HAYASHI-NO-KO

常念岳頂上からの穗高

ホウチャクソウ(宝鐸草)

2021-04-12 | 緑色系

標高200足らずだけれど、明石の漁師には格好の目印。
大昔から、漁ににでた折には、西側の雌岡山、東側の雄岡山が目印だったそうだ。
明石市で一番高い場所は100㍍未満、それより北で目立つのはこの二の山。
自転車で水晶探しに出掛けてのは中学時代のことだ。
今日はその二つを歩いた。
雌岡山にある神出神社からの下りにホウチャクソウの群生を見つけた。










ホウチャクソウ(宝鐸草)イヌサフラン(←
ユリ)科チゴユリ属 Disporum sessile
(2021.04.12 神出・雌岡山)

こちらは園芸種として植えられている。
ホウチャクソウに似るが花被片が淡い黄色。








キバナホウチャクソウ イヌサフラン科 Disporum uniflorum
(2021.04.06 明石公園)
--------------------------------------------------------------
新林のホウチャクソウ 片瀬山のホウチャクソウ


コメント   この記事についてブログを書く
« カラタネオガタマ(唐種招霊) | トップ | クスノキ(樟の木) »

コメントを投稿

緑色系」カテゴリの最新記事