庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

名月に浮かれて出てきた子だぬき

2018-09-25 09:23:58 | 日記・エッセイ・コラム

昨夜は中秋の名月でしたね。

当初の天気予報に反して、当地方では綺麗な名月を
愛でることが出来ました。

昨夜の中秋の名月。

 

この名月に浮かれたのか?
隣の森に住む子だぬきたちが姿を現しました!(^o^)/

いらしゃいませ、こんばんは~。

食べ物を探しているようです。

何か見つかったかな?。

月夜の晩に、たぬきが浮かれて出てくるという話は
やっぱり!当だったんですね!(@_@)

今夜は満月なんだが・・ 

さて、天気の方は?。。

 

コメント (1)

雨後の森できのこ撮り

2018-09-24 09:13:58 | 日記・エッセイ・コラム

久しぶりのれ間に、近隣の森のなかを歩いてみると、
森の道端に雨後の筍ならぬ、雨後のきのこがニョキニョキ
といっぱい生えていた。 

きのこに詳しい人なら、食べられるきのこを探して採って
食べる楽しみもあると思いますが・・・ 

残念ながら私はきのこには全く素人で、名前も知らない
きのこばかりで、とても採って食べる勇気はないので・・・

きのこ採りならぬ、きのこ撮り専門です。

色々な色やユニークな形のきのこを探して森を歩くのも、
この時季ならではの愉しみの一つだと思う。。

イボテングタケ。

チョッと見は可愛いんだけど・・ 毒きのこです!

 

こちらはイボテングダケの赤ちゃん?。

後は、名前も知らないきのこばかり。。

森の、のっぺらぼうず3兄弟?

 

森の三度笠?

 

これは脳みそ?

 

切り株の年輪か?

 

一つ目小僧?形がユニーク。

真っ黒ハート♥の子守唄。

 

巨大なカブトムシの幼虫?みたいなきのこ。

 

きのこの村?

 

こちらは、まともな形のきのこ。

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

月にかかる彩雲

2018-09-23 22:13:58 | 日記・エッセイ・コラム

明日は中秋の名月なんですが・・

天気予報では、どうやら明日は名月を観られる確率は低そう。

そこで今夜は雲の切れ間から綺麗な月が覗いたので、一日早い
お月見を楽しんだ。

月齢13.4の満月に近い月の周囲の雲が、彩雲状態になって輝いて
とってもファンタスティック!な光景が観られたので、さっそく写真を
アップしておきます。

今夜の月。

月に雲が懸かると、周囲の雲が彩雲となって輝いた!。

なんとも言えないファンタスティックな光景でした。

秋分の日に一足早い名月と、彩雲のコラボが観られて
とてもラッキーな夜でした。\(^o^)/

 

 

コメント

秋分~彼岸と此岸

2018-09-23 09:50:38 | 日記・エッセイ・コラム

今日9月23日は、二十四節気の秋分、春分と同じく太陽が真東から昇り
真西に沈む日、昼と夜の長さがほぼ等しくなるお彼岸の中日ですね!

お彼岸の「彼岸」とは彼方(かなた)の岸、つまり向こうの岸のことで、
悟りや浄土の世界を意味しています。

仏教でいう極楽浄土は真西の方向にあるとされており、その方向が
はっきりと分かる日でもあります。

「彼岸(ひがん)」とは、「此岸(しがん)」に対する言葉で、ともに語源は
仏教からです。

彼岸とは向こう岸、すなわちあの世の事で、春分の日・秋分の日は、
真西へ沈む夕日に 極楽浄土を念じて「彼岸の日」と呼ぶようになった
ようです。

「此岸」(こちらの岸)とは、私たちの住む世界のことで、仏教では
「娑婆(しゃば)世界」とも いわれます。

「娑婆」とは、昔のインドの言葉で、「堪忍土(かんにんど)」と訳されます。

つまり、私たちの住むこの此岸「娑婆世界」は、「耐え忍ぶ世界」という
ことなんですね。。(@_@)

たしかに、人生には耐え忍ばねばならぬことが 多くありますね!

たとえ、生活上の苦しみが さほど 激しくは なくても、いつの時代でも、
どこの国に住む人にも 避けて通れないのが、人間関係の苦しみでは
ないでしょうか?。

二人以上の人間が集まれば、互いに「ああしたい」「こうしたい」の
欲望がぶつかり合って、その調整に苦しみ、時に、争いも生じます。。

また、肉体も「老い」や「病」との格闘が常に強いられる人生ですから、
私たちの住むこの「此岸」は、まさに「堪忍土」と言えるのでは。。

2600年の昔、「人生は苦なり!」と喝破されたブッダの言葉にも、
なるほどと、うなずかずにおれません。。

ところで、いづれは私たちも三途の川を渡って、此岸(この世)から、
彼岸(あの世)へと逝くわけですが・・

その際、あの世には持っていけない地位や権力、お金や財産、肉体
や生に対する執着や未練が強すぎると・・・

その執着の重さに引かれて、三途の川をうまく渡ることが出来ずに、
途中で川底(地獄)に沈んでしまうという話を聞いたことがあります。。

すんなりと、彼岸(あの世、極楽浄土)へ渡って行くためには・・・

出来るだけ、それらに対する執着や未練を手放し、断捨離して身軽に
なる必要がありますが・・・ 

誰でも簡単にそれが出来たら苦労はないのですが・・・

なかなか難しい話ですね~ (^_^;)。。。 

昨日の夕焼け空。

ススキと夕焼け雲。

昨日の夕月(月齢12.4)

 

コメント (2)

雨上がりの庭に香る金木犀

2018-09-22 09:18:35 | 日記・エッセイ・コラム

2日間降り続いた雨がようやく上がった今朝、庭に出てみると甘い香り
がただよってきた・・・  

オッ!これはと思って見上げて見ると金木犀の花が咲き出していた。。

金木犀の甘く強い香りは、遠く(九里先?)までその芳香が伝わることの
たとえで、「九里香(きゅうりこう)」という異名まで持っているそうです。

近くを通りがかるだけで、ああ金木犀が咲いているな~と分かるほど甘い
香りがただよってきて、まさに秋の訪れを香りで告げる花だと思う。。 

庭先で咲き始めた金木犀。

つやつやした濃い緑の葉陰に咲く、小さなオレンジ色の小花も可愛いですね!

秋の訪れを、金木犀の香りで実感する人も多いのではないでしょうか?

 

秋海棠の花も雨に濡れて。

 

昨日は雨降りで肌寒く、気温も20度以下だったので・・
昨日咲いた酔芙蓉の花も、酔いが回らなかったのか?

 

今朝になっても、まだピンク色のままです。

 

 

コメント