HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

カキ(柿)

2020-12-09 | 秋 樹木 果実・葉

柿の葉。
















(2020.11.03 大道町)


















(2020.11.06 玉津町)

柿色の柿の葉も少しずつ散り始めている。
散った後には葉痕、冬芽も上がり始める。


















   (2020.11.26 田町)






(2020.12.07 新明町)






カキ(柿)
 カキノキ科カキノキ属 Diospyros kaki
   (2020.12.08 明石公園)


▲ 春、新緑と花の頃
-------------------------------------------------------------
柿の葉 明石公園の柿 公園のヤマガキ・マメガキ 冬芽・葉痕 人丸山の柿  小石川のカキ


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« セイヨウタンポポ(西洋蒲公英) | トップ | モミジバフウ(紅葉葉楓 ア... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とても素敵ですね。 (こいも)
2021-10-16 11:17:36
林の子さん
カキの葉ってだ~い好きです。
色合いが何とも言えません。
落ちているとついつい持ち帰って楽しみます。
美味しい実も、可愛い葉痕も、春の青い葉や
クリーム色のお花も最高です。
と~っても素敵~~~💚💛💚
柿渋染め。 (林の子)
2021-10-16 15:20:33
昔、柿渋染めに凝った人がいましたので、以来、小粒の柿を見ると思い出します。
渋い色合いなのでたぶん今なら欲しい…と思うのですが何しろ30代の頃でしたから
専ら大きな柿を食べることばかりでした。
秋の落ち葉の前の柿の葉は、ボタニカルアート画家が好んで描いてました。
食べるだけではなくて、それぞれの思いがあるのだと思いますね。

コメントを投稿

秋 樹木 果実・葉」カテゴリの最新記事