自由民主党 柏市議会議員・円谷憲人 公式ブログ

千葉県柏市議会議員 円谷のりひとの議会・活動報告、政策提言など。記事には政治活動以外の内容(雑記)も含まれます。

道路維持費のさらなる予算増を要望=決算審査委員会

2014年10月31日 13時56分03秒 | 政治・議会活動
 30日、決算審査特別委員会が開かれ、交通や公園の管理、商工業などを所管する建設経済委員会所属部署の担当事業に関する質疑を行いました。私は道路維持費、交通不便地域に対しての対応などについて質疑いたしました。主な質疑の内容は、下記の通り。

 観光事業については、市内の観光できそうな箇所をデータベース化したとのこと。手賀沼や旧吉田家住宅公園、布施弁天などがあるとはいえ、柏市は自治体の性質としてはいわゆる観光地ではありません。しかしながら、市外から多くの方に柏を訪れていただくためには、観光事業は必要です。データベース化をしたことで職員はもちろん、関係団体に対しても整理された情報、掘り起こされた情報を提供し、市内外にPRしていくとのこと。さらなる地域の活性化に生かしたいところです。

 道路維持費に関しては、要望件数も多く、例えばカーブミラーの設置など、地元町会・自治会のから行政が要望に応えてくれたかどうかが非常に分かりやすい事業です。もちろん、要望をすべてかなえることは難しいですが、行政と地域の信頼関係の構築に直結するともいえます。今年度、多少の予算の増額があった項目ですが、それでも足りないとの考えから、さらなる予算増を求めました。

 沼南地区で行われているオンデマンド交通「カシワニクル」は徐々に利用者が増えており、また柏市南部地域で運行しているジャンボタクシーも地域のお年寄りの足として定着しているとのこと。今後、高齢化の進展とともに交通不便地域は増えていくおそれがあります。行政と市民、事業者がそれぞれメリットがある施策こそが理想ですので、交通不便地域への対応の際は、市民の声と事業者の意見をよく聞き、こうした交通施策につなげていかなくてはなりません。

■その他の質疑項目

・観光事業の状況と成果
・道路維持費における各事業の状況と実績
・地域排水整備事業における市内の状況
・総合交通計画事業におけるオンデマンえド交通、乗合タクシーの運行状況
・駐車場使用料についての見解と改善点


■関連リンク
いかにして「一泊」を 観光行政の課題=議会報告(2013年月9議会)
公民のバランス 交通不便地域の定義づけを=議会報告(2014年月3議会)
交通弱者への対応とオンディマンド交通 (2012年3月議会)
沼南地域における移動には予約制の相乗りタクシー「カシワニクル」をご利用ください(柏市HP)
『千葉県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 柏市子育てサイト「はぐはぐ... | トップ | サンフラワーズは黒星スター... »
最近の画像もっと見る

政治・議会活動」カテゴリの最新記事