安東伸昭ブログ

安東伸昭の行動日記

26年6月ブログアクセス数

2014年06月30日 | ブログのアクセス数

平成26年6月30日 21:00

今日で、6月も終わりです。

6月度のブログアクセス数の報告です。

 

201406_2

6月アクセス総数 4216件

最大サクセス日  6月16日 334件

この日に多くのページを見ていただいたので、データを確認しました。

 3名の方が90~120分滞在

 1名の方が60~90分滞在

 1名の方が30~60分滞在でした。

ご意見を伺いたいのですが、迷惑メールが入りますので、コメントは中止にしております。

滞在時間

Photo_3

 

6月の平均アクセス数 140件

 

OCNのブログサービスが11月30日をもって廃止となります。

他のプロバイダーに移行を考えなければなりません。

8月頃から移行の準備をする予定です。

コメント

改正生活保護法

2014年06月30日 | 福祉

平成26年6月30日

改正生活保護法が7月1日施行されます。

Photo_2

 

コメント

岡山市の総合特区事業の取組

2014年06月30日 | 地方自治

平成26年6月30日 (29日の山陽新聞記事)

岡山市の総合特区事業の取組紹介記事

Photo

注目しておきたい内容です。

平成26年4月8日 時事通信社

岡山市の大森雅夫市長は8日の定例記者会見で、市の総合特区での実施を求めていた医療・介護の在宅向けサービス強化のうち2事業について、国と協議した結果、1事業は全国での実施、もう1事業は岡山県内での実施が認められたことを明らかにした。大森市長は「医療、福祉分野での岡山の存在感に重みが出てきている」と話した。

 医療法人による配食サービスの実施が全国で可能になるほか、岡山県が訪問看護・介護事業者に対する駐車許可簡素化事業を行うことが認められた。

 配食サービスは、高齢者らが病院などで受けていた栄養管理を帰宅後も引き続き受けることができるようにする。駐車許可については、緊急訪問の必要が生じた場合、事業者が迅速に対応できるよう訪問先周辺の道路などへの駐車許可手続きを簡素化した。

コメント

津山手をつなぐ親の会

2014年06月29日 | 障害

平成26年6月29日 10:00~

「先輩ママからのメッセージ&子ども達の思い」をテーマとして、見てみよう!聞いてみよう!話してみよう!シリーズ企画第11弾が「あいあい」でありました。

Photo

講師には、岡本さん(ダウン症児親の会あひるの会)さんが、障害児を持つ親の立場でお話しをされました。

野々上さんから、放課後等デイサービスLiebeでの体験談のお話しをされました。

第2部はグループでの話し合い

私は5班で参加致しました。

地元小学校での普通学級か支援学級かの選択で悩んだこと

支援学校に通うかどうか?寄宿舎生活をするかどうか?

様々な悩みごとをグループ内で話題として、話し合いました。結論までには至りませんが、充実したひと時であったと思います。

会場の周囲には、各支援施設のブースが設けられ、それぞれの施設の特徴ある製品の展示即売が行われました。

私の目にとまった作品を一つ上げるとすると、ビーズのストラップです。

この日の為に制作したものだそうですが、すごく根気のいる作業です。

Photo_2

 

新着情報がありました。

多機能型児童通所事業「ラルーチェめぐみ」が27年1月に開所予定

 場所は、林田小学校の南側(旧JA跡)

○児童発達支援事業

○放課後等デイサービス

○日中一時支援事業

 問合せは、津山ひかり学園ひかりの風(0868-26-7518)です。

 

コメント

勝北一般男子バレーボール大会

2014年06月28日 | スポーツ

平成26年6月28日 18:30~

第32回勝北一般男子バレーボール大会(9人制)が勝北中学校体育館で開催されました。

出場8チームが2組みに分かれて、リーグ戦を戦い、来週決勝戦がトーナメント方式で行われます。

Photo_2

 

2

迫力のあるプレーを観させていただきました。

梅雨を吹き飛ばすような、ハツラツとしたプレーで優勝を目指してください。

前年度優勝は、勝加茂東チームでした。

コメント

金澤翔子さんとの交流

2014年06月27日 | 新聞記事

平成26年6月26日 津山朝日新聞

6月21日 城西公民会で行った、金澤翔子さんとの交流会の様子が津山朝日新聞に掲載されました。

Photo

関連ブログ

http://blog.goo.ne.jp/nobunobu5220141001/d/20140621

テレビ津山でも録画放送されました。

 

 

 

コメント

総務省が人口動態について発表

2014年06月26日 | 人口問題

平成26年6月26日

総務省発表 総人口、5年連続で減少=自然減は最多の23万人

岡山県の状況及び津山市の状況については以下の表の通りです。

Photo_2

 

大きな画像はここをクリックしてください。 

 

津山市の前年比較は、-1,025人減で、減少率は-0.97%となります。

岡山県の減少率は、-0.29と低い数値となっているものの津山市は、全国3番目に減少率が大きい山形県に匹敵する数値となっています。

 より詳細なデータ値をもとに、危機感を持った、人口減少対策を講じる必要があります。総務省発表の内容は以下の通りです。

 人口減少社会や超高齢化を見据えたまちづくりを進める自治体などを集中的に支援する、地域活性化モデルに33事業決定し(5月29日)、お隣の真庭市が、循環型の地域づくりを通じた「真庭ライフスタイル」の構築と交流・定住の促進で選定を受けています。

この時、津山市も提案していましたが、残念ながら次点でした。

次点を糧として、さらなる提案を研究して欲しいと思います。

 

 

 

 総務省が25日発表した住民基本台帳に基づく2014年1月1日現在の日本人の総人口は、前年同期比0.19%減(24万3684人減)の1億2643万4964人となり、5年連続で減少した。出生者数が103万388人と、955人の微増に転じたが、高齢化により死亡者数が過去最多の126万7838人を記録。出生者数が死亡者数を下回る人口の「自然減」が過去最多の23万7450人となった。自然減は7年連続。 

 12年7月から新たに住基台帳の登録対象となった外国人住民は0.12%減(2347人減)の200万3384人。外国人住民を加えた総人口は1億2843万8348人だった。

 日本人の総人口のうち、15歳未満の年少人口の割合は0.09ポイント減の13.04%、15歳から64歳の生産年齢人口は0.49ポイント減の61.98%。一方で、65歳以上の老年人口は0.58ポイント増の24.98%となり、少子高齢化の進展を裏付けた。

 三大都市圏(東京、名古屋、関西)の日本人総人口は6439万4619人(4万4276人増)と過去最高を更新。名古屋圏と関西圏で減少が続いたのに対し、東京圏は増加数が拡大し、東京への一極集中の流れを改めて示した。

 都道府県別では、39道府県で人口が減少。減少率は秋田(1.23%)、青森(1.02%)、山形(0.96%)、高知(0.91%)の順で高かった。福島(0.72%)は前年度より減少幅が縮小。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の影響について総務省は「おおむね落ち着いてきた」と分析している。

 一方、人口が増えたのは前年と同じ8都県。増加率が高いのは東京(0.53%)、沖縄(0.42%)、愛知(0.16%)など。宮城(0.06%)は転入者数から転出者数を引いた「社会増」の率が東京に次いで多く、震災復興事業による県外からの転入者の増加などが影響しているとみられる。

 1世帯の平均構成人員は過去最少の2.30人。最も少ない東京都は1.97人と2人に満たない状況が続いている。

 

 

コメント

津山市議会の議会活性化

2014年06月25日 | 議会報告

平成26年6月26日

津山市議会議会活性化の状況が早稲田大学マニフェスト研究会の調査データから解ります。

 http://www.maniken.jp/

津山市議会は、上位300番内には入っておりませんので、研究会に直接連絡して、データを受領しました。

 

津山市議会の活性化の状況は、昨年度(2013年) 557番/全体1444中でした。

Photo

大きなサイズは、ここをクリックしてください。

 

前年度(24年)と比較すると、612⇒557と順位としては、6ポイントアップとなりました。

調査対象項目のそれぞれの点数は、

 情報公開 (24年度)120 ⇒ 185(25年度)

 住民参加 (24年度)125 ⇒ 185(25年度)

 機能強化 (24年度)150 ⇒ 190(25年度)

と、少しずつではありますが、活性化が進んでいます。

 

一問一答方式の採用、議会報告会の開催、議会のネット配信,

分離採決、各議員の賛否公表などが評価点につながったものと考えます。

 

この6月議会では、議員の倫理条例を制定しました。

他市町村議会も、議会活性化に取り組んでおり、議会のさらなる「見える化」に努めて行かなければなりません。

議会の見える化の取組みの一つが、議会報告会 ~市民と議員が語り合う会~ です。

 

次回は、10月1日(木) 午後6時から8時 市内4会場で開催する計画にしております。

 

まじかになりましたら、再度広報しますが、当日多くの市民の皆さんのご参加をお願い申し上げます。

 会場は、加茂町公民館(建設・水道委員会)、勝北公民館(総務文教委員会)、中央公民館(厚生委員会)、津山東公民館(産業委員会)の予定です。

 

 

 

 

コメント

津山市6月定例議会本会議最終日

2014年06月24日 | 議会報告

平成26年6月24日 13:00から

津山市6月定例議会本会議最終日

15議案及び追加上程議案(人事案件2件)の全てが、可決しました。

今回の定例議会で、僅差となったのは、【食料自給率の向上を最優先した「農政改革」を求める請願】についてでした。

(請願主旨)

 省略しております。

(請願項目)

1.「農政改革」にあたっては、食料自給率を向上させることを最優先に、家族経営をはじめ、担い手の支援、後継者の育成をすること。

2.農家の経営を守るため、現行の経営所得安定策の縮小・廃止する方針を中止し、さらに拡充すること。

そして、価格保障と所得補償を組み合わせた政策を行うこと。

提出日:2014年5月29日 同日受理する。(請願第2号)

上記請願については、産業委員会では、全会一致で不採択となっています。本会議では分離採決が行われ、賛成少数(僅差)で不採択となりました。

私は、不採択すべきものと考え、本会議に臨みました。

理由:食料自給率向上については、日本にとって欠かせない課題であると認識しておりますが、表題に惑わされてはダメだ!と判断しました。

国会の農林水産委員会の審議をネット中継で確認し、付帯決議を付して採択されています。特に衆議院の委員会では全会一致で付帯決議が可決されています。また、請願項目の内容も付帯決議に含まれています。

こうしたことを判断材料として、今回の請願は不採択と判断しました。

時間があれば、国会審議を確認してください。(審議は長時間になっています)

   

衆議院

平成26年 4月23日衆議院農林水産委員会で可決する。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=43860&media_type=fp

畑浩治(生活の党)先生の反対討論の終了後に採決に入っている。

平成26年 4月23日衆議院本会議において可決する。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=43873&media_type=fp

畑浩治(生活の党)先生の反対討論の終了後(1:24:00)に採決に入っている。

Photo

参議員

平成26年6月12日参議員農林水産委員会で可決する

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

カレンダーから6月12日を指定⇒農林水産委員会⇒紙知子(日本共産党)先生の反対討論の後(1:17:31後)採決が行われる。

付帯決議案-多数で可決   

平成26年6月13日参議員本会議において可決する。

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

カレンダーから6月13日を指定⇒本会議⇒紙知子(日本共産党)先生の反対討論の後(1:19:00後)採決が行われる。

投票の結果 投票総数239名 賛成143名 反対96名 にて法案は可決しました。

津山市議会⇒不採択 

井原市議会⇒不採択

倉敷市議会⇒不採択

赤磐市議会⇒まだ(6月27日)

玉野市議会⇒まだ

高梁市議会⇒まだ?

コメント

津山市議会6月定例議会最終日

2014年06月24日 | 議会報告

平成26年6月24日

おはようございます。

6月2日開会の津山市議会6月定例議会は、本日最終日を迎えます。

10:00から議会運営委員会

11:00から全員協議会

13:00から本会議となります。

本議会に上程された議案15議案、その他請願等5件、本日提出の人事案件の採決が行われます。

委員長報告の後、質疑、討論を経て採決となります。

 

 

コメント