庭先の四季

庭先や近隣の四季の変化や歳時記、自然観察、動植物等を中心に
綴ります。

夜桜とブルームーンの饗宴

2018-03-31 22:03:58 | 日記・エッセイ・コラム

今夜(31日)はブルームーンの満月、ブルームーンとは、別に青い月と
言うわけではなくて、1ヶ月に2回満月になることですが・・ 

今年は1月に続いて、なんと2度目です。

欧米では神秘的な現象として知られていて、「ブルームーンを見ると
幸せになれる」という言い伝えもあるそうです。

次にブルームーンが楽しめるのは、2020年10月で東京オリンピック
の年までお預けとなります。

今夜はちょうど桜も満開で、ライトアップされた夜桜とブルームーンの
満月の饗宴という、めったにない幻想的な光景を楽しめました♪\(^o^)/

ライトアップされた夜桜とブルームーンの饗宴。

なんとも幻想的な光景でした。。

今宵のブルームーン満月。

3月も今日で終わりですね。。

これを観た人が、幸せになれると良いですね!

 

コメント

しだれ桜はなぜ?垂れるのか

2018-03-31 09:30:58 | 日記・エッセイ・コラム

いつもの散歩道で、しだれ桜が綺麗に咲いていた。

青空に優美なピンクのしだれ桜が映えてます。

ところで、しだれ桜はなぜ枝が垂れるのか?という研究をしている
グループのがあるそうで、そのグループの見解によれば枝は伸びる
と重力によって下に垂れそうになるが・・

ふつうの植物にはその重力に打ち勝つだけの復元する力があり、
上に向かって伸び続けるが、しだれ桜はその力が弱いために
垂れるのだそうです。。

しだれ桜は、桜が突然変異を起こした結果、重力に対して天に伸びる
ことが出来なくなり、枝垂れるようになったということらしい。。

そのため、しだれ桜は、樹幹そのものも自力で重力に抗して成長する
ことが出来ないので、苗木の段階から支柱を施して丁寧に育てられる。

これにより、現在各地の桜の名所で見られるような、見事に咲き誇る
しだれ桜を愛でることが出来るのですね♪\(^o^)/

 

コメント

木蓮(モクレン)の花

2018-03-30 22:23:58 | 日記・エッセイ・コラム

先日訪れた金沢自然公園で、木蓮(モクレン)の花が、
ちょうど見頃を迎えていた。

モクレンは、地球上で最古の花木といわれており、なんと
1億年以上も前!からすでに今のような姿であったらしい。

モクレンの花言葉は  「自然への愛、持続性」

外側は赤またはピンク色で内側は白で
外側と内側のコントラストが美しい。

紫木蓮(シモクレン)、唐木蓮(トウモクレン)など、
いろいろ種類がある

 

 

コメント (2)

春爛漫~三ツ池公園の桜2

2018-03-30 07:48:35 | 日記・エッセイ・コラム

昨日に続いて、春爛漫の三ツ池公園の桜2をアップします。

染井吉野や山桜、横浜緋桜等が満開で咲き競い、柔らかな
緑の柳も池の青い水面に映えて・・

まさに春爛漫の風景でした♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメント

春爛漫~三ツ池公園の桜1

2018-03-29 21:45:38 | 日記・エッセイ・コラム

今日も朝から快晴で、まるで天の恵みかと思われるような絶好の
お花見日和だった。

そうなると家にいるのももったいない?ので、ちょうど満開となって
見頃を迎え
ている桜を観に、横浜市鶴見区の三ツ池公園まで散策
に行ってきた。


三ツ池公園は、『さくら名所100選』に数えられ、染井吉野をはじめ、
横浜緋桜やオカメ、普賢象といった他ではあまり
見ることの少ない桜
まで1600本の桜があり、4月中旬までいろいろな桜が楽しめる。


公園の名称になっている通り、三つの池(上の池、中の池、下の池)
からなり、池の
淵を取り囲むように桜が植えられているので、咲き誇
る桜は勿論ですが水面に映る
情緒ある桜も眺めることができます。

池の淵を囲むように咲き誇る桜は、なんとも見事な美しさです!

きょうはここまで、その2に続きます。


コメント