エコドライブ日記

エコドライブの話題を書くつもりで始めたブログですが、
ほとんど政治の話題になってしまったブログです。

秘書がやったことです。

2009-06-30 21:33:54 | 政治
民主党鳩山代表事務所の政治資金収支報告書の虚偽記載問題は、
予定通り秘書が勝手にやったことにして幕引きするようです。

『秘書がやったことです。』で終わりにできるなら、
これまで同様の問題でさんざん国会を空転させてきたことを
どう説明するんですかね。

ダブルスタンダードもいいところです。

安倍政権時代の閣僚の事務所費問題の時は総理の任命責任を執拗に
追求していたはずですがね。

民主党ならばマスコミもあっさりしたものです。
2代続けて『代表』が事務所費問題を起こしたというのに。



【鳩山氏、虚偽記載は2177万円 原資はすべて本人資金】

民主党の鳩山由紀夫代表は30日夕、国会内で記者会見し、
政治資金収支報告書に記載の個人献金者が献金を否定したり、
故人が含まれていた問題について、虚偽記載は2005~08年の
4年間で約90人で193件、総額2177万8千円に上ると明らかにした。
原資はすべて鳩山氏本人の資金で、不正なものは含まれていないと説明。
「誠に申し訳ない。国民に深くおわびする」と陳謝した。

問題となったのは、鳩山氏の資金管理団体「友愛政経懇話会」。
鳩山氏は経理を担当していた公設秘書を解任。
収支報告書は鳩山氏からの貸付金として修正した。
会計責任者の政策担当秘書については「しかるべき処分をしたい」と述べた。

http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009063001000845.html
コメント

パネルは売っても設置はするな

2009-06-30 18:33:20 | エコ雑談
政府が言うには、
中期目標を達成するためには
太陽光発電パネルを設置することが必要らしいです。

しかし、太陽光発電パネル自体はそれほどエコなものではありませんし、
日本は太陽光発電に適した気候の国でもありません。

日本の製造業の力を維持することを前提に考えると、
製造される製品が、以後のCO2排出を抑制するもの、
例えば太陽光発電、省エネ家電、エコカー
であった方がいいわけですし、
今なら高く売れるでしょう。
ですから、製造することは大歓迎です。

しかし、日本に設置した方が良いとは思いません。

性能が上がり、安く作れるようになって設置しても遅くないと思いますし、
日本には太陽光発電よりも水力発電の方が適しているとも思います。

それまでは輸出中心でいいでしょう。
コメント

景気回復のニュースがチラホラ

2009-06-30 11:00:00 | 政治
景気回復の兆候を知らせるニュースをちらほら見かけるように
なってきています。

しかし、テレビは「解散」以外に興味は無い様で、
連日麻生総理に解散時期を尋ねて同じ答えをもらっています。

マスコミは景気を回復させる気がないんですかね。
景気回復する前に解散させたいと焦っているようにも見えます。


【景況感、2年半ぶり改善か=1日に日銀短観】
6月29日19時0分配信 時事通信

日銀は1日、6月の企業短期経済観測調査(短観)を発表する。
民間シンクタンク13社の予測によると、企業の景況感を示す
業況判断指数(平均)は大企業製造業で過去最低だった
前回調査(マイナス58)から15ポイント改善しマイナス43となる見通しだ。
実際に改善すれば、2006年12月調査以来2年半ぶりとなる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090629-00000129-jij-bus_all

【中小の景況感3年ぶり改善=4~6月期、基調判断も上方修正-経産省調査】

経済産業省が26日発表した4~6月期の中小企業景況調査によると、
全産業の業況判断DI(「好転」と答えた企業の割合から「悪化」の割合を
差し引いた指数)は、過去最低だった前期に比べ6.6ポイント上昇の
マイナス43.4となり、2006年1~3月期以来約3年ぶりに改善した。
 
また基調判断を「急速に悪化している」から「下げ止まりの動きが見られるものの
依然として厳しい状況」に上方修正したが、
同省は「悪化と答えた企業数が減っただけで、好転と答えた企業は増えておらず、
厳しい経営環境は変わっていない」(中小企業庁調査室)とみている。
(2009/06/26-16:13)

http://www.jiji.com/jc/zc?k=200906/2009062600732&rel=y&g=eco

コメント

マスコミは小泉劇場に踊らされた?

2009-06-30 06:50:00 | 政治
4年前の郵政選挙では、
マスコミが小泉劇場に踊らされたから
自民党が圧勝したという人がいますが、
本当にそうだったのでしょうか。

『ザ・サンデー』で森永卓郎は
あの選挙で有権者は郵政民営化だけで判断してしまった。
これを反省しなくてはならない。
と言い、

徳光和夫は、
あのときマスコミは小泉劇場に飲み込まれた
というようなことを言っていました。

4年前、マスコミと野党は
郵政民営化が全てではない。
郵政だけで判断してはいけないと
言い続けていたはずです。

小泉劇場に踊らされて追い風を吹かせていた訳ではなく、
むしろ逆風を吹かせていたのではないでしょうか。

自民党が圧勝したのは、
焦点を郵政だけに絞って単純にしたことで、
首相のメッセージが直接有権者に届いたからで、

マスコミの頭越しにメッセージが伝わり、
マスコミはコケにされたのですが、
それがくやしいものだから
小泉はマスコミの力を使って勝った
と言っているんじゃないでしょうか。

単純なメッセージでなければ
有権者を動かすことなどできません。

今のマスコミも、なんとなく『自民党はダメ』、
『麻生はダメ』という単純はメッセージを
刷り込んでいるじゃないですか。

有権者が、総合的に判断するには
全ての情報が提供されていなくてはなりません。

情報を隠したり、偏らせたりしながら、
総合的に判断してほしいとは笑わせる。
いい加減にしてほしいものです。
コメント

さすが民主党

2009-06-29 23:00:00 | 政治
こういうことって前にもありませんでしたっけ?

確か教育基本法の改正で、民主党が提案した法案を
自民が丸呑みしようとしたとたん引っ込めたんでしたよね。

今回も鳩山代表の政治資金問題があって
質疑応答を乗り切れないと判断したのでしょうか。

この報道も、テレビでは取り上げられずに
目立たないまま消えていくのでしょうか。


【提出したのに審議入り拒否? 民主が政治資金規正法改正案で】
2009.6.29 20:28(産経ニュース)

衆院政治倫理・公選法改正特別委員会は29日午後の理事懇談会で、
民主党提出の政治資金規正法改正案について協議した。

自民党は30日の趣旨説明を提案。民主党が「準備ができていない」と
難色を示したため、7月1日の審議入りを再度提案したが、民主党は持ち帰った。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090629/plc0906292028016-n1.htm
コメント