安東伸昭ブログ

安東伸昭の行動日記

SDGs未来都市に岡山市、真庭市が選定

2018年06月16日 | 行政
平成30年6月19日山陽新聞
真庭市長 SDGsへの取り組み


平成30年6月16日 さんデジ

岡山、真庭市が「未来都市」に 内閣府選定、持続可能な開発を

内閣府は15日、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」を地方都市レベルで実践する「SDGs未来都市」に、岡山、真庭市、広島県など全国29自治体を初めて選定した。
このうち森林資源の活用を柱とした真庭市など10自治体をモデル事業とし、1件当たり最大4千万円を補助する。




 この日、首相官邸で安倍晋三首相が各首長らに選定証を交付した。

 真庭市は恵まれた森林資源を生かし、新建材CLT(直交集成板)の普及や木質バイオマス発電を推進。
家庭の生ごみなどから作る液体肥料を用いた農業も進め、地域内で資源を循環させる「回る経済」の確立を目指す。
 岡山市は医療・保健をテーマに掲げ、健康寿命の延伸、生活習慣病に関する医療費の低減などを図る。
民間資金を活用した健康ポイント制度▽スマートフォンによる遠隔健康医療相談―といった事業を展開し、健康活動の習慣化に取り組む人を約3倍に増やすことなどを目標としている。

広島県は「国際平和拠点ひろしま」の取り組みを加速させる構想で選ばれた。
全国55自治体から提案があり、有識者による検討会が4道県と25市町村を選定した。
選ばれた自治体は、計画策定や事業実施に当たって国のサポートが受けられる。各自治体は今後、具体的な計画策定に着手し、9月ごろの本格始動を目指す。
内閣府は、SDGs達成に取り組む自治体の割合を2020年時点で30%とする目標を示している。

大森雅夫岡山市長の話
 保健・医療分野の蓄積やESD(持続可能な開発のための教育)の活動が期待を受けたと思う。
来年は市内で20カ国・地域(G20)保健相会合もあり、取り組みを世界に発信したい。

太田昇真庭市長の話
 市が目指しているのは、地域の特性を生かし、真に豊かな暮らしが持続していく未来で、SDGsの目的そのもの。
モデル事業に選ばれたことは大変誇らしい。

内閣府地方創生推進事務局
  29自治体一覧


SDGs
 英語の「Sustainable Development Goals」の略。
環境を保全しつつ人々が豊かに暮らせる社会の実現などを目指す。地球温暖化対策や再生エネルギー拡大、貧困撲滅、質の高い教育などに各国が協力して取り組むため、国連が2015年9月にまとめた。
30年までに実現すべき目標を17の分野別に盛り込んでいる。
政府や専門機関だけでなく、地方自治体や企業、団体なども主体とされている。

コメント

美咲町副町長選任

2018年06月07日 | 行政
平成30年6月16日 山陽新聞

美咲町長の処遇と副町長選任


平成30年6月7日 山陽新聞
美咲町副町長辞職願い提出





コメント

津山市執行部3役紹介

2018年04月21日 | 行政
平成30年4月21日(土)

津山市執行部3役
津山市 谷口圭三市長
 3月4日 新市長インタビュー

津山市 山田賢一副市長


津山市 有本明彦教育長


コメント

津山市役所人事異動

2018年03月24日 | 行政
平成30年3月23日 
津山市役所の人事異動が発表されました。

津山市こども保健部長に女性登用 4月1日付人事異動
津山市は23日、4月1日付の2018年度人事異動を発表した。
総数は前年より77人多い320人で部長級14人、次長級18人、課長級39人など。
女性の活躍を推進するため、こども保健部長に女性を登用し、財政、環境福祉部に部長級の参与を配置した。

一方で組織のスリム化を狙い、情報政策と人権啓発を担当する部長級の参与をそれぞれ廃止した。
職員の人材育成と情報収集を図る目的で、11年ぶりに国(経済産業省)に一般職員1人を派遣する。

部長級の異動は次の通り。
▽総合企画部長兼行財政改革推進室長(産業経済部次長兼観光振興課長)明楽智雄
▽総務部長(議会事務局長)梶岡潤二
▽財政部長兼契約監理室長(産業経済部参与)二宮俊幸▽財政部参与(環境福祉部参与兼社会福祉事務所長)小賀智子
▽環境福祉部参与兼社会福祉事務所長(総務部次長兼人権啓発課長兼こども保健部企画参事)飯田早苗
▽こども保健部長(総務部参与兼情報政策課長)織田敬子
▽産業経済部長(総合企画部長)玉置晃隆
▽産業経済部参与(環境福祉部次長兼環境事業課長兼津山圏域衛生処理組合派遣)森山誠二
▽都市建設部長兼建築住宅課長(水道局次長兼水道局企画調整官兼経営企画室長)岡部卓史
▽地域振興部長(財政部長)岡完治
▽会計管理者(会計管理者兼出納室長)山口一義
▽議会事務局長(議会事務局次長)野口薫
▽生涯学習部長(生涯学習部次長兼文化課長兼市史編さん室長補佐)小坂田裕造
▽津山圏域資源循環施設組合派遣(財政部参与兼契約監理室長)林田敏之

◇退職者(31日付)
▽総務部長 山本倫史
▽環境福祉部参与 甲田勉
▽こども保健部長 忠政堅之
▽産業経済部長 高務雅彦
▽都市建設部長 原田博史
▽地域振興部長 鈴木洋二
▽生涯学習部長 松尾全人

津山朝日新聞
部次長の移動


山陽新聞



コメント

津山市成人を祝う会で配布された資料

2018年01月08日 | 行政
平成30年1月8日 
昨日、津山市成人を祝う会が挙行されました。
新成人の皆さんに配布された資料を改めて観ると、社会人として、学生として、今後生活して行く上で大切な情報が満載です。
内容は、新成人に限定するものではありません。
是非、一度目をとおしていただきたいと考えます。

社会人として




津山市仕事・移住支援室(0868-24-3633) 


情報収集 

●津山市長選挙があります(2月4日告示 2月11日投票日)「選挙の行こう!」
 「池上彰の選挙のススメ」をの一読を進めます。
  明るい選挙推進協会のページにリンク設定

 キーワード「ボートマッチ」




コメント

真庭市 太田昇市長新春インタビュー

2018年01月06日 | 行政
平成30年1月6日
県北首長新春インタビュー
トップバッターは、真庭市 太田昇市長です。
「すべての施策を人口減少対策に結びつける!」


平成29年度は、真庭市長のインタビューは市長選挙の為、データがありません。
今年は、津山市、美作市、新庄村の首長選挙があり、トップインタビューはありません。
コメント

年始のあいさつ廻り

2018年01月05日 | 行政
平成30年1月5日

年始のあいさつ廻り

津山市役所庁舎内、美作県民局、津山警察署、作州津山商工会、津山市役所勝北支所、山陽新聞津山支社 他






コメント

岡山県内の市町村財政状況

2017年12月31日 | 行政
平成29年12月31日 山陽新聞

岡山県内の平成28年度、市町村財政状況
津山市は、経常収支比率が94.2%を超える危険水域に入り、財政状況は厳しい!
 津山市の財政状況( )は平成27年度決算値。
  経常収支比率   94.2( 89.9)
  実質公債費比率  11.7( 12.4)
  将来負担比率  137.5(156.6)

2016年(平成28年度)決算


2015年(平成27年度)決算



実質公債比率
一般会計等が負担する元利償還金及び準元利償還金の標準財政規模に対する比率

将来負担比率
一般会計等が将来負担すべき実質的な負債の標準財政規模に対する比率

コメント

本会議場の活用について

2017年12月30日 | 行政
平成29年12月29日

12月28日市役所の仕事納めでした。
県北の市町村の首長から職員に向けての挨拶がありました。



北海道伊達市では、本会議場を使っての仕事納めです。



私は、本会議場をこんな使い方も有り!と考えています。
議会活性化委員会で少し意見を申し上げたこともありますが、皆さんにはピンとこなかったようです。

ネット配信可能な施設を有しており、全国に動画配信も可能となっています。
議会閉会中の議場の利用について、考える必要あり!





コメント

津山市の新年度(平成29年度)の始まり

2017年04月04日 | 行政
平成29年4月3日

平成29年度の始まりです。

津山市では、新採用21名の任用式が行われました。



29年度の人事異動の名簿です。
 山陽新聞の記事をテキスト化しました。

コメント