髭のプーサン日記

日本ハムファイターズを中心にスポーツ全般の観戦日記です。
ときおり姓名判断でのお名前に関することを書いています。

ANAインスピレーション 最終日 イミリムがPOを制し優勝

2020-09-14 22:33:16 | LPGA女子ゴルフ
◇米国女子メジャー◇ANAインスピレーション 4日目(11日)◇ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)◇6763yd(パー72)


イ・ミリム(韓国)が通算15アンダーで並んだブルック・ヘンダーソン(カナダ)、ネリー・コルダとのプレーオフを1ホール目で制し、メジャー初制覇を遂げた。2017年以来のツアー3勝目となり、涙を流した。(GDO)

7位に入った畑岡奈紗選手はスタートから3連続バーディで追撃の狼煙を上げたが、アウトの4番以降に絶好のバーディチャンスを逃して上位を追い切れずに通算9アンダーの7位Tで戦いを終えることに。
それでもベストテン入りは立派な結果でした。



渋野日向子選手はアウトは耐えながらのプレーでしたが、インに入ってからはショットがままならず、この日6オーバーと大きく崩れて51位T。
河本結選手はこの日5オーバーで通算7オーバーの69位Tでしたが、渋野、河本選手はともにミッションヒルズは初のプレーでしたから、この難コースで想像以上の暑さのなかで4日間戦ったのはご立派と言えるのではないかと。
予選を通過した3選手に加え腰痛が完治をしたと思われる野村選手、そしてベテランの上原選手には今後の検討を祈りたいですね。

コメント

コニカミノルタ杯最終日 予想外のダークホース永峰咲希が逆転V!

2020-09-14 16:07:04 | LPGA女子ゴルフ
2020/09/13
◇第53回日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯◇
◇最終日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部 ◇6640yd(パー72)

永峰咲希 葛藤を乗り越えて初のメジャー制覇

雨は降らずとも「風」に各選手が悩まされるなか、優勝の栄冠を手にしたのは黄金世代でもなくプラチナ世代でもない、首位と3打差でスタートをした25歳の永峰咲希選手でした。




〈photoはGDO様からお借りしました〉


アウトの時点では5位に終わったペヒギョン選手が5番ホールで4アンダーと絶好の飛び出しをし、それを追うコースを良く知る田辺ひかり選手、そして前日首位の西村優菜選手が追う展開となりましたが、ペヒギョン選手は8番で痛恨のWボギー、9番ボギーで失速。
2位Tに入った田辺選手は最終ホールまで一打差で食らいつくものの、残念ながら首位に一打差及ばずプレーオフに持ち込むことは出来ず、初優勝を逃がしてしまいました。
前年までの賞金獲得額は「0」という田辺選手にとっては、大魚を逃がしたショックもあるでしょうが、この大会での獲得賞金は1450万ですから、これまでの苦労の甲斐があったのでは......。

大会前から注目をされていた笹生優花選手は、3日目終了時点では首位とは2打差の4位タイでスタートをしましたが、1アンダー5ボギーと崩れ13位タイに終わりました。
飛距離は出ても風に負けたプレーではなかったでしょうか。ファンにとって13位タイという成績は、惜しいというよりもまだまだ勉強(経験)が必要と思ったかもしれません。
まだまだ19歳の彼女にとって海外で活躍をするには、国内での厳しい経験がまだ必要だと教えてくれた大会かも知れません。

残念ながら2連勝を狙った小祝さくら選手は、スコアを伸ばせずイーブンパーでホールアウトをしましたが、単独6位で賞金を積み上げました。
次戦での活躍を期待したいと思います。
コメント

コニカミノルタ杯3日目 ルーキー西村優菜が単独首位で最終日に突入!

2020-09-12 23:55:37 | LPGA女子ゴルフ
◇第53回日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯◇
◇3日目◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部 ◇6640yd(パー72)

プラチナ世代・西村優菜がメジャーV王手 田辺ひかり1差、笹生優花と小祝さくら2差



〈上位は混戦模様に〉


プラチナ世代と言われる若手選手に加え、2連勝を目指す黄金世代の小祝さくら、今季3勝目を目指す「女ウッズ」と今評判の笹生優花が上位を占めて、優勝争いは混沌としてきました。
優勝争いは高校時代から各大会に出場経験も豊富な西村優菜と、飛ばし屋の笹生優花が本命かと思いますが、ニトリレディス以降ショットが好調な小祝さくらにも連勝のチャンスは十分にあるでしょう。
天気予報は曇り、風も吹かず気温も高くはならないようなので、上位につけている全選手にチャンスはあるでしょう。
韓国勢のペヒギョン、イミニョンも爆発力はあるので日本人選手は要注意でしょう。
個人的には小祝さくらの連勝をのぞんでいますが、パット次第でしょうね。



コメント

ANAインスピレーション 2日目 日本人選手は3名が予選突破。

2020-09-12 13:47:22 | USLPGA 米国女子ツアー
◇米国女子メジャー◇ANAインスピレーション 2日目(11日)◇ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)◇6763yd(パー72)

午前組でプレーを終えた畑岡奈紗は「73」と落とし通算1アンダーで36位に後退。河本結は「74」で通算1オーバーの52位タイとした。
午後組でスタートをした渋野日向子は、2アンダー19位でスタートをしアウトは良かったが、最終ホール18番でWボギーを叩きこの日は「75」の通算1オーバーで河本結と並び、予選通過をしたものの悔いが残る最終ホールに。
決勝ラウンドでどこまで上位に迫ることが出来るかの興味は覚えるものの、首位に立ったネリーコルダが11アンダーで突っ走っているだけに、日本人選手の優勝は難しい展開になったようです。

野村敏京は通算6オーバー、上原彩子は通算11オーバーでホールアウトし残念ながらカットラインに届かず予選落ちに。

コメント

コニカミノルタ杯2日目はペヒギョン選手がトップに。

2020-09-12 07:16:06 | LPGA女子ゴルフ
◇第53回日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯◇
◇2日目◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部 ◇6640yd(パー72)

昨年プロテスト合格組が躍進 西村優菜「上位で争えていたら最高の形」

2アンダーから出た2日目に、「68」で通算6アンダー2位とした西村優菜は「60台を目標にしてスタートしたので、まずはそこをクリアできてよかった」と表情を明るくした。


西村だけではない。昨年当地でプロテストを通過した21人のうち、11人が今週のフィールドに名を連ね、そのうち予選を通過したのが9選手。2位につけた3選手を筆頭に、トップ25位以内に8選手が入っている。
「一緒にここで受かったメンバーと上位で争えていたら最高の形かなと思う。自分もそこに食い込めるように頑張ろうっていう気持ちです」という西村。「あと2日間の方が難しくなると思うので、まずはしっかり60台を出す。結果としてトップ10に入れたら最高かなと思います」と、同期との切磋琢磨でメジャー制覇に挑んでいく。

<昨年プロテスト組の予選ラウンド成績一覧>
-6/2T 西村優菜、澁澤莉絵留、笹生優花
-3/17T 吉田優利、田中瑞希
-2/23T 安田祐香、山下美夢有、西郷真央
+1/53T 河野杏奈

昨年賞金女王の鈴木愛選手はまさかの予選落ち。
その他では今季復活優勝を果たした渡邉彩香選手も予選通過が成らず涙を飲むことに。
1オーバー53位Tまでが予選を通過し決勝ラウンドに進出をしましたが、期待の小祝選手はこの日71で回り7位タイと好位置をキープしています。
2日目トータルスコア8アンダーでトップに立ったのは、ペヒギョン選手ですが強豪とはいえ一人旅にはならないような気がします。
決勝ラウンドに入り、ベテラン勢も実力を発揮してくるでしょうから、優勝戦線は混沌としてくるでしょう。(慶)


コメント