マンガ家高橋陽子の「頑張りましたねタカハシさん」

イラストレーター高橋陽子の秘密基地ブログ http://takaing.com

老後の生活の為に物の整理、2日目刺繍の通信講座の材料

2018-05-31 | NHK シブ5じゅ(老後に向けてお片づけ)


結婚する前にやり始めていた通信講座。
作品は1つぐらいしか提出していないので材料はたっぷり残ったまま。
この通信講座は母と一緒にやっていたから
2つ同じ作品があります。

裏側に私の名札が提出ように縫い付けられたまま。

で、よく見るとこの名札は母の文字。
こりゃ、刺繍まではやったけど
その後のお裁縫の部分がめんどくさくて
母にポーチに作ってもらって
おまけに母に提出してもらったわけだったんだわ、、、。

結婚間近までこの手のかかりよう!
この名札だけ見ても
申し訳ないというか
甘えていたんだなぁとか
愛されていたんだなぁとか
いろいろ思うわけであります。

この刺繍の材料は
お絵描き教室の生徒に
面白いの作って〜ってあげて
少し自分でも作ろう。
母の作品と私の作品は
取っておきます。
母の作品の方が荒っぽいけど
今の私だったら面倒で出来ない!

これ刺繍講座の作品だから
いろいろな種類のステッチを学ぶためのデザインなので
もーステッチの種類が多くて大変なんだもん。
母が今の私ぐらいの歳の時のパワーは
私よりある感じです。
でも、もしかしたら
頑張ってパワー出していたのかなあ。
娘の前で元気出していたのかなあ。

私と何かするのを
楽しんでいたんだろうかしら。
それなら、もう少し優しくすれば
良かったわ。くー。

★★★★
くらしラクーる
発売中!
マンガ連載中

↓ココカラ手帳もよろしくお願いします。
50歳前からのココカラ手帖

ホームページの表紙の封筒のマークをクリックすると
メール送れます!
高橋陽子のホームページ

☆☆☆☆☆
コメント

5月30日(水)のつぶやき

2018-05-31 | 毎日つぶやきまとめ
コメント

老後の生活の為に捨てるつもりなのに、捨てられないもの

2018-05-30 | NHK シブ5じゅ(老後に向けてお片づけ)

老後の生活の為に
身辺整理を始めた1日目。

家に5個硯箱があることを発見!
子供達のが2つ、

旦那さんの家にあった旦那さんのが一個

私が結婚する時持ってきたクッキーの缶に入っている硯が一個
私の母のが一個。
母の硯箱は可愛くて
日ごろは本の形になっているので
本箱に入れられるのだけど
開けると硯箱なの。



硯箱なんかすぐに捨てるべきなんだけど
墨汁や墨が入っていたりするし
1回使って洗ってあげてから捨てたい。

この前友達たちが写経やりたいとか言っていたから
友達集めて写経会でもやろうかしら。
みんな絵を描くのもいいけど
写経もしたいらしい。
とりあえず1回使ってから捨てることにしたいな。

なんだか身辺整理も先が長いわ〜〜。
こんなことじゃね。
(最後に1つ残すとしたら母の硯箱だわね。)

これから先1番捨て難いものは何かって調べたとしたら
私の場合、
硯箱と習字のお手本だと思うわ。
あと留袖ね。

硯箱とお習字のお手本と
留袖以外のものは最後まで
持っているかなー。

とにかく
老後の巣に入れるもの選んでおります。
断捨離って言葉の正しい意味がわかってないかもしれないから
断捨離っていうのじゃなくて
老後の巣に持っていくものを選んでいると考えることにしようと思います。

コメント

昨日の水彩画、白い紫陽花アナベル

2018-05-30 | 今月の大人のお絵かき教室

今日の水彩画
白い紫陽花アナベル。
まー大変!紫陽花の花全部描いたから大変!

本当はブルーのガラスの瓶に入れて描こうと思っていたのだけど、
大きいガラスの入れたの細い茎が
きれいだったので
ちょいとバランス悪いけど
これにしました。
(事情があって
瓶を取りに行く余裕がなかった!

最近、花の絵を描いていて一日が
あっという間に時間が過ぎてしまいます。
世の中の人がきちんと働いているかと思うと
こんな事していて良いのだろうかと
恐ろしくなります。
とにかくとにかくとにかく
絵を描く絵を描く。

難しい難しい、絵は
毎回毎回難しい。
基本的なことをコツコツコツコツ。
難しい難しい!


大人のお絵描き教室は
次は6月6日水曜日の午後4時半から6時半
場所は本郷東大前
連絡を乞う!
★★★★
くらしラクーる
発売中!
マンガ連載中

↓ココカラ手帳もよろしくお願いします。
50歳前からのココカラ手帖

ホームページの表紙の封筒のマークをクリックすると
メール送れます!
高橋陽子のホームページ

☆☆☆☆☆
コメント

老後に向けて家を片付ける、基地撤収一日目

2018-05-30 | NHK シブ5じゅ(老後に向けてお片づけ)

わたしの家はごちゃごちゃです。
片付けられない女として
取材がきてしまうぐらいの本物です。

ついに息子に
「少し捨てたら?」と言われました。
冷静に考えたら
息子の奥さんを応接間にしている和室しか
入れた事がない。
家の二階に上がってもらっていない。
その二階には私の基地があるからだ!
これから100日で
私の基地を撤収するのだ!

冷静に考えても
普通に考えても
とにかく
基地撤収だ!
★★★★
くらしラクーる
発売中!
マンガ連載中

↓ココカラ手帳もよろしくお願いします。
50歳前からのココカラ手帖

ホームページの表紙の封筒のマークをクリックすると
メール送れます!
高橋陽子のホームページ

☆☆☆☆☆
コメント (2)