エコドライブ日記

エコドライブの話題を書くつもりで始めたブログですが、
ほとんど政治の話題になってしまったブログです。

米軍ありがとう 仙台空港が使用可能に

2011-03-18 00:35:21 | ニュース
アメリカ軍は凄いな 米軍が避難所に救援物資搬送


Voice to Japan


米軍のおかげで仙台空港の一部が使えるようになったそうです。

記事によると、16日に作業に着手し、その日のうちに4ヶ所のヘリポートを設置、
救援ヘリによる物資輸送を開始していたのだとか。素晴らしい機動力ですね。

米軍以外にも海外からの救援隊、自衛隊をはじめとする国内の救援部隊も
被災地で懸命にがんばっておられます。

自衛隊も既に1万5千人を救助したと報道されています。

素晴らしい活躍ですね。本当にありがとうございます。


【仙台空港の復旧、米空軍が作業着手へ】 2011/3/16 12:36  

米軍は16日、東日本巨大地震の被災地支援で、地上での作業に着手する。機能停止に陥った仙台空港を復旧させるため、米空軍隊員が同日中に到着し、がれきの撤去作業などに取りかかる。これまで手がけてきた被災者の捜索や救援物資の輸送に加え、インフラの復旧支援も本格化する。

 防衛省統合幕僚監部によると、隊員と機材を乗せた米空軍C―130輸送機が2機、16日中に仙台空港に着陸する。同空港は冠水しており、離着陸できない状態が続いている。地震発生後、米軍による地上での支援活動は初めて。

 米軍はこれまで、海軍の原子力空母や空母艦載ヘリコプターを使い、被災者の捜索・救難や物資の輸送などにあたっていた。

 今後は地上での作業を本格化する。空軍に続き、海兵隊も仙台空港の復旧支援に乗り出す。米海軍の強襲揚陸艦エセックスが18日にも仙台沖に到着し、海兵隊員ががれきの除去などに取り組む予定だ。

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E3E4E2E2918DE3E4E2E1E0E2E3E39790E3E2E2E2;at=ALL

【仙台空港の機能、一部復旧-滑走路半分のみで日米輸送機発着開始へ】(2011年03月17日)

運用中の仙台空港(参考画像・震災前に撮影・国土交通省)
 東日本大震災で被災し閉鎖された仙台空港(宮城県仙台市)で3月17日、空港機能の一部が復旧。輸送機などの運航が再開した。

 同空港は地震と津波により滑走路を含むほぼ全ての空港施設が水没する甚大な被害を受けた。被災地のまっただ中にありながらも救援物資の輸送拠点としての早期の再開が求められ、米軍などにより復旧作業が進められていた。16日には4カ所のヘリポートを設置、自衛隊・米軍などの救援ヘリが物資輸送を開始していた。

 現在までに同空港の3,000メートル滑走路の半分にあたる約1,500メートルで、がれきや海水などを除去。輸送機などの発着が可能になった。自衛隊関係者による「滑走路は1,500メートルで足ります。どんどん(救援物資を)運びます」という力強い言葉が伝えられている。

 同空港は海岸から数キロに位置することから、付近の海上で待機する米海軍の揚陸艦「エセックス」からの物資輸送の拠点とすることも検討されている。

http://airportnews.jp/headline/668/

Storyful - Sendai Airport Japan Tsunami Flood Earthquake 仙台空港日本津波洪水地震端末



コメント   この記事についてブログを書く
« 官房副長官に仙谷を起用!(... | トップ | 武田邦彦さんのブログ(11/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事