トーニの移籍話】
はシーズンオフには必ず話題になりますが、既にユーベに移籍が決まっているような記事が出回っているそうです。ありがちですね。

【リーセの怪我の程度は】
ベラミーに暴行されたらしいリーセですがバルサ戦に影響がないことを祈ります
コメント (3)

リヨンが勝つ

2007-02-18 | スポーツ
沖縄から夕方戻って、半道橋にあるちゃんこ屋「まる直」へ直行。たぶん、最後になるまつ直(まるなお)のバラとすり身のミックスちゃんこを食べました。そして心なしか美味しい鶏の唐揚げも平らげて大満足で帰宅。直ぐにスカパー!のチャンネルを検索したところ、丁度リヨンがリールとのアウェイマッチが再放送されていたので観ることに・・・・最近詰まらない負け試合が多かっただけにCLに弾みを付けるためにはどうしても勝ちたかったのですが、見事な逆転勝利で気持ちよくCLに望めそうです(笑)
しかし2本ともセットプレーで、1本目はGKのミス、2本目は怖ろしくラッキーなゴールと流れからは点を取ることが出来ていません。しかし、あの喜びを観ると気分良く選手がCLに入ることが出来るのは間違いないんじゃないかと思います。
ま~リールファンの方には残念な試合でしたけどね。
コメント

EFE通信トロフィーを獲得

2007-02-17 | スポーツ
久々にアイマールのお話。バレンシアから安息の地を求めてサラゴサに移籍し、普通に試合に出ていたのに再び膝を怪我し戦線を離脱しているアイマールが、エスパニョーラでプレーする中南米選手を表彰するEFE通信トロフィーを獲得しました。つまり、最優秀選手と言うことです(笑)
その受賞に対するアイマールのコメントに代表入りしてコパで戦いたいというのが紹介されていました。
代表入りだけじゃなくスタメンを再び張って貰いたいと思います。取り敢えず怪我を治してサラゴサで頑張って貰いたいですね。

【そのアイマールが在籍していたバレンシアのお話】
移籍か引退かと思っていたカニサレスがバレンシアと2年契約を結んだそうです。オイラと同い年なんで応援しています(笑)

【オーウェンが練習を再開】
したそうです。今年の復帰は絶望と言われていたのですが、この時期に練習を始められると言うことはシーズン終盤に再びピッチに立つ姿を観ることが出来ますね。しかし、この人はつくづくスペイン移籍から不運に付きまとわれています。急いで復帰して再び怪我って事がないことだけ元レッズの選手ですのでお祈りしたいです。

【グラスコーに乗り込む】
ミランですが、どうやらジタとインザーギを欠く可能性が高いようです。セルティックにとっては有り難いことですが、イタリアでのリターンマッチで3失点はする可能性がありますので、最悪でも1-0で完封したいところなんですが、高望み過ぎますかね(苦笑)

コメント   トラックバック (1)