庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

オベリスク姿勢で止まるマユタテアカネ

2018-09-30 10:23:58 | 日記・エッセイ・コラム

先日の秋の里山散策で、スマートで小さな赤トンボに出遭った。

この赤トンボは、ヒメアカネかマユタテアカネかどっち?

写真にとって帰ってから図鑑等で調べてみると、顔に2つの黒い
眉斑があるので、マユタテアカネだと確認できた。 

マユタテアカネのもう一つの特徴は、尻尾の先が
反り返っていること。

翅が秋の陽を受けて輝いています。

杭に止まったマユタテアカネが、徐々に尻尾を立て始めました。

この尻尾を立てる行動を、腹部挙上姿勢-オベリスク姿勢と言うそうです。

ところで、トンボが尻尾を立ててオベリスク姿勢で止まるのは何故?

それは、暑い日差しを受けるとき腹部を挙げて、体に直射日光が
当たる面積を少なくするための行動なのだそうです。
 

マユタテアカネと言うより、尻立てアカネ?(笑)

 

トンボの複眼は、横方向に動くと敏感に反応して逃げるが・・

直進しながらソッと近づくものには割りと鈍感?なので、
姿勢を低くして直進方向に、ゆっくりと近づくと近づけます。

もっと近づいてトンボの写真を撮りたいときはやってみてネ!

葉っぱに止まるマユタテアカネ。

 

コメント

秋の里山花散歩

2018-09-29 09:25:38 | 日記・エッセイ・コラム

久しぶりでよく晴れた昨日、舞岡公園の散策で撮って
きた秋の花々をアップします。

里に咲く秋桜。

 

ミゾソバ。

 

ゲンノショウコ。

 

オミナエシ。

 

キンミズヒキ。

 

ツリフネソウ。

 

紫苑。

 

萩。

 

 

 

コメント (2)

田んぼの案山子

2018-09-28 22:23:58 | 日記・エッセイ・コラム

今日は久しぶりで気持ちの良い秋晴れに恵まれたので、舞岡公園
まで散策に行ってきた。

稲刈りの始まった里山の田んぼでは、色々な案山子が飾られていた。

稲架掛けの向こうから覗いているのは誰?

ポケモンGO!のピカチュウ見っけ!

 

稲わらで作った登り龍です。

 

ハロウィンのオヤジ?

 

こちらは人気者の森のトトロですね!

 

こちらも人気者クマのプーさん。

 

最後は懐かしい稲架掛けの風景。

 

コメント

”蟄虫坏戸”~トンボ撮り

2018-09-28 09:13:58 | 日記・エッセイ・コラム

二十四節気72候、秋分の次候(9/28~10/2)は、”蟄虫戸”
(むしかくれてとをふさぐ)です。

夏が終わって涼しくなり、そろそろ虫たちが巣ごもりの準備を
始める頃です。

人にとっては、冬の気配はまだまだ遠い気もしますが・・

虫たちにとっては、もうすぐと感じるのかも知れません。。

蝶の幼虫は蛹になって来るべき寒さに備え、クワガタやテントウ
虫は成虫のまま木の根もとに春まで潜ります。

庭先や散歩の途中で見かけた蝶や虫たちの姿も、これからだん
だん少なくなって行きます・・

春先から夏、秋と愉しませてもらった蝶やトンボや虫たちとも、
もうすぐお別れかと思うと・・・

やはり、一抹の寂しさを感じてしまいます。。。 

今日は、散歩で撮ったトンボたちをアップします。

水辺のハグロトンボ♀。

ハグロトンボ♂。

 

ベンチに止まる赤トンボ(ネキトンボ?)。

 

ネギの葉に止まるウスバキトンボ。

 

来季に向かって、子孫を残すためガンバってる
オオシオカラトンボのカップル♡♥。

 

コメント

晴れ間散歩で撮った花と蝶

2018-09-27 09:33:58 | 日記・エッセイ・コラム

今日も、朝から雨模様のどんよりとした天気が続いている、
「男(女)心と秋の空」と言うように、秋の空模様は変わり
やすいものだと言われていますが・・ 

予報では明日は晴れだが、その後はまた台風や秋雨前線
の影響もあり曇りや雨の日が続き、まだしばらくはスッキリ
しない空模様が続きそうです。

早くスッキリとした爽やかな秋空が観たいものですね!

先日の晴れ間散歩で撮ってきた花と蝶たちをアップします。

キバナコスモスとモンキチョウ。

白いジニアとモンキチョウ。

 

オレンジの百日草とツマグロヒョウモン♂。

 

千日紅とヒメアカタテハ。

 

千日紅とヤマトシジミ。

 

アザミとイチモンジセセリ。

アカツメクサとイチモンジセセリ。

 

 

コメント