庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

好きも嫌いも「他生の縁」って本当?

2022-05-17 10:43:58 | 日記・エッセイ・コラム

どんな人にでも、好き嫌いはあります。

学校や職場や家庭、ご近所さんとの人間関係でも好き嫌いはあるで
しょうし気の合う人合わない人がいるのは当然と言えると思います。

好き嫌いの感情をあらわにするのはあってはならないことですが・・

人間である以上、そういう感情があるのは仕方ない事だと思います。

ではいったい人の好き嫌いは、何によって決まるのでしょうか?。

仏教のお釈迦様の教えによれば、人の好き嫌いはその人との『』で
決まると説かれ、しかもその『』は今生だけでなく、何世にもわた
る遠い過去世からの縁だと説かれています。

あなたの気になる人は縁のある人です、「好きで仕方なかった人」や
「今でもよくその人のことを思い出す人」とは縁のある人です。

逆に「顔見るのもイヤだった人」も縁のある人です。

名前を聞いても顔を思い出せなかったり、例えば同窓会で顔を見ても
あれ!こんな人いたっけという人は縁が薄い人だったといえるでしょう。

袖(そで)振り合うも他生の縁」ということわざがあります。

電車やバスで、たまたま隣に座った見ず知らずの人と袖や肩が触れ合った
りすることがありますが、偶然にそうなったと思われるでしょうが・・

決して偶然ではなく、その人と過去世から何らかの縁があったからですよ
という意味です。

人生には人から嫌われたり無視されたり評価されなかったりし、て辛く
寂しい思いをすることもありますが・・

どうしたって自分と縁のない人はあります。

嫌われても無視されてもさほど悲観することはない・・

自分を慕ってくる人があっても、有頂天になることもない。

すべてはその人との『』の問題だと達観すれば・・

人間関係であまり思い悩むこともないのではないでしょうか?。

数多あるブログの中から「他生の縁」によって、拙ブログを訪れて
下さった方々に感謝致します。

庭先でキイチゴの実が黄色く実った。

 

雨に濡れて咲くサツキの花。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

可愛いけど獰猛?!てんとう虫

2022-05-16 10:30:58 | 日記・エッセイ・コラム

小さくて可愛いてんとう虫は、虫嫌いの人にも好かれるお馴染
みの昆虫ですが・・

てんとう虫は、種類によって益虫と害虫に分けられています。

簡単に言えば植物に付くアブラムシ等を食べる獰猛?な肉食性
のてんとう虫は益虫。

反対に畑や庭の植物の葉や実を食べる、おとなしい草食性の
てんとう虫は害虫扱いされてます。

このナナホシテントウムシは、肉食性で植物に付くアブラムシを
食べてくれるので、庭などでは農薬の代わりにもなる益虫です。

ハルジオンの花とナナホシテントウムシ。

これは羽化間近のてんとう虫の蛹。

 

キツネアザミの花に集まったアブラムシを捕食して、
ムシャムシャ食べる獰猛なナナホシテントウ。

拙庭でも出来るだけ農薬等は使いたくないので、
ありがたい大歓迎の虫です。

 

一方、こちらは野菜のナスの葉を食害するおとなしい
草食性のニジュウヤホシテントウ 害虫です!。

役に立てば益虫、害になれば害虫と、いずれも人間側の勝手な
都合で分けられていますが・・

自然のままに生きてる、てんとう虫にとっては関係ない話ですね!。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初夏を彩る花咲く散歩道

2022-05-15 10:35:08 | 日記・エッセイ・コラム

立夏も過ぎて・・ もう五月も中旬ですね!。

いつもの散歩道にも初夏を彩る色々な花が咲きだした。 

今日は散歩道や路傍に咲く、初夏の訪れを感じさせる
花々をアップします。

黄色い花と赤く色づいた実が可愛い
ヒペリカム・アンドロサエマム。

別名:小坊主弟切(こぼうずおとぎり)

花色が白からピンク、赤色へと変化するハコネウツギ。

タニウツギ。

「梅雨花」「田植え花」「早乙女花」などの季節を
感じさせる別名がある白いウツギ(卯の花)。

ノイバラ。

 

タチアオイの花が咲き出した。
この花が咲くと、梅雨入りも近い?

路傍に咲くヒルガオ。

ドクダミの花も咲き出した。

薄紫のムラサキツユクサに来たホソヒラタアブ。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

キショウブの花の上で・・

2022-05-14 10:23:58 | 日記・エッセイ・コラム

フィールド散歩で、キショウブの花を撮っていると・・

♡♥交尾中のシオカラトンボのカップルが飛んできた。

花びらのベッドは、とても気持ちよさそう~(笑)。

上側が♂で下が♀、このカップルは繋がったまま
辺りを飛び回って・・

今度は固い木の柵の上でもガンバっていました!。

 

近くの池の中を覗いてみると・・

小さなアメリカザリガニとオタマジャクシがいました。

 

野原ではシロツメクサとツマグロヒョウモン♂。

 

アカツメクサをバックにハルジオンの花で扱蜜する
ヒメアカタテハ。

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

くりはま花の国~青い花咲く丘

2022-05-13 10:25:38 | 日記・エッセイ・コラム

当地はもう梅雨のはしりでしょうか?今日は終日雨降りで、
週末まで降り続く予報だが雨の季節にはまだ早すぎる。

先日訪れたくりはま花の国の続きです。

くりはま花の国は、ポピーの他にも色々な季節の花が咲いて
いて楽しめる。

丘の道を登って行くと、もう紫陽花の花が青く色づいていた。

これはエンドレス・サマー”終わらない夏”という四季咲きの
紫陽花で、夏に咲いた花を切り戻すと秋にも咲く品種。 

青い海と空の色を映したように爽やかな青色で咲く
紫陽花、エンドレス・サマー。

エンドレス・サマー ”終わらない夏” って・・

ロマンを感じさせる良い名前だと思う。。

 

丘の道を登っていくと・・

海の見える丘の上には、青いネモフィラの咲く花畑が広がっていた。

♪ 急な坂道 かけ登ったら 

  今も海が見えるでしょうか

       ここは ヨコスカ~...

    (山口百恵 横須賀ストーリーより)

丘の上から観る久里浜港の青い海と空、
東京湾フェリーが入港してきました。

くりはま花の国はこれで終わります。

ご覧いただきありがとうございました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする