エコドライブ日記

エコドライブの話題を書くつもりで始めたブログですが、
ほとんど政治の話題になってしまったブログです。

環境を守りたいという思いはしばしば裏切られている

2012-01-05 22:34:04 | エコ雑談
昨年末、シャープが主催した太陽光発電設備の説明会に行ってきました。

買い取り価格が、予想通り(40円かな?)になったら儲かるらしいですよ。
いざ、制度が本決まりになったら順番待ちになるから早くした方が良いって言ってました。

説明では「我が社は発電事業に乗り出している」なんて言っていましたが、結局買い取り
制度がなければ発電事業には踏み込まないわけで、太陽光発電がエコだなんてウソもいいとこ
でしょう。

「石油を使わずに発電できるんだからいいだろう」と言う人もいるのでしょうが、
値段が高くて買い取り価格を高く設定しないと元が取れないんですから、製造時にはそれなりの
CO2を出しているでしょう。

また、欧州のどこだかでは(多分英国)、製品毎にCO2排出量が表示されているらしいですが、
おかしな話です。

まるで自分が金を払った時点でCO2の排出が終わるかのようですが、金が消えてなくなる
ことはなく、受け取る人がいて、その人はそのお金を使ってこれからCO2を出すことに
なるのです。

穏やかな水面に波を起こすようなもので、CO2排出量を抑えることなんて出来るはずが
ありません。結局、CO2を出したくなければお金を使わないようにするしかないでしょう。

それでもやりたい人には「どうぞご自由に」と言うしかないですが、太陽光で発電した
電気の買い取り費用は電気代に上乗せされるんですから迷惑な話でしかありません。

さて、今日はペットボトルの話を書きます。

もう、1ヶ月も前のニュースですが、「回収ペットボトルの海外売却」という話題が
報道されていました。

環境問題で武田邦彦さんが注目されたころに話題になった問題です。
下の動画でも既に問題として取り上げられています。

「環境問題のウソ」vs「環境問題のウソのウソ」


上の動画が出たころ、テレビでは、中国に行ったペットボトルは繊維になり、ぬいぐるみの
中身や衣料品にリサイクルされているなんて説明していましたが、とても信じられるような
話ではありません。中国がそんな面倒なことをすると思いますか?

「ごみ」として輸出するとバーゼル条約違反になってしまいますから、当然「資源」として
輸出しているのでしょうが、「資源」=「原材料」ではありません

「資源」ですから「燃料」として使うことも出来るわけで、当然「固形燃料」として使って
いる
と考えるのが妥当でしょうねぇ。

「環境を守りたい」という日本人の良心はしばしば裏切られているようです。

武田邦彦さんといえば 2011-04-07 07:36:12
http://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/3cb3cf8ea6c7ab53eeb9e44dfd344719

〔「回収ペットボトル」 海外売却の自治体名を公表へ 環境省〕 2011.12.4 01:00

 国内でリサイクルすべき使用済みペットボトルが、回収先の自治体から海外へと売却されるケースが後を絶たないため、環境省が、来年度から海外売却をしている自治体名を公表する方針を固めたことが3日、分かった。貴重な再生資源の消失となるほか、国内のリサイクル業者の経営悪化を防ぐためだ。ただ、海外の方が高値で購入してくれるなど、自治体にとっては国の方針に素直に応じにくい事情もあるようだ。

 容器包装リサイクル法によると、家庭から出たペットボトルは市町村が回収し、飲料・食品メーカーなどで構成する国の指定法人「日本容器包装リサイクル協会」に引き渡すことになっている。同法は企業に廃棄物の削減義務を課し、再資源化を促す目的で制定された。協会が市町村と業者の仲立ちをし、業者に入札を通じてペットボトルを売却、業者が再商品化する仕組みだ。

 ところが近年、原油高を背景に再生資源としてのペットボトルの価値が上昇すると、回収品を海外に売却する自治体が増加。環境省によると、指定法人に引き渡さない「独自ルート」を利用する自治体は平成22年度で約670にもなる。

 PETボトルリサイクル推進協議会によると、独自ルートに流れる量は14年度は3万トンだったものが22年度は9・2万トンへと3倍に増加。20年以降は減少傾向にあったが、23年度は再び増加に転じる見通しだ。協議会では、そのうち約4割が海外に流れているとみている。

 関係者によると、海外に向けた使用済みペットボトルの9割以上が中国へ流出。中国は日本の取引価格の約3倍で購入するため、中国向けの輸出は5年前の4倍になったという。

 日本製は品質が良いため、高値で購入しても、リサイクルした商品を売れば元が取れるようだ。

 海外に売却している、ある自治体の担当者は「指定法人ルートよりも高く販売できるから」と返答。また別の自治体では「量が多いときに迅速に引き取ってもらえるなど柔軟に対応してもらえる」と、独自ルートに流す理由を話す。

環境省は20年度から毎年、「(ペットボトルの独自処理は)基本方針に違反しており、リサイクル法の趣旨にも反している」という趣旨の通知を自治体に出している。だが通知には強制力はなく、この4年間で独自ルートに流す自治体の数は変わっていない。

 危機感を強める環境省では「国内のリサイクル制度を堅持し、業者を保護するためには、方針を守らない自治体名の公表も辞さない」と話している。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/111204/trd11120401000001-n1.htm

当ブログの武田邦彦さん関連記事まとめ(リンク集)
http://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/6a193f9b1db6fea5c154ce23cc3bb9db
コメント

日本もカナダを見習うべきだな(京都議定書脱退)

2011-12-13 23:20:12 | エコ雑談
カナダが京都議定書から脱退しました。素晴らしい。

日本もカナダを見習って、こんな不平等な枠組みからは早く離脱して欲しいものです。

倹約、節約は日本人の美徳ですし、「行き過ぎた消費を反省する」程度の節約には
賛成できるんですが、「節約のために出来る限りの強力をしよう」というキャンペーンには
賛同できません。

マスコミは京都議定書の不平等さを全く知らせずに、CO2削減キャンペーンを繰り返しており、
カナダが脱退しても、「京都議定書の形骸化が危惧されます」などと報道しています。

その結果、「京都議定書を守ることは正しいことなんだ」と多くの日本人は思い込まされている
ようですが、その実態はただの不平等条約、日本にとってメリットは何もないのです。

下の記事で武田邦彦さんが「削減義務を負っているのは日本だけ」と話している音声を紹介して
いますが、大体その通り。

もう一つの売国交渉(COP17)2011-11-27 20:05:43
http://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/6b47352ed03cfdeeda450904773bbd37

既にご存知の方も多いでしょうが、一応書いておきますと、

京都議定書では、90年を基準に欧州が8%削減、米国が7%削減、日本、カナダが6%削減
という目標が定められています。

一見、先進国は全ての国に目標が設定されているように見えますが、この条約のインチキな
ところは、「90年を基準とする」こと、「欧州は国別ではなく"EU"というくくりで目標が
設定されている」
ことです。

90年を基準としたことで、欧州には旧東側諸国が含まれることになります。
東側の非効率的な設備を廃止し、西側の設備を使うだけで、「EU」は排出CO2を簡単に
削減できたわけで、京都議定書を結ぶ時点で8%の削減目標は既に達成されていたわけです。

ですから、京都議定書というのは、批准した国の中で、実質的に削減目標を課せられているのは
日本とカナダだけ
という、とんでもなく不平等な条約なわけです。

日本人の中からも京都議定書の不平等さを批判する声があがっても良いと思いますが、
このことをマスコミが全く知らせてくれませんから、そんな意見が盛り上がるはずがありません。

なぜ、マスコミは京都議定書の不平等さを受け入れて、CO2削減キャンペーンを行なうのか、
その答えのひとつがこれではないでしょうか。

〔中国、カナダの京都議定書脱退批判 削減義務求める〕2011.12.13 20:14

 カナダの京都議定書脱退について、中国外務省の劉為民報道局参事官は13日の定例記者会見で「国際社会の努力に反しており、遺憾だ」と述べ、非難した。

 中国は、温暖化は発展途上国より先進国に大きな責任があると主張し、先進国の温室効果ガス削減義務を定めた議定書の継続を支持している。

 参事官は「カナダが責任と義務を直視し、排出削減の継続を認めることを望む」として、先進国であるカナダは削減義務を負うべきだとの考えを強調した。

 中国が削減義務を負っていないことが国際的に批判されているが、参事官は「中国は気候変動問題で確実に行動している」と述べた。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/111213/chn11121320150008-n1.htm

日本が京都議定書を守って国力を弱めるのことを、中国様が望んでおられるのですよ。

もちろん、地球温暖化のことを心配しているわけではありません。

ちょっと古いですが、国際エネルギー機関(IEA)が発表した、2007年の国別排出量の
数字を見ると、

   90年   07年
中国 22億トン→61億トン
米国 48億トン→57億トン
日本 11億トン→12億トン

「中国、お前、どの口で言ってんだ?」としか思えません。

本当に日本も早く脱退するべきですね。

最後に素晴らしい曲を紹介します。

地球温暖化進行曲(字幕は行進曲ですが、正しくは「進行曲」だそうです)


"地球が暑くなってどこわりい、 暖房いらずでいいじゃないか、
二酸化炭素でいいじゃないか"


なんと素晴らしい歌詞だろう。
コメント

小水力発電が注目されてきました

2011-05-19 20:29:31 | エコ雑談
このブログで何度か紹介しているマイクロ水力発電への関心が高まっているようです。
最初に記事を書いたのは1年前。次のタイプのものを紹介しました。



<パワーアルキメデス>
http://www.s-hokuriku.com/archimedes.html

マイクロ水力発電に注目2010-04-11 10:04:21
http://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/b4445331bdb62e6fbff09a1061634b6a

私はこの分野の専門家ではなく、知識もないのですが、太陽光や風力よりはいけそうだと
思い、次のような記事を書いてきました。

太陽光や風力よりマシな発電方法2011-03-30 19:01:15http://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/af2275e43ca0951103e090af6dd217a5



2ちゃんねるから参考になりそうな意見を集めてみると、解決しなければいけない
問題があるようです。

最も大きな問題はやはりメンテナンスのようで、とにかく大変らしい。
発電能力ももっと向上させなければいけないようです。

また、河川に設置する場合、法的が障害があるようですね。
コストも高くつくらしいですが、その点は他の発電方法も同じこと。
独占状態の電力会社に勝てるわけがありません。
この点は政治が解決すべき問題ですね。

ただ、全国で1万ほどあるダムの8割は発電していないらしいですから、
後付けできるなら、小水力発電は十分使えそうな気がします。

色々なタイプの発電装置があるようですから、設置場所、設置方法によっては
メンテナンスの手間も低減できそうな気がします。

引き続き、小水力発電には期待して注目しようと思っています。


 クリックで拡大

【小水力発電、高まる関心 ダム要らず、低コストで安定稼働】2011.5.17 05:58

東京電力福島第1原子力発電所の事故後に注目される再生可能エネルギー。
太陽光や風力が主流だが、巨大なダムを造らず、自然の川の流れなどを利用して発電する「小水力発電」への関心も高まっている。 

規模は小さいものの、低コストで安定的な発電ができるのが利点で、「エネルギーの地産地消」を実現するのに貢献する。富山県では市民の出資を募ってファンドをつくり、小水力発電所を建設しようとのプロジェクトも動き始めた

小水力発電は、ダムを建設して人工的に水をためることなく、自然に流れる河川や用水路の流れを利用して水車を回し、発電をする。欧州ではかなり大出力の施設があるが、日本では1000キロワット以下の施設を「小水力発電所」としている。 

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110517/biz11051706010028-n1.htm

私のようなド素人ではなく、専門家の意見を聞きたい方はこちらの動画をどうぞ。

4/4 武田邦彦 親・子供が注意したいこと 2011.5.13

さらに詳しく聞きたい方にはこちらの動画がお勧めです。

〔動画〕武田邦彦さんが新エネルギーについて語っています(2011/5/2)2011-05-04 12:44:40
http://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/68a6e30291e038b81faa1c10ca07ebf9

2ちゃんねるから、参考になる書き込みを抜き出しました。

【電力】小水力発電、高まる関心 ダム要らず、低コストで安定稼働[11/05/17]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1305588636/

3 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 08:34:46.50 ID:jEJvmnyg 
  いいと思う  小さいのをいっぱい作るって発想はこれから向きかも

8 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 08:41:31.77 ID:KlTtivAH 
  地元に試験的な奴あるんだけど、  発電量の割に維持費がかかってなぁ・・・

9 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 08:41:35.60 ID:fFWF9oVA 
  素直にダム作ればいいのに

12 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 08:45:12.24 ID:zDUI7/z4 
  >>9  そう思うよね。  日本ってこんな中途半端な発想ばっかり。  
  でもって失敗の連続。

13 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 08:49:07.77 ID:XOnx0HMz 
  >>12  それ以前に必要な場所には小型の水力発電機が付いてる。  
  村とか集落で管理してるんだけど、維持が大変。水路が小さいとゴミも溜まりやすい。  
  季節問わず毎度掃除できるのは村のしがらみがあってこそだからな。

14 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 08:52:33.85 ID:JT+COyCZ 
  水中モーターみたいなのを水路に仕込んどけばいいわけか

15 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 08:53:42.74 ID:k2r04gGf  
  >>3  メンテナンス地獄が待ってるよw

18 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 08:58:51.38 ID:J4zlnmHD
  クリーンエネルギー詐欺が始まったなw

21 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 09:01:36.21 ID:gUENg7C/ 
  >>3  昔からこの手の小規模発電の話はあるんだけどねえ  国や都道府県、
  市があまり動かないの  利権絡みなんだろうねえ  
  正直、大規模発電は火力、水力、地熱にして  小規模発電は、各地域に太陽光、
  小水力、風力辺りで  なっとかなると思うね  
  原子力は安全性云々の前に建設、廃炉時にかかるコストが大きすぎる  
  真面目に安全面を考えて作ったらとんでも無い金額になるだろ

22 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 09:03:15.38 ID:8kWp9r5W 
  >>21  いや技術的な問題より  法規制の面が多い

26 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 09:06:14.57 ID:Xzyaz/1Z 
  >>4  太陽光と違って24時間発電だろうから  蓄電関係は今あるので問題ないでしょ  
  うちの県でも県内企業の力だけでエコ発電ってことで  これと同じような水力発電装置を
  県内中小企業だけで作ったけど  発電能力が一家庭の太陽光発電ほどしかなかった  
  昼間しか発電できない太陽光と24時間発電できる水力でほぼ同じ電力  
  この分野はまだまだ時間かかるなと思った

27 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 09:09:08.78 ID:XOnx0HMz 
  >>21  河川の水利権のが強いわ

28 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 09:11:33.79 ID:riojO05P 
  >>21  買電やろうとしても電力会社が色々邪魔すんだよ  
  送電全部握ってるからやりたい放題  電力自由化なんてウソばっかりってことだ


30 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 09:12:48.65 ID:xNtfa3Yx 
  【課題】
  ①手続きが複雑   
   河川の管轄は、国土交通省、農業用水路は農林水産省で、発電は経済産業省で、
   電話帳ほどの申請書が必要。長野県大町市に住む川上博さんは、
   自宅前の農業用水路で発電を始め、家庭の電力の半分をまかなっているが、
   許可を得るのに申請してから1年1カ月かかったという。  

  ②売電価格が安い
   太陽光発電の場合、48円/kWhで買い取られることになったが、小水力発電は
   10円/kWh程度だ。経済産業省では、小水力発電も含めた再生可能エネルギーの
   普及に向け、買取価格などの検討を進めている。全国小水力利用推進協議会の
   中島大事務局長は、小水力発電の普及には、「手続きが1カ所で済むようにする
   ということが大きな鍵。また、買取価格は大体25円kWh。特に規模の小さい
   ものなら30円kWhぐらいで買ってもらえれば、補助金がつかなくても、
   経済的に成り立つ発電所がつくれる」と話す。

42 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 09:24:10.18 ID:70YGBR+D  
  結構種類あるんだね   
   大水力発電 - 100MW以上   
   中水力発電 - 100MW-10MW   
   小水力発電 - 10MW-1MW   
   ミニ水力発電 - 1MW-100kW   
   マイクロ水力発電 - 100kW未満


43 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 09:26:26.28 ID:CdGoVRR+  
  発電装置はユニット化して大量生産できれば大幅に安くなるだろうけど   
  維持がけっこう大変なんだよね

44 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 09:28:20.20 ID:YVSA8f7U  
  維持費馬鹿そうだな

57 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 10:01:20.65 ID:U/fomikN  
  朝日で記事二つハケーン   
   県内の水力発電、見直し機運 地の利に恵まれ60カ所
   http://mytown.asahi.com/areanews/yamanashi/TKY201105020398.html   

   自然に優しいエネルギーだけん…ミニ水力発電、今も活躍   
   http://mytown.asahi.com/areanews/shimane/OSK201105120101.html

66 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 10:14:31.99 ID:/h+S3+ww 
  風力発電や太陽光発電よりはまだましか  風力発電が1番どうにもならん

67 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 10:18:14.30 ID:MNZfQIyU 
  >>66  確かに。  水力は上手くやれば色々出来そうだけど。  
  それと、火力に関しては、ヒートポンプ併用で効率上げられないかな?

106 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 11:20:53.01 ID:kWwFOKCS 
  小水力に対する簡単な評価
  ・定性的には水力発電は安定して環境負荷も少ないので良い。  
  ・余りにも小さいとメンテナンスが重荷になる。マイクロではなくミニくらいの
   大きさは欲しい。  
  ・適当な水流がある場所はそう多くない。  
  ・ミニ水力でも、横浜の事例では全区の下水の発電を足して1000軒分くらい  
  ・水の潮流と電力の潮流を両方知らないと、系統接続したときに発電どころか
   電力を食ってしま う危険性あり。  
  大枠:入れるのはいいけど、量的な期待はするな


107 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 11:21:46.23 ID:q47qUv54 
  メンテナンスフリーで故障しない信頼性の高さがないと無理  
  小型で数が多いなら維持だけで地獄を見ることが必定だし

108 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 11:21:58.33 ID:fQ1K6xgF 
  風車で豆電球光らせてるレベルじゃねえか。クソの役にも立たねえよ。

127 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 12:16:37.54 ID:SFfDp2AV 
  何年か前にwbsでやってたけど幅50センチとかの溝でやってたぞ
  流木や落ち葉で速攻詰まって稼働率は低く、異物除去の人件費で赤字

134 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 12:32:18.27 ID:tQMYEUl/ 
  >>106  場所はいくらでもある。  一つは河川(なぜか小水力ではこれを真っ先にはずす)    もう一つはダム(全国で一万以上あると言われるダムで8割以上が発電機能がない)

136 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 12:35:38.85 ID:MNZfQIyU 
  >>134  そう言えば、堰がある川は山ほどあるしねぇ。

137 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 12:38:49.83 ID:kWwFOKCS 
  >>134  理由は>127だよ。  水力は沈殿槽とかいろいろ必要だったりする
  あと河川も干上がりかけてるのをこれ以上はなかなか取れんだろ。  
  実際にやろうとすると結構めんどくさいよ。

138 :名刺は切らしておりまして:2011/05/17(火) 12:43:28.14 ID:G2r73v1Q 
  >>134  河川は大雨で簡単に壊れる  ダムは流木や土砂が流れる場所では使えない
コメント

環境よりも国益でしょ?

2011-01-10 18:47:13 | エコ雑談
地球温暖化狂想曲/馬鹿らしさを暴くFoxニュース集


温室効果ガス削減について、菅がアホなことをいっているみたいです。
「1人当たりの排出量をどのぐらいにするのかを世界的な基準にできないかと考えている」

同一の基準に基づいて先進国に排出制限がかけられるという点では京都議定書よりは平等になる
かもでしょうが、中国に排出制限がかけられなくなり、中国は野放しで良いということでしょうか?

人口の多い中国が、1人当たりの排出量を持ち出して、削減目標の設定を回避していることぐらいは
いくら菅がアホでも知っていると思いますが、これが日本にとって得になることなのでしょうか。

日本の政治家なら、日本の国益を第一に考えて交渉してもらいたいところなのですが・・・。

もしかしたら、鳩山と菅は温室効果ガスの排出問題を本気で環境問題だと思っているのかも
しれません。

おそらく、世界の中で、国のトップがそのように認識しているのは日本だけでしょうね。
地球温暖化問題なんて、金儲けのためにやっているに決まってますよ。

これじゃあ環境ボランティア団体と変わりません。

藻から燃料を取り出す技術や原子力や環境浄化など、日本には優れた技術がありますが、
トップが何も考えてなけりゃ日本が儲かるわけないですね。


【波紋呼ぶ「1人当たり排出量」 首相発言に異論噴出】 2011.1.10 05:00

温室効果ガスの削減問題で、菅直人首相が昨年末に提案した「1人当たり排出量」の基準設定に異論が噴き出している。1人当たりの排出量基準は人口の多い中国やインドなどに有利な仕組みで、国際交渉の焦点の一つである新興国の排出量削減につながらないほか、新興国が排出量削減に取り組まない口実に使われる可能性があるからだ。ただ、現在の総排出量を基準とした削減目標には各国の人口規模を反映できない問題があることも事実で、新しい基準の必要性を指摘する声も出ている。

 ◆唐突な宣言

 「1人当たりの排出量をどのぐらいにするのかを世界的な基準にできないかと考えている」

 菅首相は先月28日の地球温暖化問題に関する閣僚委員会後、温室効果ガス削減の基準変更を目指す意向を明かした。

 1人当たり排出量は、各国の温室効果ガス排出量を人口で割ったもの。人口が多い国の総排出量は削減努力にかかわらず大きくなるという問題を解消するため、新興国が導入を求めることが多い。2050年までといった長期の排出量を予測する際の基準に用いられることもある。

 一方、先月にメキシコのカンクンで開かれた気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)など短期的な温室効果ガス削減を目指す現状の国際交渉は、総排出量をベースに進んでいる。政府が掲げる「2020年までに排出量を1990年比で25%削減する」という目標も総排出量に基づいたものだ。

 にもかかわらず、菅首相が1人当たり基準を打ち出した理由について政府関係者は「首相は1人当たり基準の方が公平で分かりやすいと考えているのではないか」と推測する。

http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/110110/cpd1101100502004-n1.htm
コメント

エコカーはエコじゃない

2010-09-09 19:06:13 | エコ雑談
エコカー補助金制度が終了したようです。
私は1月に買い換えましたので、余裕で受けとることができました。

しかし、今さら報道するのは遅すぎませんかねぇ。
エコカー補助金は車を登録した後に申請するものでしょ?

契約→納車→申請と進むわけですから、"駆け込みで購入"していたのは
1か月ほど前のことで、今ごろ騒いでどうするの?って感じです。
(まあ、もちろん契約して即登録できる車もあるでしょうが…)

皆さんは、エコカーが実はエコではない場合があることをご存知でしょうか?
製造時に排出するCO2を考慮した場合、ハイブリッドカーの方が多くの
CO2を排出すると言われています。

ガソリン車のエコカーの燃費も実はちっとも良くありません。
私は1月に12年式のアルトからフィットに乗りかえました。

12年式アルト(FF 3AT)の燃費はカタログ値で19.4km/L。
これに対して"エコカー"であるフィットのカタログ燃費は24km/L。

フィットの方が断然燃費が良いはずですが、1月から7月の燃費を満タン法で計測したところ、

アルトは19.03km/L(走行11741km)
フィットは17.51km/L(走行8474km)

12年式アルトに比べて8%も燃費が低下しています。

燃費が良くなっているのはカタログだけで、実際に使った時の燃費は伸びていないのです。
むしろ悪くなっているのではないでしょうか。

昔の車の方が燃費は良かったと感じているみなさん。あなたは正しいかも。
プリウスも、3代目より2代目の方が燃費が良かったという声を聞いたことがあります。

新型の車は燃費が良い。エコカーは燃費が良いというのはただの思い込みで、
エコカーに乗り換えてCO2を削減するというのは大ウソですよ。

私の燃費成績はホームページで公開しています。
ぜひご覧になって下さい。
http://www.echot.jp/
コメント