「島津亜矢」に魅せられて

大ファンの島津亜矢さんのことを中心に、日頃思うことなどを

なんでかのぉ

2019-06-23 21:06:18 | 躍動
 ♪ 泣けた泣けた 堪えきれずに 泣けたっけ~

いや、春日八郎さんの歌を聞いてやなくて

亜矢ちゃんの「波止場だよお父つぁん」を聞いて。

いきなり出だしでわいの胸がギューッと

締め付けられそうになりよった。



なんで? なんで?

なんでこんなにこの歌で胸が詰まるん?



テレビもないような時代に

『横浜ってどんなとこやろ?』

『メリケン波止場ってなに?』

なんて想像だけで過ごした田舎モンの私に

「波止場」や「マドロスさん」という

シチュエーションや思い出はどこにも

出てこんはずやで。

そやのに

 ♪ 岬まわった~ あの船に~

あの高音の歌い出しを聞いただけで

「ウワッ、あかん」。

ドキーッとして、やられてしもた。

この歌怪獣がわいの心の奥底の琴線を

掻きむしりよった。





ハァ、よお考えたら亜矢ちゃんの歌聞いて

ティッシュで涙拭いて鼻かんでるような

こんな自分がちょっと恥ずかしいような

気もするけど、

でも、何故か心が満たされてます。

なんでかのぉ。なんやろなあ。島津亜矢め。



それにしても「残侠子守唄」と「哀愁波止場」も

亜矢ちゃんの歌で聞きたかった。



でもまあ「龍馬残影」聞けたから

まあええとしょーか。 (^^♪
コメント

「宿題」

2019-06-08 18:10:12 | 躍動

関島秀樹さんの新曲紹介です。

小学校1年生の時にお母さんが亡くなった少女。
その子が6年生の時に出た「おかあさん」という
テーマの宿題。
そんな詩を題材にした歌です。

※ 以下朝日新聞(熊本地方版?)に掲載された
   記事を添えて紹介させて頂きます ※



小学校6年生の時、作詩の宿題が出た。
テーマは「おかあさん」。
でも母は5年前に亡くなっていた。
上手く書けず、翌日に担任の先生にそう告げた。
「書けんだったことを書いてみよう」。
そういう先生と放課後、数日かけて言葉を紡いだ。
そうしてできた詩のタイトルは「宿題」。
28年後の今年4月、その詩にメロディーがつき、
曲となって披露された。


 詩 中村良子さん   曲 関島秀樹さん

『宿 題』

 今日の宿題は つらかった。
 今まででいちばんつらい宿題だった
 一行書いては なみだがあふれた
 一行書いては なみだが流れた

 「宿題は、お母さんの詩です。」
 先生はそう言ってから
 「良子さん。」
 と 私を呼ばれた
 「つらい宿題だと思うけど
 がんばって書いてきてね。
 お母さんの思い出と
 しっかり向き合ってみて。」

 「お母さん」
 と一行書いたら
 お母さんの笑った顔が浮かんだ
 「お母さん」
 ともう一つ書いたら
 ピンクのブラウスのお母さんが見えた
 「おかあさん」
 と言ってみたら
 「りょうこちゃん」
 とお母さんの声がした
 「おかあさん」
 ともういちど言ってみたけど
 もう 何も 聞こえなかった
 がんばって がんばって書いたけれど
 お母さんの詩はできなかった

 一行書いては なみだがあふれた
 一行読んでは なみだが流れた
 今日の宿題はつらかった
 今まででいちばんつらい宿題だった
 でも
 「お母さん」
 と いっぱい書いて お母さんに会えた
 「お母さん。」
 と いっぱい呼んで お母さんと
 話せた
 宿題をしていた間
 私にも お母さんがいた
コメント

テニス

2019-06-02 22:17:35 | 躍動

テニス全仏オープンは日本の男女トッププレーヤーが

頑張っているので楽しいですね。

残念ながら昨夜は大坂なおみ選手が負けてしまい

ましたが、今日はまた男子の錦織選手の試合が

あります。


前回のフルセットまでもつれ込んだ「死闘」とも

言ってもいい大熱戦の後ですから疲労が抜けきって

いないのではないかとちょっと気掛かりではあります。

長いラリーや緊迫した場面でのサーブなどになると

見ているだけでハラハラドキドキします。



でもテニスを見ていて一つ気になることがあります。

それは自分の思うようにならない時、よくラケットを

コートに叩きつける行為をすることです。

何をしても思うように行かない時は当然のことながら

イライラもつのり、自分で自分に腹立たしくなるのは

私にもよくあります。ましてや若い時にはそんなことは

しょっちゅうでした。 (>_<)

ゴルフをしていてもクラブで芝生を叩きつけたり

したことも二度や三度ではありませんでした。

さすがにグリーン上ではそんなことはしませんが。

でも杉原輝雄プロがいつも言っていたのは、

「キーパーの方が大事に手入れしてくれている芝を

大切な商売道具であるゴルフクラブで叩きつけて

傷をつけるなんて愚行極まりない」ということでした。

それもプロともなると観客やテレビカメラの前

ですからねえ。


建前論を言うのは簡単で、必死に戦っている選手の

気持ちは分からなくもありませんが、元はと言えば

自分の技術の未熟さと精神力の弱さゆえの結果です。

感情の赴くままの荒らぶった態度は見ていて決して

気持ちのいいものではありません。

そしてまたそんな時は往々にして結果は良くない

ほうへと転がっていくのが常ですね。

プロの素晴らしい技の応酬という試合内容を、

わざわざお金を払って見に来てくれている観客に

対しても、相手選手に対しても失礼千万でしょう。



これはやはりサッカーのように主審の権限をもっと

強くして、そういう行為に対してはイエローカードや

レッドカードを出すようにして、それが重なれば

次の試合や年間ランキングにも反映させるように

しなきゃダメなのかとさえ思えます。



人間怒りたいときや泣きたいときはあるでしょうが、

そんなのは一人ロッカールームででも暴れたり

泣き喚いたりしていればいいわけであって。



なーんて、自分自身偉そうに言えるほどの立場の

人間でもありませんが、ちょっと気になって。
コメント

時代は変わる

2019-05-29 13:51:12 | 躍動

サラメシ

昨日のサラメシは上手く歌コンの番宣を兼ねて

亜矢ちゃんの出番をつないでくれました。(^^♪

ちょっぴり甘辛味のお弁当

美味しそうでしたねー。


最近は歌番組以外にもどんどんテレビへの

露出時間も増えて、それに伴って

普段の素の亜矢ちゃんの言動が垣間見れる

ことが多くなりました。

ファンにとっても心和む一時を味わえますし、

これからファンになる方にとっても

「歌怪獣」の素顔を親しみを持って

見て頂けるのでとてもいいことだと思います。

歌に関しては「怪獣」並みですが(?)、

素顔はとってもチャーミングですよー。(^-^;


ひばりさんとの「愛燦燦」の共演、

いい企画でした。



勿論あの偉大なるひばりさんがいたからこその

(まぼろしの)共演ですが、改めて島津亜矢の

存在もいかに凄いものかを感じさせて

くれる構成でした。

ハモる亜矢ちゃんの歌声の方を前面に出す

ミキシングの妙とでもいいますか、、

素晴らしい曲に仕上がりました。

今更ですが、「愛燦燦」見直しました。

時代は移り変わり行くものです。

かつてのスペシャルステージで 〇川さんが

亜矢ちゃんの歌を評して

「これはある意味ひばりさんより凄い!」

と仰ったことがありました。

勿論放送はされませんでしたけど。

(こんなこと書いて大丈夫かいな?)

(ひばりさんのファンに怒られるでぇ)



最後は亜矢ちゃんが尊敬する

偉大なる大先輩のひばりさんに対して

共演させていただいたお礼の最敬礼でした。

コメント (2)

いきなり 夏!

2019-05-26 11:35:11 | 躍動


昨日から急に気温が上がりましたね。

と言っても朝夕は涼しさを感じるので

体調管理が難しい。

亜矢ちゃんも喉の調子に気をつけてねー。(^^♪


ということで今日やっとファンヒーターを

片付けて扇風機と入れ替えました。

微妙に残っていた灯油もなんとか使いきったのを

機会にやっと重い腰を上げて。


冬場にあれだけお世話になっておきながら

こんなこと言うのも申し訳ないけれど、

もうそこにあるだけで暑苦しいし。(>_<)


そしてついでに扇風機を引っ張り出して設置。

部屋の景色はいきなり冬から夏へ。

これで風呂上りは涼しいぞー。(^^♪

でもなんか、風邪と熱中症の両方に気を

つけなければならないような気候ですね。


来月に入ったら立て続けに2回ボウリング大会が

ある。本当は3回だったけどなんとか1回は

勘弁していただけた。

ちょっと体慣らしもしなきゃ。


そうそう、28日の「サラメシ」と「歌コン」

2番組連続出演、楽しみです。 \(^o^)/
コメント