ぼけ~~~っと人生充電記!

こんな時だから、こんな時だからこそ、色んな事を書き残していきます。

<経産相後任>枝野氏に内定

2011-09-12 12:22:55 | 時事ネタ


 野田佳彦首相は12日、東京電力福島第1原発事故をめぐる不適切な言動で引責辞任した鉢呂吉雄前経済産業相の後任に、枝野幸男前官房長官(47)を内定した。同日夕に藤村修官房長官が発表し、夜には認証式を皇居で行う見通しだ。首相は13日に開会する臨時国会の前に事態の早期決着を図ったが、就任直後の閣僚の失言に対して、野党が政権批判を強めるのは必至だ。
 枝野氏は、埼玉5区選出で、衆院当選6回。民主党政調会長、幹事長、幹事長代理を歴任し、今年1月の菅内閣改造で官房長官に就任した。東京電力福島第1原発事故の対応に官房長官としてあたった経験や、エネルギー政策・原子力行政の見直しにかかわってきたことを重視した。
 経産相の臨時代理は、11日から藤村氏が務めているが、臨時国会では、野田首相の所信表明後の14~16日に各党の代表質問が行われる見通し。このため事故対応や原発再稼働など多くの課題を抱える経産省には、専任閣僚が欠かせないと判断した。
 首相は11日、鉢呂氏の言動について首相官邸で記者団に「福島県民の皆様には大変お心を傷つけることになり、深くおわびを申し上げます」と陳謝した。藤村氏は「残念だが、本人の(辞任の)決意が重かった」と記者団に述べた。
 さらに首相は、同日の復興対策本部などの合同会合で「閣僚から不適切な言動があった。スピード感をもって、やるべきことをきちんと実行することによって被災者の期待に応える」と、信頼回復に努める考えを強調した。
(http://www.excite.co.jp/
News/politics_g/20110912/Mainichi_20110912k0000e010041000c.html)

 

 

こんな輩が大臣に、それも専門外の大臣になれたのは党内融和、年功序列のおかげ。

遅かれ早かれ起こりうる閣僚交代劇だった。

 

まだまだおかしな大臣はいるぞ!

罷免第2号は山岡?一川?平岡?

小宮山のおばはんはうまいこと煙に巻くかな。

 

取りあえず枝野新経済産業大臣、がんばって下さい。

                           1726号

コメント   この記事についてブログを書く
« <なでしこ>トップで五輪予... | トップ | 中秋の名月 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

時事ネタ」カテゴリの最新記事