庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

酉年の大トリを飾る鳥~翡翠

2017-12-31 09:23:58 | 日記・エッセイ・コラム

酉年の2017年も、残すところあと十数時間となりました。。

去りゆく酉年の最後を飾る、大トリのトリには何が相応しいかと
ツラツラ考えると・・・

やはり野鳥の中でも、今年拙ブログにも一番多く登場いただいた
この空飛ぶ宝石とも言われる美しいカワセミですね!

今夜の紅白歌合戦で最後の大トリを務めるのは、白組の「ゆず」で
歌う曲は「栄光の架橋」。

皆様にとって、来るべき年が栄光への架橋となるような明るい年である
良いですね! 

これで今年のブログ納めとします、今年拙ブログを訪問いただいた皆様、

コメントや応援いただいた皆様に心より感謝!御礼申し上げます。

サヨナラ!酉年2017 それでは皆様、よいお年を!

海に沈む夕陽、鎌倉稲村ヶ崎にて。(在庫写真から)

コメント (4)

小晦日(こつごもり)と門松

2017-12-30 07:35:08 | 日記・エッセイ・コラム

小晦日(こつごもり)とは、大晦日(おおみそか・おおつごもり)の
前日の
呼び方です。

「つごもり」とは月が隠れる月籠りのことで月齢で数える旧暦では、
毎月末日は新月の頃なので、「つごもり」あたりますが・・・

新暦の今は、新年が明けて正月2日が満月なので、月籠りと言わ
れても・・ 今一つピンと来ない気がします。。

門松は「神待つ木」と言われ、正月の玄関先に飾られる門松は、
歳神様が
降臨する依代としての役割があり、松は特別に神聖な
木とされ、正月には
欠かせない飾り物である。

歳神様は、祖先神であるとともに田の神様でもあり、その年の実り
をもた
らす豊穣の神であり、一年の幸福と実りを祈る気持ちが込め
られています。


正月準備で、門松の「一夜飾り」は良くないと言われるので、今日中
飾り付けを終え、大掃除と買い物も済ませてしまいましょう!

いよいよ明日は大晦日ですね。。


近所の公園古民家の長屋門に飾られた立派な門松。


椿の花。


コメント (2)

夕暮れの暮色富士

2017-12-29 08:48:35 | 日記・エッセイ・コラム

昨日の夕暮れ時の散歩で観た夕空と富士の写真を
アップします。 

とてもいい雰囲気の夕暮れ時の空と富士でした。。

絵になる風景だけど・・手前の電線がじゃま。。

 

こちらはダイナミックな雲と昼の富士。

コメント

年暮る~数え日

2017-12-28 08:43:58 | 日記・エッセイ・コラム

今年も残すところあと3日となりました、街は歳末大売出しで賑わい、
何かとあわただしくなってきました。

12月も押し詰まって、いよいよ今年も終わりが近づいた頃を「年暮る
といいます。 

どの家庭でも、大掃除や新年を迎える準備に追われる頃ですね。。

この頃の事を「数え日」と言います、去りゆく年を惜しむ思いと、新しい
年への期待をこもごも感じさせる言葉です。

子供の頃は、正月を日数を数えて楽しみに待っていたものですが・・

歳を重ねた今となっては・・ またきたか~、もうきたか~!

また一つ歳をとるのかと思うと・・なんだかなぁ~ という気分。。

 正月は冥土の旅の一里塚 めでたくもありめでたくもなし
                        <一休>

師走の空に元気に咲く、ユリオプス・デージー。

良い香りの日本水仙。

 

今年の大晦日の紅白歌合戦大トリは、デビュー20周年を迎えた
白組の「ゆず」が初めて務め、「栄光の架橋」を歌うそうですね。。

もっとも、もう出演する歌手や曲も半分くらいは私の知らない歌手や、
聞いたことも無い曲ばかりになってしまいましたが。。(笑)(^_^;)

ゆずの実。

 

コメント

ツグミとシジュウカラ

2017-12-27 09:13:58 | 日記・エッセイ・コラム

寒い日が続いていますが・・

今日も散歩で出合った野鳥、ツグミとシジュウカラ
をアップします。

胸のごま塩模様が特徴の冬鳥ツグミ。

 

シジュウカラ。

チョッとこっち向いてヨ! バック・シャン?

 

大空を行く白銀の翼。

 

おまけは昨夜の上弦の月。

コメント