off  the  ball

「清く、楽しく、オモシロク♪」
今日もガッちゃんはブログを書き続ける

大東市市制施行60周年記念×EGO-WRAPPIN'20周年スペシャルライブ!

2016-09-26 | ガッちゃんの日々。

先日、大東市で行われたエゴラッピン凱旋ライブに行ってきました~

大東市のサーティホールというトコロで行われて、ガッちゃんの席はちょっと後ろの方だったんだけど、ライブに行けて良かったね~

福岡のフェスcircleでエゴラッピンのライブを初めて聴いてから感動し、大阪城野音、そして、この凱旋ライブと、今年だけで3回目のエゴライブ。やっぱり、めちゃんこ良いね~

エゴラッピンとTHE GOSSIP OF JAXXの音楽がタマラナイんだねぇ。よっちゃんのソウルフルでパワフルな歌声がシビレルんだよね~。かと思えば、しっとりと聴かせてくれるのもまたココロに響く

MCでは、軽妙な関西弁で地元ネタを話して笑いを誘う。「大東市の人はエゴラッピンなんか知ってんのかなぁ?」と言うのは、面白かった。そんな姿は、大阪のおばちゃん的だから歌っているときのギャップがまたスゴイよね

そして、アンコールでは、最初で最後のスペシャルゲストとして、よっちゃんのおかんが登場

漫才風トークからの「見上げてごらん夜の星を」歌い、会場を大いに沸かせてくれたね~

いや~、ホントに最高の時間を過ごせたね~

EGO-WRAPPIN'

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絹延橋うどん研究所

2016-09-24 | 新・究極のグルメ委員会!

能勢電鉄の絹延橋駅近くのあるうどん屋さん「絹延橋うどん研究所」へ行ってきました~

半分セルフサービスなお店なので、まず、好きなおかずやご飯をチョイス。いらなければなしでもよし。好きなおかずには、焼き野菜や天ぷら、おでん、漬物、サラダなどがあって、1皿200円。食べられるだけお皿に盛ることができる。ご飯は日替わりで、コチラも好きなだけ盛ること可。というコトで、ガッちゃんは、ご飯と、天ぷらをチョイスし、うどんは、おススメというぶっかけの冷やを注文

お金を払って着席。うどんが茹で上がるまでしばらく待機

ちなみに値段は、うどん(500円)、おかず(200円)、ご飯(150円)で計850円+税ナリ

しばらくすると、うどん到着。茹で上がり時間は17分ってHPには書いてあるけど、そんなにかからなかったね

うどんはつやつやと輝いており、食べてみるとコシがあって美味しい大根おろしがちょっと辛かったけど、いい感じだったねぇおかずの天ぷらも美味しかった。モチロンご飯も

なにより、お店の人が初来店のガッちゃんに対して、メニューを見せてくれながら懇切丁寧な説明をしてくれて、それだけでいいお店だなぁと感じたね

絹延橋うどん研究所

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デビスカップ プレーオフ対ウクライナ戦2日目ダブルス

2016-09-17 | ガッちゃんの日々。

靭テニスセンターで行われたデビスカッププレーオフ観てきましたー

1日目でダニエルと西岡がシングルスで2勝して迎えた2日目のダブルスは、錦織と杉田のペアが出場

第1セットは6-3で取って、続く第2セットは6-0、第3セットはブレイク合戦的になったけど6-3で取り、セットカウント3-0で危なげなく勝利

見事にワールドグループ残留を決めたね~

植田監督がワールドグループ残留したことは大きいと言ったように、日本代表は錦織くん以外、世界ランクがギリギリ2桁くらいだから、ワールドグループで世界と戦うことがチカラを付ける意味で必要だったからね~

いや~、ホント良かった

試合後の全員の緊張から解かれた安堵の表情が何とも言えなかったねー植田監督の音頭で、明日誕生日を迎える杉田選手のためにハッピーバースデイを歌うというオマケ付き

こんなことができるのも一気に3勝したおかげだね。明日の3日目のチケットを持った人には申し訳ないけどねぇ

チケットを取ったときは、ダブルスに錦織くんは出場しないだろうなー、でも、応援くらいで見られるだろうし、デビスカップの雰囲気も感じたいしなー、という感じだったんだけど、まさか錦織くんがダブルス出場とは、、、しかも、ワールドグループ残留を決める試合に立ち会えるなんて、運が良かったね

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボンボニエールさんのかき氷

2016-09-13 | 新・究極のグルメ委員会!

塚口駅から西へ徒歩数分。産業道路沿いでピッコロシアターのちょっと北側にあるお店
小さくてこじんまりしているから、うっかりしていると通り過ぎてしまいそうになっちゃうねぇ

行ったのは暑い夏の日だったから、「かき氷してます」の文字を見た瞬間、「コレは食べねば」と思い、ピッコロシアターで劇を見た帰りに立ち寄ったのだ

メニューをみると、定番のいちごやメロンなどの他に、マンゴーとかキャラメルとか、ちょっとオシャレな感じの味もあって、悩ませてくれる

注文すると、丁寧に氷を削ってくれて、ガッちゃんが頼んだマンゴーが完成。店先にちょこんとした椅子があるので、そこに座っていただきました。口のなかに入れると、すぐにふわっと溶ける感じが良くて、すごく美味しかったね~

ココは、ラスクとかお菓子のお店なので、次に来たときは、お菓子を買って帰りたいね~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ11年目に突入!

2016-09-12 | ガッちゃんの日々。

つ、ついにブログが11年目に突入!

ブログ開設から4000日を超えてました

千里も道もまず一歩からとはよく言ったもんだけど、千どころか四千だからねー。さらに言うと、母をたずねて三千里よりもさらに千多いのだよ

こうなってくると、何と比べているのかよくわからなくなってくるけど、とにかく長~~~く頑張っているというコトだね

最近は、FacebookとかTwitterとかインスタグラムとか、いろいろなSNSが出てきているけど、変わらずに、でも記事数は大幅に減りつつ、ナンとかカンとか中断せずに続けてこれたしね~

まぁ、おそらく今後も細々とする感じになるだろうなーと思ったり、思わなかったりで、とにかく次の1年まではがんばって続けたいね

そんなこんなで、これからもガッちゃんのブログをよろしくお願いいたします

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

藤田嗣治展/兵庫県立美術館

2016-09-08 | ガッちゃんの日々。

兵庫県立美術館で9月22日まで開催中の藤田嗣治展

おかっぱに丸メガネで有名な藤田嗣治さんの生涯と画業をたどる展覧会

乳白色の下地に流麗な線で描かれる裸婦像などは、頑張ったらなんだか描けそうなんて思っちゃったりするけど見れば見るほど、その凄さが伝わってきて、なんだか描けそうなんて気持ちは微塵も感じることができなくなっちゃうね

そして展覧会を通して、日本とフランスの文化の上に藤田の芸術が存在するとともに、その両文化によって苦悩を味わっていたことなど、藤田自身の光と影の生涯が伝わる展覧会だったね

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧ヤム鐡道さんでカレー

2016-09-05 | 新・究極のグルメ委員会!

大阪のルクア地下2階にあるカレー屋さん「旧ヤム鐡道」

鐡道という名が付くだけあって、食堂車をイメージした店内になっているのだね

で、カレーはというと、4種類から2種類を選んで、合いかけするスタイル。なので、ガッちゃんは、アレとソレをチョイス。ってもうけっこう前に行ったから、何を選んだか忘れちゃったんだね~

カレーを2種類選ぶと、ターメリックライスか玄ライス、いや、玄米のどちらかをチョイス

これで注文は完了。出てきたのが写真のカレー。さらに、左上にちょっと切れているけど、ヤムカレーなるものが入ったルーポッドも出てきて、「お好きなタイミングでかけて召し上がれ」なんてメニューに書いている。初めて来た人に対して、好きなタイミングなんて恐ろしいコトを言うよねー

誰かと来てたら、「えー、好きなタイミングっていつだろう?」、「え?え?わかんなーい」なんて掛け合いは言わなくても、ちょっと安心するけど一人だと、そういうのも出来ないから1対1でルーポッドと向き合わなくてはならなくて緊張感高まるよね

なんてコトを思ったり、思わなかったりしながらカレーを食べたんだけど、いやはや、一癖も二癖もありつつ、スパイスが効いていて美味しかった。ただ、ご飯の量はちょっと少なめだから、ガッツリカレーって感じではないよね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

OTODAMA'16~温泉魂~池田の変?つづき

2016-09-04 | オススメ本&映画&音楽♪

同じ写真でアレだけど、前の続きというコトで。まぁ、続きと言っても、前回はほぼフェスのこと何も書いていないという、、、

ちなみに、この写真は壱の門(入口)

オトダマの開場は10時だったんだけど、気持ちが逸りすぎて、9時過ぎに到着。それでも人がたくさんで、グッズ売り場はカナリの人。オフィシャルグッズの売り場は長蛇の列で、並ぶのを断念、、、アーティストの売り場では、ネコとか夜ダン、水カンなどが長い列をなしていたねーお客さんを見渡すと、キョネンオオトリ(キュウソネコカミ)の服を着た主に10代の女の子やサチモスやセロのタオルを首にかけたおそらく20代女性たちが多かったね

そして、いざ10時!ガッちゃんのチケットは整理番号早めだったから10時過ぎに入場できた。キョネンオオトリファンは、湯沸しアクトを見たいがためにすぐさま露天風呂ステージへ。なので、そのスキにサッと場所取り。昨年と同じく、レジャーシートエリアの左前方あたりを確保。ココなら休憩しながらでも大浴場ステージを見ることが可能かつ、飲食テントが近くてすぐに買いに行ける好位置なのだトイレは逆方面だから遠いけど、トイレよりご飯が大事一息ついたら、飲食テントを視察し、お昼に備える。まぁ、視察しても、結局買うときに迷うんだけど、、、

そして、はじまりの11時15分に向けて、大浴場ステージの場所取り。しかし、意外と空いていて4、5列目くらいを確保。喜んでいたが、この場所が死地であったことをガッちゃんは後々知ることになる、、、

で、入浴宣言は四星球・ガリガリガリクソン。四星球はバンドなのにHPにライブなしと書いてあったけど、サウンドチェックということで、「運動会やりたい」を一曲。はじめて見たけど、なんか変だけど面白かったねで、ガリガリガリクソンがタトゥーのマネで、フェスあるあるを歌って入浴宣言終えるという。昨年に引き続き、カップルできたやつ終わりのころにはケンカしてるネタをしてたね

そしてそして、壱番風呂「夜の本気ダンス」。いきなり「crazy dancer」、「where?」と踊りたくなる曲。しかし、ガッちゃんの位置する前線は、夜ダン好き、はしゃぎ好きのワカモノたちが激しくぶつかり合ったりする場所だったのだね。知らずにいたガッちゃんは、ふっとばされそうになり、慌ててぶつかり合い弾け飛んでくるワカモノの身体をウマクいなしつつ、後方に下がって事なきを得たけど、危うくKOされるトコだった

その後は、サチモスを後方で聴き、水曜日のカンパネラをレジャーシートエリアで座りながら聴き、ハナレグミを前方正面バッチリな位置で聴き、終盤はセロ、cocco、フレデリック、レキシと大浴場ステージと露天風呂ステージを往復。サチモスとセロは、こうなんかシュッとしててカッコ良かったね。予習してた曲も聴けたし、満足。水曜日のカンパネラは、クレーンの上に乗ったり、ビニールのボールのなかに入ったり、パフォーマンスが面白かったね。生「きびだーん、きびきびだーん」も聴けたし

あと、cocco姉さんは独特の雰囲気が良かった。cocco姉さんの魂の叫び的歌と夜の雰囲気とが何かいい感じだったんだね

露天風呂ステージのトリを飾ったフレデリックも知ってる曲でノリノリな感じが楽しかったね。ただ、次のレキシに備えないといけないから、最後まで聴けなかったのが残念、、、

で、最後のレキシは、大いに盛り上がったね~真田鉄砲隊のみなさんが出てきたり、小芝居的なのがあったりしてのキラキラ武士からはじまり、シキブで盛り上がり、なんとスペシャルゲストでノリノリな旗本ひろし(秦基博)が登場し、年貢for youを。さらには、ひまわりの約束も歌ってくれて、大盛り上がりにオトダマで秦基博の歌が聴けるなんてビックリだね

そして、定番の狩りから稲作へ。今回も稲穂が売り切れたらしい。で、間にちょいちょい挟み過ぎたから、アンコールはなし、と言うか、一回引いて出てくる時間が惜しいというコトで、アンコールをしたということにして、最後にKMTR645で「キュッキュッキュ~♪」の大合唱

こんなにくだらない歌で、これだけたくさんの人を楽しく盛り上げられるのは、池ちゃんしかいないだろうねぇいやー、ホントおもしろかった

やっぱり、一度はレキシのライブに行かないとね

いやはや、最後になりましたが、ハナレグミ昨年は弾き語りだったからしっとり系が多かったけど、今年は1曲目から「大安」で盛り上げ、「オアシス」、「無印良人」。そして、「深呼吸」で観客全員をしっとりとさせるのだねで、「ぼくはぼくでいるのが」から「あいまいにあまい愛のまにまに」。ココから「明日天気になれ」に繋げるかと思いきや、「フリーダムライダー」を間に挟んできたんだね~、コレマタ良い

他のアーティストも歌がウマイんだけど、もう永積さんはウマイとかそういうんじゃないんだよね。こう、なんていうか、ウマイの3つくらい上のレベルと言うか、別次元と言うか、とにかく包み込むような歌声が最高だったね

来年もオトダマに出てくれたらいいなぁ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

OTODAMA'16~温泉魂~池田の変?

2016-09-04 | オススメ本&映画&音楽♪

2年連続のOTODAMA参戦!というコトで、9月3日の土曜日に泉大津フェニックスで行われたOTODAMA'16へ行ってきました~

モチロン、ハナレグミさんが出演するからの参戦なんだけど、今年は、レキシの池ちゃん推しであり、また、夜の本気ダンスやサチモス、セロ、フレデリック、coccoなど、気になるアーティストも多数で、楽しみだったのだね~

ただ、楽しみもあの暑い空の下で倒れてしまっては、すべてが水の泡。前日も在日ファンクのライブだったからしっかり休んで、バッチリ準備。

いちおう来年のために(ハナレグミさんが出てくれたらいいんだけど)準備したものリストと教訓を。

□フェス持ち物

今回は台風接近で雨が予想されたので、雨対策でモンベルさんのジャケット(カッパ代わり)、折り畳み傘(帰り用)、カバン用の雨カバー

基本の用意として、

レジャーシート

タオル(2枚)

ハンドタオルとティッシュ(紳士の身だしなみだね)

Tシャツ(帰りの着替え用)

汗拭きシート

ゴミ袋(3枚ほど)

絆創膏(もしもの時用)

うちわ

ペットボトル500mlの3本(フェスで買うと1本200円するからスーパーで90円くらいのを購入)

ペットボトルを持ち歩く用のやつ(首からぶら下げるやつ)

2つ折り財布(貴重品管理は必須なので、持ち歩けない普段の長財布はダメ)

チケット(当たり前)

レジャーシートは、寝転がれるくらいの大きさじゃないとダメだったね。太陽が照りつける暑い空のもと、長丁場のフェスでは、寝転がっての休息は必要だからね。今回はちょっと小さかったから窮屈だった、、、

Tシャツは、2まいあった方が良い。ガッちゃんは、フェス公式のを1枚買って着ようと思っていたんだけど、あまりの行列で並ぶ気持ちが萎えて結局買えず。ハナレグミTシャツにしようと思ったけど、コレマタ売り切れで買えず、、、

汗拭きシートは、多少かさばっても持っていく価値アリだったね。泉大津フェニックスは砂ぼこりがなかなかのもんだから、汗+砂ぼこりで手足や顔が汚れてしまう。ちなみに、靴も砂ぼこりで汚れちゃうから、汚れても良くて履きなれた靴がいいね。ガッちゃんは、履きやすいけど、汚れちゃ嫌な靴を履いていってしまうという愚行を、、、

あと、重いのを覚悟で、ペットボトル500mlのを3本買って行ったけど、向こうで2本購入。ただ、5本も持っていけないから、ここは折り合いをつけるしかないね。あと、買って行くとぬるくなるから、そこも問題。暑いとどうしても冷たいのを飲みたいからね車とかならクーラーボックスとか持っていったらいいんだけど、電車だからどうしてもねぇ

とまぁ、準備と教訓はこんな感じかな~、って書いていたら、けっこうな量になっちゃったので、本編は次回

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

在日ファンク メジャー2ndアルバム「レインボー」完成ツアー/心斎橋BIGCAT

2016-09-04 | オススメ本&映画&音楽♪

いやー、行ってきました。在日ファンクのライブ。アルバム完成ツアー

心斎橋のBIGCATは、ハナレグミのライブ以来2度目。ハナレグミライブのときは、ちょっと遅れ気味で行ったから一番後ろの扉あたりだったんだけど、今回は前の方。4列目くらいかな?なので、みなさんの顔がバッチリ

なぜか?ハマケンさんがいつもよりカッコ良く見えたのは気のせいだろうか?

で、ライブはというと、いつものように、いや、いつも以上にカッコ良かった!

レインボーからいっぱい歌ってくれたし、爆弾こわいや嘘、京都などなど、ライブでおなじみの曲もモチロンいつもと違うアレンジがまたカッコ良かったんだね

そして、おなじみの京都レスポンスでは、まさかのレキシパクリで、高床式~、劇団四季~、キャッツ!からの、ビッグキャットで面白かったねー

1時間半ちょいのライブもあっという間に終わってしまった

次は11月に大阪へ来るから、またまた楽しみだねー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加