HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

シロバナマンテマ

2021-07-19 | 草 果実・種子

果実の頃には、時間が経つと毛の多い果殻の外側が剥がれる。
キンギョソウの果実と似ている。






▲ 果実を覆っていた萼片が枯れ落ちて、すべすべの果殻が現れる。▼





▲ 種子は、細い茎が風に揺れ揺れる為に、果実の上の部分が開くと零れ落ちる。
マツバウンランの種子散布方法と似ている。▲













シロバナマンテマ ナデシコ科マンテマ属  Silene gallica var. gallica
マンテマ ナデシコ科マンテマ属 Silene gallica var. quinquevulnera
(2021.07.17 林)

 
▲ 蕾の頃は桃色だけれど、開花すると白色。左はマンテマの花 ▲
--------------------------------------------------------------
シロバナマンテマ ロゼット マンテマ シロバナマンテマ 或いは交雑種
キンギョソウの果実


コメント   この記事についてブログを書く
« コマツヨイグサ(小待宵草) | トップ | ハマゴウ(浜栲) »

コメントを投稿

草 果実・種子」カテゴリの最新記事