後藤ミホコ~アコーディオンらいふ~

アコーディオニスト・後藤ミホコのブログ

五箇山ライブ報告と19日の「情熱タイム」予告

2018-11-18 02:40:22 | 日記


五箇山ライブの夜の部は、ゲストハウス&カフェの「タカズーリ喜多」

ほっこりする空間というと、この場所のことを言うのでは、と思わせるほどの心地よいゲストハウス。

千葉から移住して4年、という多賀野さんご夫妻が経営、すっかり五箇山に馴染んでいる明るいお二人。お話していても話が弾んで楽しい。
古民家を改装したとのことですが、ライブにピッタリ、この日は外国人観光客も加わり、とても賑わいました。

吹き抜けの天井利用してこんな干し柿がつるしてあってかわいい!


ライブが始まるとき、昼間の1時間コンサートのあとで「ちょっと疲れてるなあ~~」なんて思っていたのにさあ、お客さんも集まり、そろそろ演奏、となるとモードが変わり結構テンション上がって曲数も予定を上回って多目のプログラム。
お客さんに喜んでいただけたようでよかったよかった~~

アンコールで「アコーディオンブギー&阿波踊りミックス」、これは五箇山民謡とは真逆のノリ(笑)で、タカズーリのマスターが踊りながら聞いてくれていてこっちもさらにノッた~~www

打ち上げでは、ねこのくら工房のお豆腐中心の山のお料理。最高に美味しいです。
お客さんといろいろ話し、途中で余興に五箇山の歌と踊りが始まり、最後はギター演奏もあり。。。

楽しいひとときでした。

お越し下さった皆さん、ありがとうございました。

こうして、私とヒカリナオーガニックの吉田澄江さんは次の日、昼過ぎに五箇山を後にして、無事に東京に戻りました。
行きも帰りも車を運転して、いろいろ協力してくださったすみえさんには心から感謝です。

今回の五箇山とのご縁は、実はすみえさんがお知り合いのねこのくら工房の宮脇さんをご紹介して下さり、宮脇さんから平中学、そしてタカズーリ喜多、をご紹介いただき・・・

結局、人との繋がりでご縁が広がって、私の演奏を遠い五箇山の地で、こうしてたくさんの方に聴いていただくことが出来たのでした。

本当に皆さん、ありがとうございました!

さてさて、19日の「後藤ミホコ 情熱タイム」はテーマが五箇山特集です。
先ほど、資料をすべてディレクターに送り、準備が整いました。

中学生とのセッション、それぞれのインタビュー、そしてたくさん画像も用意しています。
みなさんに五箇山に行った気分になってもらえると嬉しいです。

是非、インターネットラジオ「情熱タイム」ご覧(お聴き)下さ~い!

http://palau-links.com/palau-new/radio-2-8-ten.html





コンサートin五箇山

2018-11-16 23:02:17 | 日記
先ほど、富山・五箇山から東京に戻りました~~お疲れ様でした!!

昨日は昼と晩に本番だったので、さすがにヘトヘトで夜はバタンキュー(笑)

さて、昼の本番というのが南砺市立平中学校でのコンサート。





平中学は山に囲まれ豊かな自然の中にたたずむ美しい学校で、広い体育館の中でのコンサート。

アコーディオンの特徴を生かす曲を中心に、中学生たちの馴染みの曲も入れて約一時間演奏。アコーディオンソロと、途中でアコーディオンの楽器説明。そして・・・

実は平中学校の素晴らしいところの一つに、地域の郷土芸能の伝承に力を入れていることがあります。地域の伝統芸能保存会の人達の協力を受け、全校生が練習に取り組み、生徒たちはコンサートなどの演奏経験も豊富です。

「是非生徒たちとセッションを」と、企画が成立。
ぶっつけ本番ではありますが3年生生徒の歌と演奏「こきりこ節」とアコのセッション。、まず私のアコーディオンの即興演奏で始まり、続いて生徒たちの「こきりこ節」、そして最後はさらにアコの旋律がかぶさり、こきりこ節&アコーディオンの異色の合奏が行われました。



「こきりこ節」を生徒たちとセッション出来て大感激。

それにしても、私がソロ演奏している姿をじっとみつめる生徒たちの澄んだ目は印象的でした。
演奏中のマナーも非常によく、というか、聴くことに集中してしているパワーは、大人だけのコンサートの時にはちょっと感じられないほどの純粋で強烈なものでした。。。




コンサートが終わって、最後に生徒代表の男子学生が前に出て感想を言ってくれました。
「またちがったこきりこ節を聴くことが出来ました」「youtubeで聞いたのより迫力がありました」
わ~~もう事前に私のyoutubeを聞いてくれていたなんて~~今の時代だなあ~~

そして、すべてが終わってから、教頭先生と中学生二人にインタビュー!もちろん、「後藤ミホコ情熱タイム」のインタビューコーナーのために~

平中学校の伝統芸能の取り組みに関して、そして五箇山のことなど、すべて含めて

来週の月曜日の「後藤ミホコ 情熱タイム」、「五箇山特集」でご報告します。
どうぞお楽しみに!!

このコンサートのあとは、夜にゲストハウス&カフェ「タカズーリ喜多」にてライブをしました。その報告は次回のこのブログで・・・




富山・五箇山に着きました

2018-11-14 22:59:25 | 日記
朝5時に出発!

車で何と六時間(二回休憩)の長旅でした。

ヒカリナオーガニックの吉田澄江さんと二人で富山県南砺市の五箇山へ。

朝が早かったし、今日は濃い一日でした。詳しくは明日以降のこのブログ、または、来週のインターネットラジオ「後藤ミホコ 情熱タイム」の五箇山特集で❗

明日は昼に南砺市立平中学校にて一時間コンサート、夜は宿泊しているタカズーリ喜多にてライブ、ハードスケジュールが続きます。

なので、今、夜11時過ぎ、いつもならまだまだ仕事か練習中ですが、もう眠たーい(笑)

今日撮った写真アップします🎵美しい合掌集落五箇山の景色をご覧ください。

まずは五箇山でいろいろお世話になります「ねこのくら工房」の代表、宮脇廣さんと。








今後のライブ予定

2018-11-09 20:48:50 | 日記
ロシアの歌のライブが終わり、ホッとする間もなく、11月14日から16日まで富山県五箇山に行ってきます。

五箇山では、南砺市平中学校でソロコンサート。一番の楽しみは、中学生たちの「こきりこ節」の演奏に飛び入り参加すると言う、こきりこ節+アコーディオンセッション企画!

富山・五箇山の伝統芸能、伝統音楽を継承させていくための教育には、非常に興味がそそられ、当日は先生や生徒たちにいろいろお話をお聞きしたいと思っています。

私のアコーディオン演奏のプログラムも、先月コンクール参加したロシアの音楽や、日本の音楽、東ヨーロッパのジプシー音楽など。。。
生徒さんたちに音楽を通じて私の思いを伝えたいです。

夜は南砺市「タカズーリ喜多」にてソロライブ。これも楽しみです。

富山、五箇山のみなさん、どうぞよろしくお願いします!お会いするのが楽しみです~

ライブの様子は、後日このブログ、またはインターネットラジオ「後藤ミホコ情熱タイム」でご報告します。

さてさて、私にとって多分今年最後のライブになると思われるのが「今年もありがとうライブ@里夢」



今ご案内をしつつあるのですが、実は今回のこのライブ、すでにご予約がどんどん入っていて、とてもうれしい今の状況です。

どうぞお申し込みはお早めにお願いいたします。

久保比呂誌さんの津軽三味線とのセッションはいつどこのステージでもお客さんに喜んでいただけるので、今回も自信もってのおススメです!

また、9月は予定が合わず見合わせた「新宿ゴールデン街・ガルガンチュア」の私のソロライブ、今月は28日(水)になりました。時間はいつもと同じですが、水曜日です。
詳しくは私のホームページのスケジュールをご覧ください。

ライブのお申し込みは、私のホームページ・・・

https://www.mihoko-goto.jp/contact/

新宿でも、神戸でも、皆様のお越しをお待ちしています~~!(^^)!

情熱タイム、ロシアの歌ライブ@チャイカ、無事終了~~

2018-11-07 01:42:15 | 日記


6日(火)バリトン歌手・ニキータ山下さんとアコーディオン後藤ミホコのライブ、11月1日に続いて二回目の昨日も、たくさんのお客さんにお越しいただき、無事終了いたしました。

お越し下さった皆様、ありがとうございました!

今回は、ロシアの曲の中でもあまり日本では知られていないけれども、ロシアの民衆を魅了し一世を風靡したアーティストたち、ヴィソツキーやベルジンスキーなどの歌の数々がプログラムを飾りました。
ニキータさんにとって、これらの曲はすべて本邦初演で、しかもご自身としても新曲を携えてのライブでした。

どの曲も、MCで歌詞の内容の解説をされるので聞いていて光景が浮かびます。

そんな中で、プログラムの最後に唄われた日本歌曲「落葉松」、ロシア語にニキータさんが訳して歌われたのですが、これは本当に聞き応えあり、日本のメロディーにロシア語が本当に美しく響きます。

来年は春ごろに開催されるそうです。

毎回満席でお客さんから大人気のこのニキータさんのライブ、私もいつもご一緒させていただくのが楽しみです。

さてさて、昨日は「後藤ミホコ・情熱タイム」いかがでしたか。リクエスト特集第二弾でした。



11月初めの日なので、今月の曲が変わりました。

アングンという、インドネシア人で現在フランスを拠点に世界的に活躍している歌手の歌う
「A rose in the wind」
アングンの人生そのものを歌っている、と本人が語るように、歌詞の内容を読んでいると、国際的に活躍するがゆえに、自らのアイデンティティーや自分のあり方にいろいろ悩み、孤独を感じることも多いのではないのかしらと感じさせられます。



来週のテーマは、
「教科書に載っている名曲」

なぜこのテーマを?

それは、実は私は今月13日から15日まで、富山県の五箇山を訪問し、五箇山の中学で1時間コンサートを予定しているのです。

学校公演はあまり経験がありませんが、教員経験もある私です、学校で演奏するのはワクワクドキドキです!

五箇山訪問のことはまた改めてゆっくりご報告しま~す!