HAYASHI-NO-KO

皆生海岸からの伯耆富士・大山

ハクモクレン(白木蓮)

2017-01-29 | 冬芽・葉痕

何枚撮っても同じだ。
それでも一枚キリではよく分からないからまだ撮っている。
この樹は三浦さんが熱心に絵筆をとっていたハクモクレンだ。












(2017.01.26 明石西公園)

何枚撮っても同じでしょ?
いえいえ、数日経てば少しは違ってます。


左は少し芽鱗が二つに割れ始めている。右はまだ固い芽鱗に包まれている冬芽。

芽鱗は葉に由来している…、その証拠みたいな画像。





固い芽鱗に守られている冬芽。

芽鱗が取れると、芽鱗痕が残る。









ハクモクレン(白木蓮)
 モクレン科モクレン属 Magnolia heptapeta(=Magnolia denudata)
(2016.12.18 明石西公園) 
--------------------------------------------------------------
ハクモクレンの冬芽  冬芽・葉痕2015

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノヂシャ(野萵苣) | トップ | タニウツギ(谷空木) »

コメントを投稿

冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事