みみずのしゃっくり

みみずのしゃっくりのように役に立たないことを不定期に書き込むブログ。
専属スターはいませんが、猫っぽい内容です。

じゃんだるむ

2018-04-06 | その他

うっかりしていて数日過ぎてしまったのです どうもすみませんです

ジャンダルムはジャンヌダルクではありません。でもフランス語です。



その見本と言うか、お手本とも言うべきジャンダルムさん

いつもの新聞HPから

ちょっと前になりますが、フランスのカルカソンヌでテロ事件があり、テロリストが人質をとってスーパーマーケットに立てこもりました。
そのとき、女性の人質の代わりに自らが人質となり、犯人に撃たれた傷がもとで亡くなったのが、このジャンダルムさんです。


詳しくは、このフランス大使館HPで御覧ください。
在日仏大使館のHP:アルノー・ベルトラム大佐の国民追悼式

英語ウィキ:Gendarmerie


ジャンダルムという言葉を知ったのは、もう昔々・・・
ある会合で、軍服を着ている人が2人いたので「兵隊さんですか」と尋ねたところ「私たちはジャンダルム」ですとの答え。
そのときは勝手に「なるほど、都市警察と地方警察の違いだな」と解釈して、その後追及することはありませんでした。


今回の事件で久しぶりにジャンダルムの言葉に遭遇、改めて検索してみました。
元々は「ジャン・ダルム」で「武装した人」という意味です。
その制度・組織はジャンダルメリーと呼ばれ、ナポレオン時代に採用され、当時のフランス支配下や影響下の国々にも導入されました。
それで、オーストリアにもジャンダルメリーがあり、私はジャンダルムさんに出会ったのでした。

日本では治安部隊という訳も見られますが、憲兵と訳されている場合が多いようです。しかし軍隊とは別組織なので「兵」と呼ぶのもおかしい気がします。
合法的な武装集団・組織が巨大化するのを防ぐため、どこの国でも幾つかの組織に分割されているようです。
例えば、警察、軍隊(陸・海・空)、沿岸警備隊(海上保安庁)など・・・
オーストリアでは2000年以降は警察に統合されたようです。
今でもジャンダルメリーが残っているのはフランスのほか数ヵ国。
イタリアではカラビニエリと呼ばれます。カービン銃を持っていたからでしょうか?
三銃士(トロワ・ムスケティエレ)はマスケット銃を持っていたのでしょう。



昔はイタリア語勉強のため良くイタリア映画を見ました。すると「カラビニエリ」と叫びながら武装した人々が登場する場面も良くありました。

そのカラビニエリの儀式用正装

ウィキ・フリー画像


以前イタリアのシエナかヴェネチアかトリエステで、この正装集団(徒歩)に出会ったことがあります。失礼ですが、可笑しくて笑ってしまいました。どうも仰々しくて滑稽なのです。
日本人が、いわゆる時代劇で江戸時代や、それ以前の服装・髪型の人々を見ても驚きませんが、幕末の遣米使節遣欧使節の人々を見たアメリカ人やヨーロッパ人は驚いたことでしょう。笑ったかも知れませんね。







コメント   この記事についてブログを書く
« 春眠こねこ | トップ | 7日の花 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事